死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

当サイトは、死にたい人に自殺に関する霊的知識を与えて、自殺を止めさせる自殺防止サイトです。

自殺の霊的知識を知るっちゃ!

カテゴリ:★『シルバーバーチの霊訓』 > シルバーバーチ 死んだ後、どうなるのか

シルバーバーチ 死んだ後、どうなるのか 目次

死んだ後、どうなるのか(1)

死んだ後、どうなるのか(2)

初訪問者はこちら
自殺してはならない理由


 (我々はいつかは肉体を捨てて次の世界へ行く。そこでの生活はどのようなものなのか、何をして過ごすのか、こうした疑問にシルバーバーチが答える)

 こちらには昼も夜もありません。地軸の回転に依存していないからです。太陽の回りを回転しているのではありません。こちらには永遠の光が存在します。従って地上のような時間というものがありません。
 こちらへ来てからも仕事があります。が、それは自分がやりたいと思う仕事であって、お金を稼ぐ為とか家賃を払う為とか衣服や食糧を買う為にするのではありません。
 地上で発揮されることのなかった能力や才能や技能をもつ人が次々と霊界へやってまいります。そういう人達はこちらでそれを存分に発揮して、霊界の住民として全体の豊かさの向上に寄与することが出来ます。
 みんな自分がしたいと思うことに携わっております。霊界には無限の種類の楽しみがあります。音楽が好きであれば地上と霊界の名曲を鑑賞することが出来ます。コンサートも開かれております。文学が趣味の人は地上と霊界の名作を読むことが出来ます。絵画に興味のある人も地上と霊界の傑作の全てを鑑賞することが出来ます。
 子供が好きな人は両親に先立ってこちらへ来た子供の世話をすることが出来ます。魂に病のある者に関心を寄せる人は、そうした霊の為の更生施設で看護し介抱して霊的健康を取り戻させる仕事に携わります。それぞれに応じた無限の種類の仕事があります。その上に更に私のように地上世界の為の仕事に従事する者もいます。
 とにかく地上を去ってこちらへお出でになれば、言葉では言い尽くせない程の豊かさが待ち受けております。例えば音楽であれば、地上に無い音階が存在します。絵画であれば、地上に存在しない色彩があります。その全てをお話することはとても不可能です。

-霊界へ行っても地上と同じように何等かの形体を具えるのでしょうか。

 幽霊や妖怪になるのではありませんよ。首のないお化けになるのではありませんよ。立派な胴体と、他人と区別のつく容貌を具えた、実在の個的存在です。又他人を認識する為の感覚もちゃんと具えております。霊の世界で生きて行く上で必要な霊的器官が全部揃っています。
 ちゃんと姿があります。形体を具えております。個人的存在を有しております。具えていないのは肉体的器官だけで、それに代わって、霊界で機能して行く上で必要な霊的器官を具えています。
 よく理解して頂きたいのは、あなた方人間にとって物質は固体性があり実感があり、霊というと何だか影のようで実体がないかに思えるのでしょうが、私達霊界の者にとっては霊こそ実在であり、実感があり、反対に物質の方が影のようで実体感がないということです。
 と言っても、人間が喋るに必要な器官は霊にはありません。喋る必要がないからです。こちらの世界では思念で通じ合っています。お互いに思念を出し合い、それだけで通じ合えるのです。霊界では思念は実体のある存在なのです。存在するもの全てが思念で拵えられているのです。ですから、必要と思うものはどんなものでも手に入れることが出来るのです。(訳者注-別の所で、言葉で喋る必要があると思い込んでいる間はまだ幽質の発声器官が残っていて実際に喋り合っていると述べている。所謂地縛霊として地球圏内で自分が死んだことにも気付かずに生活している霊には地上時代に使用した器官が全て残っていて、同じように食べて飲んで寝るという生活を繰り返しているのが実情である)
 海もあれば山もあり、湖もあり、花も樹木もあり、動物も小鳥もいます。その美しさの中には実際にこちらへ来ないと分からない種類のものがあります。ある程度の霊性に目覚めた者なら、最早物質界の愉しみ(飲食欲・性欲等)を求めなくなります。仮にいても、それは例外に属します。
 もう一つの霊界の有り難い点は、地上のような〝生きる為の必需品〟を得る為の苦労がいらないことです。食料品や衣類を買う必要はありません。お金を払ってまでして家を求める必要がありません。全部揃っているのです。

