ヒギンソン-SNUは一個の組織ですが、かつてのキリスト教と同じパターンにはまっていると思われますか。礼拝の進め方などが似ているので戸惑う人がいるようです。改めるべきでしょうか。

「改めるべきところは改めないといけません。優秀なチャンネル(霊媒・霊能者)さえ用意されれば、進むべき方向が示されます」

ヒギンソン-優秀なチャンネルであれば、あなたご自身も働きかけるのですね?
「当然です。大霊の力は、それを顕現させる能力をそなえた人を通してしか発現できません。それが霊媒現象の鉄則です。霊媒能力は神からの授かりものであり、努力して発揮させねばなりません。発揮するほどにますます発達し、実り多いものとなってまいります。豊かさと成熟度を増せば、それだけ受容度が増します。
 霊力は無限です。地上の霊媒を通して届けられる霊力は、使用されるのを待っている霊力の、ごくごく一部にすぎません。その意味でも、我々の働きかけに制限を加えるようなことがあってはなりません。
 あなたの率いるSNUは今後も生き残るでしょう。しかし、いろいろと改革が必要です。あなたが正しいと思うことを実行なさることです。あなたの良心、つまり神の監視装置が命じているのはこれだ、と確信するところに従って行動し、他の者が何と言おうと気になさらぬことです」

ここでヒギンソン氏が各地のスピリチュアリスト・チャーチが取っている方法に高度な霊性が欠けていることに不満を表明してから、
「物理現象の方に関心が偏り過ぎて、霊的教訓が疎かにされております。これでよろしいものでしょうか」
と付け加えた。するとシルバーバーチが-
「どちらも間違っておりません。高度なものであれば、現象を求めること自体は少しも悪いことではありません。いけないのは、霊媒が未熟で、いい加減で、品性が劣る場合です。
現象は物理的であろうと精神的であろうと構いません。霊媒が能力的に優秀で質の高いものが披露できるのであれば、それはそれなりに有用です。要は交霊会で霊的能力が最高に発揮されれば、後はその能力の顕現が何を意味するかをしっかりと検討することです。
 霊的真理は、霊的意識の芽生えていない人にはなかなか理解してもらえません。そこで現象的なものが必要となるのです。しかし、一旦現象に得心がいったら、それをオモチャのようにいつまでももてあそんでいてはいけません。霊的な意義を考える生活へと切り換えないといけません。その人なりの悟りがきっと芽生えてまいります。魂の琴線に触れる体験がないといけません。これは、あなたの組織内の全ての指導者について言えることです」

ヒギンソン-失敗したスピリチュアリスト・チャーチの多くは、現象面に偏り過ぎた為ということは考えられないでしょうか。霊界からのメッセージをもっと多く摂り入れれば生き残れるはずだが、と思えるところがあります。私が大きな関心を寄せているのはそこです。[指導者会議]の開催を提唱している理由の一つにそれがあるのです。

「霊力が地上に届けられる目的は、明日はどうなるかを教えてあげる為ではありません。日常生活において警告すべきことや援助すべきことがあれば、それは各自の背後霊が面倒を見てくれます。教会というものをこしらえて、そこを霊力の顕現する聖殿としたいのであれば、低俗なものを拒否し、高級なものを志向すべきです。霊媒現象がただのサイキック(注)なものに止まるのであれば、折角教会を設立した意味がなくなります。
 是非ともスピリチュアル(注)なレベルにまで上げないといけません。皆さんに知って頂きたいのは、霊の資質は、下等なものから高等なものへと、段階的に顕現させることができるということです。それを、最下等のサイキックなレベルで満足しているということは、進歩していないということになります。停滞しているということです。自然は真空を嫌うものです」

(注 サイキックとスピリチュアルの違いは、今はやりの超能力を例に取れば、スプーンを曲げたり硬貨を左手に移したり、テーブルを貫通させて下に落とすなど-といったレベルがサイキックで、人体の腫瘍を溶解したり骨髄を再生したりする、いわゆる心霊治療になると、スピリチュアルのレベルとなる。高級なスピリットの働きが加わって人類の為になることをするものがスピリチュアルと考えればよい-訳者)

ヒギンソン-どうすればそれが理解してもらえるでしょうか。

「そういう方向へ鼓舞する、何か動機付けとなるものを与え、進むべき道を明示する必要があります。一つの基準を設ければ、みんなそれに従うようになるでしょう。従わないものは脱落して行くでしょう。霊力というものは、ただの面白半分では顕現しなくなります。
 思い切って突き進みなさい。問題はおのずから解決されていきます。あなたは決して一人ぽっちにはされません。進むべき道が見えてきて、援助の手が差し伸べられます」
そう述べて、その先駆者の名前をいくつか挙げてから、さらに言葉を継いで-
「こうしたスピリット達が霊力を携えて、あなたの周りに控えているのです。あなたが一人ぽっちでいることは決してありません」

シルバーバーチの交霊会は、インボケーションという神の加護を求める祈りで始まって、感謝の祈りのベネディクションで終る。その日のベネディクションは次のようなものだった。

『無限にして初めも終わりもなき存在である大霊への祈りに始まった本日の会も、同じ大霊への祈りで終ることに致しましょう。
 大霊からの愛の恵みを授かるべく、心を高く鼓舞いたしましょう。ふんだんに授かっている叡智と真理と知識に感謝致しましょう。
 大霊の意志を我が意志とし、我が心が宇宙の心と調和して鼓舞するように、生活を規律づけましょう。すべてを支配する力との調和と親交を求め、大霊の愛のマントに包まれていることを実感できるようになりましょう。
 皆さんに大霊の恵みの多からんことを』