死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

当サイトは、死にたい人に自殺に関する霊的知識を与えて、自殺を止めさせる自殺防止サイトです。

自殺の霊的知識へ

カテゴリ:★『死後の世界』 > ワード 死後の世界 叔父さんの住む霊界

自殺ダメ



 ワード氏が右の霊夢を見てから五日目の一月三十日、午後二時半頃、ブランシ-ワード氏の愛嬢で当時五歳(詳しくは四年三ヶ月)の女児-に不思議な現象が起こりました。
 その時ブランシは食堂の窓に乗り出して庭を見ていたのですが、急に「お祖父さまが見える!」と騒ぎ出しました。お祖父さまは例の黒い頭巾を被って、フワフワ空から降りて来て、何やら優しい言葉をかけながら、彼女の手首を握って空中へ引き上げる真似をする。彼女が手首を引っ込めると、お祖父さまはそれを放してあちこちと庭を歩き回り、やがて家の後ろの丘に登り、其処にある大きな岩の上から邸宅中を見下ろしている・・・。
 ざっとこういったことをばブランシは一生懸命、指差しながら、折から部屋に居合わせた母親に説明するのでした。その態度がいかにも真面目なので、母親もこれには少なからず感動されたそうであります。なおその晩父のワード氏が戻って来ると、ブランシは詳しくその話を繰り返して聞かせました。彼女は祖父に向かって「おぢいさま今日は・・・・」と挨拶すると、おぢいさまはにっこり微笑みをもらし、じっと彼女を見つめたそうであります。
 その翌日はシェッフィールドに於けるK氏の住宅で例の自動書記が行なわれましたが、その際右の一些事が質問の種子になりました。当日の質問は左の二ヶ条でした-
 一、先日御紹介の陸軍士官の姓名は何と申しますか?
 二、あなたは金曜日にあなたのお姿をブランシの眼にお見せになりましたか?
 之に対する自動書記の文句は左の通りに現れました。勿論ワード氏に憑って来たのは叔父さんのL氏であります-
 「今日は第二の質問から片付けてしまおう。ワシはブランシに会いました。ワシはお前の住宅を一度も見たことがないので、ちょっと行って見る気になったのじゃ。そうすると何時の間にやら其処へ引かれて行った・・・。ブランシの言っていることは少しも違っていません。
 それから第一の質問に移るが、どうも困ったことには先方では姓名は絶対に名乗ろうとしない。それには相当の理由もあるようじゃ。しばらくワシが退いて当人自身に憑ってもらって説明させることにしよう。ワシが側に控えているから危ないことは少しもない。安心しているがよい・・・」
 K氏は例の通り立会人としてこの自動書記の状況を監視していたのですが、筆記がここまで進んだ時にワード氏の容貌態度等がガラリ一変して、気味の悪いほど興奮した状態になり、鉛筆の持ち方までも変わって来たのでした。その筆跡の相違して来たことも勿論であります。現れた文字は次のようなものでした-
 「吾輩は只今L氏から紹介に預かった陸軍士官であるが、姓名を名乗れとはもっての外である。そんなことは絶対にご免被りたい!」
 けんもほろろの挨拶で、これが若し人間同志の談判であるなら満面朱を注ぎ、怒髪冠を突くと云った按配であったでしょう。文字はなお続いた-
 「しかし吾輩が姓名を隠すについては其処に相当の理由がある。こう見えても吾輩は人の親である。吾輩に一人の娘がある。娘が吾輩如き悪漢の血汐を受けているだけでそれで充分である。その上殺人犯人の娘であると世間に謳わせるのは余りに惨酷じゃ。吾輩が人を殺したことはまだ地上の何人にも知れていない。然るに若しもこの秘密が自動書記ですっぱ抜かれるが最後、誰がそんな者の娘と結婚する者があろう?そんな可哀相なことが出来ますか?娘ばかりか吾輩には妻もある。その身の上も考えてやる義務がある。吾輩の自動書記が無名であるので価値がないと言うのなら勝手にお止めなさい。しかしそんなことをすれば結局あなた方の損害でしょう。吾輩は言うだけ言ったからこれでL氏と交代する・・・」
 ここでワード氏の態度が一変して元の叔父さんの態度になり、次の文句が書き付けられました。
 「どうも只今の陸軍将校が姓名を名乗ってくれないのは残念じゃが、しかしあの人の言うことにはもっともなところがあるから、いかに学問の為とはいえ無理にという訳にも行くまい。今回はこの辺で一くさりつけておいて、次回にはワシが憑って、ワシの死んだ時の詳しい物語を書くことにしましょう-これで三十分間の休憩・・・」

