死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

当サイトは、死にたい人に自殺に関する霊的知識を与えて、自殺を止めさせる自殺防止サイトです。

自殺の霊的知識へ

カテゴリ: ★『各種霊的知識』

自殺ダメ



 『これが死後の世界だ』M・H・エバンズ著 近藤千雄訳より

 P151から抜粋(一つ前の『空を飛ぶ』の続き)

 「例えば新しい眼を使うことや、肉体よりもっと上等な身体を持っていることなのです。あたし達の体は痛みも感じないし食べ物もいりません。空気と光だけあれば生きて行けるのです。それから、あたし達が用意した土地へその子達を連れていくのです。全部一度見たことのあるものなので、直ぐに慣れてよく遊ぶようになります。そうなったら、もう、自分が死んだことを知らされても少しも怖がりません。あたし達がこしらえた世界の方が素晴らしいからです」
 問「動物はどうなるのかしら。そちらへ行っても会えるかしら?お嬢ちゃんはそちらで動物を見たことある?」
 エ「はい、あります。馬も犬も小鳥も見ました。偉い方から教わったことなんですけど、その方達は地上で死んだ動物を引き寄せて元通りの生きた動物にしてやることが出来るんですって。こちらの動物は少しも人間を恐れません。だって、動物に意地悪する人なんか一人もいないんですもの。もしも動物を虐めたら、その人は暫く何もない暗い場所へ行かされます。でも、なぜかこちらの人は決して動物を虐めたりしません。そのわけはこうじゃないかしら。つまり地上で悪いことをするのは大抵肉体のせいでしょ?ところが、こちらに来ると空気で出来てるみたいな、軽くて使い易い体の中に入るので、酷いことや、意地悪がしたくなくなるのだと思うの。みんな他人の身になって親切にしてくれる人ばかりだから、嘘なんかつく必要がないし、空気と光だけあれば生きて行けるから、他人のものを盗む必要もない。それに、欲しいものが何でも自由に作れるからケンカも起きない。地上の人間の肉体は自分が持っていないものを欲しがるように出来ているのね」
 問「動物も地上のことを憶えてるかしら?」
 エ「ええ、あたしは実際に動物が地上のことを思い出しているところを何度も見ました。一度はお腹を空かせた猫が家がなくてドブの中へ入って死んでしまう、可哀相な場面を見たことがあります。でも猫にも大人の人がいう〝生命の精〟がありますから、肉体は滅びてもその生命の精だけは死なずにこちらへ来ます。あたしは動物の世話もします。賢い動物です。あたし達がこしらえた世界へやってくるのです。勿論、他の人の所へも行きます。あたしは動物は暫くしたら又地上へ戻るんじゃないかと思うの。そのワケは、進歩するには地上の生活が一番為になるからです。戻る時は動物の身体か人間の赤ちゃんの身体に宿るんだけど、どっちにするかは動物によって違います」