-物的財産というものが無くなれば、貪欲とか権力欲とかも無くなりますか。

 所謂幽界でも低級な境涯にはまだ貪欲とか権力欲とかが存在します。忘れてならないのは、死んだ人間は霊的には死ぬ前と全く同じであることです。地上と違って霊界は思念が実在の世界です。心に思うことに実体が伴い実感があるのです。
 私達から皆さんを見ると、身体は影のように見え、皆さんが心に思っておられることの方が実体があります。このことは中々説明が難しいのですが、例えば皆さんが夢を見ているのと同じだと思えばよろしい。夢の中に現れるものは夢を見ている間は実在です。もしも永遠に目覚めなかったら夢の世界がその人にとって実在の世界となります。乗る船も飛行機も、訪れる国も、夢の中では皆実在です。
 こちらの世界では思念が全てのものを拵える素材です。ですから心に思うことが皆存在するわけです。貪欲と権力欲をもったままこちらへやって来れば、それがこちらでは無用のものであることに気付くまで、それを待ち続けます。そうした地縛的状態から解放される段階まで成長すると、漸く救われることになります。(これが本当の意味での〝成仏する〟ということ-訳者)
 困ったことに、権力欲や強欲は霊を地上へ縛り付けます。身体的に死んでいますが、同時に霊的にも死んだも同然の状態です。波長が私達より人間の方に近い状態です。そこで同じ欲に燃えた地上の人間と感応し合って、その欲望を増幅してまいります。

-と言うことは、地上近くをうろつく霊がますます増え、同時にそれが地上問題の解決を難しくしているということでしょうか。

 その通りです。というのは、こちらの世界は地上からの他界者で構成されていることを知らねばなりません。地球からの渡来者しかいないのです(注)。何の用意も身支度も出来ていない未発達霊で適応性のない霊をそちらから送り込んでいる限り、地上と霊界双方の問題を増幅するばかりです。
 それで私達が地上人類の啓発の為にこうして働いているのです。暴力・貪欲・唯物思想・利己主義・強欲等々、要するに世界各地での戦争と不協和音と分裂の元凶である恐ろしい癌の発生を防ぐ為です。(注-同じく〝霊界〟という言い方をしても地球圏の霊界、太陽の霊界、太陽系の霊界、銀河系の霊界、そして宇宙全体の規模の霊界がある。ここでは地球に限っての話である-訳者)

-霊界はこの地球からの他界者で占められていると仰いましたが、その世界は地球を取り巻くように存在しているのでしょうか。それともずっと遠くまで広がっているのでしょうか。霊界も沢山あるのでしょうか。

 神は無限です。生命は無限です。あなた方の小さな天球は宇宙の中の一個の豆粒のような存在でしかありません。

-地球のような世界が沢山あって、それぞれに霊界があるということですね?

 霊の住む世界は無数に存在します。あなた方はこの宇宙の孤児ではありません。

-となると〝死後の世界〟はどこにあるのかという問にはどう答えたらよいのでしょうか。明確に答えるのは困難だと思いますが・・・

 死後の世界とは、要するに今生活している世界の目に見えない側面、耳に聞こえない側面のことです。死んでからではなく今の時点で霊の世界に住んでいるのです。死んでからそこへ行くのではありません。今いる場所に霊界があるのです。その世界の波長ないし振動、その他どう呼ばれても結構ですが、それをキャッチする為の霊的感覚を発揮しない限り、それが認識出来ないというに過ぎません。別個の世界ではないのです。宇宙全体を構成する不可欠の側面であり、地球もその小さな一側面に過ぎません。

-その見えない世界の存在を認識する為に霊的感覚を養成することも、地上に生活している我々の義務と言ってよいでしょうか。

 仰る通りです。物質の世界の裏側に霊的側面があることを認識して初めて本当の意味で生きていることになります。霊的実在に気付かない限り、悲しいかな、霊的な意味で目と耳と口を塞がれているようなものです。

-霊界から地上へ戻って来ると地上が陰鬱に感じられるとおっしゃいました。するとあなたはどこか別の場所からやって来ることになりますが・・・・

 自我の表現形態が変わるのです。霊界でのいつもの振動の速度を落とす操作をするのです。地上の低いオクターブをキャッチする為に高いオクターブの振動に属する要素を霊界に預けて来なければなりません。