自殺ダメ



 前の通信に於いて約束されたとおり、この自動書記は同夜午後八時に始まり、叔父さんは、自分自身の臨終の模様並びに帰幽後の第一印象といったようなものを極めて率直に、又頗る巧妙に語り出しました。「死とは何ぞや」「死後人間は何処に行くか」-これ等の痛切なる質問に対して満足すべき解答を与え、有力な参考になるものはひとり帰幽せる霊魂の体験談のみで、そうでないものは、西洋に行ったことのない人達の西洋物語と同様、いかに巧妙でもさしたる価値は認められません。叔父さんの霊界通信はこの辺からそろそろその真価を発揮してまいります-
 「それでは約束通り、ワシ自身の臨終の体験を物語ることにしましょう。ワシは最初全く意識を失っていた。それが暫く過ぎると少し回復して来た・・・。イヤ回復したような気持がした。頭脳が妙にはっきりして近年にない気分なのじゃ。が、どういうものか体が重くてしようがない。するとその重みが次第次第に失せて来た・・・。イヤただ失せるというのではなく、寧ろワシが体の重みの中から脱け出るような気分・・・。丁度濡れ手袋から手首を引っ張り出すような按配になったのじゃ。やがて体の一端が急に軽くなり、眼も大変きいて来た。
 さっきまではさっぱり判らなかった室内の模様だの、部屋に集まっている人達の様子だのが再び見え出したなと思った瞬間、俄然としてワシは自由自在の身になってしまった!見よ自分の体はベッドの上に横臥し、そして何やら光線の紐らしいものを口から吐いているではないか!と、その紐は一瞬間ビリビリと振動して、やがてプツリ!と切れて口から外へ消え去ってしまった。
 「いよいよこれが臨終で御座います・・・・」-誰やらが、そんなことを泣きながら言った。ワシはこの時初めて自分の死顔なるものをはっきり見たが、イヤ平生鏡で見慣れている顔とは何という相違であったろう!あれが果たして自分かしら・・・。ワシは実際自分で自分の眼を疑いました。
 が、そうしている内にもひしひしと感ぜられるのは、何とも名状すべくもあらぬ烈しい烈しい寒さであった。イヤその時の寒さと云ったら今思い出してもぞっとする!」
 例によりて友人のK氏並びに他の人達が、ワード氏の自動書記の状況を監視していたのでありますが、この辺の数行を書きつつあった時に、ワード氏の総身は寒さに戦慄し、傍で見るのも気の毒でたまらなかったといいます。
 自動書記はなお続きました。
 「全くそれは骨身に滲みる寒さで、とてもその感じを口や筆で伝えることは出来ない。何が冷たいと云っても人間界にはそれに比較すべきものがない。ワシは独り法師の全裸体、温めてくれる人もなければまた暖まるべき材料もない。ブルブルガタガタ!イヤその間の長かったこと、まるで何代かに亙るように感ぜられた。
 と、俄かにその寒さがいくらか凌ぎよくなって来た。そして気がついて見ると誰やらワシの傍に立っている・・・。イヤワシにはとてもこの光彩陸離たる御方の姿を描き出す力量はない。その時は一切夢中で、トンと見当も何もつかなかったが、その後絶えずその御方のお供をしているので、今では少しは判って来た・・・。イヤ今でも本当に判っていはしない。その御方の姿は時々刻々に変わる。よっぽどよく突き止めたつもりでも、次の瞬間にはもうそれが変わってしまっていて掴まえ所がない。微かに閃く。パッと輝く。キラリと光る。お召し物も、お顔も、お体も言わば火じゃ。火の塊じゃ。イヤ火ではない、光じゃ・・・。イヤ光と云ってもはっきりはしない。しかも一切の色彩がその中に籠っている-霊界でワシを護っていてくださるのはこんな立派な御方じゃ!」