自殺ダメ



 『これが死後の世界だ』M・H・エバンズ著 近藤千雄訳より

 P137より抜粋


 次に少し趣を変えて子供の世界にスポットライトを当ててみたい。
 幼くして霊界入りした霊魂はまず「天界の保育園」へ連れて行かれる。そこには子供の養育に必要なあらゆる設備が揃っており、そこで働く保母達の愛によって子供達はすくすくと育っていく。〝子供は無限なる可能性の宝庫である〟とはデービスの言葉であるが、この可能性を伸ばしてやることが保母の使命なのである。
 ここで特に指摘したいことは、所謂死産児も霊魂として立派に霊界に生き続けていることである。一般には母体から出ることを誕生と言い、その瞬間を人間としての出発点とするが、実際には霊魂が母体内に宿った時が本当の意味での誕生であって、空気を吸う吸わないは関係ないのである。死産児からこれこれしかじかのことをお母さんに伝えてくださいという通信を受け取った話はいくらでもある。
 ある霊能者から、如何なる死にも必ず産婆のような役をする霊魂が幾人か付いているが、その役は性質の細やかさ故に死産児が受け持つことが多いといった意味の話を聞いたことがあるが、それに違いないと思う。なぜなら「死」は霊界への「誕生」だからである。
 一度母体に宿った生命が永遠に不滅であるという事実、更にその子供といつの日か元気な姿で再会出来るという事実は、世の母親、又父親にとっても何よりの福音と言えよう。私はそこにも神の愛の大きさを痛感せずにいられない。
 では次にオーエンの『ヴェールの彼方の生活』からオーエン氏の母親が例のカストレル宮殿を訪れた時の話の続きを紹介してみよう。
 「その時不思議に思ったことは、その中に子供が混じっていることでした。なぜ不思議かというと、それまで私は子供には子供だけの特別の世界があって皆そこへ連れて行かれるものと思い込んでいたからです。最後に居残ってお話をしてくれた婦人はそこの母親のような地位にあられる方で、その他の方々はその婦人の手助けをされているらしいのです。私はその中の一人に、そこの子供達が皆幸福そうで愛らしく、こんな宮殿でもいかにも寛いでいることには何か訳があるのですかと尋ねてみたところ、大略次のような説明をしてくれました。
 「ここで生活している子供は死産児ばかりで、地球の空気を吸ったことのある子供とは性格上に非常な違いがある。僅か二、三分しか呼吸したことのない子供でも、全然呼吸していない死産児とはやはり違う。それ故、死産児には死産児として特別の養育が必要であるが、死産児は霊的知識の理解の点では地上生活を少しでも体験した子より早い。まだ子供でありながらこうした高い世界で生活出来るのはその為である。が、ただ美しく純真であるだけでは十分とは言えない。ここで一応の清純さと叡智とを身に付けたら、今度は地球との関係した仕事に従事している方の手に預けられ、その方の指導の下に間接的ながら地上生活の体験を摂取することになる。

自殺ダメ



 『これが死後の世界だ』M・H・エバンズ著 近藤千雄訳より

 P139より抜粋


 「私は初めこの話を興味本位で聞いておりました。ところがその呑気な心の静寂を突き破って、この都市へ来たのは実はそのことを知る為だったのだという自覚が油然として湧いて来ました。私には実は一度死産児を産んだ経験があるのです。それに気が付くと同時に私の胸には、その子に会いたいという気持が止めども無く湧いて来ました。〝あの子もきっとここに来ているに違いない〟そう思うや否や私の心の中に感激の渦が巻き起こり、しばし感涙にむせびました。その時の気持はとても筆には尽くせません。側に仲間がいることも忘れて、木陰の芝生にうずくまり、膝に頭を押し付けたまま、湧き出る感激に身を浸したのでした。親切なその仲間は私の気持を察して、黙って私の肩を抱き、私が感激の渦から脱け出るのを待っておりました。
 やがて少し落ち着くと、その仲間の一人が優しくこう語ってくれました。〝私もあなたと同じ身の上の母親です。生きた姿を見せずに逝ってしまった子を持つ母親です。ですから今のあなたのお気持がよく判るのです。私も同じ感激に浸ったものです〟
 それを聞いて私はゆっくりを顔を上げ、涙に潤んだ目をその友に向けました。すると友は口に出せない私の願いを察してくれたのでしょう。直ぐに腕を取って一緒に立ち上がり、肩を抱いたままの姿勢で木立の方へ歩を進めました。ふと我に返ってみると、その木立の繁みを通して子供達の楽しそうなはしゃぎ声が聞こえて来るではありませんか。多分私はあまりの感激に失神したような状態になっていたのでしょう。まだ実際に子供に会ってもいないのにそんな有様です。これで本当に会ったら一体どうなるか-私はそんなことを心配しながら木立に近付きました。
 表現がまずいなどと言わないでおくれ。時間的に言ったらそう昔のことでもありませんが、さりとて昨日や一昨日のことでもありません。なのに、その時の光景と感激とが生き生きと甦ってきて、上手な表現などとても考えておれないのです。地上にいた時の私は死産児にも霊魂があるなどということは考えも及びませんでした。
 ですから、突如としてその事実を知らされた時は、私はもう・・・ああ、私にはこれ以上書けません。どうか後は適当に想像しておくれ。とにかく、この愚かな母親にも神様はお情けを下さり、ちゃんと息子に会わせてくださったのです。私がもっとしっかりしておれば、もっと早く会わせて頂けたでしょうにね。
 最後に一つだけ大切なことを付け加えておきましょう。本当はもっと早く書くべきだったんでしょうに、つい思い出にかまけてしまって・・・。その大切なことというのは、子供がこちらへ来ると、まずこちらの事情に慣れさせて、それから再び地上のことを勉強させます。地上生活が長ければ長い程、それだけこちらでの地上の勉強は少なくて済みます。死産児には全然地上の体験が無いわけですが、地球の子供であることには変わりありませんから、やはり地球の子としての教育が必要です。つまり地上へ近付いて間接的に地上生活の経験を摂取する必要があるのです。勿論地上へ近付くにはそれなりの準備が必要です。又、いよいよ近付く時は守護に当たる方が付いておられます。死産児には地上の体験がまるで無いので、地上生活をした子供に比べてその準備期間が長いようです。矢張り地上生活が長い程、又その生活に苦難が多ければ多い程、それだけこちらでの勉強が少なくて済み、次の勉強へ進むのが早いようです。

