自殺ダメ




 人間には必ず複数の指導霊が付いている。知識と体験を積んだスピリットで、地上生活を送る人間を蔭から指導援助してくれる。
 その中には本人の親戚に当たる人、例えば祖父などがいる場合もあるし、数世紀も前に他界した霊で、特殊な体験を活かして指導に当たることになった者もいる。いずれにしても、そのスピリット達とはこの世に生まれる前は霊界で一緒だった仲間である。地上生活中ずっと面倒を見て、地上を去る時も真っ先に迎えてくれる。
 背後霊とは色んな形で連絡が取れているのであるが、普通の言語による連絡は出来ない。それだけ連絡路が狭められているのである。例えば背後霊はあなたの脳裏にある考えを吹き込んだり、あなたの悩みを解決してくれそうな人の所へ案内したり、その他色んな手段を講じて援助する。どこでどういう援助があってこうなった、といったことは霊能者には分かるが、普通の人間には分からない。
 その霊能者、時に霊媒とも呼ぶが、これはスピリットと直接交信する能力を具えた人のことで、中には入神状態でやる人もいる。いわば深い睡眠のような状態に入り、その間に背後霊の一人がその身体を使って話をする。〝霊を呼び寄せる〟などと言う人がいるが、実際には霊の方から人間に交信を求めてやって来るのである。人間側としては交霊会にでも出席して通信を待つ他はない。
 しかし間接的な通信なら日常生活においても出来ないことはない。波長を整えることによる方法である。楽な服装で安楽椅子に腰掛ける。部屋は薄暗く静かにして、外部から邪魔されないよう配慮する。ネクタイを外して襟を開き、上衣を取り、靴を脱いでゆったりとした気分になる。そして目を閉じてゆっくりと呼吸をする。
 その状態が背後霊にとってあなたと交信するのに最も望ましい状態である。その状態を暫く続ける。二十分位経って何の変化もなくても諦めてはいけない。そのまま寝入ってしまっても構わない。大切なのは悩みを忘れてしまうことである。リラックスして夢見心地になることである。こうしたことを何度か繰り返している内に、ある時ふと緊張が解けて、ある考えが外から飛び込んで来るようになる。それですんなり難問が解決したり見通しが立ったりする。背後霊のお陰である。