死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

当サイトは、死にたい人に自殺に関する霊的知識を与えて、自殺を止めさせる自殺防止サイトです。

自殺の霊的知識へ

カテゴリ:★『シルバーバーチの霊訓』 > シルバーバーチ 様々な質問

シルバーバーチ 様々な質問 目次

様々な質問1

様々な質問2

 残念なことに、かつては素敵だった言葉が乱用されすぎて、その価値を下げてしまったものが少なくない。[愛]という言葉もその部類に入りそうである。
 ある日の交霊会でその愛の定義を求められて、シルバーバーチがこう答えている。
「気が合うというだけの友情、趣味が同じということから生まれる友愛から、自己を忘れて人の為に尽くそうとする崇高な奉仕的精神に至るまで、愛は様々な形態を取ります。
 地上では愛という言葉が誤って用いられております。愛とはいえないものまで、愛だ、愛だと、盛んに用いる人がいます。ある種の本能の満足でしかないものまで、愛だと錯覚している人もいます。が、私が理解している限りで言えば、愛とは、魂の内奥でうごめく霊性の一部で、創造主である神との繋がりを悟った時に自然に湧き出て来る欲求のことです。
 最高の愛には一欠片の利己性もありません。つまりその欲求を満たそうとする活動に何一つ自分自身の為という要素がないのです。それが最高の人間的な愛です。それが人類の啓発を志す人々、困窮する者への救済を志す人々、弱き者への扶助を願う人々、そして人生の喜びを踏みにじる既得権力に闘いを挑む人々の魂を鼓舞してまいりました。
 母国において、或いは他国へ赴いて、そうした愛他的動機から人類の向上の為に、言い替えれば、内部に秘めた無限の可能性を悟らせる為に尽力する人は、愛を最高の形で表現している人です。
 愛の表現形態にも様々な段階があります。愛の対象への働きかけという点では同じであっても、自ずから程度の差があります。偏狭で、好感を覚える者だけを庇い、そして援助し、見知らぬ者には一欠片の哀れみも同情も慈悲も感じない者もいます。
 しかし宇宙には神の愛が行き渡っております。その愛が天体を運行せしめ、その愛が進化を規制し、その愛が恵みを与え、その愛が高級霊の魂を鼓舞し、それまでに成就したもの全部をお預けにして、この冷たく、薄暗い、魅力に乏しい地上へ戻って人類の救済に当たらせているのです」

-その[神]のことを、子供にはどう説いたらよいでしょうか。

「説く人自らが全生命の背後で働いている力について明確な認識をもっていれは、それは別に難しいことではありません。
 私だったら大自然の仕組みの美事な芸術性に目を向けさせます。ダイヤモンドの如き夜空の星の数々に目を向けさせます。太陽のあの強烈な輝き、名月のあの幽玄な輝きに目を向けさせます。あたかも囁きかけるようなそせ風、そしてそれを受けて揺れる松の林に目を向けさせます。さわやかに流れるせせらぎ、怒涛の大海原に目を向けさせます。そうした大自然の一つ一つの営みが確固とした目的をもち、法則によって支配されていることを指摘致します。
 そして更に、人間がこれまでに自然界で発見したものは全て法則の枠内に収まること、自然界の生成発展も法則によって支配され規制されていること、その全体に人間の想像を絶した、広大にして複雑な、それでいて調和した一つのパターンがあること、宇宙の隅々に至るまで秩序が行き渡っており、惑星も昆虫も、嵐もそよ風も、その他ありとあらゆる生命活動が、たとえ現象は複雑を極めていても、その秩序によって経綸されている事実を説いて聞かせます。
 そう説いてから私は、その背後の力、全てを支えているエネルギー、途方もなく大きい宇宙の全パノラマと、人間にはまだ知られていない見えざる世界までも支配している霊妙な力、それを[神]と呼ぶのだと結びます」