自殺ダメ



 『これが死後の世界だ』M・H・エバンズ著 近藤千雄訳より


 P142よりの抜粋


 子供の教育

 では子供達はいかなる方法でいかなる教育が授けられるかとなると、これは一概には言えないであろう。教育の究極の目的が魂の開発にある以上、各自の性格と発達程度に応じ、必要性と睨み合わせて一人一人異なった方法を編み出さねばならない筈だからである。その観点からみて天界の教育法の中に一つだけ注目すべきことがある。それは子供の生活の場が常に家庭的雰囲気に包まれていることである。
 つまり先生又は保母と生徒達とは文字通り母と子の関係にあり、決して地上の学校制度のように規律化された形式的なものではない。子供達は言わば孤児であり、先生も先生という役につけられたものではあるが、表面的にはそうでも、霊的には血縁より更に強い〝愛〟の関係によって結ばれており、その上神の叡智による深遠なる配慮が働いているのである。
 では霊界での教育方法の一例を同じく『ヴェールの彼方の生活』に見てみよう。
 「さてその婦人がお坊ちゃんと話をされている間、私達はその近辺をぶらついて子供の教育施設を見て回りました。その中に一つだけ特に目を引くものがありました。
 それは直径六~七フィートもあろうかと思われるガラスの球体で、二本の通路の交差点に据えてあります。中を覗いてみると、色んな種類の花や樹木、草などが植えてありましたが、無造作に植えたものではなく、植物の進化の順を追って植えてあるのです。つまり地上なら化石を色んな角度から観察するところを、こちらでは実際にその進化の過程を再現して勉強しているのです。全部立派に生きており、この球体を覗けば、どの種類の植物がどんな過程を経て現在の形体まで進化したかが一目瞭然と判るようになっているのです。
 ですから、ここの子供達の仕事は結局、植物の現在に至る進化の過程を研究することによって、それが更に今後いかなる過程を経てどのような形体に進化していくかという未来の進化過程を推測することです。知力を伸ばす為の素晴らしいトレーニングで、みんな結構楽しみながらやっているとのことです。
 他の部門でも少し年長の生徒達が同じことを研究していますが、そこでは実生活への応用ということが加味されており、さっきのガラスの球体も実はその年長の生徒達がこしらえたものなのだそうです。未来の標本を作るに当たっては子供達なりに想像力を働かせて、こうなるだろうと思うものをこしらえます。感心させられるような立派なものもありますが、中にはどうも危なっかしいのが混ざっており、時にはちょっと想像出来ないような珍妙な格好をしたものもあります」

