自殺 首つり ロープ ドアノブ 方法]は、自殺志願者が自殺するのに最適だと思う手段を思い浮かべた結果、首吊り自殺が最も楽で適当で確実だと思い込み、それに関連する用語にてインターネットで検索した結果である。

自殺志願者はこちら
自殺してはならない理由

自殺 首つり ロープ ドアノブ 方法目次

1概要
2成功と失敗の確率
3[死]についての曖昧な概念
4首つり自殺の統計
5首つり自殺に使用するロープの種類
6ドアノブを用いた首つりの流行と、その情報の拡散

1概要
 首吊り自殺には、一般的にロープが必要なことは明白です。そして、その方法として、あなたはネットで検索し、このページに辿り着いたことでしょう。勿論、ドアノブに引っ掛けて、宙に浮かずとも死ねる方法もあるそうです。しかし、ここではそのような自殺の方法は詳細には語りません。なぜなら、このサイトは自殺サイトではなく、自殺を防止する自殺予防サイトだからです。なので、ここでは、あなたになぜ首吊り自殺を始めとした各種の自殺方法が禁止されるべきなのかを詳細に語りたいと思います。もしもそれに無興味なら、立ち去って頂いても構いませんが、死んでから必ずや後悔することでしょう。



2成功と失敗の確率
 首吊り自殺は、勿論首を圧迫する、つまり頚動脈を絞めて、頭脳に送る血流を強制的且つ人為的に遮断する訳であるから、成功確率は高いと言える。なぜなら、頭脳は人間の根本的に重要な部分だからである。心臓や肝臓も大事だが、脳がやられて、脳細胞の大半が死滅してしまえば、もうその人は、普通の人間としては人生を送れなくなるからだ。故に、首吊りでの自殺を望む自殺志願者は、自身が首吊り自殺未遂による後天的な障碍者にならないように、細心の注意を払っている。その心理状況が、インターネットでの[自殺 首つり ロープ ドアノブ 方法]という用語での検索結果として表れている。なぜそう断言可能かと言えば、精神が健全な者は自殺での死など当然望んではいないので、そのような自殺関連用語での検索など、絶対にしないからである。[自殺 首つり ロープ ドアノブ 方法]などという悲惨なマイナス面のイメージしかない用語で必死になって検索している時点で、その者は表面的に、或いは自身が気付いていなくとも、潜在的な自殺志願者と言える筈だ。
 だが、必ずしも首つり自殺が完遂されるとは限らない。他の自殺方法に比較して、成功率の高いやり方とは言え、世の中には必ず、未遂に終わる人もいる。その場合は、前述の通り、重い身体的・精神的な後遺症を患い、残りの人生を送らねばならなくなる。その、具体的な、詳細な首つり自殺による成功率(つまり自殺を完遂させて死んだ者の割合)と未遂率(つまり自殺が未遂に終了した首つり自殺失敗者のこと)に関しては、自殺白書になら掲載されているかもしれないが、ここでは述べない。なぜなら、このサイトは自殺推奨サイトではなく、自殺志願者の自殺行為を止めさせる為の自殺防止サイトだからだ。



3[死]についての曖昧な概念
 この[自殺 首つり ロープ ドアノブ 方法]についての用語検索者もそうだし、他の似通った自殺関連用語にて検索している自殺志願者全般にも言えることが一つある。それは、彼らが[死]というものについて、あまりにも無頓着であり、あやふやな思考しかしていないことだ。
 彼らは実際に[死ぬ為の手段]を必死になって検索し、その結果、[死ぬ為の手段]に関する情報は容易に入手可能だ。それはなにも首つり自殺関連の用語だけではなく、飛び降り自殺に関しても、どの程度の高さから飛び降りれば即死可能か?という疑問にも、インターネットは瞬時に答えをはじき出してくれる。世の中には自殺志願者達に自殺する為の詳細な情報を、熱心にわざわざ独自の自殺サイトを製作してまで教える管理人がいるのだ。しかも、インターネットならば、日本全国に隠れて存在する表立たない自殺志願者に、秘密裏にこっそり自殺する為の情報を教えることも可能なのだ。なぜなら、インターネットサイト、所謂ホームページとは、一度構築してしまえば、それらは昼夜問わず、勝手に24時間365日働き続けることが可能だからだ。サーバーにデータが保管されているので、毎回、サーバーがダウンしない限り、そしてグーグルに検索結果から弾かれたり、ブログ管理会社にそのサイトが削除されたりしない限り、永遠に存在し続ける。そしてその自殺サイトの管理人が寝ている時でも、勝手に沖縄だろうが福井だろうが北海道だろうが、或いはジャマイカだろうが、世界中どこにいようとも、そのサイトに大量に掲載されている自殺情報にアクセス可能なのだ。