-自分の思念には全て自分が責任を取らねばならないのでしょうか。

「(精神的障害があるようなケースは別として)一般に正常と見なされている状態においては、自分の言動には全責任を負わねばなりません。これは厳しい試練です。行為こそが、絶対的な重要性をもちます。いかなる立場の人間にも、人の為に為すべき仕事、自分の霊性を高めるべきチャンスが与えられるものです。有徳の人や聖人君子だけが与えられるのではありません。全ての人に与えられ、そのチャンスの活用の仕方、疎かにした度合いに応じて、霊性が強化されたり弱められたりします」

-子供はそちらへ行ってからでも成人していくそうですが、交霊会に出て来る子供の背後霊が何年経っても子供だったり、18年も20年も前に他界した子供がその時のままの姿格好で出て来るのはなぜでしょうか。

「地上の人間は、いつまでも子供っぽい人を変だと見るかと思うと、子供の無邪気さを愛するような口を利きます。しかも、人類の為に敢えて幼児の段階に留まる手段を選んでいる霊のことを、変だと仰います。
 幼児の方が得をするわけは容易に理解出来るでしょう。幼児には大人にありがちな障壁がありません。極めて自然に、いつも新鮮な視点から物事を眺めることが出来ます。大人が抱える種類の問題に悩まされることもないので、通信のチャンネルとして好都合なのです。大人にありがちな、寛容性を欠いた先入観や偏見が少ないので、仕事がスムーズに運びます。
 いつも生き生きとして新鮮味をもって仕事に携わり、大人の世界の煩わしさがありません。煩わされないだけ、それだけ霊的交信に必要な繊細なバイブレーションを直ぐにキャッチ出来るのです。
 しかし、実を言えば、その幼児の個性は大人の霊がその仕事の為に一時的にまとっている仮の衣服である場合が多いのです。仕事が終われば、直ぐに高い世界へ戻って、それまでの生活で開発した、より大きな意識の糸を手繰り寄せることが出来ます。
 変だと決め付けてはいけません。こういう霊のことを[トプシー]と言うのです。そういう形で自分を犠牲にして、地上の人々の為に働いている愛すべき[神の道具]なのです。
 何年も前に他界した子供がそのままの姿で出現するのは、自分の存続の証拠として確認してもらう為です。身元の確認を問題になさる時に忘れないで頂きたいのは、他界した時点での姿や性格やクセをそのまま見せないと、人間の方が承知してくれないということを考慮していることです。
 そこで、霊媒(霊視能力者)に映像を見せて、それを伝達させるわけです。言わばテレビの画像のようなものです。霊媒が自分の精神のスクリーンに映った映像を見て叙述するわけです。直接談話であれば、映像の代わりに、エクトプラズムで他界当時と同じ発生器官をこしらえます。条件さえ上手く整えば、地上時代とそっくりの声が再生出来ます」

-子供の頃から動物に対して残酷なことをして育った場合は、そちらでどんな取り扱いを受けるのでしょうか。動物の世話でもさせられるのでしょうか。

「人間の永い歴史を通じて、動物がいかに人間にとって大切な存在であったかを教えることによって、地上時代の間違った考えを改めさせないといけません。動物界をあちらこちら案内して、本来動物というものが、動物を本当に愛し理解する人間と接触すると、いかに愛らしいものであるかを実際に見せてやります。知識が増すにつれて誤った考えが少しずつ改められていきます。結局は残酷を働いたその影響は、動物自身だけでなく、それを働いた人間にも表れるものであることを悟るようになります」

(別のメンバー)-他界する者の大多数が死後の生活の知識を持ち合わせません。他界直後は目眩のような状態にあって、自分が死んだことにも気がつかないといいますが、それは子供の場合も同じでしょうか。それとも本能的に新しい生活に順応していくものでしょうか。

「それはその子供の知識次第です。地上の無知や迷信に汚染されすぎていなければ、本来の霊的資質が生み出す自然な理解力によって、新たな自覚が生まれます」

-人間が寿命をまっとうせずに他界することを神が許されることがあるものでしょうか。

「神の意図は、人間がより素晴らしい霊的生活への備えを地上において十分に身に付けることです。熟さない内に落ちた果実がまずいのと同じで、割り当てられた地上生活をまっとうせずに他界した霊は、新しい世界への備えが十分ではありません」