自殺ダメ



 『これが死後の世界だ』M・H・エバンズ著 近藤千雄訳より

 P125より抜粋

 庭作り

 次は同じくトーマスの『死の彼方の夜明けに』からの抜粋で、ここでは意念の働き方が滑稽な実話で語られていて面白い。
 「この交霊会で私(トーマス氏)の父は園芸の話を持ち出し、私の知人で地上で園芸を専門にやっていたホーキングス氏を呼んで話をさせた。ホーキングス氏はフィーダを通じて今日の会の様子は一々耳に入っていたこと、そして私の父が説いた説は非常に面白いと思うと述べ、更に次のように語った。
 ホーキングス氏「では私の話を聞いて頂きましょうか。先日とても面白い体験をしたのです。私はこちらへ来てから間もなく、ある一家の庭園の世話を言いつけられました。その一家は勿論一人ずつ前後してこちらへ来たわけですが、丁度私の界で家族の者全部が一緒になったわけです。そこで庭園を作ろうという話が出て、私がその指導をすることになったわけです。こちらでの私の仕事は、本当に庭作りに興味をもっている人、或いは園芸の鑑賞力をもっている人の為に前もって庭園を作っておいてあげることです。
 「その一家の世話は私も全く予期していませんでしたので、突然指導霊から言いつけられた時は本当にびっくりしました。が、その家へ行ってみて尚更驚きました。出鱈目も出鱈目、それこそお話にならない庭の様子だったのです。一人がバラを植えようとし、もう一人がヒエン草を植えようと考える。その念が同じ場所に働くものですからゴチャゴチャになるわけです。いつの間にかバラ園のど真ん中にリラの木が立っていたりすることもあります。まるでツギハギだらけの敷物のようで、見られたものではありません。一人が畑の真ん中に細い道を作っていくと、何時の間にかその道に石ころが積み上げられています。岩石庭園(ロックガーデン)を作りたいという誰かの意念がそうさせるわけです。そう見ている内に今度はそのど真ん中が泥沼になっていきます。誰かが水蓮を植えようと考えているのでしょう。その様子を見ていた私は思わず〝ヤレヤレどうしましょう〟と叫んでしまいました。しかし相変わらずみんな自分の思い通りにやろうとして一歩も退きません。そこで私はみんなに一旦手を引くように説得して、庭にあったものを全部取り払ってしまいました。壊してしまったわけではありません。暫く別の場所へ持って行ったのです」
 トーマス氏「いっそのこと壊してしまった方が手っ取り早いのではないですか」
 ホ氏「いえ、新参者にそんなことをすると、折角出始めた創造力の芽を取ってしまうことになりかねません。お粗末とは言え折角の創造物なのですから、一応尊重してやらねばなりません。とは言え、その時の庭の酷さに私はすっかり呆れ果ててこう言いました。〝ほう、誰かさんは水蓮を植えたくて池をこしらえようとしましたね。中々いいのが出来てるではないですか。誰かさんはリラの木とバラの花がお好きなんですね。それからどなたか芝生を植えて真ん中に水蓮をこしらえようと考えましたね。小道が半分まで出来ていて、石ころが少しばかり転がっていますね〟と」
 ト氏「随分酷いですね。で、それらを全部取り払ったわけですか」
 ホ氏「ええ、初めの内、ちょっとしたいさかいがありましたので私が〝もうよろしい。私に任せて下さい。私はそれが目的で呼ばれたのですから〟と言って、一応庭にあるものを取り払ってしまいました。それには時間らしい時間はかかりませんでした。すっかり無くなった庭を見て、みんな口々に〝折角作ったのに〟と言って不服そうにしていました」
 ト氏「小道や芝生まで消えてしまうなんて私達には考えられませんね」
 ホ氏「作るのも消すのも自由自在ですよ。その原理はお父さんに説明して頂いた方が確かだと思います。別に私が一つ一つ他所へ持っていくわけではありません。何時の間にか失くなっているのです。(ここでホ氏が何か科学的変化が起きるのだろうと思うと言うと、父が割って入って、その原理は氷が溶けて水となり、更にそれが水蒸気となり、今度は逆に水蒸気が水となり再び氷になるのと同じ理屈だと説明した)
 ホ氏「勿論その変化を司るのは意念です。その作用の原理は温度が食物を変化させるようなものだと思えばよいでしょう」
