死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

当サイトは、死にたい人に自殺に関する霊的知識を与えて、自殺を止めさせる自殺防止サイトです。

自殺の霊的知識へ

カテゴリ:★『新樹の通信』 > 新樹の通信

自殺ダメ


 [霊界通信 新樹の通信](浅野和三郎著)より

 (自殺ダメ管理人よりの注意 この文章はまるきり古い文体及び現代では使用しないような漢字が使われている箇所が多数あり、また振り仮名もないので、私としても、こうして文章入力に悪戦苦闘しておる次第です。それ故、あまりにも難しい部分は現代風に変えております。[例 涙がホロホロ零る→涙がホロホロ落ちる]しかし、文章全体の雰囲気はなるべく壊さないようにしています。その点、ご了承ください。また、言葉の意味の変換ミスがあるかもしれませんが、その点もどうかご了承ください)

 死後に於ける霊魂の存続、並びに顕幽両界の交通-それがただ一片の理論であったのでは、一向面白くも可笑しくもない話で、大の男がこれに向かって、精魂を打ち込むだけの価値は殆どないでしょう。で、私としては、一時も早くこの実際的方面の仕事を開拓したいと、年来熱誠を込めて来た訳ですが、それは漸く近頃に至りて、平たく言うと、新樹の帰幽によりて、いささか解決の曙光が見え出しました。丁度盲目の親が、子供に手を引かれて、とぼとぼと険路を辿ると言った姿であります。
 新樹の帰幽が手掛かりとなりて、先ず動き出したのは彼の母の守護霊であり、次に出動したのは彼自身の守護霊でありました。お蔭で私の為には、そろそろ彼岸との交通機関が整いかけ、ドウやら暗中模索の状態から脱することが出来ました。時を置かずに、私は早速日本の霊魂界に向かって、探求調査の歩を進めました。古い所では、千年二千年前に帰幽した歴史中の人物との交通、新しい所では、十年二十年前に現界を見棄てた近代人の霊魂との連絡、要するに殆ど八つ当たり式に、霊界の門戸を叩き始めたのであります。無論私でさえも、かくして獲たる通信全部が、全部信頼すべきものであるとは考えておりませんから、単に間接に、文書によりて、これに接するだけの機会しか与えられていない一般世間の方々は、恐らく半信半疑の域を脱することが容易に出来ますまい。殊に近頃日本の出版界では、霊界通信などと銘打てる、眉唾式の贋作が続出している有様ですから・・・。
 が、いたずらに尻込みばかりしていたのでは、こうした新事業の開拓に、目鼻がつく見込みは到底ありませんから、私としてはいかなる疑惑、いかなる嘲笑をも甘受する覚悟で、片っ端からこれを発表して行こうかと考えています。現在の私は、幽界に於ける我が愛児の、精一杯の努力が、どこまでこの道に貢献し得るかを、ひたすら考えるだけで、その他に思いを及ばす余裕とてはないのであります。
 とりあえず私がここに紹介したいと思うのは、新樹を介して、乃木大将と会見を試みた次第であります。

自殺ダメ


 [霊界通信 新樹の通信](浅野和三郎著)より

 (自殺ダメ管理人よりの注意 この文章はまるきり古い文体及び現代では使用しないような漢字が使われている箇所が多数あり、また振り仮名もないので、私としても、こうして文章入力に悪戦苦闘しておる次第です。それ故、あまりにも難しい部分は現代風に変えております。[例 涙がホロホロ零る→涙がホロホロ落ちる]しかし、文章全体の雰囲気はなるべく壊さないようにしています。その点、ご了承ください。また、言葉の意味の変換ミスがあるかもしれませんが、その点もどうかご了承ください)