自殺ダメ



 「が、ワシが自分の守護神のお姿を認めた瞬間に」と自動書記は書き続けております。「ワシの居った部屋も、又部屋に集まった人達も忽ち溶けて消え失せるように思われた。そしてふと気が付いた時には自分は何とも言われない、美しき景色の中に置かれているではないか!
 イヤその景色というのは一種特別のものじゃった。自分が生前かつて行ったことのある名所旧跡らしい所もあるが、同時に一度も見物したことのない所もある。見渡す限り草や木の生い茂った延々たる丘陵の続きで、そこには色々の動物も居れば又胡蝶なども舞っている。あらゆる種類の花も咲いている。それ等がただゴチャゴチャと乱雑に並んでいるのではなく、妙に調和が取れて不釣合いな赴きは少しもない。熱帯産の椰子の木と英国産の樫の木-そんなものが若しも地上に並んで生えていたなら余程不調和に感ぜられるであろうが、ここではちっともおかしく思われないのが不思議じゃった。
 で、ワシはここは一体何処かしら?と心に訝(いぶか)った。すると、ワシの守護神は早くもワシの意中を察してこう言われるのであった-ここは死後の世界である。汝はここに樹木や動物の存在することを不思議に思うであろうが、霊界というものは決して無形の世界ではない。かつて汝の胸に宿った一切の思想、又かつて地上に出現した一切の事物は悉(ことごと)く形態を以って霊界に現れている。霊界なるものはそうして造られ、そうして殖える。今後汝の学ぶべきものは無数にある・・・。
 そう聞いたワシは、果たして一切の思想が霊界に現れているかしら?と疑った。するとその瞬間に今まで眼に映っていた全光景がパッとワシの眼底から消え失せ、その代わりに千万無数の幻影が、東西南北から、さながら悪夢そのままに、ひしひしとワシの身辺を取り囲んだ。イヤその時の重さ!苦しさ!一瞬間以前には胡蝶の如く軽かった自分の体が、たちまち幾千萬貫とも知れぬ大重量の下に圧縮されるかの如くに思われた。
 ワシは今止むことを得ず幻影と言っておくが、当時のワシの実感から言えばそれは立派な実体であった-ワシの過去の生涯全部が再び自分の眼の前に展開して実地そのままの活動を繰り返しつつある所の一の活動写真であった。
 最初それ等の光景にはまるきり順序がなかった。さながら夢と同じく、全てが一時に眼前に展開したのであった。ああ今まで忘れていた、過去の様々の行為が再びありありと湧き出でた瞬間の心の苦痛悔恨!しかもどんな些細なことでもただの一つとして省かれていぬではないか!見せ付けられるワシの身にとりては、その間が実に長く長く、さながら幾百千年もそうして置かれるように感ぜられたのであった。
 が、ワシの未熟な心にも最後に天来の福音が閃いた。ワシは生まれて初めて神に祈る心を起こしたのである!この時ばかりはワシは真剣に神に祈願を捧げた。すると、不思議なもので、今までの混沌たる光景は次第次第に秩序が立ち、自然と類別が出来て行くように見えた。大体に於いてそれは年代順に排列され、例えば一筋の街道が眼もはるかに何処までも延び行くような按配であった。恐らくその街道はワシが進むにつれて永久に先へ先へと延長し、最後に神の審判の廷に達するのであろう。無論右の光景の中にはワシの疲れ切った魂に多少の慰安を与えるものも混ざっていた-外でもないそれは、ワシがかつて人を救った親切の行為、又首尾よく誘惑を退けた時の心の歓びなどであった。兎に角ワシはこうして、自分の就くべき位置を霊界で割り当てられたのである」

自殺ダメ


 叔父さんの霊界談は何処まで行っても皆理詰めで、ちと学究くさいが、その代わり誤魔化しがない。ワード氏の質問ぶりもどちらかと言えば地味で、生真面目で、霊界の真相を飽くまで現代人の立場から説明しようとせいぜい努力している様子が明らかに認められます。2月2日夜の恍惚状態に於ける霊夢には、自動書記に関する親切な注意やら、霊界から見た人間の姿に関する面白い観察やらが現れていて、中々有益な参考資料たるを失いません。これが当夜二人の間に行われた問答の筆記であります-
 叔父「これから追々例の陸軍士官に憑ってもらって地獄の体験談を自動書記で発表してもらうことになるじゃろうが、それをお前が行なうについては、Kさんその他の友達に頼んで充分監視を怠らぬようにしてもらいたい。この種の仕事には多少の危険が伴うことはどうしても免れないから、くれぐれも油断はせぬことじゃ。もっとも一々ワシの言いつけを厳守してもらえば滅多に間違いの起こりっこはないが・・・。
 陸軍士官の通信が一分一厘事実に相違せぬことだけはワシが保証する。あの人のは大部分地獄に於ける体験談であるから、それを書物にして発表する時には、ワシの物語と混線せぬよう、一纏めにして切り離すがよい。ワシのとは違って波瀾重疊(はらんちょうじょう)で、中々面白い。ある箇所などは確かにジゴマ(フランスのレオ=サジー作の探偵小説の主人公)以上じゃ。もっともあの人の地獄の体験と云ったところて、それで地獄の全部を尽くしているという訳ではないに決まっている。あの人の堕ちた場所よりもっと深いところがあるかも知れん。又他の霊魂が必ずしもあの人と同一経験を重ねているとも限るまい。しかしあの人の物語を聞いてみると従来疑問とされた大抵の不思議現象、例えば幽霊屋敷とか、憑依物とか、祟りとか云ったような現象の内幕がよく判る。
 兎に角何人がお前の体に憑るにしても、ワシが始終傍についているから少しも心配には及ばない。但しワシの言いつけは固く守っていてもらいたい-何ぞ他に質問することはあるまいかな?」
 ワード「叔父さん、あなたが自動書記をしていらっしゃる時に、ここに集まっている人間の姿があなたの眼にお見えになりますか?」
 叔父「そりゃ見えます-ただワシが見るのと、お前達が見るのとは、その見方が違います。ワシ達は人間の正味のところを見るが、お前達は人間の外面を見る-そこが大いに相違する点じゃ。例えば人間界で美人として通用する者が、しばしばワシ達に醜婦と考えられるようなのが少なくない。
 要するにワシ達は肉体よりは寧ろ霊魂を見るのじゃ。ワシ達から見れば肉体は灰色の凝塊で、丁度レントゲン光線で照らした時に骨が肉を透かして見えるような按配じゃ。勿論精神を集中すればワシ達にも時として肉体がはっきり見えぬではない。しかし正味の醜い人間を美しい者と見ることはどうしても出来ない。彼等の霊魂の醜さが、その肉を突き通してありありと見え透いて、どうしても誤魔化しが利かない・・・。
 又ワシ達には単に生きている人間に宿る霊魂の姿が見えるばかりではない。肉体を棄てて独立している色々の霊魂の姿も勿論すっかり見える。不思議なのはある種類の人間だの、又ある特殊の場所だのが色々の霊魂を引き寄せる力があることじゃ。人間の方ではちっとも気が付かずにいるが、霊界から見ると中々賑やかなものじゃ。無論引き寄せられた霊魂には善いのもあれば悪いのもある。酷いのになるとまるで百鬼夜行の観がある・・・」
 その晩の問答はここで打ち切りとなり、叔父さんはワード氏に分かれて早速自分の勉強に取り掛かったのでした。 

