(シルバーバーチの霊訓第九巻・巻末付録・訳者近藤千雄解説)

 本書はPhilosophy of Silver Birch by Stella Storm の全訳である。全訳といっても、動物愛護運動家のデニス夫妻を招待した時の交霊の様子は前巻の(八)に引用したし、宗教教育に関する章は(四)の九章に出ているので当然カットした。その替わりとしてシルビア・バーバネルのMore Wisdom of Silver Birch (七)からカットしておいた「イエス・キリストについての質問に答える」と「自殺に関する二つの投書」を引用した。
 尚巻末にシルバーバーチの名言が断片的に集めてあるが、これは最終巻の総集編に入れたいと考えている。
 編者のステラ・ストーム女史については「まえがき」の中で自己紹介してくれていること以外のことは分からない。
 さて、本書を訳していて目についたことは、シルバーバーチの文句に〝直ぐ側にいます〟とか〝いつも一緒です〟といった表現が多いことである。シルバーバーチ自身のことを言っている場合もあるし、他界した肉親・知人のことを言っている場合もある。
 これを文字通りに受け取って距離的に直ぐ側にいると解釈してよい場合もあろうが、霊的に言えば、たとえ霊的身体はその場に存在しなくても、時間・空間の法則が地上の物理法則と異なる次元においては、一緒にいるのと同じ関係を維持することが出来る。
 が、よく考えてみると、物理法則の支配を受ける肉体に霊が宿っているのが地上の人間であるから、その肉体を超越しさえすれば、この地上における人間同士の関係においても同じことが言えることになる。ただ、現段階の人類は霊性の発達が十分でなく五感でしか存在感が得られない為に、目に見え肌で触れないことには実在している気がしないというに過ぎない。例えば学校へ行っている子供と家庭にいる母親とは霊的には〝一緒にいる〟のであり、〝直ぐ側にいる〟と言ってもよいのである。
 そのことは心霊現象を見ればよく分かる。一番良い例がリモートコントロール式の霊言及び自動書記現象である。最近出たばかりの『インペレーターの霊訓』(モーゼスの『霊訓』の続編)の〝まえがき〟の中で私は霊界と地上との交信の原理の概略を解説しておいたが、その中に直接書記というのがある。
 これは霊媒は手に何も筆記用具を持たずにただ入神しているだけで、その筆記用具が一人でに動いてメッセージを綴るという現象である。その原理を背後霊団がモーゼスに見せる為に幽体離脱(体外遊離)の状態にさせて実際に霊が筆記を行っている場面を披露するところがある。その場面を抜粋すると-
 《気が付くと自分の身体の側に立っていた。例のノートを前にしてペンを右手に持って座っている。私はその様子と辺りの様子とを興味深く観察した。自分自身の体が目の前にあり、その体と自分とが細い光の紐によって繋がっている。部屋中の物的なものが悉く実体のない影のように見え、霊的なものが固くて実体があるように見えた。
 その私の身体の直ぐ後ろにレクターが立っていた。片手を私の頭部にかざし、もう一方をペンを握っている右手にかざしている。更にインペレーターと、これまで永い間私に影響を及ぼしてきた霊が数人いた。その他に私に見覚えのない霊が出入して、その現象を興味深そうに見守っていた。天井を突き抜けて柔らかい心地よい光が注がれており、時折青味を帯びた光線が幾本か私の身体に向けて照射されていた。その度に私の身体はぎくりとし、震えを見せた。生命力が補給されていたのであろう。更に気が付くと戸外の光も薄れて窓が暗く感じられた。従って部屋の中が明るく見えるのは霊的な光線のせいだった。私に語りかける霊の声が鮮明に聞こえる。人間の声を聞くのと非常によく似ているが、その響きは人間の声より優美で、遠くから聞こえてくるような感じがした。
 インペレーターによると、これは実際のシーンで、私に霊の働きを見せる為に用意したとのことだった。レクターが書いているのだが、私の想像とは違って、私の手を操っているのではなく、又私の精神に働きかけているのでもなく、青い光線のようなものを直接ペンに当てているのだった。つまりその光線を通じて通信霊の意志が伝わり、それがペンに綴らせているのだった。
 私の手が道具に過ぎず、それも必ずしも無くてもならぬものでもないことを示す為に、光線がそのペンを私の手から話し、用紙の上に立たせ、更に驚いたことに、それが用紙の上を動き始め、最初に掲げた文章(省略)を綴ったのである》

 右の場合は距離的には直ぐ近くであるが、〝青い光線のようなもの〟は幾らでも延ばすことが出来る。それなりに余分のエネルギーが要るのであるが、同じ方法が霊言現象にも応用することが出来る。同じ『インペレーターの霊訓』の第一部〝霊言による霊訓〟の中に次のような箇所がある。