 私が初めて新樹の守護霊(佐伯信光)に頼んで、乃木さんの近状を偵察してもらったのは、昭和五年十月七日の午後でした。すると守護霊からの報告はこうでした。-
 「乃木という方は、モウ幽界で立派に自覚しておられます。で、私がこの方と通信を試みるのは、いと易いことでござりまするが、近代の方との交通は、やはり乃木さんを知っている新樹の方が、万事につけて好都合であります。私は年代が離れ過ぎているので、少しもその経歴を知らず、質問をするにも、至って勝手がよくない。無論新樹が乃木さんを訪ねるにして、私が側に控えておるにはおりますが・・・」
 この答は至極道理だと考えられたので、私は佐伯さんに退いてもらい、その代わりに新樹を呼び出し、早速乃木さん訪問を命じました。相変わらず幽界の交通は至って敏活で、約十分後には、早くも新樹の報告に接することが出来ました。新樹はいつもよりずっと緊張した、謹直な態度で語り出でました。-
 只今乃木さんに御目にかかって参りました。乃木さんはモー立派に自覚しておられます。生憎僕とても、生前直接に乃木さんの風かいに接したことは一度もありません。乃木さんが出征された時分に、僕は漸く生まれた位のものですからネ。従って僕の乃木さんに関する知識は、ただ書物で読んだり、人から聴いたりした位のところです。幸い僕は大連に住んでいました関係から、乃木さんが畢生(ひっせい)の心血を注がれた、旅順港付近の古戦場には、生前何回か行ってみました。そうそうお父さんが洋行される為に大連に立ち寄られた時にも、御一緒にあの203高地に登りましたネ・・・。僕はあの忠魂碑の前に立った時に、いつも四辺を見回して、さぞこの高地を奪うのは困難であったろうと、当年の乃木さんを偲んだものです。で僕は、乃木さんに向かってこう切り出しました。-
 「私は浅野新樹と申す名もなき青年で、生前ただの一度も、あなたにお目にかかったことはございませんが、無論あなたの御名前は、子供の時分からよく存じております。殊に大連に住んでおった因縁から、あなたの当年の御苦戦の次第は、つくづく腸にしみております。至って弱輩の身ではありますが、共に幽界の住人としてのよしみを以って、これからは時々お訪ねさせて頂きます・・・」
 僕がそう云うと乃木さんは大変に歓ばれました。乃木さんは写真で見た通りのお顔で、頭髪も髭も殆ど真っ白で、随分お爺さんですネ。和服をつけて、甚だ寛いではおられましたが、しかし風評の通り、その態度は謹厳そのもので、甚だ言葉少なにしておられました。
 僕は先ず乃木さんに向かい、戦死したお子さん達の事につきて、御挨拶を述べました。御自分の子供のこととて、さすが乃木さんもちょっと御容子が変わりました。-
 「子供達は、陛下の為に戦死したので、可哀相ではあるが、他の死に方をしたのとは違って、別に心残りはない・・・・」
 口ではあくまで強いことを仰っておられました。たしか兄さんの名は勝典、弟の方は保典というのでしたネ。全くお気の毒なことでした。段々伺ってみると、乃木さんという方は、生前から幾らか霊感のあった方のようでしたネ。「子供達の戦死した時には、ワシにはそれがよく判っていた・・・」そう言っておられました。
 それから僕は思い切って、乃木さんに訊ねてみました。-
 ドウいう理由であなたは自殺をされました?貴い生命を、何故あなたは強いてお棄てになられました?」
 僕がそう言っても、乃木さんは容易に返答をされませんでした。重ねて訊ねますと、漸くその重い唇が綻びました。
 「自分の自殺したことについては、色々の理由がある。二人の子供を亡くしたのも一つの理由ではあるが、他にもっと重大な事情・・・ツマリ、陛下に対し奉りて、何とも申し訳がないと思うことがあったのじゃ。何よりもあの旅順港で、沢山の兵士を失ったこと、それが間断なく、ワシの魂にこびりついていたのじゃ。そうする中に、陛下が急にお崩御になられ、ワシは一散に世の中が厭になった・・・」
 そう言われるのを聞いた時に、僕も悲しい気分になりました。
 「この方は立派な軍人だが、心の中は何と優しい方であろう」-僕はしみじみとそう感じました。
 乃木さんは死んでも、まだ忠君愛国の念に充ち満ち、しょっちゅう、明治天皇の御霊近く伺われるようですネ・・・。