 「さっきの続きですが、一応庭を元通りにしてから私はこう言ってやりました。〝バラ園を作る時はバラ園のことだけを考えなさい。バラ以外のことは絶対に考えないように。そしてバラ園が格好がついたら、次に芝生のことを考えなさい。勿論その時は芝生以外のことは一切考えてはいけません〟そう注意しておいて私は仕事をバラ園、芝生、顕花灌木というふうに分け、それを家族一人一人に分担してやりました。そしてロックガーデンのことは後回しにして、暫く自分の受け持ちに意念を集中するように言いつけました」
 「さて、そうやって一人一人に仕事を分担させておいて、大体の形が出来上がったところでそれを順々に庭へ置いていきました。ます芝生を作り、その中にバラ園を置き、次に水蓮池を適当な場所に据えました。水蓮池は一部しか出来ていなかったのですが、〝後で仕上げますから〟と言って一応そのままで使いました」
 「そこまで済ませた時、私の頭に小石を敷いた小道で囲まれた円形のロックガーデンの光景が浮かびました。私はその光景を水蓮池の完成図と共に一先ず〝精神の戸棚〟の中にしまっておいて、とりあえず通用路の完成を急ぎました」
 「間もなく通用路が出来上がったので、次の水蓮池を仕上げ、最後にロックガーデンをこしらえてみました。家族の人達は私の仕事ぶりを観察しておりましたが、非常に感心したらしく、また出来上がった庭園がいかにも気に入った様子でした。これがその一家にとってよい教訓となったことは言うまでもありません。庭園についてのいさかいも、もうないでしょう」
 「勿論この庭作りはその一家がこちらへ来て間もない頃のことだったのですが、私にとっては、こちらでやった仕事の中では一番の難儀でした。何しろ芝生を綺麗に手入れして、やおら振り返ってみると、何時の間にか石ころが転がっていたりするのですから。誰かが石ころのことを考えたからです。私には誰が念じたかが直ぐに判るので、直ぐにそのことを注意してやります。実際癪に触りますよ。あなただって、折角芝刈り機で綺麗にした後に石ころを投げ入れられたら面白くないでしょう。その気持と同じですよ。そんな時は、やった者に仕末をさせます。勿論意念でやらせるのです。いい勉強になりました」
 「私は元々庭を作ってあげるだけが本職なのですが、実際には今お話した場合のように庭作りを通じて何らかの教訓を授けること、その他目に見えない目的を持たされております。今の一家も、あの経験によって物事は秩序立てて実行すべきこと、そして同時に工夫ということをしなければならないことを学んだ筈です。私は工夫するということを第一と心得ております。いい加減な庭は決して作りません。どうしてもいい庭が作れない人の世話もしましたが、結局そういう人は工夫ということをしないからです」
 「お父さんから頼まれた庭作りの話は以上ですが、私はこんなことばかりやっているのではありません。そうね、〝本部〟とでも言うべき所での仕事もあります。材料を配布する施設で、地上の郵便局に似たところがあります。投函された手紙が集められて本局に持って来られて、そこで選り分けられて各地へ発送されるという、あの仕組みにそっくりです」
 フィーダ「ホーキングスさんはまだ話を続けています。本部の仕組みは地上より遙かに上手く出来ていると言っています。地上だと果物を生産した人はそれをどこの市場に出すと一番よく売れるかが判らない。だから需要のない時は折角の産物を捨ててしまうこともある。地上もいつかはこちらと同じやり方にしなければならなくなるだろうと言っています。つまり情報部があって、どこで何の需要があるということが判るようになっていて、その需要に応じて供給されるわけです」
 「情報がどういう形で入ってきて、それをどう処理するかを説明しようとしていますが、私には何のことだか分からないので、言葉をそのまま取り次いでみます」
 ホ氏「この本部の仕事だけど、私も時折手伝います。ここでもやはり着実と迅速がモットーです。バラ畑だのユリ池だのという注文が各地から一杯届く。その注文を郵便局であるように地区別に分類することが出来るのです。係を決めて、君はバラ畑、君はユリ池、という具合に分けるのです。担当者は自分の受け持ちの情報だけに注意していればいいわけです」

↑このページのトップヘ