自殺ダメ



 『これが死後の世界だ』M・H・エバンズ著 近藤千雄訳より

 P137より抜粋


 次に少し趣を変えて子供の世界にスポットライトを当ててみたい。
 幼くして霊界入りした霊魂はまず「天界の保育園」へ連れて行かれる。そこには子供の養育に必要なあらゆる設備が揃っており、そこで働く保母達の愛によって子供達はすくすくと育っていく。〝子供は無限なる可能性の宝庫である〟とはデービスの言葉であるが、この可能性を伸ばしてやることが保母の使命なのである。
 ここで特に指摘したいことは、所謂死産児も霊魂として立派に霊界に生き続けていることである。一般には母体から出ることを誕生と言い、その瞬間を人間としての出発点とするが、実際には霊魂が母体内に宿った時が本当の意味での誕生であって、空気を吸う吸わないは関係ないのである。死産児からこれこれしかじかのことをお母さんに伝えてくださいという通信を受け取った話はいくらでもある。
 ある霊能者から、如何なる死にも必ず産婆のような役をする霊魂が幾人か付いているが、その役は性質の細やかさ故に死産児が受け持つことが多いといった意味の話を聞いたことがあるが、それに違いないと思う。なぜなら「死」は霊界への「誕生」だからである。
 一度母体に宿った生命が永遠に不滅であるという事実、更にその子供といつの日か元気な姿で再会出来るという事実は、世の母親、又父親にとっても何よりの福音と言えよう。私はそこにも神の愛の大きさを痛感せずにいられない。
 では次にオーエンの『ヴェールの彼方の生活』からオーエン氏の母親が例のカストレル宮殿を訪れた時の話の続きを紹介してみよう。
 「その時不思議に思ったことは、その中に子供が混じっていることでした。なぜ不思議かというと、それまで私は子供には子供だけの特別の世界があって皆そこへ連れて行かれるものと思い込んでいたからです。最後に居残ってお話をしてくれた婦人はそこの母親のような地位にあられる方で、その他の方々はその婦人の手助けをされているらしいのです。私はその中の一人に、そこの子供達が皆幸福そうで愛らしく、こんな宮殿でもいかにも寛いでいることには何か訳があるのですかと尋ねてみたところ、大略次のような説明をしてくれました。
 「ここで生活している子供は死産児ばかりで、地球の空気を吸ったことのある子供とは性格上に非常な違いがある。僅か二、三分しか呼吸したことのない子供でも、全然呼吸していない死産児とはやはり違う。それ故、死産児には死産児として特別の養育が必要であるが、死産児は霊的知識の理解の点では地上生活を少しでも体験した子より早い。まだ子供でありながらこうした高い世界で生活出来るのはその為である。が、ただ美しく純真であるだけでは十分とは言えない。ここで一応の清純さと叡智とを身に付けたら、今度は地球との関係した仕事に従事している方の手に預けられ、その方の指導の下に間接的ながら地上生活の体験を摂取することになる。