-子供が事故で死亡した場合、それは神の意図だったのでしょうか。

「これは難しい問題です。答えとしては、そうですと言わざるを得ないのですが、それには但し書きが必要です。
地上生活は全てが摂理によって支配されており、その摂理の最高責任者は神です。しかし、その摂理は人間を通じて作用します。究極的には全て神の責任に帰着しますが、だからといって、自分が間違ったことをしでかしておいて、これは神が私にそうさせたのだから私の責任ではない、などという理屈は通用しません。
 神がこの宇宙を創造し、叡知によって支配している以上は、最終的には神が全責任を負いますが、あなた方人間にも叡知があります。理性的判断力があります。自分で勝手に鉄道の線路の上に頭を置いておいて、神様何とかしてください、と頼んでみても何にもなりません」

-いわゆる[神童]について説明して頂けませんか。

「三つの種類があります。一つは過去世の体験をそのまま携えて再生した人。二つ目は、たとえ無意識ではあっても霊的素質をそなえた人で、霊界の学問や叡知・知識・真理などを直接的にキャッチする人。三つ目が、進化の前衛としての、いわゆる天才です」

 シルバーバーチの交霊会にはレギュラーメンバーの他に必ず二、三人のゲストを迎えるのが慣例となっていた。ゲストといっても、必ずしもスピリチュアリズムの信奉者とかシルバーバーチの崇拝者に限られていたわけではなく、スピリチュアリズムを頭から否定する人や、シルバーバーチと霊媒のバーバネルはペテン師であると決め付けている者もいた。そのバーバネルの[化けの皮]を剥がしてやると意気込んで出席する者もいたが、帰る時はすっかり大人しくなっていた。時には感動のあまり慟哭する者もいたという。
 さて、その日の交霊会では、スピリチュアリズムに批判的な人からの投書が朗読された。その中には[スピリチュアリズムは危険な火遊びの類に属するものではないか]とか、[指導霊はなぜシルバーバーチなどという変な名前を名乗るのか-そんなことが私の疑念を増幅するのです]といったことが述べられていた。
 聞き終えたシルバーバーチは、例によって話題を広角的に捉えて、こう述べた。
「進化のどの段階にある人でも、暗闇を歩むよりは光明の中を歩むのが好ましいに決まっています。無知に振り回されるよりは正しい知識で武装する方がいいに決まっています。知識の追求は理知的な人間にとっての基本的な人生の目的であらねばなりません。
 迷信・偏見・不寛容・頑迷といった低級な性向は、それに反撃し退却せしめるだけの知識がないところでは、傍若無人に振舞います。ですから、学ぶという態度を忘れて[私はもうここまでで結構です。これ以上は進む気はありません]などと言ってはなりません。
 知識は掛け替えのない宝です。人生の全体を視界におさめて、いかに生きるべきかを教える羅針盤のようなものです。船には必ず方向を操る為の道具や器具が備え付けられています。人生をいかに生きるべきかを判断する為の道具を持ち合わせないとしたら、その人は愚かな人というべきです。知識はいくらあってもよろしい。絶えず求め続けるべきものです。[もうこれ以上知りたくはありません]などと言うようになったら、その時から思考力が衰え、鈍り、錆ついていくことを、自ら求めていることになります。
 生命というものは一定の場所にじっとしていることが出来ないものなのです-向上するか下降するかのどちらかです。皆さんは永遠の生命の道を行く旅人です。今生きておられる地上生活は、その永遠の旅の、実に短い旅程にすぎません。これから先、まだまだ長い長い進化の旅が待ち受けているのです。
 ですらか、その度にそなえて知識を蓄え、いかなる難路でもしのげるように旅支度を強化しておく方がいいに決まっています。ただ、その知識には責任が生じることを忘れてはなりません。これも一種のバランス(埋め合わせ)の法則です。一方において知識を得れば、他方においてそれを生かして使うべき責務が生じます。そこから先はあなた方自身の問題です。
 私達は、これまでの長い旅の経験で知った霊的法則の働きに基づいて、地上生活に役立つとみた知恵をお届けしてあげるだけです。それが、この私のように、地上界が陥っている泥沼から救い出す為に派遣された者の役目なのです。
 全ての人がそれを受け入れる用意が出来ているとは思っておりません。そんなものは要らないと考える人もいるでしょう。そんなものよりも、子供のオモチャのようなものを喜ぶ人もいるでしょう。まだ人生の意義を考える段階にまでは至っていないということです。
 しかし、あなた方にはその背後の計画を包括的に認識して頂かねばなりません。地上界は実に永い間、暗黒に包まれてまいりました。その間の身の毛もよだつ残虐行為を、今の時代になってようやく反省し始めております。その根源にあるものは、霊的摂理についての無知なのです。物質万能の風潮と私利私欲を一掃しない限り、その呪いから免れることは出来ません。地上世界を見回してごらんなさい。窮乏・悲哀・流血・混沌・破綻ばかりではありませんか。これら全てが、間違った物質万能主義、言い換えれば、霊的摂理についての無知から生じているのです。
 地上の人間は生活の基盤を間違えております。国家はその政策を自国だけの利益を中心に考えております。独裁者が生まれては、暴虐非道の限りを尽くしましたが、それは、力こそ正義という間違った信条に取り付かれていたからにすぎません。今こそ霊的知識が、個人だけでなく、国家だけでなく、世界全体にとって必要であることに理解がいかないといけません。
 その霊的知識をいち早く我がものとされた皆さんは、それが今の生活にどれ程の豊かさをもたらしてくれているかを吟味してみられることです。もう二度と、それを知らずにいた時の自分には戻りたくないと思われる筈です。この世のいかなる波風にもしぶとく耐えていくだけの堅固な基盤を与えられております。自分がただの偶然の産物、或いは気まぐれのオモチャなどではなく、無限の力を秘めた大霊の一部であるとの理解があります。
 地上世界はとても病んでおります。恐ろしい病に苦しんでおります。それを治す為の妙薬を私がこういう形で伝授しているのです。この霊的知識が世界中に広まれば-この物質の世界の向こうに新しい世界が待ち受けていること、自分の生活の全てに自分が責任を持たねばならないこと(いかなる信仰もそれを償ってはくれないこと)、万人に完全なる公正さをもって働く永遠不変の摂理が存在することが理解されれば、新しい世界を構築する為の基盤が出来たことになるのです」