自殺ダメ


 [霊界通信 新樹の通信](浅野和三郎著)より

 (自殺ダメ管理人よりの注意 この文章はまるきり古い文体及び現代では使用しないような漢字が使われている箇所が多数あり、また振り仮名もないので、私としても、こうして文章入力に悪戦苦闘しておる次第です。それ故、あまりにも難しい部分は現代風に変えております。[例 涙がホロホロ零る→涙がホロホロ落ちる]しかし、文章全体の雰囲気はなるべく壊さないようにしています。その点、ご了承ください。また、言葉の意味の変換ミスがあるかもしれませんが、その点もどうかご了承ください)

 新樹の第一回の乃木さん訪問は、大体こんな簡単なものでした。勿論私としては、他に訊ねたい事がまだ沢山ありますので、重ねて十月の九日午前一時、私は再び新樹を呼び出して、こう申し付けました。-
 「前回はお前一人の訪問であったが、今日は一つ父の代理として、乃木さんにこう取り次いでもらいたい。-父は前年横須賀で、海軍の教官を勤めておった浅野というものであるが、ある年乃木さんが学習院長として、海軍機関学校の卒業式に臨まれた際に、一度お目にかかっている。その後故ありて官職を辞し、以来専ら心霊研究に志し、一意専心幽明の交通を開く事に尽瘁(じんすい)している。ついては差し支えなき限り、こちらの問に応じて幽界の状況なり、又感想なりを漏らして頂きたい。無論どなたのお言葉たりとも、世間に発表するのには、時期尚早と考えられる箇所は、厳秘に附するだけの覚悟は、充分に有しているつもりであるから、その点はドウぞお心安く思し召して頂きたい・・・」
 「承知致しました」
 新樹はそう答えたきり、暫く沈黙が続きましたが、やがて再び母の体に戻って来て、復命したのでした。-
 「早速お父さんの言葉を口伝えしました。乃木さんは大変に歓ばれまして、こういう御返答でありました。-
 それは誠に結構なお仕事で、日本に於いてもそういう方向の研究が、真面目に着手されたというのは、近頃にない吉報である。自分は大日本帝国については、こちらへ来ても、依然として心配している。イヤ寧ろ国家の事以外には、殆ど何事も考えていないというてよい。が、自分はまだ幽明間の通信という事につきては、一度も試みたことがなく、ドウいう風にして良いか、はッきり判っていない。のみならず、目下は自分自身の修行に没頭して、それに忙しくこちらの世界の研究も、一向まだ出来ていない。その点は予めお断りしておく。兎も角も出来るだけの事は、御返事したい考えであるから、そちらで良きように何なりと質問してもらいたい・・・。
 「乃木さんは今日はカーキ色・・・やや青味のあるカーキ色の軍服を着け、質素な肘付き椅子に腰掛けておられました。乃木さんのおられる周囲は、暗いような所ですが、不思議なことには、乃木さんの身辺は明るいのです。軍服の褶でも、顔の皺でも、皆チャーンと判ります。少々普通とは勝手が違っています」
 早速乃木さんと私との間には、新樹を介して問答が交換されることになりました。ホンの一小部分を省き、左に問答のありのままを発表いたします。

自殺ダメ


 [霊界通信 新樹の通信](浅野和三郎著)より

 (自殺ダメ管理人よりの注意 この文章はまるきり古い文体及び現代では使用しないような漢字が使われている箇所が多数あり、また振り仮名もないので、私としても、こうして文章入力に悪戦苦闘しておる次第です。それ故、あまりにも難しい部分は現代風に変えております。[例 涙がホロホロ零る→涙がホロホロ落ちる]しかし、文章全体の雰囲気はなるべく壊さないようにしています。その点、ご了承ください。また、言葉の意味の変換ミスがあるかもしれませんが、その点もどうかご了承ください)