 《地上へ降りてくる高級霊は一種の影響力のようなものであり、言わば放射性エネルギーです。あなた方が人間的存在として想像するものとは異なり、高級界からの放射物のようなものです。高等な霊信の内容の非個人性に注目して頂きたい。この霊媒(モーゼス)との関わりをもった当初、彼はしつこく我々の身元の証明を求めました。が、実は我々を通して様々な影響力が届けられております。死後、首尾よく二段階三段階と昇った霊はあなた方のいう個体性を失い、形体なき影響力となって行きます。私は地上界に戻れるぎりぎりの境涯まで辿り着いています。が、距離には関係なく影響力を行使することが出来ます。私は今、あなた方から遙か彼方にいます》

 霊的なことは全てバイブレーションの原理によるのであるから、波長さえ合えば、丁度国際電話でも直ぐお隣と話をしているみたいに聞こえるように、直ぐ身の周りにいるのと同じ親近感が味わえるし、波長が合わなければ、直ぐ近く、否、全く同じ位置にいても、全く反応し合わないことにもなる。全てを解く鍵はバイブレーションの原理にある。それを劇的に演出してみせた例がスカルソープの『私の霊界紀行』に出ている。

 《初期の頃のことであるが、離脱してひとまず事務所のような所へ案内され、そこで指導霊だけが中へ入って指示を受けている間私だけ外で待たされるということが度々なので、私もいい加減その場所と波長にうんざりし始めていた。そんな時にも又同じ場所へ連れて行かれたので、つい心の中で〝ちぇっ、又ここか〟と呟いた。すると一瞬の内に場面が一変し、退屈な風景から明るく楽しい田園風景の中に立っていた。その変わりようは驚異的だった。指導霊の私への支配力が増し、私の波長がその楽しい場所の波長に高められたのであるが、私の身体は少しも動いていなかった》

 この原理を発展させていけばキリがないが、一つだけ誤解を解いておきたいことがあるので、最後にそれを指摘して参考に供したい。
 それは霊視能力が出始めたばかりの人が陥り易い錯覚の一つで、進歩性のない人はいつまでもその錯覚に陥ったままであるが、例えば病気とか悩み事の原因を探る場合に、霊視した映像をいきなり犯人と決め付けて、直ぐにそれを払い除けようとする。この場合、仮にその霊が続にいう因縁霊であるとしても、その霊は必ずしも身体の側にいたり直接憑依しているとは限らない。先の直接書記のように遠くからバイブレーションによって作用しているに過ぎないことがある。
 この場合に用心しなければならないのは、したたかな邪霊になると遠くから映像を送って審神者(さにわ)をからかうことがあること、又、わざと立派そうな姿を見せて安心させることすらあることである。
 その反対に、何の姿も見えないから霊障はないと判断するのも浅薄である。陰に隠れてひっそりとしていることがある。世間の常識と違って、審神者にとって霊視能力はあまり頼りにならないものなのである。
 では、何を判断の基準とすべきか。霊を裁く上での最大の武器は、その霊能者の霊格の高さから生まれる看破力、霊的直感力である。
 私は師の間部詮敦氏が審神者をされるところを随分見ているが、その中で特に印象に残っているのが一つある。陰に隠れていた霊が遂に引っ張り出されて霊媒に憑依させられた時(これを招霊実験と呼ぶ)、その霊がふてぶてしい態度で開口一番、間部氏に向かってこう言い放った。
 「お前は大したヤツじゃ。オレの負けだ!大抵のヤツには負けんが、お前の力には負けた。大したヤツじゃ!」
 直接的には間部氏の背後霊がひっぱり出したのであるが、それも間部氏の霊格と霊力とが大いに物を言っている。心霊学に裏打ちされた学識と体験と同時に、高潔な日常生活における修養があればこそ出来ることである。
 最後にシルバーバーチの霊言からそれに関連した一問一答を紹介しておく。

-霊能者がタバコを吸い過ぎたりアルコールを飲み過ぎたり、その他生活面で真理に忠実でなく品行に問題がある場合は、それが霊能にも悪い影響を及ぼすでしょうか。

 「勿論です。いかなる霊媒能力、特に精神的霊能について言えることは、その霊能者の質が高ければ高い程通信の内容も質が高いということです。身体と精神の質を落とすようなことは霊にとっても同じ影響が及びます。
 忘れてならないのは、身体と精神と霊とは一体関係にあることです。緊密な相互関係があり、絶えずエネルギーや感情が行き交っております。霊の世界と物質の世界は実は一つの実在の二つの側面なのであり、お互いに影響し合っております。両者は融合し合っていて、はっきりとした境界線というものはないのです。
 そのことを理解なされば、物的身体に悪いものは霊的身体にも悪く、精神に良くないものは霊にとっても良くなく、従って霊の宮(からだ)を汚すようなことは必ずその持ち主を通過して届けられる通信の質を汚すことになることがお分かりになると思います。
 理想を言えば完全であるに越したことはありません。そうすれば完全な通信が得られることでしょう。が、所詮、私達が扱っているのは物質の世界に住む人間味たっぷりの道具です。アルコールもタバコもほどほどにたしなむのであれば大した害にはなりません。
 但し、霊能者は常に理想を目指していなければなりません」 
(1987年)
       
       
自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