[無知]と[間違った信仰]の恐ろしさについて、更にこう述べた。
「スピリチュアリズムは人間が秘めている霊的能力を教え、それを同胞の為に役立てる為に開発する方法を教えてくれます。例えば、病気を霊的に治療する能力を持っている人、或いは死後の存続を証明する証拠を提供する能力をもった人が、そうとは知らずに毎日を無為に過ごしております。実にもったいないことです。そういう人材を掘り起こす為にも、霊的知識を出来るだけ多く広めておくことがいかに大切であるかがお分かりでしょう。無知は人間の大敵です。精神的にも霊的にも怠惰にしてしまいます。
 ところが、地上には無知という餌によって飼い馴らされている真面目な人間が実に多いのです。ただ信じるだけでよい-信仰は理性に優るのです、と教え込まれ、スピリチュリズムは悪魔の仕業であるから、それを説く者は邪霊に唆されているのですと説き聞かされ、バイブルにちゃんとそう書いてありますと結論付けられます。
 そこに無知の危険性が潜んでいるのです。それを信じる者は、独りよがりの正義感に浸りながら、本当は怠惰な、間違った宗教的優越感の上にあぐらをかいてしまうのです。一種の精神的倒錯を生み出し、それが全ての思考を歪め、本物の真理を目の前にしても、それが真理であるとは思えなくしてしまうのです」

