シルバーバーチの交霊会には、これまで世界のあらゆる国からの訪問者を迎えている。もしその全てを一堂に集めたら、国連と同じ様相を呈していたことであろう。これまでにも海外からのゲストを紹介してきたが、本章ではオーストラリアと南アフリカからの代表者が訪れた時のシルバーバーチとの対話を紹介しよう。

オーストラリアから

 
ドン・デービスならびにメアリー・デービス夫妻にとっては、シルバーバーチ交霊会への出席は英国旅行の最後を飾るハイライトであった。まずシルバーバーチが歓迎の言葉を述べる。

「霊的真理を普及し、神の働きかけが二千年前に終ったわけではないこと(注)、大霊が今も昔もそしてこれからも全ての子等と繋がっていることを立証することに尽力している人をお迎えするのは、私にとって大きな喜びですが、この英国から遠く離れた国々からお迎えするのは、ことのほか嬉しく存じます。
 お二人は大きな祝福を受けておられます。暗闇の中から叡知の輝きの中に導かれ、霊的な道にしっかりと足を置かれ、内在する霊的能力の開発に勤しまれ、ご自分が救われたように他人を救う仕事を続けておられるからです。
 申し上げるまでもないことですが、私達の使命は-[私達]というのはベールを隔てたそちらとこちらとで地球浄化の大事業に関わっている協力者全てを意味します-生命というものが、そちらでもこちらでも、驚異的な可能性を秘めていることを一人でも多くの人に教えてあげることです。
 あなた方がなさるサービスの行為の一つ一つがお仕事への祝福を加え、背後で協力している霊団との結束を強化している事実を知って頂きたいのです。折角ご出席くださったこの折に、あなた方が決して孤軍奮闘しているのではないこと、真理普及の大目的の為に結集している霊の大軍が背後に控えていることをお耳に入れることが出来て、とても嬉しく思います」

(注 キリスト教にはバイブルが神の啓示の全てであり、それきり啓示に蓋をされたという教説がある。クリスチャンがスピリチュアリズムを非難する根拠の一つがそこにある)

ドン・デービス「そのことを直接あなたからお聞きして満足この上もございません。オーストラリアというある広大な国には、当然のことながら幾多の問題があり、本日は色々と質問を携えて参りました。あれ程の大きな国になりますと、私達の仕事など、焼け石に水の、微々たるものに思えてなりません」

「微々たるものなんかではありませんよ」

「時にはそう思えてならないことがあるのです」

「そんなことはありません。あなた方は宇宙で最強の力の貯蔵庫なのです。霊の力です。その力を無きものにしたり、覆したり、進行を止めたりすることの出来るものは何一つ、誰一人いません。忘れないでください。地上生活が終わりを迎えた時、たった一人でいいのです、その人が霊的な自我に目覚めるその手引きをしてあげていたら、今回の人生が無駄ではなかったことになるのです」

「それは素晴らしいことです」と夫妻が声を揃えて言う。

「今私達が携わっている仕事の途方もない重大な意義を忘れてはなりません。地上の無数の人間の魂を束縛し抑圧してきた誤った教義の歴史を一から書き直そうとしているのです。
 本来ならば肉体と精神と霊の調和が生み出す生きる喜びを味わい、自分がいかなる存在なのか、一体何者なのか、いずこへ向かっているのかを理解することによって得られる豊かな余裕の中で生きられるものを、迷信に等しい誤った教義が、基本的な霊的真理すら理解することを不可能にしてしまったのです。
 だからこそ、あなた方に苦労が絶えないのです。ですが、苦労が絶えないということは結構なことなのです。ドン、あなたは楽な道の方がいいですか」

「とんでもありません!」

「私達も、この地上圏と連絡が取れるようになるまでには大変な困難に遭遇してきたのです。それを一つ一つ克服してまいりました。今や地上全土に霊の光が行き渡っております。霊の光が届かない国は一つもありません。霊の道具として第一線で働く者は、時として人に知られないようにドアを閉め切って、ひっそりと会合を持たねばならないこともあるでしょう。それでも大事業は着々と進行します。無きものにすることの出来る者はいないからです。
 ですから、困難というものを、霊の真価を発揮させる為の挑戦課題として歓迎することです。人間も潜在的には地上で最強のパワーを秘めているのです。その力で克服出来ない程の悪条件、障害、難題は地上には発生しません。しかも、それより一段と高い次元のパワーを呼び寄せることも出来るのです」