 問「あなたが自殺されて、そちらの世界に目覚められる前後の状況を、成るべく詳しくお話して頂きたい。この学の研究の為にも、又心ある日本国民の考慮を促す上からも、これは甚だ大切なる資料と考えられますのです・・・」
 答「それには色々の事情が・・・(一語一句ポツリポツリと考えた句調で)自分は、先帝陸下に対し承りて、相済まぬと思うことも数々あり、-又二人の子供にも別れてしまい、しかも自分は現世に生き永らえていても、大して国家の御役に立たない老体となりましたので、一-陛下の崩御を伺うと同時に、すっかり覚悟を決めましたが、-さてドウいう風にしたらよいか、それには色々と苦心を重ねました。まだ中々病気が出るような模様もない体であり、-いかなる方法を以ってこの世を去ろうか、その事はよくよく考え抜きました。-しかし日本帝国の軍人である以上、潔く自刃して相果てるのが本望であろうと、遂にそう覚悟を決めました。-一旦覚悟を決めた上は、後は非常に気持がさっぱりしたもので、何の事はない、ただ一途に、あの世で先帝陛下にお目にかかり、又蔭ながら日本国を護らねばならぬと、そればかりを考えるようになりました。自分の覚悟は詳しく静子にも話しました。すると静子の決心も自分と全く同一で、少しも後に生き残ろうという考えはなく、それでは私も御一緒にと、立派な決心をしてくれました。-二人の子供を亡くしているので、世の中が厭になっていたせいもありましょう・・・。
 さて自刃の時期はいつにしたものかと、色々考えましたが、陛下の御大葬を御見送りした上でなければ、早まった事になりますので、お見送りをしてからという事に決めました・・・。
 お見送りは自分達の住宅で致しました。それから後の事は、-いかに覚悟はしていたというものの、それはちょっとドウも、ワシには話し兼ねる・・・。
 ワシは自刃するまでの事はよく知っているが、その後の事は、暫く何の記憶も有しておりません。ある期間、ワシは全然何等の自覚もなしに過ごしました・・・。
 やや正気付くようになってからも、何やら四辺が暗く、頭脳も朦朧としていて、依然取り留めたことは覚えていません。その中に、誰ともなくワシの名を呼ぶものがあったので、はッと眼が覚めました。四辺はまだ少し薄暗いが、気分は非常に爽快である。ワシはその時初めて、自刃してこんな所に来たのかしら、と気が付きました。これで、先帝陛下にも、お目にかかれるであろうと思うと、心の中は嬉しさに充ちました。-が、何を言うにもその当座は、ともすれば夢うつつの境にさ迷い勝ちで、ただジッと静かにしていた方が楽でありました・・・」
 問「誰ともなくあなたのお名を呼んだと言われましたが、それはどんなお方でございましたか?」
 答「それは装束をつけた立派な方で、その方がワシを呼び起こしてくれました。-ワシは自分の衣装でもあるかと思うて、よく見ましたが、別に友達でもなく、又年齢も少しお若い方なので、これは神さんであろう、と気が付きました。誰でも死んでこの世界に入ると、必ず神さんが来てお世話をしてくださるものじゃそうで、その後の自分が、何かこうして欲しいと思うと、直ぐにその願いが先方に届いて、良いようにしてくださるのじゃ・・・」
