○天体には全て生物がいるのですか。
「いる。諸君等は、地上の人類はその知性、道義性、進歩の点から第一等と思い込んでいるが、とんでもない。また、無数にある天体の中で、地球にだけ人類が住んでいると思っているようだが、これも勝手な考えである。諸君等は、神が宇宙を人間中心に創ったように思っているが、誤謬も甚だしい」

○各天体の物理的構造は皆同じですか。
「そうではない、皆違っている」

○そうだとすれば、そこに住む生物の構造も違っているのですか。
「左様。丁度、魚が水に住み、鳥が空に住む為に、構造が違っているのと同じことである」

○太陽からずっと離れた遊星、太陽がまるで一粒の星のようにしか見えない遊星では、光も熱もずっと少ないのではないでしょうか。
「諸君は、太陽以外に光と熱はないと思っているのかな。諸君等は電気の働きを考えてはみないのか。それは、地上でよりずっと大きな働きをしているのだ。また、それら遊星の住人達も、諸君等と同様に、五官の働きをもって、ものを見る、この事実がお分かりかな」