ある日の交霊会にシルバーバーチのファンが訪れた。その人の悩みについて色々と相談に乗った後、人間と背後霊との結び付きについてこう語った。
 「どうか私のファンの方々、ますます大きくなった私の家族とも言うべき方々によろしくお伝え下さい。そして目にこそ見えませんが私がその家族の一員として常に目を離さずにいると伝えた下さい。ただの挨拶の言葉として述べているのではありません。実際の事実を述べているのです。決して見棄てるようなことは致しません。援助を必要とする時は精神を統一して私の名を唱えて下さるだけでよろしい。その瞬間に私はその方の側に来ております。私は精一杯のことを致しております。これ以上は無理というギリギリのところまで力になっているつもりです。
 困難に遭遇しないようにしてあげるわけにはまいりません。躓かないようにと、石ころを全部取り除いてあげるわけにはいきません。ただ、たとえ躓いても、転ばないように手を取って支えてあげることは出来ます。肩の荷を一緒に担いであげることによって苦しみを和らげてあげることは出来ます。同時に喜びも共に味わって一層大きくしてあげることも出来ます。
 いかなる困難も、解決出来ない程大きいものは決してありません。取り除けない程大きい障害物もありません。私達霊界の者からの援助があるからです。人間の力だけでは無理と見た時は別の援助の手があります。人間としての精一杯の努力をした上での話ですが・・・・」

 続いてシルバーバーチは若いゴードン・アダムズ夫妻に結婚生活の意義について語った。アダムズ夫人は著名な霊媒であるリリアン・ベイリー夫人の令嬢である(アダムズ氏は後にサイキック・ニューズ社の事務長になっている-訳者)二人は最近結婚したばかりで、シルバーバーチは以前からこのカップルと語り合う機会をもつ約束をしていた。まずアダムズ氏に向かってこう語る。

 「ようこそお出でになりました。どうか気楽になって下さい。こうご挨拶出来る機会を得て本当に嬉しく思います。私があなたを陰ながら援助し始めて随分になります。霊的知識獲得の道を歩まれるよう導いて参りました。苦難に遭遇された時は必ず援助の手を差し伸べてきました。その全てが成功したとは言えません。思うようにならなかった時は周りの条件が整わなかった時でした」