-[豚に真珠を与えるなかれ]と言ったイエスの真意は何だったのでしょうか。

「自分では立派な真理だと思っても、受け入れる用意の出来ていない人に無理矢理に押し付けてはいけないということです。拒絶されるから余計なことはするなという意味ではありません。それなら、イエスの生涯は拒絶されることの連続でした。
 そんな意味ではなく、知識・真理・理解を広めようとする努力が軽蔑と侮辱をもって迎えられるような時は、そういう連中は見る目がないのだから、無理して美しいものを見てもらおうとせずに、手を引きなさいという意味です」

-一身上の問題で指導を仰ぐことは許されるでしょうか。

「それは許されます。ただ、霊的なことに興味はあっても、真髄を理解していない人に説明する時は慎重を要します。うっかりすると、霊界からの援助を自分のご利益の為だけに不当に利用しているかの印象を与えかねません。
 スピリチュアリズムの基本は、詰まるところ物的な豊かさよりも霊的な豊かさを求めることにあり、自分自身と宇宙の大霊についての実相を理解する上で基本となるべき摂理と実在を知ることです。無論物的生活と霊的生活とは互いに融合し、調和しております。両者の間にはっきりとした一線を画することは出来ません。霊的なものが物的世界へ顕現し、物的なものが霊的なものへ制約を与え、条件づけております」

-この世に生きる目的は、霊的な顕現を制約するものを少しでも排除し、霊的資質が肉体を通してなるべく多く顕現するようにすることだと私は理解しておりますが・・・

「その通りです。地上生活の目的はそれに尽きます。そうすることによって自分とは何かを悟っていくことです。自分を単なる肉体であると思い込んでいる人は、大きな幻影の中で生活していることになり、いつかは厳しい現実に目覚める日が来ます。その日は地上生活中に訪れるかも知れないし、こちらへ来てからになるかも知れません。地上にいる内に悟った方が遙かに有利です。なぜなら、地上には魂の成長と顕現の為の条件が全部揃っているからです。
 人間は地上生活中の身体機能ならびに霊的機能を存分に発揮するように意図されているのです。霊的なことのみに拘って身体をそなえた人間としての義務を怠ることは、身体上のことにばかり目を奪われて霊的存在としての責務を疎かにするのと同じく、間違っております。
 両者が完全なバランスが取れていなければなりません。その状態の中で初めて、この世にありながら俗世に染まらない生き方が出来ることになります。つまり身体は、神性を帯びた霊の[宮]として大事にし、管理し、手入れをする。すると成長と進化の過程にある霊が身体を通して成長と進化の機会を与えられる、ということです」

-心霊治療を始めるには、治療家自身がまず完全な健康体でなければならないのでしょうか。

「無論、誰しも健康体であるのが望ましいに決まっています。ただ、霊力によって病気を治す人も、霊媒と同じく[道具]です。つまり自分が受けたものを伝達する機関にすぎません。その人を通って霊力が流れるということです。言わば[通路]であり、それも、内部へ向けてではなくて外部へ向けて送る通路です。
 その人の資質・才能・能力がその人なりの形で顕現しますが、それが霊界との中継役、つまり霊媒としての資格となり、生命力と賦活力と持久力に溢れた健康エネルギーを地上へもたらす役目が果たせるのです。その際、治療家自身の健康に欠陥があるということ自体は、治療能力の障害にはなりません。治療エネルギーは霊的なものであり、欠陥は身体的なものだからです」

-精神統一によって心の静寂、内的生命との調和を得ることは健康の維持に役立つでしょうか。

「自然法則と調和した生活を送り、精神と身体との関係を乱すような行為をしなければ、全ての病気に効果があるでしょう。或いは、遺伝的疾患のない健全な身体をもって生まれていれば効果があるでしょう。内部に秘められた[健康の泉]の活用法を知れば、全ての病気を駆逐することが出来ることは確かです。
 しかし、現実には、地上に病気が蔓延している以上、事は非常に厄介です。限界があるということです。例えば[死ぬ]ということは誰も避けられません。身体は用事が終れば捨てられるのが自然法則だからです。しかし困ったことに、あまりに多くの人間が内部の霊性が十分に準備出来ない内に、つまり熟しきらない内に、肉体を捨てています。魂の鍛練にとって必要な体験を十分に積んでいないのです。
 私は法則を有りのままに述べているまでです。人間にとってそれを実践するのが容易でないことは、私も承知しております。何しろ地上というところは物質が精神を支配している世界であり、精神が物質を支配していないからです。本当は精神が上であり、霊がその王様です。しかし、その王国も人間の行為の上に成り立っています」

