○神とは何ですか。
「神とは至上の英知、一切の第一原因である」

○無限とは何ですか。
「始めもなく、終りもなく、未知なるもの。未知なるものはすべて無限である」

○神は無限と言ってよろしいですか。
「それは完全な定義とは申せない。人間の言葉は有限であり、人智を越えるものを定義することは難しい」

○神の存在の証拠は何でしょう。
「結果があるからには、必ず原因がある。これが科学でも適用される公理である。人間の創作によらぬ全てのものの原因を探求してみなさい。理性は必ず諸君の疑問に答えてくれるであろう」

○神は在るとの直観は、人類精神の共通の財産と言われていますが、これは何と解釈したらよろしいですか。
「神は存在するということである。即ちもし存在しなければ、何をもって、人の心は神を直観し得ようか。この直観の事実から推論してみよ、それはかの[原因なくして結果なし]の公理から得られるものと同じ事である」

○その直観は、教育や学習の結果といえないでしょうか。
「もしそうだとすれば、物質の本性の原因は何かということになり、常に他に第一原因がなければならない」

○物の形成の第一原因は、物質が偶然に結合したという、いわば偶然説がありますが、これはいかがでしょう。
「これも愚説である。常識のある人なら、偶然を知的動因と考えることが出来ようか。偶然とは何か。そのようなものは存在しない」

○万物の第一原因は至上の英知、即ち神であるということに、何か証拠がありますか。
「諸君は[作者はその作品によって知られる]ということわざをご存知か。自分の周囲を見回して、その出来栄えから推測して、創造者を判断されよ」