 しかし、確かに彼らは[死ぬ為の情報]を容易に入手はすれども、肝心の[死]というものがどういうものなのかは、まるで無頓着であり、無知なのだ。というのも、彼ら自殺志願者は、[肉体の死]は生の終わりであり、その後にはいかなる意識も、苦痛もあろう筈がない、と思い込んでいる。しかし、霊界関連の豊富な知識を探求してきた私としては、それは全く同意出来ない。事実は真逆なのだ。肉体の死の後にも、生命は存在する。それを解き明かしたのが霊的知識であり、当サイトにて大量にアップロードされている知識なのだ。しかし自殺志願者達は、それらの知識を微塵も所有していない。例えば、その道を進めば、落とし穴にはまって苦しんだり、埋設されていた地雷を踏んで足を吹っ飛ばされると事前に判明していれば、誰もその危険な道は進まない筈だ。その道を進んでも、損ばかりで、何の褒章も報酬も受け取れないからである。それが、ここで言う[自殺による死]だ。

 自殺により死んだら、それは通常の病死や老衰による死のような、自然の摂理による死ではなく、あくまで自身が自ら選択して選んだ道なのであるから、その死の責任は己自身にあると言える。そしてその責任というのは、人間社会内だけのことではなく、神の視点からの結論なのだ。それは、実際の自殺者(完璧に自殺が成功して自殺霊に成り果ててしまった者の魂)が送って来た、数々の悲惨極まる実例報告によって明らかだ。そう、自殺志願者というのは、入り口で、つまり根本的な部分の基礎工事の段階で、既に致命的な勘違いを犯している。自殺を遂げれば楽になれるというのは、単なる人間が勝手に作り上げた妄想なのだ。辛い現実から逃避する為に編み出した幻想でしかない。それは儚い夢想、希望でしかない。しかし、砂漠のとある砂丘を乗り越えた所にオアシスがある筈だ!と思い込んでも、地理的に、そこに実際にオアシスが存在しなければ、水を飲めないように、人間の勝手な妄想通りにはいかないのだ。そして、自殺霊の悲惨な実例報告に関しては、当サイトに沢山掲載されているので、リンクから辿って閲覧して頂きたい。



4首つり自殺の統計
 首つり自殺者の正確な統計数値及び割合は、自殺白書等を独自に閲覧して調査して頂きたい。このサイトでは、そのような報告は致しません。なぜなら、このサイトは自殺防止サイトだからです。日本人は多数意見に同調し、多数が行った行為と同様の手段を採用することが多い。例を挙げると、例えば居酒屋であれ、誰かがビールを頼むと、他の者達も特に何の考えも自己主張も無く、同調しビールを注文するように。それはブランドにも表れている。日本人はルイヴィトンが大好きで、特に東京などではルイヴィトンだらけである。しかも、数あるテーマの中でも、あの家紋に似たマークのテーマばかり買い求める傾向がある。これは、日本人が昔から自己主張をすることは恥だという概念を知らず知らず受け継いできた結果と見ている。代わりに、そのルイヴィトンの本社があるフランスであれば、現地の女性達はちゃんと皆自己主張が強く出来ており、周りが大勢身に着けているブランドと一緒は嫌だと、他のブランドを選択するか、同じブランドであれ、テーマは替えるようだ。だから、日本のように、ルイヴィトンの家紋のようなテーマだらけにはならない。という訳で、大多数が実際に行った自殺方法である首つり自殺者の人数及び割合などを発表してしまうと、それに安心してしまい、実際に首つりに走る輩が多数出てくるものと思われるので、ここでは詳細な数値は控えさせて頂きたい。



5首つり自殺に使用するロープの種類
 首つり自殺に使用するロープとは、単なる荷造り用のロープとは異なる。人生の最後に使用する道具が、あのようなトラ柄ロープでは、悲しいではないか。それに、人体を吊り下げる程の重みに耐えられるだけの頑丈さも求められるだろう。しかし悲しいかな、現代は、そんなロープは、近所のホームセンターにいくらでも頑丈なものが売っているのである。それに、なにもロープなど使用しなくても、衣類やタオル等の繊維類、布類でも、いくらでも代用可能なのだ。だから、以前インターネットの自殺サイトに掲載している実際の自殺者の写真を閲覧した時には、ちゃんとしたロープではなく、単なるTシャツのような衣類を用いて簡易的に自殺している輩も散見出来た。
 だから、何もロープの種類に拘る必要はなかろう。しかし釣り糸のような、あまりにも細い紐以前の、糸レベルになれば、それはもう全体重を加重させれば、肉に食い込んで、窒息死する前に、首が切断されて失血死してしまうかもしれない。まあ、どの道死んでしまうのには変化はないが。
 ただ、そのような首つり方法はやはり実行しない方がいいと、ここで再度忠告しておくし、その理由も、当サイトの[自殺してはならない理由]に多数掲載済みであるから、よく読んで頂きたい。



