自殺ダメ



 次に一転して禁欲主義の最右翼であるところのキリスト教に触れてみたい。
 ある所にテントの製造を商売にしているサウロという男がいた。晩年になって南ヨーロッパからギリシャ諸島、小アジア、イタリア、スペインの各地を旅した。彼にはてんかんの持病があり、また大の女嫌いであった。歴史家の中には彼をインポ(性的不能者)だったとする者もおれば、ホモ(同性愛)だったとする者もいる。
 このサウロが実はキリストの有名な弟子パウロであり、キリスト教の性的戒律を生み出した人物である。この戒律は肉体的欲望を〝悪〟と決め付け、従って肉体的欲望の所産であるところの出生そのものが悪であり、結局人間の存在そのものも根源的には悪であるという思想に発している。
 要するに人間は悪の塊であり、なかくずく性欲が諸悪の根源である。その悪から少しでも善に近付く道は禁欲生活であり、処女性であり、夫婦それぞれの貞節であり、裸体をむやみに人目に晒さないことである、という。ヨーロッパ人の性観念に罪悪感と羞恥心を注入したのはこうしたキリスト教的戒律である。
 つまり、教会が信者に対してこの罪悪感と羞恥心を吹き込むことによって、教会との繋がりを保ち強化しようと努力してきたことが、信者の心に性交は本来いけないことという観念を植え付けてしまったのである。そして今日では、そのことがかえって諸悪の根源となってしまった感がある。性問題の専門家であるカンフォート博士もその著書の中で
 「性というごく当たり前の自然現象を厄介な問題としてしまったその最大の責任はキリスト教にある」と断言している。
 確かに、教会のこうした固陋(ころう)な反進歩的教説は数多くの精神的ないし神経的な病気を生んでいる。特に、西洋諸国においては離婚を始めとする人間関係の破綻や不和は、その大半がキリスト教的戒律から来る罪悪感、不安感、挫折感といったものによって引き起こされていると言ってよい。
 実際に患者の治療に当たっている私は、そういった根拠のない宗教的罪悪感や抑圧観念から病気になっている事実を、目の当たりに見せ付けられている。だからこそ、右のようなことが断言出来るのである。初めの内は精神的ないし心理的なもので留まっているが、やがて肉体にはっきりと症状が出て来る。胃潰瘍、腫瘍、偏頭痛、関節炎、慢性的消化不良、喘息、吹き出物、そして癌。
 本章の初めの所で、私は一切の先入観、既成概念を捨て去って欲しいと要求したが、〝一切〟は無理としても、ここまで私の説に耳を傾けられたからには、あなたの性愛観にもかなりの変化をきたしていることを期待しよう。そう期待した上で、私は今度は性のあり方について積極的な立場に立って、人間の性生活はかくあるべきだ、という意見を述べてみたいと思う。ご批判はその後にして頂こう。