「その力がどれほど私達を救ってくださったことでしょう」

「苦難は克服すべきものとして持ってこられるのです。それを克服することによって、内部の霊性がより強く自覚されるようになるのです」

「そこが有り難いところです」

「気を引き締め直してください。あなた方は地上の混乱や戦争、悲劇や憎しみ合いの根源である物欲第一主義が生み出す見苦しい悪感情の数々-貪欲・強欲・愚かしい利己主義等々-との大々的な闘争に携わっているのです。
 大きな仕事が待ち受けています。背後には物質界のあらゆる勢力を結集してもなお太刀打ち出来ない強大な力が控えていることを忘れずに励んでください。何一つ恐れるものはありません」

「オーストラリアの私達のサンクチュアリ(集会所)はあなたの教えを基本にしております。関係者一同があなたへの愛の気持を伝えて欲しいと言っておりました」

「有り難く頂戴致しましょう。私は愛のみを糧としているからです。もっとも、私が語る教えは私自身のものではありません。私はマウスピースにすぎません。永遠に不変の霊的真理を取り継いでお届けしているまでです。こうして大霊の大使として活躍できることを、私達は光栄に思っているところです。
 それだけに、私達に託された信頼を微塵も傷付けないようにすることが、私達の大きな責任であることになります」

「私達のサンクチュアリには有望な治療家が集まるようになり喜んでいるところですが、本日あなたのお言葉を伝えれば、みんな大いに勇気付けられると思います。感動すら覚えることでしょう。
 一つだけお聞きしたいことがあります。あなたの教えによって私達がこれほど影響を受けているのに、そのことをあなたがご存知ない筈はないというのが仲間達の意見なのですが、いかがでしょう、あなたは私達がやっていることをつぶさに見ていらっしゃると思ってよろしいでしょうか」

「私は大勢の指導霊の一人でして、私が適切と思う方法で最善を尽くしているところです」

「私達は、たまたまの巡り合わせで、あなたの教えに浴することになった・・・」

「[たまたま浴した]という言葉が適切かどうかは分かりませんが、結果的にこの大事業に携わることになった人々のことは、私達はその生活の隅々まで承知しております。協調関係で推進するものである以上は、知っておく必要があるからです。皆さん方も私達のことを知ってくださると有り難いのですが・・・・
 知識の領域を広げ、一人でも多くの病める人を癒し、一人でも多くの喪中の人を慰め、人生の灯台としての真理の光を少しでも大きくして、人生に疲れた人に生き甲斐ある道を見出させてあげようとする真摯な努力、真剣な祈りが無駄に終ることは絶対ありません。必ずや何らかの応答があります。あなた方は二人きりで仕事をなさっているのではありませんよ。霊の大軍の一員なのです。私達の背後に、そして更にその向こうにも、多分あなた方には理解の及ばない程の霊格を身に付けた高級霊の集団が幾重にも連なって控えているのです。あなた方も、この私も、そして大事業に参加している者全てが、そうした霊団の援助を受けることが出来るのです。唯一それを制約するものがあるとしたら、それはその人の受容力、吸収力の程度だけです。
 霊性を開発する程、美と光輝と崇高さが自分のものとなります。教会やシナゴーグや寺院や礼拝堂に通うよりも遙かに大きなものを成就させてくれます。霊力を発揮させるのです。教会は無味乾燥な教義しか説きません。それが、実は、霊性を開発させるどころか、窒息させてしまうのです。
 怖がることは何もありません。あなた方には為すべき立派な仕事があります。お二人が結ばれたのも偶然ではありません。霊的計画の一つだったのです。現在の情況も霊界からの導きです。グループが結成されたのも霊団の力によるのです。
 さあ、元気を出して、どこででも、可能な限り霊的知識を説かれるがよろしい。受け入れようとしない人もいるでしょう。そういう人には心の中で涙を流してあげなさい。折角のチャンス、掛け替えのないものを手にする好機を失ったのですから。が、たった一人の魂に目を覚まさせることが出来たら、或いは、たった一人の病人を癒してあげることが出来たら、そして無知の暗闇の中に叡知の光を灯してあげ、背負っている重荷を少しでも軽くしてあげることが出来たら、それはあなた方がこの世に生まれて来た目的を果たしていることになるのです」

「そうなれば素晴らしいことです」とドンが言うと-

「本当にそうなるのです。あなた方は二人きりではないのです。私達の誰一人として自分一人だけという者はいません。みんな大霊団の援助を受けているのです。それに気付くか気付かないかは関係ありません」

「あなたの教えの特徴的なものとして[霊が正常であれば、当然、精神も身体も正常となります]というのがあります。ただ疑問なのは、優秀な霊媒でよく病気をして医者の世話になっている人がいることです。あなたの仰ることの意味は、霊が正常であれば精神や身体に関わる法則、例えば食習慣や精神的な躾は無視しても構わないということでしょうか」

