-麻薬中毒が特に若い世代に急速に蔓延しておりますが、何が原因でしょうか。私達に出来る救済手段があるのでしょうか。

「あります。ヒーリング、つまり霊的治癒エネルギーを使用することです。実はこのエネルギーは、危険な薬物の中毒になっている人でまだ救済の可能性のある人に、常時注がれているのです。治癒エネルギーも大霊を始源として発せられている霊力、又は生命力そのものであることを銘記してください。
 霊力は活力であり、動力であり、全生命活動の推進力です。霊なくしては生命は存在しません。あなた方が動き回り、呼吸し、思考を働かせるのも、霊であればこそなのです。その霊力が、麻薬によって身体と精神と霊の調和を乱され活力を弱められている人に、治癒エネルギーとして作用するのです。麻薬がその三者の調和を乱し、自然な生命力の流れを阻害しているのです。
 霊的治癒を施す能力がそなわっている人とは、その治癒エネルギーのチャンネルとしての役割が果たせる人のことです。その人を通路として、丁度バッテリーの切れた電池に充電するように、活力の衰えた人に生命力が注がれ、病気の原因となっている障害を取り除いてしまいます。薬害を取り除く為に更に別の薬を使用するというのでは、本当の治療にはなりません。
 麻薬がこうまで蔓延する原因は簡単です。彼らは希望を失っているのです。挫折感に襲われ、悲観的になっています。実在というものに触れたことがなく、といって唯物的な生き方にも共鳴できず、生きる道を見失っているのです。そこで麻薬に手を出すのですが、それで解決になるわけがありません。先にも申し上げた通り、大自然の基調はイボリューションであり、レボリューションではないのです」

-有色人種と白人との間の溝を無くす最善の方法は何でしょうか。

「手本を示すより他に方法はありません。あなた方の生き様によって、魂にはイエローもレッドもブラックもないこと、肌の色は魂の本性とは何の関係もないことを示せば、偏見によって謂われない妨害や禁止、排斥に遭っている人々の注視を引くようになります。
 大霊は人類の肌色を色とりどりに分け、全体として調和が取れるように配慮しておられます。白い肌は霊の優位の証明ではありません。有色の肌は霊が劣等であることの証明ではありません。霊の優劣は内部の神性がどれだけ発現しているかによって決まります」