自殺ダメ


 [霊界通信 新樹の通信](浅野和三郎著)より

 (自殺ダメ管理人よりの注意 この文章はまるきり古い文体及び現代では使用しないような漢字が使われている箇所が多数あり、また振り仮名もないので、私としても、こうして文章入力に悪戦苦闘しておる次第です。それ故、あまりにも難しい部分は現代風に変えております。[例 涙がホロホロ零る→涙がホロホロ落ちる]しかし、文章全体の雰囲気はなるべく壊さないようにしています。その点、ご了承ください。また、言葉の意味の変換ミスがあるかもしれませんが、その点もどうかご了承ください)

 私が新樹に向かい、彼の本来の守護霊につきて、初めて問いを発したのは、彼我の間の交通の途が開けてから、まだ幾何も経たぬ昭和四年七月二十二日のことでした。
 問「汝にも、きっと守護霊が付いている筈だが・・・。つまり汝を指導してくださる、後見人みたいな方が・・・」
 答「つ・・・付いております・・・」当時は通信がまだ不完全で、やっと言葉が繋がり出した時でした。「五・・五人付いております」
 問「五人・・・フム大変多勢付いているのだね・・・。一体一人に守護霊が、そんなに多勢付いているものなのかしら・・・」
 私がいささか不審の眉をひそめて、独り言のようにそんな事を申しました。その時新樹からは、何とも答がありませんでしたが、ただ妻の霊眼には、漢字で『五』の字が極めて鮮明に映じました。
 越えて七月二十五日にも、私は新樹に向かって、同じく守護霊問題を持ち出しました。その時の返答で、現在彼に付いている五名の守護霊は、死後産土神から特に付けられた、臨時の指導者であり、彼の本来の守護霊ではないことが明らかになりました。「自分の守護霊の事を訊かれると、僕何だか悲しくなるから、その話は暫く止めてください・・・」亡児はそう言って、これに関する談話を避けるのでした。そう言われては、私も無理に問い詰めることもならず、いつも奥歯に物の挟まったような気持で、とうとう約一年間も、この問題を未解決のまま打ち棄てておきました。
 そうする中に、ドウあっても彼の守護霊を突き止めなければ、収まりがつかないことが、ボツボツ起こりました。なかんずく私をして、あくまでこの問題を追窮させる決心を起こさせたのは、昭和五年六月十四日の夜、「東京心霊科学協会」の事務所で行なわれた、亀井霊媒の交霊会に、亡児の顔が現れたことでした。それは余り鮮明な物質化現象ではなかったが、しかし亀井霊媒の頭上約一尺許の辺に、彷彿として現れたのは、まさしく亡児生前の顔に相違なかった。それは私自身よりも、むしろ立会人中の二、三人が承認するところでした。
 で、その翌日、私は早速亡児を妻の体に招き出して、右の事実の有無を確かめました。ところが意外にも、亡児は断固として右の事実を否定しました。-
 「僕、亀井という男の交霊会などに、ただの一度も出現した覚えはありません。僕はお母さんの体以外に、絶対に憑らないことにしております・・・」
 これを聞いて、私は少なからず疑惑に閉ざされました。あれが亡児の仕業でないとすれば、一体何人がそんな真似をしたのか?亀井霊媒の背後に働いている、印度人モゴールの悪戯か?それとも新樹の背後に控えて、彼の行動を助けている、五人の指導者達の仕業か?それとも又彼の本来の守護霊の所作か?