 (質問者が代わる)
-なぜ霊界と物質界とが存在するのでしょうか。なぜ霊界一つだけではいけないのでしょうか。

 それに対する答えは〝なぜあなた方はお子さんを学校へ通わせるのですか〟という問に対する答えと同じです。学校を出た後の生活で直面する様々な情況に備えて、勉強させる為です。
 物質界へ来るのも同じ理由からです。地上を去った後に訪れる生活に備えさせる為に、地上生活が様々な体験と挑戦の好機を提供してくれます。次の段階に備える為の学習の一過程です。
 物質界、霊界、そして果てしなく広がる宇宙は、あなた方の言う神、私が大霊と呼んでいる絶対的エネルギーが顕現したものです。宇宙に存在する最高の力です。それは無限です。始まりも終わりもありません。その叡智も無限です。その愛も無限です。その貯蔵庫も無限です。
 大霊の意志の表現である自然法則の働きは絶対です。かつて宇宙間に生じた現象、或いはこれから生じるであろう現象で、その働きによる配慮が為されていないものは何一つありません。
 人間界の法律は予期せぬ事情か生じて絶えず改正が行われます。しかし自然法則は完璧です。その働きの及ばないものは存在しません。誰一人、何一つ、極大・極小、複雑・単純に関係なく、その働きからはみ出るものはありません。宇宙間のあらゆる事物、あらゆる環境、あらゆる事情、あらゆる現象が不変・不滅の法則によって規制されているのです。
 私が何よりもまず、その絶対的な大霊に崇敬の念を捧げるのはその為です。荘厳さと深遠さにおいて、これに勝るものは何一つ、誰一人、存在しないのです。その知性の壮大さは到底地上の言語では表現出来ません。
 皆さんのどなたよりも永い間顕幽に跨る生命の旅を続けている私は、今尚、あらゆる存在の次元において働いている自然の摂理の完璧さに驚くことの連続です。
 そこで申し上げますが、宇宙に存在するものは何等かの役目があるからこそ存在しているということです。自然の摂理と調和して生きていれば、健康・幸福・霊的明るさ・精神的徳性という形でその恩沢を受けます。それは、内在する神性を発揮していることに他ならないからです。
 あなたは有限の知性でもって無限なるものを理解しようとなさっていることを認識しておくことが大切です。

-あなたはその〝大霊〟と交信なさるのですか。

 あなた方の理解しておられる〝交信(コミュニケーション)〟の意味では〝ノー〟という答えになります。人間が交信するには口で喋るか、書くか、とにかく何か道具を使用しなければなりません。自分の言いたいことを伝えるには言語を使用しなければなりません。しかし言語は有限なものであり、従って無限なものを表現することは出来ません。いかなる文章の達人も宇宙の無限性と、そこに存在するもの全てを、言語によって表現することは不可能です。
 霊界では界層が高くなると意志の伝達が心と心との直接的なものとなります。そこで、私が大霊と交信し合うのかとのご質問ですが、交信が言語の使用を意味するのであればノーです。私達は直接的に意志を通じ合うのです。大霊の無限の力にチャンネルを合わせて、出来るだけ多くの力を頂戴するように努力するのです。

-あなた達霊の方が私達人間より大霊と密接な関係にあるとお考えですか。

 あなた方も同じように大霊と密接な関係にあります。なぜなら大霊はあなた方の内部に存在するからです。大霊の火花が一人ひとりに宿って生命を与えているからこそ生きていられるのです。
 それとも、〝密接〟と仰ったのは大霊とのより大きな調和、より強い一体関係が得易いという意味でしょうか。それならば〝イエス〟です。なぜなら霊には無限の可能性と完全性が秘められていて、こちらの方がそれを発揮し易いからです。しかし地上においても霊界においても、その完全性を全て発揮出来る段階が来ません。

 (質問者が代わる)
-完全性は永遠に達成出来ない-完全を目指しての絶え間ない努力の連続であると仰るのですが、それは完全性が二重性の一面だからでしょうか。二重性の原理を超えたところに別の意識の界層ないし状態があるのでしょうか。もしあるとすれば、それは理解を超えたものであるに相違ありません。

 〝完全〟というものは、その本質故に達成出来ません。〝これで完全です〟という段階、もうこれ以上目指すものがないという段階があるとしたら、ではその先はどうなるのかという問題が生じます。
 完全とは無限に続く過程です。霊の純金を磨き出す為に絶え間なく不純なものを取り除いていく過程です。知識と同じです。知れば知る程、又先に知るべきものが存在することを知ります。全知識の頂上に到達することは出来ません。意識には無限の次元、レベル、界層があるのです。それが霊の属性の一つであり、無限であるが故に絶え間なく発展して行くことを意味します。
 ところで、あなたは〝二重性〟という言葉を用いておられますが、どういう意味ですか。