自殺ダメ


 1914年2月9日の霊夢に於ける叔父さんは頗る研究的な態度で、相当苦心の結果に成ったらしい一の図表をワード氏に示し、霊界の組織をはじめ各境の関係交渉等を熱心に説明しました。研究が念入りであるだけ、それだけ読むのに少々骨が折れますが、一旦これを腹に入れておくと色々の点に於いて大変重要であります。
 叔父さんは学校の教師然たる態度で次の説明を始めました。
 「今日は一般研究者の便宜の為に霊界の区画の説明から始めることにしましょう。さて霊界の分け方はこうである。
 一、信仰と実務と合致せる境。
 二、信仰ありて実務の伴わざる境。
 三、半信仰の境。
 四、無信仰の境-地獄。
 全て霊魂は幽界(アストラル・プレーン)の最高の境涯-即ち卒業期に達した時に言わば二度目の死というべきものに遭遇する。換言すれば其処で幽体を放棄してしまうのである。が、ここまで向上した霊魂はむしろ幽体を失うことを歓んでいる。地上の人間が死を怖れるのとは大分訳が違う。それだけの準備が出来ていない霊魂は決して幽界の境界線を越すことは出来ない。
 さて死者の霊魂が一旦幽界を出て霊界(スピリット・プレーン)に入ると、もう後へは戻れない。宇宙間は幽界までも入れて全て七つの世界がある。七つの中の最上界は無論上帝と共にあるところの理想境である。
 ワシの居る霊界は第六界で、即ち幽界の次の世界である。ワシ達は時節が来るまで第五界には行かれない。が、一旦行けばもう二度と戻れない。
 しかし、この規則には多少の例外が設けてあって各界の間に全然交通が途絶している程ではない。何ぞ正当の理由があれば上界の使者がワシ達の許に送られる。丁度我々が何かの理由で時とすれば地上に姿を現すのと同様じゃ。
 が、それよりもっと普通の交通法は霊媒を用いることである。ワシ達がお前の体を機関として人間界と交通するのと同様に、第五界の者はワシ達の中から適当な霊魂を選んで、それを媒介として交通を試みる。従って第五界発の通信が人間界に届くまでには途中で二人の霊媒が取り次ぎをせねばならぬ。
 第六界に属するそれぞれの境は更に幾つかの部に分かれ、その各部は又幾つかの組に分かれる。よく呑み込めるように、ワシは霊界の図表を見せてあげる」
 叔父さんの話が其処まで進んだ時に大きな一枚の紙がワード氏の眼前に現れ、それには霊界の図表が書いてあったが、紙の地質は暗灰色で、それに火の文字が極めて鮮やかに浮き出ていたそうであります。

545455858


難しい漢字の解説(自殺ダメ管理人調べ)

 猶太=ユダヤ
 囘=イスラム
 浸禮=洗礼?=バプテスマ(キリスト教の一派を指すのか?ちなみにバプテスマはキリスト教の儀式)
 沸教=仏教
 萬有=万有(草も木も一切神 とみる見方)
 白晝(はくちゅう)=昼間のように明るい、という意味だと思われる。

↑このページのトップヘ