 私は直ちに、あらん限りの手段を講じて、右の詮索に当たりました。ここで一々その手続きを述べることは、余りにも煩瑣(はんさ)に亘る虞がありますから、省いておきますが、兎に角私が最後に到達した見込みは、ドウあっても、それは新樹の本来の守護霊の仕業に相違あるまいという事でした。
 「こりァドウあっても、新樹の守護霊を呼び出して、聞いてみなければならない」と私は躍起となりました。「新樹は、守護霊の話を持ち出すと、悲しくなると言って、成るべく避ける気味だが、彼も幽界へ入ってから、既に一年以上になる。いつまでそんな感傷気分に浸っているべきでもあるまい。よしよしとりあえず、妻の守護霊に頼んで、一つ新樹の守護霊に会ってもらってみよう・・・」
 なので七月二日の夜、私は妻の守護霊を招霊して、右の旨を述べると、先方は案外気軽に、私の注文を引き受けてくれました。-
 「承知致しました。早速これから亡児の守護霊に会って、色々訊いてみることにしましょう。仔細は何れ後ほどお知らせします」
 約十分間程経過すると、妻の守護霊は再び戻って来て、いかにも満足そうに、右の会見の次第を報告するのでした。-
 「やはりあなたのお見込み通り、亡児に代わって、これまで色々の事をしたのは、守護霊の仕業だったそうでございます。これまであの方は、仔細あって裏面に隠れ、態と新樹にも会わずにいましたが、時節が来たので、今後は直接新樹の世話をすると申しております・・・」
 「一体その守護霊という方は、どんな方ですか?」と私少し急き込み気味に訊ねました。「やはり人霊ですか?」
 「中々立派な、気性の優しい方でございますよ・・・。勿論元は私達と同じく人間でございます。しかし私などより、ずっと後の時代の方で、生まれた時の年号はたしか享保、とか申すそうでございます。あの方の経歴について、私も一通りの事は聞いて存じておりますが、私から申し上げたのでは面白くございません。何卒直接御本人を招霊なさって、お訊きくださいませ・・・」
 「無論妻の体に憑れるのでしょうネ?」
 「それは憑れます。しかし御本人は、まだ一度も人間の体に憑依して、通信したことがないので、少々心配だと申しております。まァやって御覧なさいませ」
 「新樹は守護霊の事を言われるのが、何やら辛いような事を申しておりましたが、別に差し支えはないでしょうネ。何やらあなたから、一言亡児によく言い聞かせておいて頂きたいのですが・・・」
 「宜しうございます。ナニ時節が来たのですから、モウ心配はございません。これからあの子は、段々自分の本当の守護霊と一緒になって、働くことになるてじょう」
 「時に」と私は一考して、「現世に居た時の守護霊の姓名は、何というのでしょうね?招霊する時に姓名が判っていないと、何やら勝手が悪いですが・・・」
 「姓名でございますか・・・。承知致しました。しかし言葉で言ったのでは、若しも間違うといけませんから、この女の眼に見せておくことにしましょう・・・」
 そう言ってから、ものの一分とも過ぎぬ時に、妻の閉じたる眼の裏には、白地に極めてくっきりと黒く浮き上りて、
 「佐伯信光」
という四文字が現れたのでした。

 私がいよいよ亡児の守護霊を呼び出したのは、それから数日を過ぎた七月八日の午前でした。左にその日の問答を、ありのままに記述することに致します。
 問「あなたのお名前は・・・。あなたは新樹の守護霊さんですか?」
 例の如く私は潮時を見て、そう切り出しました。
 答「私は・・・私は・・・・私は・・・・」
 先方は非常に興奮の模様で、数回同一文句を繰り返しました。
 唾液が喉につかえて、上手く言葉がきけない模様でした。それでも漸く「私は・・・佐伯信光・・・と申すものでございます」
 問「イヤよくお憑りくださいました。あなた様が亡児の守護霊さんだったことは、近頃漸く承知致しました。あの子の肉親の父として、厚く御礼を申し上げます。-色々お訊きしたいと思うことがございまして、今回お呼び立て致しましたが、何卒お差支えなき限りは、御通信を願いたいもので・・・」
 答「承知致しました。が、何分にも私はまだ弱輩の身で、果たして充分の通信をお送りする事が出来ますか、どうか、いささか心懸りでございます。新樹の守護霊と致しましても、こんな未熟のものでございますから、甚だ力量が不足勝ちで・・・最愛のお子さまを、ああいう事に致しまして、私と致しましても、誠に面目次第もないことでございまして・・・・」この間むせ返る涙の為に、言葉が暫くしどろもどろになりましたが、やっと気を取り直した風で、「しかし、これもどうぞ定まった天命とお思いになり、どうぞお諦めをお願い致します。私とても同様に、早く現世を去りましたもので、従ってさしたる修行を積んだものではございませぬ。しかし今後は、充分新樹を助けて、活動を致しまして、御研究の御手伝いを致し、せめてもの埋め合わせを致したく考えております」
 問「それでは早速伺いますが、一体あなたは、どちらのお方で、又いつ頃の時代にお生まれでしたか?」