6ドアノブを用いた首つりの流行と、その情報の拡散
 近年、ドアノブ、つまりドアに付いている取っ手に紐やロープを括り付け、輪にして、垂らし、そこに自分の首を入れて、上半身のみの重みによる加重だけで死に至るという、過去にはあまり見られなかった首つり自殺の手段が流行の兆しを見せている。全自殺者の六割が首つり自殺と言われる中で、果たしてどの程度の割合でドアノブを用いた首つり自殺が存在するのか、或いは未遂事件が在るのかは不明であるし、調べるつもりも毛頭ないが、心配である。というのも、案外、足が届かない位の位置にロープや縄を掛けられる場所、というのは、実際、相当限られてくる。公園のジャングルジムやら工事現場やら、実行可能な場所は多数世の中に存在する。しかし、自殺行為とは、抗議の意思の結果の焼身自殺や、駅のホームからの突発的・衝動的な飛び込み自殺は例外として、普通は人目に付くのは避けたい心理が働く筈である。練炭自殺にしろ、山中の侘しい林道の脇などに自動車を停めて、車内で練炭を焚くであろう。けっして渋谷の人通りの滅茶苦茶多い道路脇の駐車場などでは実行しない筈だ。同様に自動車の排気ガスを車内に引き込んで死ぬガス自殺にしろ、洗剤同士を混ぜ合わせて有毒ガスを発生させて死に至る硫化水素自殺にしろ、大勢がいる場所で実行する訳がないのだ。もしもそのような愚行(まあ、自殺行為自体がどれも愚行なのであるが・・・)を犯せば、大抵の目撃者は直ぐに警察に連絡するなり、自身で止めに入るなりするからだ。それはつまり、自殺による安らかな死を願う自殺志願者にとっては、邪魔者以外の何者でもない。故に、いくら足が地面に届かない場所が世の中の至る所にあるとはいえ、人目に付きにくい場所というのは、案外少ないのだ。

 その点、ドアノブを用いた上半身のみによる首つり自殺の場合は、自宅で誰にも知られずに実行可能だ。下の階や隣の部屋に誰かがいたとしても、踏み台を蹴飛ばした時のような音と衝撃も当然ないのだから、誰にも気付かれずに首つり自殺を完遂出来るというものだ。だからこそ、安易に実行してしまう輩が多数出現しているのかもしれない。数年前にこのドアノブにロープを巻き付けて死ぬ方法にて死んだアイドルがいたが、その女性も、最後は精神が不安定で、そのような愚行を突発的に行ってしまったのだろう。なぜなら、遺書らしきものもなく、ちゃんとした決意など微塵もなかったように見受けられるからだ。覚悟の上での自殺ではない。それは多分、衝動的なものであり、本気で死ぬつもりは、もしかしたら無かったのかもしれない。

 しかし、たとえ本人に死ぬ気がなかろうとも、肉体の方は、酸素にしろ脳への血流にしろ、限界点を超えれば、それは死に至るのは至極当然のことだ。車のエンジンも、タコメーターがレッドゾーンを指し続けているのにも関わらず、更にアクセルを吹かせば、当然、エンジンは故障するものだ。だからこそ、死というものに関して、しっかりした考えを持たねばならないのだ。
 人間は、突発的に、ひょいと、ふと、衝動的に馬鹿げた行為・行動をしてしまう存在だ。それは神のように完璧ではないのだから、仕方が無い。いくら格好つけても、格好悪い瞬間というのは確実に存在するし、それは無くせない。しかし自殺に関する事柄だけは、自殺がもたらす負の側面をちゃんと知識として習得済みならば、たとえ逆境の中にいようとも、そのような突発的に、ポイと自分の命をゴミ箱に投げ捨てるような行いは止められるのだ。それが知識の力だ。危ないこと、やってはならないことなど、赤子ではまだ分からない。しかし人間は成長するにつれ、危険なことと安全なことの境目はつくようになってくる。それは経験から編み出されたものだ。しかし、[死]ばかりは、一度死んで、もう一度同じ肉体で蘇るという経験が出来ない故に、どうしても他の部分に比べて曖昧になってしまう。しかし、ここでもう一度断言しておく。自殺行為は悲惨な結果しか招かないと。それはこの世に関することだけではなく、あなた自身の魂の部分について言っているのだと、気付いて欲しい。折角、縁あってこの特殊な、霊的な観点から自殺を防止するサイトに辿り着いたのだから。

 インターネットというものが出現して以降、良い情報、悪い情報の区別なく、ありとあらゆる情報が瞬時に拡散するようになった。このドアノブを用いた自殺の方法に関しても、インターネットが普及に大いに役立っていることだろう。何も死後の知識がないような子供も、気軽にこの手軽な自殺手段の情報に触れているのだろう。しかし、霊的な情報の方が、遥かに大事であり、重要なのだ。だから、私はこうして、無報酬で孤独に頑張っているのだ。それを、自殺志願者の人達は分かって頂きたい。そして私の思いを汲んで、自殺を思い止まって頂きたい。

自殺志願者はこちら
自殺してはならない理由