『肉親の死に遭遇した時、あの顔、あの姿がもう二度と見られなくなったことを悲しむのならまだしも、死んでいった当人の身の上を悲しむのであれば、それは止めなくてはいけません。
 人生は霊的価値を基盤として考えないといけません。その価値があなたの行為の一つ一つの輝ける指標として、日々の生活の中で発揮されなくてはいけません。スピリチュアリストを自任している方々は、スピリチュアリズムを死という不幸に遭遇した時だけ持ち出して、それ以外の時はどこかに仕舞い込んでおくようなことでは困ります』

                                  シルバーバーチ


 その日の交霊会には奥さんを失った男性、二人の子供を失った両親、それにジャーナリストとして有名だったロレンス・イースターブルック氏の奥さんが息子さんと一緒に出席していた。死別の不幸を味わったこの三組の招待客に対してシルバーバーチが次のように語りかけた。

 まず奥さんを失った男性に対してー
「これまで随分過酷な道を歩んで来られましたが、あなたはこれ以上為すべきことはないというところまで、よく頑張られました。考えうる限りのことをおやりになりました。いかに愛しているとはいえ、その人の身体がもはや霊を引き止めておけない状態になってしまえば、それ以上生き永らえてくれることを望むのは酷というものです。地上の人生にはいつかは別れる時がまいります。頑健な方が居残り、弱った者は先に行った方がよいのです。
あなたには有り難く思うべきことが山ほどあります。大きな危機に、無知のままでなく正しい知識を携えて臨むことが出来ました。もしも霊についての知識がなかったら、あなたの人生は今よりどれほど大変なものとなっていたことでしょう。その意味であなたは貴重な人生のおまけを体験なさったと言えます。そのことをあなたは感謝しなくてはいけません。が、霊を引き止めておけなくなった身体から奥さんが去って行くのは、もはやどうしようもありませんでした。
 あの時の奥さんの心境は複雑でした。もう死んでしまいたいと思ったこともあれば、何とかして生き延びたいと思ったこともありました。が、生き延びたいと思ったのはあなたの立場を思ってのことでして、ご自分の立場からではありませんでした。奥さんにはもう何の苦痛もありません。老いも病気も衰弱も、その他人生の盛りを過ぎた者に必ず訪れる肉体の宿命に苦しむことはなくなりました。肉体が衰弱するほど霊は強くなるものです。
 あなたが楽しくしていれば奥さんも楽しい気分になります。あなたが塞ぎ込めば奥さんも塞ぎ込みます。一人ぼっちになられたのは身体上だけの話であり、霊的には少しも一人ぼっちではありません。奥さんは決して遠くへ離れてはいません。今でもあなたを夫と思い、あなたの住む家を我が家と思っていらっしゃいます。
 あなたは信仰心をお持ちです。ただの信仰ではなく、あなたに証された『事実』を根拠とした現実味のある信仰心です。それが、間違いなく訪れる不幸に備えるために、受け入れ態勢の整った時点でもたらされました。それをあなたの人生のすべての基盤となさってください。あなたはこれからまだまだこの地上で得るものが沢山あります。あなたの人生はまだ終末に来てはいません。他人のために為すべきことがあり、開発すべき資質があり、成就すべき目的があります。
 神は完全なる公正です。自然の摂理を通して因果応報がきちんと行われております。収支は常に完全なバランスを保っております。あなたは忘れ去られることも見落とされることも無視されることもありません。あなたを導き、援助し、慈しんでくれる愛があります。それれを頼みの綱となさることです。それが、いついかなる事態にあっても不動の信念を維持させてくれることでしょう」

 次に子供を失った夫婦に対してー
 「あなた方お二人が、縁あって訪れてくる人達に色々とお役に立っておられる様子を見て、お子さんはとても誇りに思っておられますよ。大切なのは受け入れる用意の出来た土壌に蒔かれる種です。あなた方が受け入れられた種はいま見事な花を咲かせております。お子さんは、お二人の人生に衝撃的な影響を及ぼした霊的真理を自然に受け入れて行かれるのをご覧になって、とても喜んでいらっしゃいます。
 お二人はその大きな真理を我が子の死という大きな悲しみを通して見出さねばなりませんでした。それはまさしく試金石でした。途方に暮れて、力になってくれるものが誰一人、何一つないかに思えた時に、真の自分を見出させてくれることになった触媒でした。
 魂というものは、その奥底まで揺さぶられ、しかも物的なものでは一縷(いちる)の望みさえつなげない状態下においてのみ目覚めるものであるというのが、基本的な霊的真理なのです。つまり物質界には頼れるものは何一つないとの悟りで芽生えた時に魂が甦り、顕現し始めるのです。
 現在のお二人の生活も決して楽ではありません。これまでも楽だったことは一度もありません。が、日常の問題にもちゃんとした摂理があります。それは、人のために自分を役立てる者は決して生活に不自由はしないということです。基本的に必要とするものは必ず与えられるということです。その際に大切なことは、それまでの体験によって得たものを、日常の生活の中で精一杯生かしていくことです。そうすることの中で、神との繋がりを強化していくことになるからです。その繋がりが強くなればなるほど、援助と力とが流れ込む通路が内面的に奥深くなっていくのです。
 真理を理解した人間は沈着、冷静、覚悟が身に付いております。恐れるということがありません。不安の念の侵入を受け付けず、無知と迷信と悩みが生み出す暗黒を打ち消します。自分に生命を与えてくれた力、宇宙を支配している力、呼吸し活動するところのものに必需品を供給する力は絶対に裏切らないとの信念があるからです。
 大切なのは、ご自分の方から神を裏切らないことです。これまでに得たもの、今受けつつあるもの、そしてそれから生まれる叡智のおかげでせっかく宿すようになった信頼を裏切るような行為をなさらないように心がけることです。
 霊的真理にしがみつくことです。これまでに自分達に啓示されたものを信じて物事に動じないことです。一つ一つの問題に正面から取り組み、精一杯努力し、済んだことは忘れることです。援助は必ず与えられます。なぜなら、お二人を愛する人達、地上にいた時より一段と親密度を増している人達が、お二人が難題を切り抜けるように取りはからってくれるからです」