 答「私は名古屋の藩士で・・・・。身分は大したものでもございません。生まれた年は、たしか享保五年と記憶しますが、一体こちらでは、年代などは一向用事のないもので、従ってそれ等の記憶は、段々薄らいでまいりますが、たしか享保五年であったと存じます。そして死没致しましたのが寛延元年、私が二十九歳の時でございます・・・」
 問「あなたはその間、ずっと名古屋にお住まいでしたか?」
 答「イヤ名古屋に居住致しましたのは、二十三歳の時迄でございます。元来私は幼少の時から、少しばかり文学を好みまして、最初は文学で身を立てんと致しましたが、その中段々と音楽の趣味が加わり、寧ろそちらの方面で身を立てようと心得まして、それには名古屋では、思う通りの師にも付けませんにより、江戸へ上ったような次第でございました」
 問「音楽はどんな種類のものをおやりなされたか?」
 答「笛でございます。江戸へ行ってからは、その道の優れた師につき、色々苦心を重ねましたが、お恥ずかしいことには、音楽者として充分上達もせぬ中に、空しく早世してしまい、私としても、残念至極に存じました。で、新樹の守護霊を命ぜられた時には、あの子を音楽の方で身を立てさせようかとも、一時は考えたこともございますが、ドウもあの子は、私程音楽が好きではございませんでした。又時代も時代でございますから、とうとう断念して、余り音楽を勧めないことにしました。それでも私の感化で、多少は音楽が好きであったように見受けました・・・」
 問「あの子の音楽趣味は、あなたの感化だったのですか」
 と私もいささかびっくりして叫びました。「新樹は一体多趣味の男で、文学も好き、絵書も好き、運動も好きという按配でしたが、わけても音楽に対しては、ちょっと素人離れのする位の理解と趣味とを持ち、殊にハーモニカの吹奏は、手に入っていました。守護霊と本人との関係は、そんなにも密接なものと見えますネ」
 答「左様でござりまする。人間の性格趣味の約七割位は、その人の背後に控えている守護霊の感化でござりまする。で、新樹という人物は、余程の程度まで私に似ておりましたが、ただあの子の方が、体格は遙かに私よりも優れていたように思いました。あの子が、よもや彼のように早世しようとは、夢にも思いませんでございました・・・・」
 問「するとあなたにも、当人の死はやはりお判りになりませんでしたか?」
 答「死という事は、我々守護霊にも、その間際まで教えられないのが通例でございます。ずっと上の方の神さまにはお判りになっておられるでしょうが、我々の境涯では、とても判るものでございません・・・」
 問「イヤ話頭が大分飛んだ方面へ飛びました。後へ戻って、少しあなたの御経歴を伺わせてください。-あなたはただ音楽の修行をなされただけで、どちらにも士官というようなことはなさらなかったのですか?」
 答「イヤ未熟ながらも、その道で将軍家に仕えました」
 問「御家庭は作られましたか?」
 答「生涯に一度も妻帯は致しません」
 問「あなたの父母兄弟は?」
 答「私の両親は早くみまかりましたので、私は幼時の際から、親戚の手で育ちました。兄弟は三人、一番上が姉、その次が兄、その兄が家督を継ぎました。私は三番目の末っ子でございました」
 問「あなたの信仰は?」
 答「私の家では代々神道でありました為、私も神さまを信仰致しておりましたが、別にこれぞという深い理解を持っていた訳ではございません・・・」
 問「あなた方の時代の学問は?」
 答「主に漢学でございます。それに少しばかり図学の方を加えた位のもので・・・。全体私は余り体が丈夫な方でございませんので、充分身を入れて、蛍雪の苦を積むという程の修行は致しませんでした」
 問「あなたはどんな病気でお亡くなりになられましたか?」
 答「平常から私は心臓が弱かったので、別に床に就いて寝るような事もありませんでしたが、ドウも他の方々のように、活発に働くことが出来なかったのです。私の生命奪りの病気も、結局その心臓でした。が、その当時私は急死したらしく、少しもその際の記憶が残っておりません。どの位経って正気がついたものか、私にはとんと判っておりません。初めて幽界で気が付きました時は、丁度夜が明けて、眼が覚めたのではないかと思いました」
 問「ドウして死んだという自覚が出来ましたか?」
 答「私の守護霊さま・・・その方はいつも四十位の年輩にお見受けされる方でありますが、その方が色々私の面倒を見てくださいましたので、直ぐ自分は死んで、違った世界に来たのだナ、という事が判りました・・・」
 問「その後幽界に於けるあなたの御修行はどんなものです?」
 答「判らんことがありますると、皆右の守護霊さまに伺います。こちらで一番の難問題は、やはり執着を棄てることでございます。私としても随分辛い、悲しい事がございましたが、一生懸命修行によりて、それを忘れるように努め、只今では少しは汚い念慮が失せて参りました。これでも人の守護霊となりますのは、よほど心をしっかりともって、向上の心掛けがないとなりませんもので・・・」
 問「それは大きに左様でしょう。-あなたはそちらでどんな住宅にお住みになられています?」
