そして、俺は11月から12月末まで、とある大企業のパン製造メーカーの巨大パン工場で、バイトをしました。う〜ん、これは、当時、イセアクリニックというところで、全身脱毛一回を10万円でやってくれるキャンペーンがあったので、その金を稼ぐために、行ったのでした。は〜、本当に、俺の人生、行き当たりばったりだぁ〜。

 う〜ん、もうね、この仕事の最中に29歳になったんだけど、 恥ずかし過ぎる・・・。で、俺は、ある時はクリスマスケーキ製造ラインで、クリスマスケーキの箱を折って大量に積み重ねて用意したり、ラインに入って箱にロウソクを入れたり、ある時は蒸しパン製造ラインに入り、パンを包む紙をトレーに敷いたり、ある時は粉を用意したり、ある時は材料を調合したり、ある時は清掃したり、ある時は焼いた後、機械から出てきて社員が蜂蜜を塗ったパンケーキを裏返したり、ある時はどら焼き製造ラインに入ったり、ある時はピザパン製造ラインに入りチーズをパラパラと適量乗せたり、ある時は曲がっているパンのラインに入り生地を曲げたり、しました。もう、さすがに29歳でこういうバイトをするのは、恥ずかしいな。おじさんのバイトにも、大学生と間違われるし・・。全身白衣で、しかもマスクしているので、よく分からないんだな。
 う〜ん、しかも、そこは仕事は毎回一定量なくて、度々、一日三時間とか四時間程度しか働かせてくれずに、帰らされた。まったく、それじゃあ、数千円の為に、あんな遠いところまで行っていたことになる・・・。
逆に、数日だが、一日10時間仕事した日もあるけど。、時給は千円で、その他は何もありませんでした。
 それでも、なんとかその期間限定の仕事をやり遂げて、僅かばかりのお金を得ました。それで、いよいよ、長年俺を悩ませて来た、あの憎い体毛を殲滅する為に、イセアクリニックに行きました。

 そう、体毛がすべての元凶だった。勿論、俺の体毛が薄くて、体毛のことで一切悩まなかったとしても、俺の人生が上手く運んでいたという確証はないよ。でも、現に俺の人生が狂ったのは、体毛が原因なんだから。体毛が原因で、中学と高校が地獄になり、ウジウジし出して、その結果、林業の専門学校に進むという愚かな決断をしたのだから。それからは、もうグタグタ過ぎる・・・。その元凶を、やっと無くすという実際の効果のある行動に、この時初めて、出たのだ。中学二年生の時から悩み始めて、もう16年か・・・はぁ・・・遅すぎたな。でも、それまでは、なんとか生きるので精一杯だったのだ。実際に、美容外科でのレーザー脱毛じゃなけりゃ効果がないということを知ったのは、もっとずっと後だった。それに、長らく、脱毛なんてやっぱり女だけのものという思い込みがあったので、それも踏ん切りがつかなかった原因というか、思い切って飛び込まなかった原因でもあったように思う。
 
 イセアクリニックの新宿院でカウンセリングを受けて、60万円の五回コースを薦められたが、俺はそんな金はなかったので、とりあえず、10万円の体験の全身脱毛一回コースに申し込んだ。それで、施術室に入って、脚の毛をシェーバーで剃られて、レーザーを当てられた。これで、毛根が死んで、その箇所は長期間、生えて来なくなるらしい。ただ、このレーザー脱毛の歴史が浅いので、一生生えて来ないという保証はないらしいが。イセアは下半身、上半身、そして陰部と手足の先と、三回に分けて別々の日に施術するシステムなので、その日は下半身のみで帰った。そしてその他の日に、他の箇所を照射して終了した。そして陰部の毛は、ツルツルになったらなんか嫌だったので、周囲の毛だけにしておいた。
 とはいえ、美容外科のホームページを見てもらえば分かる通り、レーザー脱毛は、たったの一回では終了しない。なぜなら、レーザー脱毛とは毛の毛根を照射して殺して、二度と生えなくするものだ。しかし、レーザーを当てて効果があるのは、その時点で生えていた毛の毛根だけであり、休眠期の毛根には効果がないからだ。だから、休眠期の毛根には、それが生えて来るタイミングで照射しなければならない。大体、一回の照射で、その箇所の全体の毛量の20%が減るらしい。だから、最速でも五回は照射しないとツルツルにはならない。しかし、まあ、今の俺の実体験から、実際は五回以上はかかるだろう。それで、イセアでの体験脱毛は終了しました。しかし、当然、一回では終わるはずが無い。でも、金はもう尽きてしまいました。ということで、しばらくは脱毛は、またおさらばでした。といっても、一回脱毛しているので、次に生え揃って脱毛可能になるまでは、最速でも2ヶ月はかかるけど。