○人間を戦争に駆り立てる原因は何ですか。
「霊性より獣性が勝っていること、及び、感情を満足させたい欲求。野蛮状態では、どの民族でも、強いことが何よりの力である。従って、戦争がその常態である。人間が進歩すると、戦争は少なくなる、それは戦争の原因を作らないようにするからだ。それでも避けられなくなると、やり方は人間的となる」

○地球上で戦争はなくなりましょうか。
「左様、人間が正義を重んじ、神法を履行する時に。その時、人類は兄弟となろう」

○戦争を必要とする神慮の狙いは何ですか。
「自由と進歩」
-戦争によって自由が生まれるのなら、なぜ、その目的が相手を屈服させることであり、またその結果もそうなるのは、なぜですか。
「その屈服も一時的にすぎない。屈服させられた側がうんざりして、やがて、前進したい気持をかき立てられる」

○利得を目的とし戦争を引き起こす者達を、いかが考えられますか。
「まことに罪深い者達である。この者は犯した殺人の罪全てを償う為に、幾多の地上再生の苦しみを耐えねばならぬだろう。と言うのは、彼の野心によって殺された一人一人に、償いをせねばならぬから」