 ここで出席者全員に「今日は本当に嬉しい日です」と述べてから、今度はこの若いカップルに向かってこう語った。

 「人間生活には三つの生活があります。まず人間は霊であり、次に精神であり、そして肉体です。人間としての個性を存分に発揮するようになるのは、この三つの面の存在を認識し、上手く調和させるようになった時です。
 物的世界にのみ意識を奪われ、物的感覚にしか反応を示さぬ人間は、精神的並びに霊的な面においてのみ獲得される、より大きい、より深い、より美しい喜びを味わうことは出来ません。反対に、精神的なもの、霊的なものばかりの瞑想的生活から生まれた内的満足のみを求め、この世の人間としての責務を疎かにする人間は、一種の利己主義者です。
 肉体と精神と霊-この三つは一つの生命が持つ側面です。神が賦与して下さった才能の全てをその三つの側面を通じて発揮する為の正しい知識を授けることが、こうして霊界から地上へ戻って来る霊の仕事なのです。男性と女性は互いに補う合うべき存在です。お互いが相手の足らざるものを具えております。両者が完全に調和して半分同士が一体となった時こそ、神の意図が成就されたことになるのです。
 残念ながら二つの魂の一体を求めて地上へ誕生してくる霊の中には、それが成就されないケースが多過ぎます。二つの魂を永遠の絆で結び付ける唯一の原動力である〝愛〟に動かされていない為です。
 私の知る限り愛は宇宙最大の力です。他のいかなる力にも為し得ない驚異を働きます。愛は己を知り尽くしております。それ故、愛する人だけでなく他のいかなる人に対しても邪なものが振りかかることを望みません。お二人が愛によって結ばれ、この世だけでなく地上での巡礼が終わった後にも互いを認め合い睦み合うことを許されたことを幸せと思わなくてはいけません。
 お二人は終わりのない旅へ向けて出発されました。しかし、手に手を取り合い、心と心、魂と魂を結び合って永遠に歩み続け、永遠に共に暮らすことでしょう。こうしてお二人が愛の力によっと祝福され、尊ばれ、聖別された以上、最早私の世界にも地上にも、改めて祝福を述べてくれる人を求める必要はありません。
 ですから私も〝この二人に祝福あれ〟などと申し上げる必要がないわけです。祝福はお二人を結び付けた愛の力によって既に成就され、お二人の前に続く未来永劫に亘る人生を堅固に、そして調和あるものとしてくれます。お二人を結び付けた霊的知識に感謝すべきです。真の結婚、永続的な結び付きは、二つの魂が調和し、その当然の成り行きとして進化の法則の成就の為に奉仕の道で共に援助し合うことであることを、肝に銘じて下さい。
 力と導き、霊感と叡智が常にあなた方の周りにあること、霊の力がいつもあなた方と共にあって手助けし、援助し、鼓舞してくれること、お二人に忠誠心と愛着さえあれば、それがいかに身近なものであるかをいつでも証明してみせることが出来ることを銘記して、前向きに生きることです。
 まさしくあなた方お二人は一体です。前途に横たわる人生には豊かな祝福に満ちております。問題も困難もトラブルも起きないと言っているのではありません。それは人間としてどうしても遭遇することになっているのです。地上生活を送る魂は有為転変の全てを体験しなければなりません。が、お二人はきっとそれらに堂々と対処し、そして克服して行かれることでしょう。魂まで傷つくようなことはないでしょう。なぜなら、一人では苦しいことも、二人で対処すれば半分ずつとなり、結局少しも苦にならないことになるからです。
 こういう言い方をすると多分あなた方は、これから大変な苦労があるのだと勘ぐり始めておられるに相違ありません。が、私はそんな意味で言っているのではありません。苦労を通じて霊力の働き、地上への働きかけの原理を理解した者だけが、その霊力との交わりから生まれる内的な喜びを味わうことが出来ることを述べんとしているまでです。
 それは地上の言語では中々表現しにくいことです。が、その霊力の恩恵に浴した者は、人生には魂まで傷つけ挫けさせ宿命の成就を妨げる程のものは絶対に生じないことを知り、自信をもって堂々と生きることが出来るということです。霊的淵源に発し、神性を宿したその素晴らしい富-神の宝庫の一部であるところの、無限の価値を秘めたその宝は、受け入れる用意さえ整えれば永久に自分のものとすることが出来ます。
 若くして(地上の年齢で言えばのことですが)真理に目を開かせて頂いた恵みに感謝しなければなりません。煩悩の霧が晴れ、その霊的真理があなた方の心に居場所を得たことを喜び、それがあなた方に真の自由をもたらしたように、今度は他の人々へもその自由をもたらしてあげなくてはならないことを自覚してください」

 同じ交霊会にもう一つのカップルがいた。そして丁度その日が二人の結婚記念日だった。そのカップルにシルバーバーチがこう語りかける。
 「私もあなた方の喜びに是非あやかりたいものです。二つの魂が互いに相手を見出し、一体化を成就するのは、いつ見ても嬉しいものです。そう度々あるものでないだけに、それをこうして地上において成就されたのを拝見するのが大変嬉しいのです。
 お二人に愛が宿り、温かく包み、しかもそれがこれまでの永い年月の間に少しも曇ることがなく、光輝を失わなかったこと、その素晴らしさ、その美しさ、その魅力が今お二人を包み、時の経過と共にますます強力となっていくことを喜ばなくてはいけません。
 地上の全ての人がそうした完全な一体化による幸せを味わうことが出来れば、と願うこと切なるものがあります。そうなれば人生がどんなにか楽に、そして意義あるものとなることでしょう」
 すると奥さんの方がこう述べた。
 「私共はこれまで他の人々には得られない援助をあなたから沢山頂いて来ました」
 「それはお互いさまです。あなたが人の為に尽くされ、私があなたを援助する。そうすることによって直接お目に掛かったことのない人々へ慰めをもたらすことが出来ました。それがどの程度まで成功したか、どこまで成就したかは知りません。これまで度々述べてきたことなので皆さんは直ぐに引用出来る程ではないかと思いますが、暗闇にいる人に光を見出させてあげることが出来れば、それがたった一人であっても、それだけでその人の人生は価値があったことになります。ここに集まった私達は、その〝たった一人であっても〟を〝大勢の人々〟に置き換えることが出来ます。
 どうか皆さんはこの同志の集いを超えた広い視野を持ち、世の中には素朴な霊訓の一言が啓示となり次々と自由を手繰り寄せるきっかけとなる人が大勢いることを知って頂きたいのです」

 別の交霊会で、夫を事故で失くした夫人が招待された。夫婦共スピリチュアリストでシルバーバーチの古い同志でもあった。夫人は元はローマ・カトリックの信者であったが、他界した娘からの通信で死後の存続を信じるようになり、古い信仰を棄てることになった。しかし夫を失った今は息子と二人きりの生活となった。夫の事故死は宿命だったのか偶発事故だったのかについてシルバーバーチに鋭い質問をするが、それは後で紹介することにして、順序としてまずシルバーバーチの慰めと勇気付けの言葉から紹介しよう。

