安楽死自殺の方法



皆さん、こんにちは。安楽死するってことは、一体どういうことを言うのでしょうか?まずは、[安楽死]の文字の定義から推測していきましょう。


安楽死とは?


 まあ、安楽死するってことは、つまり安楽に死んでしまう、ということなのだ。だから、安楽に死すということは、つまりどういうことかを真剣に考察してみる必要があるのだ。


どうすれば安楽に死ねるか?



まず、安楽死寸前の人というのは、つまり寝たきりのことが多いと思います。それで、安楽に死ねるということは、つまり即死できねば意味がない、ということです。なぜならば、服薬してから長時間、地獄に苦しみを味わった末に、ようやく死ねるという自殺の仕方では、意味がないからです。なので、即死できねば意味がありません。

つまり、安楽死=即死可能な自殺手段 というわけです。


そして、即死可能な時差っ手段といえば、真っ先に思い浮かぶのは、体を地面や車体に激突させる系統の自殺手段です。つまり、電車への飛び込み自殺や、高所からの飛び降り自殺等の手段です。逆に、焼身自殺のような、死ぬまでに時間がかかり、とっても苦しみそうな自殺の手段に関しては、誰もそんな地獄の苦しみなど味わいたくはないので、採用率が極端に低いのであります。

なので、やはり安楽死自殺したいのならば、即死系の死に方を採用しましょう。

で、先ほどもお話しした通り、安楽死を希望している人というのは、寝たきりの人が多いのです。なので、どうしてもベッドの上で、つまりベッドごと死ねる自殺手段が待ち望まれます。では、一体、ベッドの上で寝たきりの状態で安楽に死ねる自殺の手段とは、どんな手段があるのでしょうか?

私が提案するのは、この自殺方法です。


まず、大型トラックにベッドを積みます。トラックといっても、ホロトラックではなく、傾斜機能が付いている、平たいトラックです。


平トラ

 

それで、安楽死希望の自殺志願者は、そのままベッドに寝たまま荷台に乗っておって結構です。そして協力者に運転してもらいましょう。そして、そのままの格好で、目的地までドライブしましょう。ホロが付いていないので、晴天の日が望ましいでしょう。


そして、目的地は、やはり、高所から落ちることが出来る場所が望ましいです。そういう場所で、かつ、トラックでも安易に侵入可能な場所といえば、やはり日本全国にある、焼却施設しかないでしょう。


そう、ゴミ処理場に行きましょう。


そこで、処理場に着いたら、ダンプして、ベッドごと下に落としましょう。

こんなふうに↓
 _funen