死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

当サイトは、死にたい人に自殺に関する霊的知識を与えて、自殺を止めさせる自殺防止サイトです。

自殺の霊的知識へ

カテゴリ:★『自殺防止アドバイス集』 > 自殺志願者への伝言

自殺志願者への伝言 目次

自殺サイト見て死ぬんなら、吹っ切れるしかないだろ!

自殺サイトは絶対に見るな!

自殺したい死にたい楽になりたいと考えている人へ

生きる意味が不明で自殺サイトを閲覧している人へ

楽な死に方、苦しくない死に方、苦しまない死に方を考えてる人へ

楽な自殺方法、苦しまない苦しくない自殺方法で考えている人へ

硫化水素自殺とその自殺のやり方・方法を考えている人へ

練炭自殺とそのやり方・方法を考えている人へ

リストカット(手首)自殺とそのやり方・方法を考えている人へ

薬クスリ睡眠薬自殺のやり方・方法を考えている人へ

飛び込み自殺とそのやり方・方法を考えている人へ

飛び降り自殺とそのやり方・方法を考えている人へ

首吊り自殺とそのやり方・方法を考えている人へ

自殺サイトを見て自殺を考えている人へ

 先日、俺は福島県で除染作業員として働いており、いわき市に住んでいた。それで、その時にニュースで、いわき市の警察署の、たしか26歳位の警官が、勤務中に突然姿を消して、その後、川岸で拳銃で頭を射抜いて死んでいたらしい。まあ、状況からして、他殺ではなく、自殺だな。
 こういう警察官の事件は頻発しているな。なんだか、やはり警察官も普通の人間で構成されているので、キチガイのような、陰湿な虐めをする馬鹿上司とかがいるらしい。その馬鹿のストレス発散の標的になると、その標的が糞真面目な場合、自分で全てストレスを抱え込んでしまい、自殺してしまうらしい。まあ、この巡査が自殺サイトを覗いていたのかは分からないが、たとえ自殺サイトを閲覧していなくても、自殺してしまったので、相当精神が参っていたのだろう。
 でもさ、まあ、毎回毎回、こういう事件って、自分で自分の体を傷付けて、つまり自殺して幕を閉じるよな。なぜか、手元に自衛官以外が入手出来る武器の内、最強の、拳銃という武器を持っているのに、その武器をその苛めていた上司に対して発砲するのではなく、毎度、自分の頭に向けて発砲して自殺しちまうんだよな。これが、真面目君の思考回路だ。
 日本人は、自殺サイトを閲覧しているような奴等も含めて、みんな、他人に迷惑をかけることを極度に嫌う。生活保護でさえ、もう既に生活保護を受けねば生活が成り立たないような状況の老人とかでも、生活保護受給は恥だ、という固定観念に雁字搦めにされており、餓死を選ぶとかさ。まあ、俺も、過去の俺はそういう考えだったよ。ちっとも柔軟性が無いんだよな。一つの考え、一つの道しかなくて、それ以外の選択肢は恥ずかしいとか、外道とか、邪道とか考えていた。でも、そんな奇麗事を言えるのは、文字通り生活に余裕がある奴等だけだよ。俺なんて底辺の底なんだから、そんなことは言っている余裕なんてある筈もなかったんだ。だから、自殺サイトを閲覧して死ぬこと、自殺することばかり考えているような奴等も、それはあくまで固定観念で凝り固まってしまっているのであって、他の道も、実はあるということに気付いてくれ。そして、その気付きとは、己がもう吹っ切れるしかないってことだ。