-〝対照性の原理〟のことです。

 私の言う〝両極性〟のことですね。無限の知性と叡智によって案出され、ありとあらゆる可能性に配剤した自然法則があります。これには改正とか破棄とかの必要性は絶対に生じません。本質そのものが無限の知性の働きの証なのです。もうこれでお終いという限界がない-どこまで行ってもまだその先があるというのは、これは素晴らしいことです。所謂ニルバーナ-霊的進化のゴールとしての至福の境涯はないということです。

-所謂因果律の次元を超えて、現在の我々に理解出来ない別の次元の摂理が存在しますか。

 摂理は無限に存在します。が、いかなる摂理も因果関係を律している総合的摂理の一部です。

-このサークルから離れている時のあなたは、どういうレベルの意識で機能しておられるのでしょうか。

 人間の理解力を超えた境涯へ戻っております。霊の世界では地上的言語を超越し内的直覚を必要とする状態となります。私がこの地上を去って本来の次元の住処に引き返している間は、地上でこうして交信している時には出すことの出来ない高いレベルの意識を表現しております。それは皆さんに理解して頂けるような原語では全く用をなさない、霊的実感の世界です。

 (初めてサークルに招待された人が質問した)
-死後の生命の存在を立証しようとすると、色々と不可解に思えることが生じて来ます。どう証拠立てたらよいか思案しているのですが、存続するというのは一種のエネルギーとしてでしょうか、思念としてでしょうか。それともそれは今の我々と同じような、何等かの身体を具えたものなのでしょうか。

 死後の生命と仰いますが、私は時折地上世界を見渡して、果して死ぬ前に生命があるのかと、疑わしく思うことさえあります。全く生きているとは思えない人、或いは、仮に生きていると言えても、これ以上小さくなれない程お粗末な形でしか自我を表現していない人が無数におります。
 霊界での生活がどのようなものであるかを伝えるのは、とても困難です。なぜかと言えば、私達は人間のその五感に限られた状態で理解出来る範囲を超えた次元で生活しているからです。言語というのは、あなた方の三次元の世界を超えたものを伝えるには全く無力です。
 死後の世界の豊かさをお伝えしようにも、それを例えるものが地上に無いので、上手く言い表せないのです。強いて言えば、本来の自我の開発を望む人達の憧憬、夢、願望が叶えられる世界です。発揮されることなく終わった才能が存分に発揮されるのです。
 経済問題かありません。社会問題がありません。人種問題がありません。身体でなく魂が関心の全てだからです。魂には白も赤も黄も黒もないのです。
 界層ないしは境涯というものがあり、そこに住む者の進化の程度に応じて段階的な差が出来ています。あなたが他界後に落ち着く先は、あなたが地上で身に付けた霊的成長に似合った界層であり、それより高い所へは行けません。行きたくても行けません。又、それより低い所でもありません。行こうと思えば行けますが、何らかの使命を自発的に望む者は別として、好んで行く者はいないでしょう。
 霊的意識が深まるにつれて、自分に無限の可能性があること、完全への道は果てしない道程であることを認識するようになります。と同時に、それまでに犯した自分の過ち、為すべきでありながら怠った義務、他人に及ぼした害悪等が強烈に意識されるようになり、その償いをする為の行いに励むことになります。
 埋め合わせと懲罰の法則があり、行為の一つ一つに例外なく働きます。その法則は完全無欠です。誰一人としてそれから逃れられる者はいません。見せ掛けは剥ぎ取られてしまいます。全てが知れてしまうのです。と言うことは、正直に生きている人間にとっては何一つ恐れるものはないということです。
 難しい問題が無くなってしまうわけではありません。解決すべき問題は次から次へと生じます。それを解決することによって魂が成長するのです。何の課題もなくなったら、いかなる意味においても〝生きている〟ということにはならなくなります。魂は陽光の中ではなく嵐の中にあってこそ自我を見出すものなのです。
 もしも私があなたの悩みは全部こちらで引き受けてあげますと申し上げたら、それは嘘を言っていることになります。私に出来ることは、問題に正面から対処して克服して行く方法をお教えすることです。いかに大きな難題も障害も、霊の力の協力を得れば、人間にとって克服出来ないものはありません。
 霊は、今の私のように人間の口を借りて喋らなくても、いつまでも援助の手を差し延べることが出来ます。時間と空間という厄介なものがないからです。あなたがいつどこにいても援助出来ます。その時の条件下で可能な限り援助し続けましょう。