 「この度のご不幸はあなたにとっては忍ばねばならない重い十字架ですが、死後の存続の事実を知らずに色褪せた古い信仰をもって対処するよりは、あなたのように知識と理解とをもって対処出来る方はどれだけ幸せでしょう。最早あなたの人生は処理出来ない程大きな問題も困難もありません。そうしたものが地平線上に姿を現しても、直ぐに消えていくことに気付かれるでしょう。そこに霊の力が働いているからです。空虚な信仰ではなく確固とした知識の上に築かれた信仰から生まれる平静さと信頼感のあるところには、私達霊界からの力も注ぎ易いということです。
 弱気になってはなりません。毎朝をこれから先の使命達成の前触れとして明るく迎えることです。これからも引き続き自信に満ちた生活の模範を垂れ、あなたより不如意な境遇の下で迷い、恐れ、疑い、多分大きな不安の中で生きている人々が、あなたの生活ぶりの中に聖域、憩の場、或いは避難所を見出すことが出来るようにしてあげて下さい。
 あなた自らが魂の灯台となって明るく照らせば、あなたはふんだんに霊の力の恩恵に浴し、それはひいては霊力の伝達者が同時に霊力の受信者でもあること、そのお蔭で多くの仕事を為し遂げることが出来ることの証となるのです。
 私は決してご主人が今何の悔いも感じておられない-幸せ一杯で満足しておられるなどというセリフは申しません。そんなことを言えば嘘になります。幸せ一杯ではありません。埋め合わせをしなければならないことが山程あり、収支相償うところまで行っておりません。まだ今暫く辛抱が要ります。新しい生活に適応する努力をしなければなりません。
 でも、感情的なストレスの多くが消えました。頭初のことを思えばずっと良くなられました。もうそろそろ、あなたへの影響を着実に行使することが出来るでしょう。これまでは思い出したように気まぐれにやっておりました。ご主人は元々そういう方ではありません。何事もキチンとしたがるタイプで、これまでほったらかしていたものを少しずつ整理していきたいと考えておられるところです」
 「私の何か力になってあげられることがあるでしょうか」と婦人が尋ねた。
 「愛の念を送ってあげてください。ご主人は今何よりも愛を必要としておられます。こんなことを言うと妙な気持になられるかも知れませんが、地上でのご主人はあなたに頼り切りでした。ですから今になって自分でやるべきだったことが沢山あることを知って後悔しておられます。ご主人自らこう仰ってます-自分は〝祈祷書〟の中にある〝為すべきことを為さずに終わった〟人間である、と。
 でもご主人はこれからそれを為し遂げて行くだけのものをお持ちです。あなたはいささかも明日のことを思い煩う必要はありません。私は、心がけ次第でご自分のものとなる安心感-地上的な意味での安心感ではありません。この世的なものは一時的で永続きしませんから-霊的な実在の上に築かれる安心感を何とかして伝達することが出来れば、どんなにか素晴らしいことだと思っております。つまりあなたの行く道は面倒な悩み続きの道ではなく、次第に開け行く道、全てが一層明確に、光明が一段と明るく照らす道であることをお伝え出来れば、と思う気持で一杯です」
 「そのお言葉は有り難く、とても慰めになります」と婦人が嬉しそうに言うと、
 「そうでしょうとも、そうでしょうとも」とシルバーバーチが元気付けるように言い、更にこう続ける。
 「取り越し苦労ばかりしている人間が多過ぎます。その心配の念が霧のようにその人を包み、障害物となって霊の接近を妨げます。心配すればする程-あなたのことを言っているのではありません。人間一般についての話です-あなたに愛着を感じている霊の接近を困難にします」
 そこで列席者の一人が「殆どの人間がこのことに確信が持てないのです。何も分からず、それが取り越し苦労の原因となっているのです」と言うと、
 「仰ることは判ります。しかし、その知識を具えた人までが取り越し苦労をされている。それが私には理解出来ないのです。私は自信をもって皆さんに申し上げますが、この世の中には心配することなど何一つありません。
 人間にとって最大の恐怖は死でしょう。それが少しも怖いものではないことを知り、生命が永遠であり、自分も永遠の存在であり、あらゆる霊的武器を備えていることを知っていながら、なぜ将来のことを心配なさるのでしょう」
 するとさっきの婦人が「でも私達には不幸が訪れます。それも、往々にして予想出来ることがあります」と言うと、
 「不幸の訪れの心配は不幸そのものよりも大きいものです。その心配の念が現実の不幸より害を及ぼしています」