 続いてイースターブルック氏の奥さんに対してー
 「今ここにご主人が来ておられますよ。あなたと息子さんのことをとても誇りに思っていらっしゃいます。試練の時を立派に乗り切られたからです。こうして蔭から守り導くことが出来ることをご主人が証明してみせたからには、これからもずっと見守っているものと確信してほしいと希望しておられます。明日のことを思い煩ってはいけません。心配の念を心に宿してはいけません。地上世界には何一つ怖いものはありません。
 ご主人はいつもあなたのお側にいます。愛のあるところには必ずご主人がいると思ってよろしい。あなたの心、あなたの家庭から一時も離れることはありません。物質的には離れてしまいましたが、霊的にはいつも一緒です。霊的に繋がっている者はけっして別れることはありません。そうした霊的次元の愛を知り、理解力を身につけ、そしてお互いに足らざるところを補い合う関係ー半分ずつが合わさって統一体を構成する関係、魂の結婚という、地上で滅多に見かけられない真実の霊的関係を成就されたあなた方は、本当にお幸せです。
 あなたはご主人のことを誇りに思うべきです。その啓蒙の光は在世中にもしばしば異彩を放っていた偉大なる霊です。彼程に人の心の琴線に触れ、高邁なものに手の届く人はそう多くはいません。
 お二人に対する愛は少しも変わっておりません。その愛が鋼鉄の帯のようにお二人を取り囲んでおります。これからも常にお側におられます。お二人を守り、導き、支えとなり、慈しんでくれることでしょう。あなた方が手にされたこうした知識が他の無数の人々も手に出来るようになれば、地上はどんなにか変わることでしょう。
 ですから、毎朝を無限の可能性に満ちた新しい霊的冒険の始まりとして、又、あなたの霊的な輝きと資質を増す機会の到来として、歓喜をもって迎えるのです。毎朝が、霊的成長を促し内部の神性を発達させ全生命の始源へ近づけてくれる好機をもたらしてくれるのです」

 「一人一人の人間が、自分の行為に自分で責任を取ります。それが自然の摂理なのです。いかに愛する人とはいえ、その人に代わってあなたが責任を取るわけにはまいりません。その人の行為の結果をあなたが背負うことは出来ません。それを因果律というのです。過ちを犯したら、過ちを犯した当人がその償いをするー霊的法則がそうなっているのです。
 地上世界には不正、不公正、不平等がよく見られます。不完全な世界である以上、それはやむを得ないことです。しかし霊的法則は完全です。絶対に片手落ちということがありません。一つの原因があれば、数学的正確さをもってそれ相応の結果が生じます。原因と結果とを切り離すことは出来ません。結果は原因が生み出すものであり、その結果がまた原因となって次の結果を生み出していきます。
 その関係が終わりもなく続くのです。もしもその因果関係が人為的に変えられ、利己主義者が博愛主義者と同じように霊的に成長することが可能であるとしたら、それは神の公正を根底から愚弄することになります。自分が蒔いた種は自分で刈り取るーそうあらねばならないのです。
 あなたはあなた自身の行為に責任を取るのです。その行為の結果を自分が引き受けるのです。これからもあなたは過ちを犯します。そしてそれに対する償いをすることになります。そうした営みの中で叡智を学んでいくべきなのです。過ちを犯すために地上へ来たようなものです。もしも絶対に過ちを犯さない完全な人間だったら、今この地上にいらっしゃらないはずです。
 過ちも失敗もあなたが不完全であることから生じます。しかし、転んでも起き上がることが出来ます。取り返しのつかない過ちというものはありません。新しい希望と新しい可能性を秘めた新しい一日、新しい夜明けが必ず訪れます。
 うちの宗教の教えを信ずれば罪も赦されるかに説いている宗教がいくつかあるようですが、そういうことはあり得ません。罪をあがなうのはその罪を犯した当人のみです。『神聖』とされる文句や言葉をいくら繰り返し唱えても、原因から生じる結果を赦免したり消去したりすることは出来ません。
 ですから、いくら愛しい人であっても、その人の行為にあなたが責任を取るわけにはまいりません。その人自ら学び、学ぶことによって成長し進化していくのです。それが生命の法則なのです。生命は静止することがありません。絶えず向上を目指して動いております。動くということが永遠の進化のための一つの要素なのです。完全へむけての向上に終止符を打つことは出来ません。無限の時をかけて完全へ近づくことの連続であり、これでおしまいということがないのです。完全性の達成は無限の過程です。完全なのは大霊のみです。
 思い煩ってはなりません。心配の念はせっかくの援助の通路を塞いでしまいます。私はいつも取り越し苦労はお止めなさいと申し上げております。心配の念は有毒です。悪気を生み出し、それがあたりを取り囲みます。陰湿な雰囲気で包まれてしまいます。その状態になると霊の力も突き通せなくなります」

 《我々は、顕と幽の区別なくいずこに存在しようと、神を父とし、一人ひとりがその子供という関係において一つの広大な霊的家族を構成しております。神性の絆が我々の全てを繋ぎ、一体としております。その意味で私達は、こうして顕と幽の二つの世界の間に横たわる障害の多くを克服してきたことを、この上ない恩恵として感謝しております。そのお蔭で地上世界へ影響力を行使出来る聖なる霊が次々と輩出しております》
 シルバーバーチ
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ クラウドファウンディングの案内