 答「こちらの住宅というものは、御承知の通り、本人の性情に合ったものでございます。で、私の住宅はやはり笛の響きが上手く立つような、天井の高い作りで、・・・別に装飾などの必要はありませんが、ただ天井が高くて、部屋も相当広くないと、響きが立ちませんので、その点だけは充分注意して造られております。私には山水の景色だの、贅沢な装飾だのというものは少しも用事がございません。その点新樹の住宅と同様で、ただ私の住宅の方が、ずっと広々としております・・・」
 問「そうすると、あなたは幽界へ行かれてからも、盛んに笛をお吹きなさるか?」
 答「時々は一心不乱に笛を吹くこともございますが、ふとした調子で、全くやらなくなることもございます。こんな道楽ばかりしていてはならないというような気がしまして、暫くは全く笛などは無きものにしまして、静座して精神統一の修行に浸るのです。それを致しませんと、決して向上が出来ませんので・・・」
 問「一体あなたは、新樹の幾歳の時から守護霊になられましたか?」
 答「あの子が六歳か七歳かの時と思います」
 問「なァーるほど!」と、私は覚えず歓喜の声を放ちました。
 「考えてみると、あの子の幼少の頃はかなり乱暴な、どちらかというと、軍人向きの性質のように見えました。ところが、段々生長するに連れて、段々優しい気性になり、後には絵だの、音楽だのの好きな優男になりました。やはりあなたの性格趣味が感応して行ったのでしょうネ」
 答「或いはそうかも知れません・・・。前にも申し上げました通り、守護霊の感化は、普通六割にも七割にも達するものでございますから・・・」
 ここに至りて私は、いよいよ日頃心にかかっていた疑惑の中心に触れた質問に取り掛かりました。-
 問「さて折り入って一つお訊ねしたいのですが、これまで亡児の知らぬことで、蔭からあなたがその代理を務められたことがおありですか?」
 答「ハイ」と守護霊は低い、しかしきっぱりとした語調で、「時々は左様な場合もないではごさいませぬ」
 問「第一に新樹が死んだ当日のあの通報-悲しい電報が着く約三時間以前に、大きな火の球が、鶴見の自宅の棟に現れましたが、あれはあなたのお仕業ですか?」
 答「ハイあれは私が致しました。本人にはまだ何の働きもありませんから、ああした場合には、大抵その守護霊が代理を務めるのでございます」
 問「それから昨年の三月五日、大連で告別式を営みました際に、洋服をつけた新樹の姿が現れて、脱帽して一々会衆に挨拶するのが、一、二の霊視能力者の眼に映じました。あれもあなたのお仕業ですか?」
 答「ハイ、あれも私が致しました。新樹は大変よく勤めた子で、上役の方からも、又同僚の方からも非常に信用され、心からその夭折を惜しまれました。それだによって、その告別式に於いて何の兆(しるし)もなく、そのまま平凡に終わったとありましては、あまりに私として可哀相に感じましたので、新樹になりかわりまして、私が一通りの挨拶をしたのでございます」
 問「本年六月十四日の夜、亀井という霊媒の交霊会を催した時、新樹の姿らしいものが現れましたが、あれは誰の仕業ですか?」
 答「あれも私の致しました事でございます。新樹は一途にただ母親のみに憑かりたがっておりますので、印度人の方から出てもらいたいと頼みましても、それはあの子の方に響きません。私にはその事がよく判っておりますので、代理で姿を現すことに致しました。モゴールという印度人の頼みも、元々別に悪意から出たのではなく、寧ろ霊界の事を知らせるのには、甚だ有益なことと思われましたので、思い切ってあんな真似も致しました。私からも早速、新樹にその次第を言い聞かせておくことに致しましょう・・・」
 問「イヤ大変事情が明らかになり、日頃の疑団が氷解したように感じます。してみると死の直前、直後、又その瞬間等に於ける死の前兆というものも、大部分守護霊の働きと考えれば宜しいようで・・・」
 答「全部そうだと申すことは出来ますまいが、その七、八割ないし八、九割は、守護霊の働きでございます。なお他の方々につきて、充分お調べを願います。未熟者の私が申すことに、誤謬がないとは限りませぬから・・・」
 問「最後にモ一つ私の問にお答を願います。-何故あなたは、これまで新樹から離れておられたのです?」
 答「それはこういう次第でございます。誰しも帰幽後暫くの間は、少し厳しくしてやらなければ、中々執着が抜け兼ねるもので、それには本人の守護霊よりも、モ少し年代を経た、経験の多い方々が、指導される方が効果があります。で、誰しも帰幽した当座は、その守護霊が蔭に隠れて、出て来ないのが普通であります。殊に私などは弱輩の身で、そこには必ず手落ちもあるだろうと思いまして、かたがた成るべく永く蔭に隠れていることに致しました。しかし、時節が参りまして、いよいよかく名乗りを挙げました以上は、最早逃げも隠れも致しませぬ。私の力量の及ぶ限り、お手伝いを致しますから、何卒御遠慮なく御尋ねして頂きます。そうすることが、新樹の勉強になると同時に、又私の勉強にもなります。又私の力量に及ばぬことは、これまでの老巧な指導者達を始め、上級の方々にお尋ねしてお答え致します。イヤこちらの世界の事は、探れば探るほど奥が深く、ちょっとやそっとでは、とても御返答は出来兼ねるように感じます・・・」
 この日の問答は、これで終りましたが、時計を見ると、約二時間ばかりこの問答にかかっていました。