死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

当サイトは、死にたい人に自殺に関する霊的知識を与えて、自殺を止めさせる自殺防止サイトです。

カテゴリ:★『アラン・カルデック』 > アラン・カルデックについて

アラン・カルデックについて 目次


アラン・カルデックについて(1)

アラン・カルデックについて(2)

アラン・カルデックについて(3)

アラン・カルデック

Allan Kardec


(本名 イポリット・トレオン・ドゥニザール・リヴァイユ)


1804年10月3日-1869年3月31日



 フランス、リヨン出身の教育学者であったアラン・カルデックは、1850年代、ヨーロッパのブルジョアサロンを熱狂させていたテーブルを使って死者とのコミュニケーションをとる現象に出会い、研究を始めた。その結果、人間の存在の本質とは肉体の存続に限定されるものではなく、霊魂としての存在であるという結論に至り、その主義を幾つかの著作を通じて spiritisme(スピリティズム)の教義として体系化し、広める。スピリティズムの教義を伝える著書として、次のものがある。


『Le Livre des Espirits』(霊の書)-1857

『Le Livre des Mediums』(霊媒の書)-1861

『L`Evangle selon le Spiritisme』(スピリティズムによる福音)-1864

『Le Ciel et l'Enfer』(天国と地獄)-1865

『La Genese,les Miracles et les Preditions selon le Spiritisme』(創世記、スピリティズムによる奇跡と預言)-1868 



アラン・カルデック

 カルデック本人は霊媒ではなく審神者(さにわ)である。つまり複数の、それも(正確な数は公表されていないが)かなりの数の霊媒を通じて入手されたメッセージをカルデックが取捨選択して、これは本物と断定したものを二冊の書にまとめた。The Spirits BookとThe Mediums Bookで、スピリチュアリズム系の啓示としては最初のものである。
 その二冊にはカルデックがそう断定した理由と、怪しいと判断した理由とが詳しく記載されていて、その洞察力は審神者に相応しい説得力に富むものばかりであるが、訳者として私はその全てを訳出することは避け、質疑応答の部分を中心にして編纂し直し、前者を『スピリチュアリズムの神髄ー思想編』後者を『スビリチュアリズムの神髄ー現象編』としてまとめた。


アラン・カルデックの本が無料で読めるサイト一(PC向けサイトのみ)

アラン・カルデックの本が無料で読めるサイト二(PC向けサイトのみ)


 内容の特徴として挙げるとすれば『再生』を霊性進化の為の不可欠の手段として説いていること、また現象的にはクルックスのいう『サイキック・フォース』に相当するエネルギーの作用を、成る程と得心のいく形で解説していることである。
 カルデックはフランス人で、本名をイポリット・レオン・ドゥニザール・リバイユといい、アラン・カルデックという名はペンネームで、幾つかの前世での名前から合成したものが霊団から授けられたという。
 右の二著はラテン系の民族の間でバイブルのように読まれていて、今日でも絶大な人気がある。その信奉者の間ではSpiritism(スピリティズム)という呼び方が一般的であるが、カルデック自身が序論の中でスピリチュアリズムと同じであることを明言しているので、用語の違いに拘ることは無用である。
 なお、霊団の中には古代の学者や宗教家がいるようであるが、中心的指導霊はフランスの十三世紀の王ルイ九世で、「聖ルイ」St.Louisの名で聖人に列せられている人物である。その霊団もイエスの配下にあると述べているから、やはり地球浄化の大事業に参画している霊団の一つであることは間違いない。