 以下、北野武監督のブラザーという映画の中のワンシーンで、俺が大好きなシーンだ。リンク切れになってしまっていたら、御免なさい。

 ブラザーのシーン

 普通の日本人だと、まず白人は日本人よりもかっこよくて、あらゆる面で日本人よりも上位に位置する、なんていうように、知らず知らずの内にメディアの刷り込みにより思い込んでしまっている。しかし、このワンシーンは、白人共を拳銃で撃ちまくって、最後に「ファッキングジャップくらい分かるよバカヤロー!」という言葉で締め括る。最高に気持ちの良いシーンですな。このシーンみたいに、上司に苛められている警察官もさ、毎度毎度拳銃自殺なんてせずにさ、たまには、最強の拳銃という武器を当たり前の事として所持することが許されている警察官という職に就いているんだから、その拳銃をムカつく上司に向かって発砲して、「糞野郎!地獄へ落ちろ!」とか捨て台詞言った方がいいんじゃないの。まぁ、そんなことをすれば当然逮捕されてしまうので、止めた方がいいけどな。今のは冗談だよ。けどさ、苛められたからといって、河原で自殺するなんて、もう、死ぬ最後の時まで、テメエは負けるのかよ!だったら、そんな職辞めちまえよ。とはいえ、今の厳しいご時世、折角警察官なんていう超安泰な給与体系の仕事をそう易々と放棄するのはお勧めしない。けどさ、結局、自殺してしまうんだったらさ、辞めた方がよくね?あくまで、自殺するくらいなら、辞めちまえってことさ。

 まあ、その他にもさ、もう、自殺するってことは、その肉体の命を無くすってことなんだからさ、もう、そんなんだったら、ドカンと吹っ切れた方がいいよ。俺がこの前まで行っていた福島県の除染で知り合った人達もさ、仕事帰りにホームセンターで新しい安全靴を買ったからって、古いボロボロの安全靴を、勝手にそのホームセンターの敷地内に置いて来てたよ。その人は笑いながら「人に迷惑かけちゃうのが(自分の名前)ちゃんなんだよね~」とか笑いながら言ってたぞ。でも、自殺を選択するような奴等は真面目過ぎるので、そんなことは絶対に出来ないだろう。まあ、そりゃ、ホームセンターの敷地内に不法投棄するのは間違いなんだけどさ、その位吹っ切れた方がいいよ。俺もその人達と暮らす前と後では、考え方にけっこう違いが生まれたよ。やはり福島に行く前は、なんだか全てに消極的に、受身の人生だった。モジモジしてばかりいたよ。けど今は、以前よりかは多少は改善されたよ。なんだか、ズケズケと少しは生きられるようになったよ。
 借金にしてもさ、福島で知り合った人は、家賃踏み倒したり、逃げたり、クレジットカード会社から催促の電話がかかって来ているのに無視したり・・・もうね、今までの真面目過ぎる俺とは全く違う人達だったよ。でも、そんな不真面目さは手本にはしてはならないけど、その位のずうずうしさが無ければ、この世は渡っていけないような気がする。まあ、一生安泰の公務員とかなら、そしてその仕事がずっと自分の適性に合っており、何の問題もないのならば、一生糞真面目君でも構わないかもしれないけどさ。でも、自殺サイトを閲覧しているような人達は、もう人生、かなり逼迫、切迫している人達でしょう。だったら、どこから吹っ切れられるのかは各々の人生なので分からないが、どこかしらで吹っ切れるしかないでしょう。