初訪問者はこちら
自殺してはならない理由


-埋め合わせと懲罰があるということは、例えば立派な行いには褒賞があるということになりますが、そういうことを裁定する神様はどこにいるのでしょうか。


 もしも埋め合わせと懲罰がなかったら、神の公正はどうやって発揮されるのでしょう。罪深い人間が聖者と同じ霊格を具えることがあってよいでしょうか。勿論、よい筈はありません。いかなることにせよ、良いことをすればそれだけ霊性が向上し、自己中心的なことをすれば、それだけ霊性を損なうのが道理です。
 良きにつけ悪しきにつけ、あなたの霊的命運を定めていくのは、あなた自身です。あなた自身のことに関して最後に責任を負うのはあなた自身です。もしも死の床にあって罪を告白し特別の信仰を受け入れればたちどころに罪が赦されて潔白の身になれるとしたら、それはまさにお笑いものであり、茶番劇と言うべきです。

-最後に責任を負うのは私であるとしても、それは生まれる時に思い通りの才能を選ばせてくれていたならば、の話です。私には選択の余地がありませんでした。

 そう言い切れる根拠はどこにありますか。

-自分でそう自覚している筈ですが・・・・

 その自覚は本来の自覚の一欠片に過ぎません。あなたはこの地上へ誕生するに際して今の意識より遙かに大きな意識によって、そう決断なさったのです(注)。ですから、それを最大限に活用しないといけません。(注-別の所で、このことは大半の人間について言えることだが、それは人間には中々得心のいかないことでしょう、とも言っている。インペレーターもそれは高級霊でも同じであると言い、唯一その自覚を取り戻せたのはイエスだけだと言っている-訳者)

-その小さな意識を活用しろということでしょうか。

 いえ、あなたが選んだ地上人生を、です。でも、あなたは幸せな方です。一番必要とする時に霊的な啓示を受けられたのですから。人生における最大の危機にもしも霊があなたの進むべき道を指示してくれなかったら、現在のあなたはどうなっていたか分かりません。
 あなたは地上のどこのマーケットでも買うことの出来ない知識を手にされた、本当に恵まれた方です。霊的実在についての知識を手にされたのです。バイブルにも〝汝の信仰に知識を加えよ〟とありますが、私は反対に〝汝の知識に信仰を加えよ〟と申し上げておきます。

 (よく指摘される問題として、来世についての通信に食い違いがあることが挙げられる。その点について質されてシルバーバーチがこう語った)

 霊の世界が無辺であること、従って当然そこに住む者による体験の多様性も又無限であることを知らなければいけません。霊界の生活には霊的に上下の段階があり、従ってそれぞれに体験の相違というものが生じるわけです。
 あなたと交信している霊は、その時の段階での自分の体験を述べているだけです。その後進歩してもう一つ上の次元の存在の場へ行けば、かつて抱いていた意見を改める可能性があるわけです。
 このように、霊界についてどういう内容のことが伝えられるかは、通信霊の進歩の程度によって違って来るわけです。ここで忘れてならないのは、地上近くで生活している霊程、これから体験することになっている上層界の高度な霊的事実を伝える能力が限られているということです。
 その霊が今生活している界層については何でも入手出来ます。が、それより高い界層のことは理解出来ませんから、伝えて来ることは必然的にその霊にとって明白なことに限られることになります。低い界へ下りることは出来ますが、高い界へは上がれないのです。
 私から申し上げる忠告はいつも同じです。霊からの通信はことごとく理性でもって判断しなさいということです。常識的に考えてどうしても受け入れ難いものは拒否なさることです。私達とて絶対に間違いを犯さないわけではありません。まだまだ完全からは程遠い存在です。完全に到達するには無限の時を要するのです。何度も申し上げているように、それは永遠に続く過程なのです。
 サークルのメンバーの方にも、或いはご招待した方にも、私はけっして〝こうしなさい〟とか〝これを信じなさい〟とかは申しません。独裁的指導者ではないからです。私達は協力者なのです。皆さんの愛さえ獲得すれば仕事は成就したも同然であるとの認識の下に私達は、真実と叡智と論理と理性と愛をもって皆さんの協力を得なければならないと考えているのです。
 私達の宗教は真理の宗教です。私達から提供するのは真理のみです。私達が真実であると理解した限りの真理、私達及び皆さんに啓示された通りの真理です。その表現の仕方は稚劣かも知れません。なぜなら私達霊団の者もあなた方と同じ人間味を残している存在であり、過ちも犯しますし、欠点もあるからです。
 しかしこれからも私達は、人生の全ての基盤となっている永遠にして不変の霊的原理であると信じるものを皆さんに説き続けます。その霊的摂理に忠実に生きている限り、絶対に危害は被らないことを断言します。
 と言って、地上生活につきものの困難と苦難と面倒なことから逃れることは出来ません。なぜなら、それは魂の進化にとって必須のものだからです。光明を味わうには暗黒を体験しなくてはなりません。太陽の有り難さを知るには雨の日を体験しなくてはなりません。人生は両極性を体験しなくてはなりません。一方だけでは他方の存在価値が分からず、物質的にも精神的にも霊的にも啓発が得られないからです。
 無限の叡智を具えた大霊はあなた方に理性という才能を賦与なさっています。何事にもそれを使用することです。たとえ霊界からのものであっても理性が反発を覚えるものは恐れずに拒否なさるがよろしい。