●カルデックへの、霊団からの激励のメッセージ

 我々との協調関係の下に行うこの仕事に着手するに当たって、そなたに対して熱誠と忍耐とを要請したい。これは実質的には我々の仕事だからである。これから編纂される書物の中に、全人類を愛と慈悲の精神において一体たらしめる新しい殿堂の基盤を構築したいと思う。完成後はそれを世に出す前にその全篇に眼を通し、誤りなきを期したい。
 質(ただ)したいことがあれば遠慮なく呼び出すがよい。いついかなる時でも力になるであろう。既に明かしたごとく我々には大霊から割り当てられた使命があり、本書の編纂はその使命の一端に過ぎない。
 これまでに明かした教説の中には当分そなたの内に秘めておくべきものもある。公表すべき時期が到来すれば、さよう告げるであろう。それまでにはそなた自身の思考の糧としてじっくり温めておくが良い。課題として取り扱うべき時期が到来した折に理解を容易にする為である。(中略)
 それより先そなたは敵意に満ちた非難に遭遇することであろうが、それによって怯(ひる)むようなことがあってはならぬ。特に既存の悪弊に甘んじて私利私欲を貪る者から、悪意に満ちた攻撃を受けるであろう。
 人間界に限らぬ。同じことを霊界から受けることもあろう。彼らは物的波動から抜け切らずに、憎しみと無知から、スピリチュアリズムへの疑念のタネを撒き散らそうと画策する。
 神を信じて勇猛果敢に突き進むがよい。背後より我々が支援するであろう。スピリチュアリズムの真理の光が四方に放たれるようになる時節の到来も間近い。
 全てを知り尽くしたかに自惚れ、全てを既存の誤れる教説で片付けることで満足している者達が真っ向から抵抗するであろう。しかし、イエスの偉大なる愛の原理の下に集える我々は、あくまでも善を志向し全人類を包摂する同胞愛の絆の下に結ばれている。用語の差異についての下らぬ議論をかなぐり捨てて、真に価値ある問題へ向けて全エネルギーを注いでいる。地上時代の宗派の別を超えて、高き階層の霊から得られる確信にはいささかの相違もないのである。
 そなたの仕事を実りあるものにするのは、一(いつ)にかかって忍耐である。我々が授けた教説が本書を通して普及し、正しく理解されることによってそなたが味わう喜びは、また格別なる者があろう。もっとも、それは今直ぐではなく遠い未来のことかも知れぬが・・・
 疑り深き人間、悪意に満ちた者達がばらまくトゲや石ころに惑わされてはならぬ。確信にしがみつくことである。その確信こそが我々の援助を確かなものにし、その援助を得て初めて目的が達成されるのである。
 忘れてはならぬ。善霊は謙虚さと無私無欲の態度で神に奉仕する者にのみ援助の手を差し伸べる。霊的なことを世俗的な栄達の足がかりにせんとする者は無視し、高慢と野心に燃える者からは手を引く。高慢と野心は人間と神との間に張り巡らされる障壁である。それは天界の光線を見えなくする。光の見えぬ者に、神は仕事を授けぬということである。
 
854694796


『天国と地獄』 アラン・カルデック・著 浅岡夢二・訳

 冒頭の[訳者からのメッセージ]から引用


 「スピリチュアル」ブームのもとにあるもの
19世紀半ばから後半にかけて、霊的な現象を伴う精神運動が、欧米各地で巻き起こりました。そのフランスにおける中心人物となったのが、アラン・カルデック(1804~1869)です。
 「霊との対話」に基づいた彼の著作シリーズは、近代スピリチュアリズムの最も偉大な古典であり、19世紀後半のヨーロッパにおいて、400万部を超える空前の大ベストセラーとなりました。その信奉者は、ラテン世界で、現在、2000万人にのぼると言われています。
 
 「交霊会」とは?
 霊達とのコンタクトは、主として「交霊会」を通して行われたものです。
 それでは、ここで、当時の交霊会を再現してみましょう。
 パリ霊実在主義協会に属するメンバーの家のサロンに、今日は12人の参加者が集まっています。部屋の真ん中に、アラン・カルデックと霊媒が向き合って椅子に座り、その横にはテーブルが置かれて、その前に速記者が座っています。アラン・カルデックと霊媒のやり取りを記録するためです。
 それ以外の参加者はそのまわりにゆったりと座っています。
 準備が整うと、全員で静かに数分のあいだ瞑想します。
 その後、アラン・カルデックがお祈りをし、そして招霊を行います。
 霊が降りてくると、アラン・カルデックがみんなを代表して質問し、それに対して霊が答えるというかたちで、交霊会が行われるのです。そのやり取りは、すべて速記者によって記録されます。
 こうした交霊会が、当時、アメリカやヨーロッパの全域で頻繁に行われていました。そして、そこには、コロンビア大学のハイスロップ教授、アメリカ・サイ科学協会の会長であるリチャード・ホジソン、フランスのノーベル生理学賞受賞者シャルル・リシェ博士、バーミンガム大学の学長であり、かつ王立アカデミーのメンバーでもあるオリヴァー・ロッジ卿、当時の最も偉大な物理学者であるウィリアム・クルックス卿といった、綺羅星のごとき学者や科学者、さらに、「シャーロック・ホームズ」シリーズを書いた、あのコナン・ドイル卿も、真剣な面持ちで参加していたのです。

