小桜姫物語 目次

舌代

小桜姫 解説

一 その生立

二 その頃の生活

三 輿入れ

四 落城から死

五 臨終

六 幽界の指導者

七 祖父の訪れ

八 岩窟

九 神鏡

十 親子の恩愛

十一 守刀

十二 愛馬との再会

十三 母の臨終

十四 守護霊との対面

十五 生みの親魂の親

十六 守護霊との問答

十七 第二の修行場

十八 龍神の話

十九 龍神の祠

二十 龍宮へ鹿島立

二十一 龍宮街道

二十二 唐風の御殿

二十三 豊玉姫と玉依姫

二十四 なさけの言葉

二十五 龍宮雑話

二十六 良人との再会

二十七 会合の場所

二十八 昔語り

二十九 身上話

三十 永遠の愛

三十一 香織女

三十二 無理な願

三十三 自殺した美女

三十四 破れた恋

三十五 辛い修行

三十六 弟橘姫

三十七 初対面

三十八 姫の生立

三十九 見合い

四十 相模の小野

四十一 海神の怒り

四十二 天狗界探検

四十三 天狗の力業

四十四 天狗の生来(せいらい)

四十五 龍神の修行場

四十六 龍神の生活

四十七 龍神の受持ち

四十八 妖精の世界

四十九 梅の精

五十 銀杏の精

五十一 第三の修行場

五十二 瀑布の白龍

五十三 雨の龍神

五十四 雷雨問答

五十五 母の訪れ

五十六 つきせぬ物語

五十七 有り難い親心

五十八 可憐な少女

五十九 水さかづき

六十 母性愛

六十一 海の修行場

六十二 現世のおさらい

六十三 昔の忠僕

六十四 主従三人

六十五 小桜神社の由来

六十六 三浦を襲った大津波

六十七 神と人との仲介

六十八 幽界の神社

六十九 鎮座祭

七十 現界の祝詞

七十一 神馬

七十二 神社のその日その日

七十三 参拝者の種類

七十四 命乞い

七十五 入水者の救助

七十六 生木を裂かれた男女

七十七 神の申し子

七十八 神々の受持
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