ハンネン・スワッハー・ホームサークル、すなわちシルバーバーチ交霊会は決まってシルバーバーチの祈りの言葉で始まり、終わりも必ずシルバーバーチの祈りの言葉で締めくくられる。祈りの内容は大同小異であるが、その表現は一つ一つ違い、出席者はその妙味に感嘆させられるのが常である。その中から典型的なものを紹介する。

 神よ-天地の創造主、至尊至高の絶対的な力、全存在の宿命の統括者にまします神よ、私達はこれまであなたの得さしめ給いし全てのものに対して深甚なる感謝の意を表明致します。
 私達の為に暗き道を明るく照らし給いしその光、あなたを、そして私達自らをより深く理解させて下さったその知識、そして私達を栄光と光輝とによりて温かく包んで下さったその叡智に対して深く感謝致します。
 私がこうして存在することの真の理由、宇宙人生の背後に秘められた真の目的を啓示され給い、日夜私達をお導き下さるその愛に深く感謝致します。
 又、私達の為に真理普及の道を切り開いて下さった先達の数々、地ならしをして下さった開拓者の数々、悪戦苦闘した改革者達、その他、宗教家、哲学者、賢聖-その内のある者は地上にては名も知られず、死して漸くその偉大さを認められ、或いは死後も尚その偉大さを気付かれずにおりますが、こうした人々の全てに対しても深い感謝の念を禁じ得ません。
 これまでにあなたより授けられた恩寵に対し厚く御礼申し上げます。皆々と共に感謝の言葉を捧げると共に、代わりて私達があなたの御力の通路となり、あなたの御計画推進の一翼を担い、御子達の為に役立つことが出来ますよう導き給わんことを。
 ここに、ひたすらに人の為に役立つことをのみ願うあなたの僕インディアンの祈りを捧げ承ります。

 (注釈-祈りの初め或いは途中で神に呼びかける時、シルバーバーチは必ず Great White Spirit という言い方をします。普段の霊言の中では神のことを Great Spirit-時に God-と言っており、これを文字通りに訳せば〝大霊〟ということになります。我々一人ひとりが〝霊〟で、その生みの親である神を〝大霊〟というのは理屈では分かりますが、これでは日本人にとって古来〝神〟という文字及びそれを口にした時の響きから受ける崇敬の念が感じ取れません。そこで私はこれまで、ある時は神と訳しある時は大霊と訳したりしましたが、これに更に White という形容詞が付くと、最早日本語では訳せなくなります。と言うのは、シルバーバーチはホワイトという用語を〝無色〟の意味で用い、それによって〝無垢〟を象徴させているのですが、英語ではそれでよいとしても、これを〝白い〟とか〝白色の〟とか〝無色の〟とかの日本語に直すと、日本語特有の感覚的な〝味〟が強く出て理解の妨げになります。
 その点、カミという言葉は、言霊的にみても響きの上からもシルバーバーチの説く God 或いは Great Spirit とぴったりであるとの考えから、私は祈りの冒頭の Great White Spirit もあっさりと〝神〟と訳しました。
 又シルバーバーチは祈りの最後に必ず〝あなたの僕インディアン〟 your Indian servant と言うのですが、このインディアンがシルバーバーチ霊その人でないことは「まえがき」で編者がハンネン・スワッファーの言葉を引用して解説しています。しかしこのインディアンの霊も紀元前の古代霊であり、神界-少なくとも地球圏の最高界-の波長を受信出来る程進化した高級霊であることは間違いありません。
 霊界の霊媒として元インディアンだった霊を使ったことには、インディアンが民族的に心霊能力が優れていることも理由の一つでしょうが、私は、これまで白人中心の文明思想に毒されて来ている地球人類への戒めが込められていると観ております。それはシリーズを読み通して頂けば、きっと読み取って頂けるものと思います)