 アラン・カルデックの人物像
 アラン・カルデックは、本名をイポリット=レオン・ドゥニザール・リヴァーユといい、1804年10月3日、フランスのリヨンにおいて、代々、法律家を輩出してきた家系に生まれました。幼少時より、自然科学や哲学に関心を寄せる、非常に利発な子供でした。
 10歳のときにスイスのペスタロッチ学院に入学し、そこで、化学、物理、数学、天文学、医学、語学、修辞学などを総合的に学びます。医学の博士号を取る一方で、6カ国語を自由に操るといった、極めて幅広く深い教養を備えた人でした。
 冷静かつ理知的なタイプで、実証主義的な発想を体得しており、理性に裏付けられた懐疑主義こそが、彼の真骨頂であったと言えるでしょう。
 フランスに帰ってからは、自宅で諸学問を教えるかたわら、参考書や教育書を次々に出版しました。アラン・カルデック自身、教育学者として高い評価を受ける一方で、それらの書物は大変な評判を呼び、1840年代の終わり頃には、印税だけで暮せるような状況になっていました。
 そうやって実績を積むうちに、やがて、50歳でスピリチュアリズムに出会います。以後、アラン・カルデックは、自然科学的な手法を使い、霊的な世界を徐々に解明していきます。
 そういう意味では、自然科学系の諸学問を極めた上で、あるときから霊的世界に参入していった、北欧の知的巨人スウェーデンボルグに似ていると言えるかもしれません。

 「霊実在主義」とは?
 アラン・カルデックは、霊界から受取った膨大なメッセージに基づいて、spiritisme(スピリティスム)、すなわち「霊実在主義」あるいは「霊実在論」と呼ばれる、壮大かつ精緻な理論体系をつくりあげました。
 この「霊実在主義」の基礎をなす原理は次のようなものです。
①死というのは、肉体が機能を停止するだけのことであり、その人の本質、つまり霊(魂)は、エネルギー体として霊界で永遠に生き続けている。
②霊界で暮している霊は、ある一定の期間を経ると、肉体をまとって地上に転生してくる。
③輪廻転生の目的は、魂の向上、すなわち、より高い認識力の獲得と、より大きな愛する力の獲得である。
④魂は絶えず向上して神に近づいていく。神に近づけば近づくほど、悟りが高まり、魂は自由となり、より大きな幸福を享受できるようになる。
⑤霊界にいる霊人達は、地上の人間にメッセージを送ってくることがある。
アラン・カルデック自身の定義によれば、「霊実在論とは、実験科学であると同時に哲学理論でもある。実験科学としては、霊との間に築かれる関係に基礎を置いている。哲学理論としては、霊との関係から導き出されるあらゆる心の法則を含んでいる」、すなわち、「霊実在論は、霊の本質、起源、運命を扱う科学であり、また、霊界と物質界との関係を扱う科学である」ということになります。
 アラン・カルデックは、1858年1月1日には月刊誌『霊実在主義』を刊行しはじめ、ついで、パリ霊実在主義協会を創立しました。このパリ霊実在主義協会は、霊実在主義を広めるための機関として、その後、幅広い活動の拠点となります。



 アラン・カルデックの本が無料で読めるサイト(1)


 アラン・カルデックの本が無料で読めるサイト(2)


 ウィキペディアのアラン・カルデックについての項目

↑このページのトップヘ