-心の静寂が得られると肉体器官にどういう影響が現れるのでしょうか。

「それ本来の有るべき状態、つまり王様である霊の支配下に置かれます。すると全身に行き渡っている精神が、その入り組んだ身体機能をコントロールします。根源において生命を創造し身体を形づくった霊の使命に従って行われます。その時は霊が身体の構成要素のあらゆる分子に対して優位を占めています。
 それが出来るようになれば、完全な調和状態-あらゆる部分が他と調和し、あらゆるリズムが整い、真の自我と一体となります。不協和音もなく内部衝突もありません。静寂そのものです。宇宙の大霊と一体となっているからです」

-あなたはなぜそんなに英語がお上手なのでしょう?

「あなた方西洋人は時折妙な態度をお取りになりますね。自分達の言語が喋れることを人間的評価の一つとなさいますが、英語が上手だからといって別に霊格が高いことにはなりません。たどたどいう言葉で喋る人の方が遙かに霊格が高いことだってあるのです。
 私はあなた方の言語、あなた方の習性、あなた方の慣習を、長い年月をかけて勉強しました。それは、こちらの世界ではごく当たり前の生活原理である[協調]の一環です。いわば互譲精神を実践したまでのことです。
 あなた方の世界を援助したいと望む以上は、それなりの手段を講じないといけません。その手段の中には人間の側に最大限の努力を要求することになるものがある一方、私達にとって嫌悪感を禁じ得ない程の、神の子としてのギリギリの最低線まで下がらなくてはならないこともあります。
 私はこうして英語を国語としている民族を相手に喋らねばなりませんので、英語を習得するのに長い歳月をかけました。皆さんからの援助も頂いております。同時に、かつて地上で大人物として仰がれた人々の援助も受けております。今でも、言語的表現の美しさと簡潔さで歴史にその名を残している人々が、数多く援助してくれております」

-心に念じたことは全部その霊に通じるのでしょうか。

「そんなことはありません。その霊と波長が合うか合わないかによります。合えば通じます。バイブレーションの問題です。私と皆さんとは波長がよく合います。ですから、皆さんの要求なさることが全部読み取ります。何かを要求なさると、そこにバイブレーションが生じ、その[波動]が私に伝わります。それを受取る受信態勢が私に整っているからです。地上と霊界との間は、魂に共鳴関係があれば、思念や願い事の全てがすぐさま伝わります」

-我々が死ぬ前と後には、霊界の医師が面倒を見てくれるのでしょうか。

「見てくれます。霊体をスムーズに肉体から引き離し、新しい生活に備える必要があるからです。臨終の床にいる人がよく肉親や知らない人の霊が側に来ていることに気付くのは、その為です。魂が肉体から脱け出るのを手助けしているのです」

-昨今のような酷い地上環境では、全く新しいタイプの霊が誕生する方がいいのではないでしょうか。

「私達は、人間一人ひとりが果たすべき責任をもって生まれていると説いております。たとえ今は世界が混沌とし心配と喧騒に満ち、敵意と反抗心と憎しみに満ちていても、そうした苦闘と悲劇を耐え忍ぶことの中から、新しい世界が生まれようとしております。その為には、その旗手となるべき人々がいなくてはなりません。その人達の先導によって、真一文字に突き進まねばなりません。
 霊は苦闘の中で、困難の中で、刻苦の中で自らを磨かねばなりません。平坦な道ではなく、困難を克服しつつ前進し、そして勝利を手にしなくてはなりません。恐怖心が一番の敵です。無知という名の暗黒から生まれるものだからです」

↑このページのトップヘ