「一番最初に戻ってご説明しましょう。人間は肉体と精神と霊とから構成されております。これを本当の意味での[三位一体]といいます。三者が一体となっており、一つが三者によって成り立っているわけです。この三者の間に調和が取れていなければならないことは言うまでもありません。健康wholenessとは[欠けたところがない]という意味からきたもので、つまりは調和が取れているということです。もし肉体に欠陥が生ずれば、それは自動的に三位一体の体制を崩すことになります。霊とは生命の活力源です。霊はすなわち生命であり、生命はすなわち霊です。霊が全てに優ります。霊は主で、物質は従です。ですが、その霊が地上で顕現しようとすると、精神と肉体を通さねばならないという点で、まず制約を受けます。そして霊と精神と肉体の二者から切り離して[これが霊です]といってお見せ出来る性質のものではありません。同じことが精神についても肉体についても言えます。三者は切り離すことが出来ないのです。
 さて私は、仰る通り、霊が正常であれば精神も身体も正常となると申し上げております。同じように、肉体と精神が最大限に機能していれば、自ずと霊性が最大限に発揮されます。が、残念ながら、そういうケースは地上では滅多にお目に掛かれません。それで病気、不調、痛みが生じます。全ては三者の調和が崩れたことに起因します。
 実を言いますと、もともと霊界において意図された心霊治療は、そうした病気を癒す事を唯一の目的として考え出されたものではありません。その病気の源となっているもの、つまり内的な不完全性を修正することが目的であり、その障害物となっているものを取り除くパワーを持った生命力を治療家を通して流し込むということで、そこが肝心な点です。
 といって、私達は、副作用が出ない限りは他の治療法も頭から退けるつもりはありません。副作用があると知りつつ、無闇に注射で一時凌ぎをするやり方は感心しないということです。大切な肉体と精神と霊の調和の原理に反するからです」

「私達が食するものの多くが汚染されていることも問題です」

「仰る通りです。ですが、霊的に正常で精神も正常であれば、その程度のことは問題の内に入りません。といって、毒入りのグラスを一杯あおっておいて、[俺は霊と精神が正常だから大丈夫だ]などというバカなマネをしてもらっては困ります。そういう意味でないことはお分かりでしょう。常識の問題です。
 ですが、所詮、地上では完全は望めません。完全は永遠の時を要するプロセスだからです。でも、少しでも不完全を少なくし、発展を求めていく努力を怠ってはなりません。日常生活でも心の持ち方を正すことです。そうすれば生活形態が正されます。そうなれば神の摂理を犯すこともなくなります。過去の過ちを正さない限り、道は拓けません。
 私達の仕事は、地上の人間に[正しい生き方]というものがあることを教えることです。間違った生き方をしていて、それで体調を崩したら、心霊治療家のところへ行けば治してくれると思うのは間違いです。心霊治療はそういうものではありません。
 人間は責任ある存在です。正しい生き方を知らないといけません。摂理を犯したら、その責任として代償を払わないといけません」

メアリー・デービス「私達もこの道でよく間違いを犯します。熱心が過ぎて反発を買い、落胆します。霊的真理の持ち出し方が間違っているのではなかろうかと反省することがあります」

「あなた方はこれから色々と学んでいかねばならない子供と思えばよろしい。前途には永遠の時があるのです。何も、そう焦ることはありません」

「人生は短いのに、しなければならないことが沢山あって・・・」

「私の方から言わせて頂きますが、あなた方が霊的真理に目覚めるまで、私達はどれ程待たねばならなかったことでしょう。大霊はこの宇宙をずっと管理なさってきて、何が今一番大切かをご存知なのです。あなたが心を悩ませることはありません。最善を尽くしておればよろしい。私達から要望することはそれだけです。
 過ちは誰でも犯すものです。その過ちから学べばよろしい。誰でも転ぶことがあります。直ぐに立ち上がって、また歩み始めればよろしい。折角説いても聞き入れてくれない人もいるでしょう。が、理解してくれる人の方がきっと多くなっていく筈です。
 社会を一度に変えることは出来ません。同じように、人(の生き方)を変えることは容易ではありません。変えるのはあなたではなくて、当人自身であることを忘れてはいけません。あなたは真理を知った者としての責務を果たしていれば、それでよろしい。他人のことまで責任を負わされてはいません。
 ですから、ベストを尽くすことです。いつどこにいても人の為に役立つことを心掛けることです。あなたが授かったものを他人に分けてあげるのです。喜んで受取ってくれれば喜びなさい。受取ってくれなければ、その人の思う道を歩ませてあげなさい。あなたが手を差し伸べてあげるべき人が連れて来られるようになります」