死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

当サイトは、死にたい人に自殺に関する霊的知識を与えて、自殺を止めさせる自殺防止サイトです。

自殺の霊的知識へ

カテゴリ:★『各種霊的知識』 > エバンズ 少女からの通信

エバンズ 少女からの通信 目次

少女からの通信

魔法のような力

空を飛ぶ

馬・犬・小鳥

自殺ダメ



 『これが死後の世界だ』M・H・エバンズ著 近藤千雄訳より

 P144からの抜粋

 以上は大人の見た子供の生活であるが、今度は子供自身はどんな観方をしているかを子供自身の口から聞いてみよう。出典はカミンズの『彼らは今も生きている』。質問者はカミンズ女史のよき理解者で協力者のギブズ女史。語っているのはエリザベスと名乗る少女。本来カミンズ女史は自動書記霊媒であるが、この通信だけは突如として現れた入神談話である。用語は曖昧であるが全体に自然さが流れている点に注目して頂きたい。

 エリザベス「又お話出来るのね。この間も随分話したっけ。でもあの時はママに伝えて欲しいことばかり喋っちゃって・・・。だって、あたし、地上にいた時よりずっと賢くなっていることをママに知ってもらいたかったの。今なら絶対ママに負けないと思うわ。ところで、おばさんはお人形と遊んだことある?」
 (私は「おばさんはお転婆だったから、お人形が嫌いだった」と笑いながら答えておいた)
 エ「こうして地上に戻って昔のあたしに帰るのは、丁度お人形さんと遊ぶ時みたいで、とっても面白いわ。でもね、こうして話をしているあたしは本当のあたしの一部分、それも、つまんないところだけなの。あたしのママだって同じことよ。こちらの世界ではママのもっと素敵な部分がママの来るのを待っているのよ」
 問「お嬢ちゃんが死んでから最初に連れて行かれた所はどんな所だったか教えてくれない?」
 エ「そうね、話してみようかしら。だけど、おばさんて面白い人ね。まるで先生みたい。だって、聞いても分かんないくせに色んなことを聞いてみるんですもの。(クスクス笑う)小さい時に死んだ人は死んでから随分長い間眠るんだけど、生まれて直ぐ死んだ人だと直ぐに他に身体に入って、そのまま大きくなることがあります。でもそれは滅多にないことよ。大抵の人は目が醒めると大人の人に連れられて、地上と同じ家の沢山ある所へ行くのです。今家があると行ったけど、本当は無いんです。でも地上の家と同じように、そこに住むことが出来るんです。そういうことは案内してくれる大人の人がちゃんと教えて下さいます。
 つまりね、おばさん、あたしが心の中で家のことを考えるとそこに家が出来るんです。あたし達のお友達同士が子供に見えるのも、お互いが心の中に子供のイメージを画いているからなのです。おばさん達だって、お互いが子供の気持ちになって付き合ったら、次第に子供に見えてくる筈よ。
 それから、あたしの身体は地上の人が固いと言ってるもので出来ているのではありません。空気よりもずっと軽くてキメの細かいもので出来ています。その身体には自分が思う通りの形や色を付けることが出来ます。おばさんは気付かなかったでしょうけど、あたしは一度おばさんの心に絵を画いてみたことがあるのよ。あたしは心に思っただけで絵が画けるんです。おばさんもこちらへ来たら画き方を教わります。家を建てようと思えば心の中に家の絵を画くんです。すると、周りにニョキニョキと家が建ち始めます。おとぎ話も全部本当にあることばかりよ」

自殺ダメ



 『これが死後の世界だ』M・H・エバンズ著 近藤千雄訳より

 P147から抜粋(一つ前の『少女からの通信』の続き)