 問「そのお方はあなたの本来の御守護霊でありますか?それとも、帰幽後一時あなたのお世話をなさる指導者の方でありますか?」
 答「さァそこのところは、まだよくワシにも判りません。何れよく取り調べた上で御返答致しましょう。万一、間違ったことをお答すると、世の中を誤りますのでナ・・・」
 問「あなたはその後、神として祀られておられますが、無論現界からの祈願は、そちらに届きましょうナ?」
 答「自分は見らるる通り、つまらない人間であったに係わらず、国民挙げて、自分を神に祀ってくだされ、自分としては、ひたすら恐懼(きょうく)している次第じゃが、神々の御守護により、及ばずながら、護国の神として大いに働く覚悟でおります。但し神社に祀られていると言っても、ワシが常に神社にいる訳ではない。神社に参拝者があれば、そちらの祈願が、よくこちらに通ずるだけのものであります。有り難い事には、自分に対して国家守護の祈願をしてくださる方が、近頃段々多い・・・」
 問「あなたには、明治大帝の御後を慕われて、自刃されたのでありますが、その事について差し支えない限り、そちらの御模様をお漏らしくださいませんでしょうか?」
 答「畏れ多い事でありますが、-先帝陛下には、御崩御以来、まだ安らかにお眠り遊ばされてお出でにように、あの装束を召された方から申し聞かされております。それで、自分は常に、陛下の御霊のお側近くには伺候致しますが、折角御休みの砌(せい)を、我々風情のものが、不躾(ぶしつけ)にお言葉をかけ参らせることも、余りに畏れ多い次第と考え、成るべく差し支えている次第で・・・。全てこちらの模様は、現世で考えていたところとは、いささか趣を異にしているところがあるものじゃ・・・」
 問「静子夫人、又戦死された勝典、保典のお二人には、そちらで、既にお会いになられましたか?」
 答「会ったという訳ではないが、静子とは音信を致しております。あれはワシよりは少し遅れて眼が覚めた模様で、こちらで思うことも、又あちらで考えることも、皆互いによく通じます。女性のことだから、やはり子供の事など思っているようで・・・。二人の子供達は、まだ充分に眼が覚めておらんと見えまして、これまでに一向通信をしておりません・・・」
 問「あなたはお墓とお宮と、両方をお持ちになっておられる方であるから、是非お伺いしたいと思いますが、お宮とお墓とは、何所がドウ違いますか?これは社会風教の上に、重大な関係がありますから、とくと御勘考の上にて御返答を願いたいと思います」
 答「墓と宮とは、そりァ大分訳が違います。-が、どの点が違うと言われると、ワシも少々返答に困る・・・。次回までによく考えておくことにしましょう。-今日はこれだけにしておいてもらいたい」
 その日の問答は、大体これで終わりました。この問答の間、新樹は乃木さんと私との中間に立ちて、非常によく仲介に努め、乃木さんの言葉を取り次ぐ時などは、ある程度まで、乃木さんの風格を彷彿せしめる程、緊張し切っていました。

