金銭的な支援をお願い致す!



 ※サイト維持費用の支援に関しては、

自殺防止システム維持費用支援の案内を参照のこと。

 ※他の寄付項目に関しては、
 [寄付の総合案内]を参照のこと。


 それがし、相模の国[神奈川県]の大名の齋藤健一と申す。石高[年収]は、130万石[実際は130万円]程度でござる。雨天中止の仕事で、非正規で、日給七千円程度の仕事ゆえ、低収入でござる。

 国民年金保険料の話を致す。

 それがし、国民年金保険料の納付代金、毎月16490円の支払いがキツい状態でござる。

 さすれば、皆々様にお頼み申す。どうか、国民年金保険料の納付に必要な金銭の寄付をお願いしたい。

 毎月の国民年金保険料が16490円かかりまする。

 老後の生活にかかる費用は到底国民年金のみでは賄い切れぬというのは通説なれど、それがし、その国民年金保険料さえ満足に支払えない苦境に陥っておりまする。

 さすれば、それらの費用を寄付にて賄いたい所存でござりまする。どうか、どなたか、私の制作した霊的知識サイト[死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ]のお陰で命が助かった方は、ご寄付をお願い致す。

 下記のみずほ銀行の口座は、保険料納付資金専用口座となっておりまする。どうか、拙者の人生の支援をしてくだされ。よろしくお頼み申す。




 支援金振込先口座

 みずほ銀行
 平塚支店 普通 2549626
 サイトウケンイチ




 また、拙者は、万が一の時の為に、民間の医療保険に加入しておりまする。それは、アフラックの基本的な医療保険[EVER]が毎月2160円と、アフラックのがん保険[新 生きるためのがん保険Days]が毎月4050円かかりまする。

 がん保険の内訳は、35歳時点で加入した場合の終身の月額支払い費用が3470円でござる。それに、がんと診断された場合に、二年に一回を限度に、回数無制限で特約診断給付金100万円が受け取れるオプションに加入致した。それが580円でござる。その合算で、ガン保険料は毎月4050円でござる。

 アフラックの基本的な医療保険は、拙者が31歳の時、たしか2012年頃に福島県のいわき市に除染の仕事で住んでいた時に、その寮の管理人の妹さんがアフラックの保険の勧誘員だった縁で加入した次第でござる。それを今まで引き続き加入し続けておりまする。ちなみに今まで一度も使用したことはござらん。

 それから、アフラックのがん保険には、2017年の5月になってから加入致した。

 有名人が若くしてガンにかかったニュースを聞くと、怖くなったので、ガン保険に加入した次第でござる。拙者、何しろ、有名人のような潤沢な資産などは一切ござらん。故に、一度ガンと診断されたならば、そのまま生きる事を諦めて死亡するしかござらん。

 それは嫌なので、ガン治療にかかる費用を賄えるように、ガン保険に加入致した次第でござる。

 しかし、前述の通り、拙者は低収入ゆえ、医療保険の支払いも厳しいのでござる。

 [それなら、そんなに医療保険に加入するなよ!全部解約しろ!]と仰られるかもしれぬ。しかし、拙者は、今の悲惨な人生のまま死亡するのは、どうしても嫌でござる。こんな惨めな状態のまま死亡するのは、嫌でござる!

 [生きてて良かった・・・生き切った・・・]と心底思えた人生を送った後に死亡するのなら本望なれど、こんな、糞みたいな人生のまま死亡するのは嫌でござる!

 故に、医療保険にはちゃんと加入しておくのでござる。 もしもガンやその他の病気になっても、それなりに金銭的に対応できるようにしておくのでござる。まあ、拙者はタバコも酒もやらないし、過去にもやっておらなんだ。肥満体型でもないし、家系にガンで死亡した人はいないのであるが、やはり油断大敵なので、ちゃんと医療保険には加入しておくのでござる。

 まあ、あの若い三十代前半でガンを発症した有名人タレントも、まさか自分がガンになるとは思いもしなかったであろう。 その人は家族が超金持ちなので医療費の心配は一切不要だったろう。しかし、ワシは金が無いので、保険に頼るしかない!

 故に、そういう状況ゆえ、ぜひ拙者の医療保険料納付の支援もして頂きたい。よろしくお頼み申す。振込先口座は、国民年金保険料の振込先と同一の口座でござる。どの道、拙者がどちらも支払うので、口座が被っても、無問題でござる。



 支援金振込先口座

 みずほ銀行
 平塚支店 普通 2549626
 サイトウケンイチ



 それでは、皆々様、よろしくお頼み申す。

 自殺ダメ制作者 齋藤健一
 
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