-私は地上はいずれ又戻って来る学校だと考えているのですが、正しいでしょうか。

 学ぶべき教訓を学ばずに終われば、それを学ぶ為に又戻って来なければならないでしょう。

 しかしこれまでのあなたの人生を振り返ってご覧になれば、万事休すと思われた時に霊の道標があなたの進むべき方角を教えてくれていることがお分かりになる筈です。霊の力はそういう形で働いているのです。あなたは決して一人ぽっちではありません。いつもあなたと血族関係にあった霊だけでなく、血縁とは別の霊的近親関係によって結ばれている霊によっても導かれております。神の子を導くことによって神に奉仕する、その手段として人間を導いているのです。

 (質問者が代わる)
-霊界でピアノを習いたい時はやはり練習が必要なのでしょうか。

 勿論です。何もしないで身に付くものはありません。霊界には各自の才能に応じて指導してくださる立派な先生が大勢います。地上において経済的理由や社会的環境の為に発揮出来なかった才能をもつ新参者は、霊界へ来てから驚く程素晴らしい機会を与えられることがよくあります。霊界では、何ものにも束縛されることなくそれを最高度に発揮することが出来ます。

-睡眠の必要がないそうですが、休息とか寛ぎの時間はありますか。

 あります。寛ぐ必要を感じたら寛ぎます。

-霊体はどうやって養いそして維持するのでしょうか。

 食べ物によって養う必要のある物質的身体ではありません。

-霊的な栄養はありますか。

 あります。摂取すべき霊的エネルギーが全て揃っています。霊は無限です。

-こうしたことは無論そちらへ行くまでは理解出来ないことなのでしょうね。

 その通りです。こちらへお出でになれば、今度は私と同じように、それを地上の人に説明する難しさを知ります。

-ここにいる私が、死後はあなたと同じ世界へ行くことは疑う余地もなく理解しております。あなたのお蔭でその事実に途方もなく大きな意味があることを知りました。その意義を地上にいる間に実現しなければなりません。又私達人間には何等かの霊的才能が宿されていて、それを地上において発達させるのが私達の義務であることも知りました。私達は地上では大体以上のように理解するのが精一杯であると考えてよろしいでしょうか。

 非物質的な霊の世界のことを物質界の言語で表現出来ないのは、あなた方の思考そのもの、あなた方の精神的概念の全てが、その言語によって規制され、意識がその三次元の地上界だけに縛られているからです。
 五感もそれ自体は素晴らしいものですが、現実にはそれが外界から摂取するものを制限し、又摂取したものの理解を制約しています。霊覚者は表面の生命活動の裏側にある大きな実在を霊覚によって認識しますが、それを伝えようとすると言語の無力さを痛感します。言語は人間が拵えたものであり、インスピレーションはその言語を超越したものだからです。

-霊界の各界層間の連絡はどのようにして行うのでしょうか。

 今も申し上げた通り、そうした質問にお答えする上で問題なのは、言語を超越した実在を言語によって表現しなければならないということです。〝界層〟という用語自体がまず問題です。皆さんは地球の表面のような所を想像なさるのでしょうが、実際はただの〝状態〟であり〝段階〟の一つです。
 霊界は段階的に上下の差があります。一つの段階は直ぐ上と下の段階と融合して繋がっており、それが限りなく続いております。明確な境界線が引かれているわけではありません。地理的な区域というものはないのです。
 ある界からそれより高い界へ一方的に通信を送ることは出来ません。が、高い界から低い界へ向けて通信を送ることは出来ます。その方法は以心伝心によります。言葉は喋りません。音声を発する為の物的な器官がないからです。思念対思念による交信です。