自殺ダメ


 [霊界通信 新樹の通信](浅野和三郎著)より

 (自殺ダメ管理人よりの注意 この文章はまるきり古い文体及び現代では使用しないような漢字が使われている箇所が多数あり、また振り仮名もないので、私としても、こうして文章入力に悪戦苦闘しておる次第です。それ故、あまりにも難しい部分は現代風に変えております。[例 涙がホロホロ零る→涙がホロホロ落ちる]しかし、文章全体の雰囲気はなるべく壊さないようにしています。その点、ご了承ください。また、言葉の意味の変換ミスがあるかもしれませんが、その点もどうかご了承ください)

 前回に引き続き、まだ色々質問したいことがありましたので、私は重ねて十月十五日午後八時半頃新樹を呼び出し、乃木さんと私との間の中継役を命じました。何回も繰り返している中に、新樹も段々こうした仕事に興味をもって来たらしく、この日も大変に歓び勇んで、この面倒な、同時に相当気骨の折れる任務に就いてくれたのでありました-
 問「これは前回にもお尋ねしたことでありますが、お墓とお宮との区別につきて、あなたがそちらの世界で、実地に御覧になられるところを、忌憚なくお漏らしして頂きたい。ドウも私の観るところによれば、現代の日本国民は、この点に関して頗る無定見・・・イヤ寧ろ全然無知識に近く甚だ辻褄の合わぬことを、一向平気でやりつつあるように考えられますが・・・」
 答「それにつきては、先般あなたから訊ねられて、ワシもよく考えてみましたが、墓というものはあれは人間界のみのもので、つまり遺骸を埋葬する印の場所であります。こちらの世界に墓というものは全然ない。又あるべき筋の物でもないと思います。然るにお宮は霊魂の通うところ・・・つまり顕幽間の交通事務所とでも言うべき性質のものであるから、それは人間の世界にあると同時に、又こちらの世界にもある。もっともこちらの世界のお宮というものは、ごく質素な、ホンの形ばかりのもので、とても人間の世界に見るような、あんな華美な建物ではありません。畏れ多いことであるが、伊勢の大廟にしても、又明治神宮にしても、こちらのお宮は、何れも勿体無い程御質素であります」
 問「して見ますと、人間が矢鱈に立派な墓を築くなどは、あれは一向詰まらん事でございますナ?」
 答「勿論、ワシとしてはそう思います。いかに立派な墓を築いてくれても、こちらに必要がなければ、一向つまらないものでナ・・・。立派な墓は、ただ華美を好む現世の人達を歓ばせるだけのものであります-と言って、勿論ワシは、全然墓を築くのが悪いというのではありません。遺族や友人が墓へ詣って、名でも呼んでくだされば、それはこちらにも感じますから、死んだ人の目標として、質素な墓を築くことは、甚だ結構なことでありましょう。ワシはただ、あまりに華美なことをしてもらいたくないと言うまでで・・・」
 問「既にお墓とお宮とが、そんな具合に相違したものであるとすれば、お宮詣りと、お墓詣りとをごっちゃにすることは、いかがなものでしょう?」
 答「日本には、昔からその辺の区別が、立派についている筈じゃと思うが・・・」
 問「ところが近頃、その区別が乱れて来ていはせぬかと考えられるのであります。近年大臣とか、大将とかいう歴々の人達は、何かの機会に、伊勢の大廟へ参拝したついでをもって、よく桃山の御陵へお詣りをされるようです。これにつきて、乃木さんの腹蔵なき御意見を承りたいと思います」
 答「桃山の御陵というのは、自分は勿論少しも知りませぬが、こちらでほのかに承る所によれば、大分御立派なものじゃそうナ。当局も国民一般の願望に動かされて、自然そうしたことになったであろうと思いますが、御陵というものは、結局御遺骸を葬った、ただのお印に過ぎないから、陛下の御神霊をお祀りした明治神宮とは、性質が全然違います。まして大廟と御一緒にすべき性質のものでないことは、勿論の事であります。若しも日本の国民が、その点に関していささかも取り違えるようなことがあっては、甚だ面白くないことと思われますから、一つこの機会を以って、あなたから世間一般に知らせて頂きましょう-こうした間違いの起こるのも、つまりは神というものを本当に知っているものが、段々少なくなった故でありましょう。ワシの生きている時分にも、精神作興とか、敬神敬祖とかいう言葉がよく使われたものでありますが、ドウも兎角上滑りがして形式に流れ、深いところまで徹して居ぬ嫌いがあったように思います。あなたの力で、これをもう少し何とかして頂きたい・・・」
 問「私のような微力なものに、果たしてどれだけの効果を挙げ得るか、甚だ心許なく感じますが、兎に角出来るだけのことはする覚悟でおります。乃木さんもドウかそちらの世界から御授けして頂きます」
 答「いかにもそれは承知いたしました。しかし何分にも、まだ一向修行が足りない身であるし-それに自分は戦争の事やら何やらで、多くの兵士を殺し、他人に合わせる顔がないので、成るべく表面に引き出してもらいたくないのじゃが・・・」
 この日の問答の主要なる部分は、大体右に掲げた通りでした。乃木さんのいつもながらの謙遜な態度は、一方ならず私を恐縮せしめ、「やはり乃木さんは偉いものだ」と痛感した事でした。

↑このページのトップヘ