自殺ダメ


 [霊界通信 新樹の通信](浅野和三郎著)より

 (自殺ダメ管理人よりの注意 この文章はまるきり古い文体及び現代では使用しないような漢字が使われている箇所が多数あり、また振り仮名もないので、私としても、こうして文章入力に悪戦苦闘しておる次第です。それ故、あまりにも難しい部分は現代風に変えております。[例 涙がホロホロ零る→涙がホロホロ落ちる]しかし、文章全体の雰囲気はなるべく壊さないようにしています。その点、ご了承ください。また、言葉の意味の変換ミスがあるかもしれませんが、その点もどうかご了承ください)

 光陰の経つのは迅いもので、前後五十幾回かの招霊を重ねている中に、早くも新樹の一周忌の二月二十八日が近付きました。
 心弱いとお笑いになる方があるかも知れませんが、その日が近付くと共に、彼の父も母もドーしても亡児の霊を招き出す勇気が起こりませんでした。
 「とうとうあの子の記念の日が近付いてしまった。大分諦めがついたようでも、あの子はやはり在りし日の事を追憶して悲しんでいるだろう・・・・・」
 そう考えるとツイ気遅れがして、昭和五年の二月十六日に招いたきり、一時パッタリ招霊に遠ざかってしまいました。
 その中二十八日が来ましたので、当日は自宅でホンの内輪の縁者のみを招いて心ばかりの祭事を執行し、いささか亡児生前の面影を偲び合いました。同時に彼の臨終地たる大連に於いても、又彼が生前お世話になった古河電機の方々を始め、多くの友人達が集まって盛んな追悼祭を営んでくだすったと承りました。
 「こんな事はきっとあの子の方に感応しているに相違ない・・・。一つ思い切って招き出して様子を聞いてみようかしら?」
 三月も十日になった時に、彼の父は初めて亡児に会って見る気になりました。彼の母も漸くそれに賛同しました。
 「では座ってみましょうか・・・」
 間もなく彼女の体は、例の通り亡児生前の姿態そのまま、少し反り気味になりましたが、心なしか、今日は少しその様子が沈んでいるように見受けられました。やがて言葉が切れました。-
 「新・・・新樹です・・・。暫くでしたね」
 「イヤ大変どうも暫くだった。少し取り混んでいたものだからゆっくり座っている隙がなかった。幽界に昼夜の区別がないと言っても、時日の長い短い位の懸念はあると見えるね?」
 「そりァお父さんありますよ。今度は大分ゆっくりだナ、と僕そう思っていました」
 「それは大変済まなかった・・・。近頃汝の方に何か変わったことはなかったかい?」
 「別に大したこともありませんでしたが、ただこの間僕の方に非常に強く感じて来ることがあって閉口しました。色々の人がしきりに僕の事を思ってくれている・・・・それがひしひしと僕の方に感ずるのです。で、こりァきっと僕の命日が巡って来たのに相違ない。僕が死んでモー一年になるのだ・・・・そう僕は感付きました。そんなことがあると、僕の方でもツイ現世の事を思い出して困りました。いけないと知りつつツイ地上生活が眼に浮かんで・・・」
 いつの間にか大粒の涙がポロリポロリと彼の母の両頬に伝わるのでした。
 彼の父は成るべく平静な態度で談話を進めました。「実は今日は三月十日で汝の一年祭は十日以前に済んだものだ。叔父さんだの、叔母さんだの、ホンの内輪の者ばかり招いて、神主に祝詞をあげてもらったのだが、それが汝の方に通じたと見える・・・」
 「何やら遠くの方で祝詞のようなものを感じました。そして色んな人がしきりに僕に会いたがっているのです。そんな事は僕だってやはり会いたいのです・・・」
 「汝の執着が薄らぎさえすれば、それに連れて現世が段々はっきり見えて来るのだから、そう悲観したものじゃないさ。まァゆっくりやるさ」
 私は軽く受け流しておきました。亡児の態度にも段々落ち着きが見えて来ました。
 「僕の宅の方も何ですが、その頃大連の方にも多勢集まっているように感じました。色々の人達がガヤガヤと僕の名を呼んだり何かしているのです。余り細かい事は判りませんが、何にしろ僕の事をしきりに追憶してくれている事はよく通じました。大連には僕の友達の青柳もいるようでした。青柳はモー帰って来たのでしょうか?」
 青柳君は満鉄の社員で、以前ロンドンに留学していたのですが、二月の末には任地に帰って来ていたらしいのです。青柳君が旅行免状の手違いで、ロシアの官憲に一時抑留された話は、当時の新聞電報にも載っていました。
 「さァワシもよく知らないが」と私は答えました。「二月二十八日頃には多分大連へ戻って来ていたのだろう。帰っていれば、汝の追悼会には必ず臨んだ筈だ。ロンドンでもしきりに汝の風評をしていた位だから・・・」
