○天地創造については、各民族各様の考え方をもっている。しかしそれは、各民族の科学的な発達に応じたものなのである。人類の始祖アダムも、宗教的信仰で歪められ、一人だと思われていたが、そうではない。それは地動説が、聖書の信仰と違うことから迫害されていたのと同じことだ。
 旧約聖書では、天地は六日間で創造され、それはキリスト生誕前4000年のことであると教える。それまでは天地もなく、天地はその時無から創造されたというわけである。今日では科学がこれをはっきり否定している。地殻の中に地球生成の歴史ははっきりと書かれているからである。
 天地が六日間で創造されたというのは、多くの時代を幾つも重ねたということである。ただこれをこのまま認めると、逆にバイブルに記してある事実は、全て比喩であるとする間違いを犯す。つまり、聖書は結局信じるに足りないものとなる。そうではなくて、これを解釈する人間の方が間違っているのである。