 「魔法の杖を握ったらおばさんが少女になったり、魔法の絨毯に乗ればどこへでも飛んで行けたりするのも、みんな魔法のような力をもった心がそうさせるのです。人が止めようとしても止められないの。凄いんだから、その力は。おばさんには信じられないかも知れないけど、全部本当なんです。本当にあったことばかりなんです。でも、来たばかりの子供にはそんなことは出来ません。心の使い方が分からないからです。初めはただ地上に似た綺麗な国や立派な人々や家なんかを見るだけです。本当は同じでないんだけど、同じように見せかけてあげないと寂しいでしょ。
 その内次第に自分の心に強い力があることを知ります。すると遊びを止めて、その力の使い方を勉強しようと思い始めます。一番最初に教わるのは自分の好きな場所のこしらえ方です。最初どんなものが出来るか、おばさんが見たら笑い転げるだろうな。勿論初めは一つずつこしらえて行きます。あたしが最初に作ったのはお馬さんでした。心で考えてから暫くすると、直ぐ目の前に一頭の馬が現れたのです。その時は嬉しくて、嬉しくて。パパにもこんなことは出来ないと思うな。
 お友達の中にはつまんないものをこしらえるのがいてね。あるお友達なんかジャングルとプレーリー(大草原)なんかを欲しがったの。その子は頭のいい子だったから直ぐにこしらえることが出来たんだけど、ところがね、こしらえてみると薄暗くて蛇なんかがウヨウヨしてるでしょ。急に怖くなって大急ぎでホラ穴をこしらえて、その中でブルブル震えていたんですって。勿論その穴も心でこしらえたのよ。
 結局あたし達はこちらでも地上と同じ生活をするんだけど、ただ違うのは、家なんかが大人の方がこしらえたものだということ、そして、その内心の使い方を教わると自分で色んなものをこしらえたり、大人の方が作ってくれた場所(環境)を作り変えたりするってことね。勿論手や筋肉を使うのではなくて、心に絵を画いておいて、次にそれが本当にそこにあるのだと信じるの。一番難しいのは信じるってことね。あたしも最初は信じることを何回も練習したっけ。悪い人はこちらへ来ても悪いことばかり考えるから、イヤな場所が出来ちゃうの。子供は教わったことを信じて、そのことだけに一生懸命になるから、いつも楽しいことばっかりよ。だけど、ただ一つだけどうしても作れないものがあるの。それはね、人間。パパやママはどんなにこしらえようとしても絶対にダメ。大人の方に聞いてみたら霊魂(スピリット)だけは誰にも作れないんですって。そういうことを教えて下さる大人の方はみんな優しくて親切な人ばかりだから、私達子供がびっくりしないように、いつも姿を変えて来てくださるのよ」

自殺ダメ



 『これが死後の世界だ』M・H・エバンズ著 近藤千雄訳より

 P149からの抜粋(一つ前の『魔法のような力』の続き)

 問「こしらえたものはいつまでもそのままかしら」
 エ「そのままにしておこうと努力しなければダメね。最初は大人の方が作ってくださるんだけど、一旦自分でこしらえることを教わったら、それからは自分で家なら家のことをずっと考えてなきゃいけないの。あたしなんか、家や場所をこしらえることなんか平気になっちゃって、今はもっと他のことが出来るわ。他のことというのわね、ルースちゃんと一緒に練習したんだけど、空を飛ぶこと。飛ぶ時に乗っかるものは、家をこしらえる時に使うのと同じものです。ちょっと見ると空気みたい。面白いのよ。それには色が一杯あって、あたし達はその色の上に乗っかるの。汽車位の速さで飛ぶこともあるし、風みたいにさっと飛ぶことも出来るのよ。とっても面白い!」
 問「今はどんなことをしてるの?」
 エ「近頃はね、噴水のある素敵な土地に住んでるの。その噴水のある庭は地上で季節が変わるのと同じように次々と様子が変わって行きます。あたしがそこで教わっていることは、地上の四季の変化に合わせて庭の様子を変えていくことです。庭にあるものを見ていると、マンボちゃんやジェーンちゃん、それからパパ、その他色んな人を思い出します。その庭はあたし達が思い出すもので作られているのです。地球のように固くはないんだけど、固いものと思っていじくるから地上の庭と同じ感じがします。全部あたし達が知っているものに似せて作ります。でもやっぱり自分で工夫しなければダメです」
 「勿論少しは大人の方に手伝って頂くんですけど、もし自分で工夫しなかったら、辺りに光が見えるだけで、何も出来ません。あたし達の作り方は地上の子供がレンガで家をこしらえて遊ぶのに似ています。あたしはレンガの作り方も教わりました。でも、おばさんに見せてあげても、きっと何も見えないと言うに決まってるわ。空気みたいだと言うかもね。面白いでしょ?」
 問「近頃お嬢ちゃんのお母さんがどんなことしてるか、そちらから判る?」
 エ「ああ、ママのこと?一杯知ってる。近頃は特にジェーンちゃんのことで心配してるらしいわね。でも、あの事、あたし少し難しいと思うわ。もう一、二年経てばずっと楽になると思うんだけど・・・。というのはね、おばさん、あたしには秘密があるの。それはね、誰かが死んでママに少しばかりお金が入るってこと。それだけはハッキリ分かるわ。いつの日のことかは言えないけど、ママがそれで楽になることだけは確かよ。
 今あたしには一杯お友達がいます。殆どおばさんの知らない人ばっかり。この頃は前みたいに遊んでばかりいるのがイヤになっちゃった。遊んでるより物をこしらえてる方がずっと面白いんです。だって、こしらえたものが本当に生きてるんですもの。でも、今やってる仕事はとても難しい仕事です。それはね、眠りから覚めた小さい子の世話をしてあげることです。なぜ難しいかというと、自分が死んだことに気付かない子や、気が付いても何のことか分からない子が沢山いるんです。そういう子は大抵泣きながら乳母やお母さんを捜します。あたしにはそういう子の気持がよく分かるから、一緒に遊んであげながら色んなことを教えてあげます」