 自殺サイトなんて閲覧するのはもう止めよう。死にたいと思っている人達ばかりしかいないから。そんな、薄暗い部屋、空間のような場所にたむろしていても、何も物事は進展しないものだ。だから、もう前向きに生きる努力をするしかない。自殺サイトを見ているような人は、過去の俺も含めて、まあ、人生に絶望している人しかいないだろう。だって、生きることが楽しくて楽しくて仕方がないというような人は、絶対に自殺サイトなんて閲覧している暇はないだろうからな。
 でも、そんな順風満帆な人生を歩んでいるような人であれ、いつかは挫折する時が来るかもしれない。人は本来、そんなに精神的に強い人ばかりではない。だから今現在、自殺サイトなんて一度も見たことがなくて、健全な精神の持ち主だったとしても、何か人生が破綻するような大きな出来事が発生した場合、無意識の内に、自殺サイトを覗いてしまうかもしれない。
 そんなことになれば、大変だ。自殺サイトなんて今まで眼中に無かった人が、そういう陰湿極まりない、死ぬことばかり考えている人達が集団でたむろしているような場所に入り浸るのだから。
 でも、自殺サイトを閲覧している人達も、何も好き好んで自殺サイトを見ている訳ではないだろう。どこかしらに希望の光を探している筈だ。ただ、仕方なしに、どうしていいか分からないので、自殺サイトなんて覗いているのかもしれない。
 でも、霊的知識を知れば、少なくとも、多少はその後ろめたい考えに希望の光がさす筈だ。今まで考えもしなかったような観点からの自殺防止の助言が沢山掲載されているので、何かしら、考えに変化が見られるだろう。だから、もうこれ以上、自殺サイトなどで無意味な暇潰しはせずに、とっととこの自殺防止サイト自殺ダメに書かれているような、スピリチュアリズムの知識の学習に暇な時間を割くべきだよ。
 人間なんだから、人生に絶望する事もある。それは俺だって、重々分かるよ。理解可能だ。だって、俺も、こんな自分の糞みたいな人生に嫌気が差しているんだから。とっとと死んでも別に構わないよ。リボ払いの30万円ぽっちさえもう、二年近くも返済出来ていない。俺は金を稼ぐ能力があまりない。その間、自殺サイトというのも、ちょくちょく覗いてみたよ。勿論、既に、俺は自殺をすれば死後どうなるのか、ということをしっかりと理解していたので、自殺したかったからとか、集団自殺の仲間を募集していたとかではないけどさ。生きることは本当に辛い事だよ。生きているだけで、やれ色々な出費があるし、好きでもない、辛いばかりの仕事を毎日しなけりゃならないし、もう、俺も自分の人生にうんざりしているよ。けどさ、自殺サイトを見て、自殺するのは、やはり間違っている。自殺サイトを運営している管理人達も、自殺志願者を救いたい、気持ちを和らげる場を提供したい、という思いから、自殺サイトを運営しているのかもしれない。しかし、それとは裏腹に、やはり自殺サイトで出会って集団自殺したり、オフ会を開いて実際に会って、そのまま暗い話になって、練炭自殺したりというニュースはよく聞く。そんなことは、本来の人生ではない。やはり自分の人生がとてつもなく嫌でも、とりあえずは生きねばならない。それが神からこの地上に生まれた人間が仰せつかった義務だから。それを自殺サイト経由で死んだ連中みたいに途中で勝手に放棄することは、許されることではない。だから、まだそんなに早まるな。まだまだあなたの知らない霊的な知識がこの世には沢山もたらされているから。それは自殺サイトに入り浸っているような連中には、最初は中々信じられないかもしれないが、本当の話だ。だから、自殺サイトなんて見ずに、もっとこの自殺防止サイト自殺ダメのような、前向きに生きられるようなサイトを閲覧するべきだよ。

 自殺したい死にたい楽になりたいと考えている人は、この自殺大国日本国には数多い。しかし、本当にそのまま死んだらどうなるのか、という疑問を抱いている人は少数派だろう。自殺したいと考えている人、死にたいと考えている人、楽になりたいと考えている人が、まあ、その思念を実行に移してしまい、そのまま首吊りなり練炭なり飛び降りなり飛び込みなりが成功して、肉体から離れてしまうのだ。
 しかし、あえてこの場で宣言しよう。自殺行為により肉体からあなたの魂が離れて、霊体のみになったとしても、あなたの魂は絶対に幸せにはなれないと。そりゃ、そうでしょう。何でこの世に折角生まれて来たのに、自分勝手な意志でもって、勝手に自分の貴重な肉体を消滅させてしまって、なぜ、あの世に行ってから、幸せになれるのだろう。なれる筈がない。みんな、辛い人生、この世での厳しい人生を耐えている人々も数多いのにも関わらず、なぜ、勝手に自分の身体を棄て去って、あの世で幸せになれるのだろうか。そんな訳はない。はっきり言って、結果は期待とは真逆となる。そもそも、自殺したい、死にたい、楽になりたいと思っている人々は、その楽になりたいという意味は、死ねば自分の意識は無に帰すだろう・・・という淡い期待の結果、自殺行為をしてしまうのだろう。しかし、本当は、自殺したい、死にたい、楽になりたいという思いとは裏腹に、真逆の結果となる。
 それは、この自殺防止サイト自殺ダメ内に書かれている、各種霊的知識、スピリチュアリズムの学習をよくしてくれれば、納得出来ることだ。スピリチュアリズムの知識は、けっして無闇矢鱈と無理矢理にあなたの理性を反発させて信じ込ませるようなカルト宗教ではなく、理性で納得可能な教えだから。
 だからこそ、絶対に霊的知識をちゃんと勉強して、その自殺したい、死にたい、楽になりたいという思いは棄て去って頂きたい。
 だから、肉体は死んでも、あなたの意識はそっくりそのまま残り続ける。そして、今度は霊体という体になって、生き続けるんだ。あの世はちゃんとあるし、それは既に霊的な通信によって証明されているんだ。だから、絶対に、自殺したい、死にたい、楽になりたい、というその思いを実行に移しては駄目だよ。そこんとこは、生きていく上で最重要項目だから。なにせ、一度自殺に成功すれば、もう二度と元の体には復活することは不可能なんだから。
 だからこの自殺防止サイト自殺ダメで、ちゃんと霊的知識を学習して、自殺したい、死にたい、楽になりたいというその自暴自棄な考えは放棄してもらいたいです。俺だって、自分のこの糞みたいな人生を、本音はとっとと放り出したいのに、まだまだ生きなけりゃならないようなので、仕方なしに生きているんだから。
 なので、自殺したい、死にたい、楽になりたいというその思いは、絶対に自殺行為により実現させてはならないぞ。