 「そうでしょうね。僕には確かに青柳が居るように感じられたのです。あの男にはお父さんもロンドンで大変お世話になったそうですね」
 「イヤ大変世話になった。青柳君は、ロンドンで新樹君と一緒だと面白いがなア、としきりに言っていたよ」
 「そうでしたろう。そんな話を聞くと僕、まだ残念だという気がします。いけない事と知りつつドーも現世の執着が容易に除き切れないで困ります」
 「無理もないが、しかし男らしく諦めが肝心だ。そんな話はモーこれで止めるとしよう・・・」
 「ではお父さんから、大連の皆さんに宜しく言ってあげてください。お祭りをしてもらって、非常に嬉しかった、とそう仰ってください」
 「承知した」
 私達の対話はそれでちょっと中絶しましたが、暫くして亡児の方から切り出しました。
 「実はね、お父さん」と彼は割合に快活な語調で「僕あの時分、あんまりクシャクシャしたものですから、思い切って散歩に出てみたのです。ついでにその話をしましょうか?」
 「幽界の散歩-そいつァ面白い。話してもらおう」
 「こちらの散歩は現世の散歩とは大分気分が違います。僕はどこと当てども無く、あちこち歩いてみたのですが、イヤ何とも言われない、のんびりとした感じでした。行ったのは公園みたいな所ですが、少しも狭っこましい所がなく、見渡す限り広々としていて、そして一面に綺麗な花が咲いている。それ等の花の中には、生前ただの一度も、見たことのないようなのもありました。その色がいかにも冴え冴えしていて、地上の花とはどことなく違うのです。で、幽界の花にもやはり根があるかしら・・・僕そう思ったので、一本の花を手でいじってみましたが、根はやはり張っているものらしく、中々抜けなかったです」
 「面白いねどうも・・・汝その花を摘んではみなかったのか?」
 「イヤ摘んでみました。そしてそれを自分の部屋に持って帰って花瓶に挿し、幽界の花がどう現世の花と違うかを研究してみたのです。僕達の世界には昼夜の区別がなく、従って日数を申し上げる訳にはまいりませんが、花瓶の花は別に水をやらなくてもいつまでも萎れないのです。ちゃーんと立派に咲き匂っているのです。そこが地上の花と大いに異なる点ですね。ドーも僕が花を忘れずにいる間は、花はいつまでも保存されていたように思いますね。その内、僕はいつしか花の事を忘れてしまいました。ふと気が付いてみた時にはモー花は消え失せていました。僕にはそれが不思議でなりません。あの花は一体何所へ行ってしまったのでしょう・・・」
 「さあワシにも判らんね、幽界の花の行方は・・・。兎に角そいつは大変面白い研究だった。花を摘む時の具合は地上の花を摘むのと同じだったか?」
 「同じでした。茎がポツンと折れる具合が少しも変わりませんでした」
 「時に、汝の行った、その広い公園には誰も人が行っていなかったか?」
 「最初は誰も見かけませんでした。僕一人で公園全体を占領したようなもので、実にのびのびした良い気持ちでした。第一、いくら歩いても暑くもなければ、寒くもなく、又少しも疲労を感じないのですからね。そうする中にふと、僕の歩いている背後から、二人連れの男女がやって来ました。男は二十二、三、女は十七、八で、どちらも日本人です。僕が言葉をかけようかと思っている中に、二人はツーッ!と向こうへ行ってしまい、ロクに顔を見る暇もありませんでした。僕は何だか少しあっけなく感じたので、今度誰か来たら話かけてみようと思いました。幸いにそこに一脚のベンチがあったので、僕はそれに腰を下ろして、人の来るのを待ちました。すると暫くして、十五、六の男の子が出て来ました。僕は非常に嬉しかったものですから、丁度生前やったようにその子供に言葉をかけました。子供の方でも歓びましたが、しかし余程びっくりしたものと見え、何とも返答をしないのです。その子は可愛い洋服を着て、半ズボンを穿いていました。暫く僕の傍に腰をかけている中に、漸く談話をするようになりました。いつ幽界へ来たかと訊いたら、モー随分以前に僕は死んだのです、と言っていました。余程の家柄の生まれらしく、中々品位のある子でした。僕は、ここで又会うからその内出て来たまえ、と言っておきました。左様なら、と言いも終わらぬ中にその子の姿は消えました。そんなところは非常に呆気なく、何だか頗る頼りないのが幽界の生活の実情です。慣れないせいかも知れないが、僕にはまだまだ地上の生活の方が懐かしいです。現に地上の人達は僕の一周忌を忘れもせずに、多勢集まって懇ろに追悼会などを催してくれるのですからね・・・・」
 亡児が再び湿り勝ちになりそうな模様なので、私は急いで話頭を他に転じ、数分間よもやまの話を交換してその日の座を閉じたのでした。