自殺ダメ



 『これが死後の世界だ』M・H・エバンズ著 近藤千雄訳より

 P151から抜粋(一つ前の『空を飛ぶ』の続き)

 「例えば新しい眼を使うことや、肉体よりもっと上等な身体を持っていることなのです。あたし達の体は痛みも感じないし食べ物もいりません。空気と光だけあれば生きて行けるのです。それから、あたし達が用意した土地へその子達を連れていくのです。全部一度見たことのあるものなので、直ぐに慣れてよく遊ぶようになります。そうなったら、もう、自分が死んだことを知らされても少しも怖がりません。あたし達がこしらえた世界の方が素晴らしいからです」
 問「動物はどうなるのかしら。そちらへ行っても会えるかしら?お嬢ちゃんはそちらで動物を見たことある?」
 エ「はい、あります。馬も犬も小鳥も見ました。偉い方から教わったことなんですけど、その方達は地上で死んだ動物を引き寄せて元通りの生きた動物にしてやることが出来るんですって。こちらの動物は少しも人間を恐れません。だって、動物に意地悪する人なんか一人もいないんですもの。もしも動物を虐めたら、その人は暫く何もない暗い場所へ行かされます。でも、なぜかこちらの人は決して動物を虐めたりしません。そのわけはこうじゃないかしら。つまり地上で悪いことをするのは大抵肉体のせいでしょ?ところが、こちらに来ると空気で出来てるみたいな、軽くて使い易い体の中に入るので、酷いことや、意地悪がしたくなくなるのだと思うの。みんな他人の身になって親切にしてくれる人ばかりだから、嘘なんかつく必要がないし、空気と光だけあれば生きて行けるから、他人のものを盗む必要もない。それに、欲しいものが何でも自由に作れるからケンカも起きない。地上の人間の肉体は自分が持っていないものを欲しがるように出来ているのね」
 問「動物も地上のことを憶えてるかしら?」
 エ「ええ、あたしは実際に動物が地上のことを思い出しているところを何度も見ました。一度はお腹を空かせた猫が家がなくてドブの中へ入って死んでしまう、可哀相な場面を見たことがあります。でも猫にも大人の人がいう〝生命の精〟がありますから、肉体は滅びてもその生命の精だけは死なずにこちらへ来ます。あたしは動物の世話もします。賢い動物です。あたし達がこしらえた世界へやってくるのです。勿論、他の人の所へも行きます。あたしは動物は暫くしたら又地上へ戻るんじゃないかと思うの。そのワケは、進歩するには地上の生活が一番為になるからです。戻る時は動物の身体か人間の赤ちゃんの身体に宿るんだけど、どっちにするかは動物によって違います」

↑このページのトップヘ