-すると霊界には思念のプライバシー(秘密)はないわけですか。

 ありません。私達の世界では何一つ隠すことが出来ません。全てが知れてしまうからです。だからといって、別に恥ずかしく思うことはありません。地上では誤魔化し、嘘を付き、騙すことが出来ます。名前を合法的に変えることも出来ます。が、本性を変えるわけにはまいりません。

 (招待客が自分のホームサークルに出て来る霊の中には歴史上の著名な人物の名を名乗るのがいることを述べると-)

 私達の世界では名前は何の意味もありません。地上時代の名声は何の価値もありません。魂の価値は地上時代の肩書ではなく、何を為したかによって自ら裁き、それが現在の個性を形成しているのです。霊界での唯一のパスポートは魂の発達程度です。それが衆目に赤裸々に晒されるのです。
 誤魔化すことは出来ません。嘘を付くことも出来ません。見せ掛けも通じません。こちらへ来ると地上時代の仮面が剥ぎ取られ、あるがままの姿が知れてしまいます。魂の霊的発達程度が誰の目にも分かります。
 名声が何になりましょう。子供のオモチャのようなものに過ぎません。何の価値もありません。そもそも名声はどうやって得られるかを考えてごらんなさい。お金があるとか世間的に出世したということで名が知れたに過ぎません。イエスはそういう名声は一切求めませんでした。先師、聖者、先駆者、改革者と言われる人は名声を求めたでしょうか。
 大切なのはどれだけ人の為になることをしたかであって、その人の名前ではありません。ですから、所謂有名人の名前を名乗って出る霊には気を付けた方がよろしい。判断の規準は何と名乗っているかではなくて、どういう態度でどんなことを説いているかです。
 いつもお願いしているように、もしも私の言っていることにあなた方の知性を侮辱し理性を反発させるようなところがあったら、遠慮なく拒絶なさってください。愛の心で接し真理の刻印を押されたものを説きながら、それで皆さんの魂に訴えることが出来なかったら、それは私達霊団の努力は失敗に終わったことを意味します。

 (親密な間柄だった親戚の霊がどうしても出てくれないのはどういう事情があってのことかとの質問に対して-)

 自由意志の問題です。地上へ無理にも引き戻そうとする強制力は一切働きません。こちらの世界へ来て、例えようもない楽しさと美しさと光輝を少しでも味わった者にとって、地上という所は、戻ってみたいと思う程魅力ある世界ではありません。薄暗くて、ジメジメして、これ程面白くない雰囲気はありません。こうした世界へ戻って来るのは大変な犠牲を強いられるのです。

-テレパシーによって霊との交信が出来た場合、それは霊にとって苦痛なのでしょうか。自分の所属界にいるままでは交信出来ないものでしょうか。

 それは十分可能なことです。私達としてはそちらとこちらとがお互いに半分ずつ歩み寄る形で交信出来れば有り難いのですが、残念ながらそう希望通りにはまいりません。私達の方から地球の大気圏、地上的環境、地上界のバイブレーションの中へ下りて行かねばならないのが実情です。つまり霊的なものを物的なものへ近付けなければならないのです。本当は物的なものを霊的なものへ近付けて欲しいのですが・・・・

 (質問者が代わる)
-人間が幽体で旅行する話を聞くことがありますが、私にも同じ体験があるみたいです。どういう現象なのでしょうか。

 至って簡単なことです。幽体が肉体から抜け出て、時には私達の世界へ、時には地上の遠隔の地まで旅行するのです。実は睡眠中は一人の例外もなく幽体で旅行しております。一時的に肉体を離れて私達の世界を訪れ、縁のある人達と会っているのです。これは死後の環境の変化がショックにならないように、予め準備させる為の神の配慮なのです。
 死の現象(二つの身体を繋いでいるコードの切断)を経てこちらの住民となれば(意識の中枢が幽体へ移って)地上時代の睡眠中の体験を思い出し、それから始まる素晴らしい霊界生活への準備が整います。皆さんは毎晩死んでいると言ってもよいのです。

-誰しも夢を見ます。その夢の中で親しい人と会ったことを思い出すことがありますが、本当に会っているのでしょうか。それともただの想像に過ぎないのでしょうか。或いは会いたいという願望がそういう夢となって現れるのでしょうか。