 生きる意味というのは、通常、何も知らなければ知らないままだ。各々、何等かの生きる目的を見出して生活しているのだろうが、根源的な生きる意味は知らないままだろう。まして自殺サイトを日常的に閲覧しているような、自殺サイトに入り浸っているような人物ならば、生きる意味など微塵も所有しておらず、欠片も見出せてはいないだろう。しかし、霊的知識、スピリチュアリズムの観点からすれば、生きる意味はちゃんと存在する。
 この地上に肉体を纏って今現在存在しているということは、無意味な出来事ではない。それはこの自殺防止サイト自殺ダメ内の各種霊的知識のコーナーに、それらの学習用の記述が豊富に記載されているから、よく読んで頂きたい。生きる意味とは、この世的な観点からのみ眺めれば、金儲けとか、欲望とか、まあ、人により様々だろう。しかし、自殺しかもう手段がないと、自殺サイトを絶望の眼差しで覗き込んでいるような人達にとっては、最早この地上世界は何の魅力も無い世界であり、とっとと、一刻も早く去りたい気分でしょう。だからこそ、生きる意味も分からずに、自殺サイト巡りを延々としており、そのどこかの段階で、遂に自殺に至ってしまうのだろう。
 だからこそ、生きる意味の、真の意味を理解する必要がある。特にこの、単純に生きられず、複雑な社会の仕組みの上に成り立っている現代社会であれば、尚更であろう。以前は、大昔ならば、科学技術も発達しておらず、人々もこれ程の大洪水のような情報なんて日々浴びなかったろうから、生きる意味なんて特に考えずに、ただ単純に生きられていたかもしれない。しかし、現代は違う。ありとあらゆる学習、ありとあらゆる支払い等、大昔に比較してとんでもなく複雑な仕組みになっている。だからこそ、食えないということはないが、もうただ単純に生きることにさえ付いていけない人々が、ギブアップして、自殺サイトで自殺方法を探すとか、一緒に死んでくれる人を募集するとかしているのだろう。だから、貧しくとも単純に生きられた時代に比べて、物質的には豊かにはなったが、精神的には混乱する度合が高くなったと思う。だから、現代こそが、昔に比較して、より生きる意味の重要性が増したということが言えると思う。
 自殺サイトの中を隈なく探しても、生きる意味は絶対に見出せないだろう。なぜなら、通常、自殺サイトというのは、死ぬ手段の情報を提供したり、死ぬ仲間を見つける場を提供するだけだからだ。なので、そんな場所でいくら生きる意味を探索したとしても、絶対に生きる意味なんて見つかる筈がない。それは分かりきったことだ。そんな陰湿な場所で、生の方向に舵を切ることが出来る、前向きに生きられるような薫陶を得られる生きる意味が得られる訳がない。みんな、自殺サイトに集まって、慰めあっているだけで、根本的な生きる意味を見つけるという解決策には至っていない。ただその場凌ぎなだけだ。
 だからこそ、霊的知識を身に付けて、ちゃんとした生きる意味を知って頂きたい。その為の知識は、この自殺防止サイト自殺ダメに沢山書かれているから。

↑このページのトップヘ