 いえ、実際にその人と会っておられるのです。といって想像力を見くびってはいけません。厄介な面もありますが、豊かな創造性も秘めております。純粋にして最高の形態で発揮された時の想像力は驚異的な働きをします。未開発の能力を花開かせていく創造的な力となります。
 夢の全てが霊的体験というわけではありません。潜在意識に蓄積した観念の反映に過ぎないこともありますし、夜遅く食べた物の反応に過ぎないこともあります。

-その違いは分かるものなのでしょうか。

 分かります。食べた物や潜在意識のせいである場合は霊的な効用がありません。実際に霊界の愛する人に会った場合は精神的並びに霊的な温もり、充足感を覚えます。その違いは明確に分かります。
 もっとも、その違いを見分けるには能力の発達が要請されます。物質的な印象に過ぎない場合は肩にずっしりと重たさを感じますが、霊的な体験の場合には蝶に口づけをされたみたいな気分がいたします。

 (質問者が代わる)
-霊界では一個の霊が数ヶ所で同時に仕事をすることが出来ると聞いています。これはグループソールの原理と関係したことなのでしょうか。つまり一個のダイヤモンドの複数の相の一つ一つが行うことが、あたかも一つの相が同時に行っているように思えるのでしょうか。

 霊界では様々な霊相を表現することが出来ますが、一個の霊が複数の相を別々の場所で同時に表現することは出来ません。一度に一つの場所にしか存在出来ません。
 ただ、地上の人間のように物的条件による距離の制約は受けません。例えば地上の距離にして何千マイルも離れた所へでも、行きたいと思えば一瞬の間に行くことが出来ます。
 それはダイヤモンドの一側面、つまりグループソールの一個の単位であることとは何の関係もありません。その側面が全体としての進化に寄与する為の体験を獲得する為に地上へ誕生します。

-その結果ダイヤモンドが全体としてより立派なものとなるわけですね。

 そういうことです。一段と深い霊的覚醒と発展が得られるからです。各側面が地上での体験によって霊性を高めるのです。地球も本質的には霊的進化の場としての存在価値を有しているのです。そうでなかったら存在しない筈です。

-地上で意識しているような時間は無いのでしょうか。

 ありません。地上の時間というのは昼と夜と四季を生じさせている地球の自転と公転によって支配されております。私達は地球の回転の影響を受けません。従って昼とか夜とか春夏秋冬の区別がありません。時間は私達にとっては存在しません。強いて言えば〝永遠の現在〟の中に生きております。

-〝永遠の過去〟でもあるわけですね。

 私達にとっては過去も未来も、共に永遠の現在です。皆さんの睡眠中のことをお考えになれば、さほど理解の困難な話ではないと思います。睡眠中は一時的に物的束縛から解放されています。ですから夢の中ではそういう束縛を受けないで、途方もない距離を行き来出来ます。いつもの時間の観念が無視されています。永い夢の出来事も数分の内に起きております。

-この世では時間に縛られているかに思えても、霊界では時間というものが存在しないのですね。

 時間そのものには過去も未来もありません。時間は永遠の現在の中に存在しています。過去と未来はあなたと時間との係わり方一つによって生じているに過ぎません。(別のところで時間を無限に回転する輪に例え、今触れている所が現在で、既に触れた所が過去、これから触れる所が未来ですと言っている-訳者)
 皆さんは三次元の世界に生きておられます。私達は地軸の回転、つまり昼と夜を生じさせる回転する球体とは無縁です。永遠の光の中で生活しております。これをどう説明すればよいのでしょう。肉体のような物質的身体がありませんから眠る必要がありません。睡眠を必要とする身体を持っていないのです。休息を必要とする時は、元気が回復するまで休止するだけです。
 私達の世界は、皆さんには到底想像出来ない程豊かで美しい世界です。皆さんの聴覚を超えたオクターブの世界、皆さんの視覚の限界を超えたスペクトルの世界がどうして説明出来ましょう。どうにもならない程説明が難しいのですが、それでも実在しているのです。
 物質の世界に生まれて来た以上は物質の法則によって制約を受けざるを得ません。が、皆さんも霊なのです。魂が宿っているのです。それはいかなる物的なものよりも上です。霊が主人であり物資は召使です。霊は不変の実在であり、物質には永続性はないのです。
 その霊が去ると肉体は脆くも崩れてチリと化します。形体を変えてしまいます。そして二度と同じ形体には戻りません。一方、真実のあなたである霊は生き生きと輝いた姿を見せております。心臓だの肝臓だの肺だのによって生かされているのではないのです。
 肉体に生きるエネルギー、或いは生命を維持する上で必要なもの全てを供給しているのは霊なのです。

↑このページのトップヘ