一、本書の目的

 福音書に記された内容は五つの部分に分類することが出来ます。
 一、キリストの生涯における出来事 二、奇跡 三、予言 四、教会の教義を確立させる為に用いられた言葉 五、道徳的な教え
 最初の四つの部分は議論の対象となってきましたが、最後の一つに関して異議を唱える者は誰もいません。この神聖なる法の前には、不信心さえも屈するのです。道徳的な教えは、全ての宗教が交わるところであり、この法の旗の下には、信仰の対象がどのように違っていようとも、万人が宿ることが出来ます。教義の違いが引き起こす、様々な宗教的論争の対象にはなり得ないものなのです。もし、これについて議論しようとするならば、その宗派は、自らに対する非難に出遭うことになるでしょう。又、そのような宗派は殆どの場合、一人一人の改革を強いる道徳的な部分よりも、神秘的な部分に執着しているものです。
 キリストの道徳的な教えとは、人類の個人的・社会的生活のあらゆる状況における行動の規則であり、最も厳格な正義によって築かれた、全ての社会関係の原則となるものです。幸福を手に入れる為に何よりも間違いのない道であり、ベールに覆い隠された未来の生活の一端を垣間見せてくれるものなのです。本書を発刊する極めて重要な目的はこの部分にあります。
 誰もが福音の道徳に感心し、その崇高さと必要性を唱えます。多くの人が、他人が言ったことを信じたり、格言と化した教えの言葉を用いたりしていますが、その深い意味を知る者は非常に少なく、そこから結果を引き出すことが出来る人は、更に少ないと言えます。それは殆どの場合、読み方が難しくて、多くの人が福音を理解出来ないからです。これでは、意味を理解することなく祈りを唱えるのと同じで、全く無益なことになってしまいます。福音の朗読が、義務感から強要されて行われるものになってしまっていることは否めません。
 福音を理解出来ない原因の一つとして挙げられるのが、装飾的な表現や意図的に神秘性を加えられた言葉の多用です。方々に散らばった道徳の規律は、物語の間に入り交じっている為に見失われてしまい、全体を一つとして理解し、朗読の対象となるものと、熟考の対象となるものとに区別することが出来なくなってしまうのです。
 これまでにも、福音の道徳に関する様々な専門書が確かに書かれてはいます。しかし、その現代的で文学的なスタイルは、素朴な簡潔さを失ったことで本来の魅力と威厳を薄れさせ、中には、最も際立った教えを、格言的な表現に簡略化してしまったものさえあります。簡略化された教えは気の利いた格言に過ぎず、その教えが伝えられた時の状況や場面の説明が伴っていない為に関心が奪われてしまっているのです。
 こうした不具合を避ける為に、本書では信仰する宗教が何であるかに関わらず、全世界共通の道徳の法として構成することの出来る条項を集めました。引用については、その考えを発展させる為に有効な箇所は残し、テーマに関連しない部分だけを除外しました。又、節の分割に関しても、サシー(Sacy)による翻訳に正確に従いました(→和訳注1)。しかしながら、教えを年代順に負うことが不可能なこと、又、そうすることによって得られる実質的な利点がないことから、相応する性格に従って系統的に分類し、一つ一つの教えが繋がっていくよう、出来る限り努めました。章の番号と節の番号を付したことにより、必要に応じて一般的な分類で調べることも出来ます。
 しかし、これは本書の物理的な特長であり、二次的な目的でしかありません。最も肝心なことは、曖昧な部分をきちんと解説し、生活のあらゆる条件に当てはめることを考えながら、教えを十分に展開させて、皆の手の届くところに置くことです。本書では、私達を見守ってくれている善霊達の助けを借りながら、そうすることを試みました。
 福音書や聖書など、一般的な聖典には不明瞭な部分が多く、中には本当の意味を理解する為の鍵が見当たらない為に、道理に適っていないのではないかと誤解を受けるようなものもあります。スピリティズムにはこのような鍵が完全な形で存在しています。教義を真剣に研究した者達を納得させたように、後になれば、その鍵がどれ程役立つものかを知ることが出来るでしょう。スピリティズムは、太古より人類のあらゆる時代、そして全ての場所に存在してきました。文献、信仰、記念碑等、あらゆるものの中にその形跡を見つけることが出来ます。曖昧さを解く鍵と長い歴史の中で育まれた英知が、未来へ向けて新しい地平線を拓くと共に、過去の謎に明るい光を投じるのです。
 各々の戒律について、補足として幾つかの指導を選択して加えてありますが、それらは様々な国で様々な霊媒を通じて霊達が伝えたものです。つまり、一か所だけから得られたものではないということです。したがって、特定の個人やそれを伝えた者達の影響を受けているというものではありません。この、様々な所から得られたという事実は、霊達が国や人種を超えて同じ教えを伝えていること、又、そうした教えによって、どんな特権を受けた者もいないのだということを証明するものでもあります。(→備考1)。
 本書は全ての者の為にあります。本書から全ての者が、キリストの道徳に則して行動する方法を知ることが出来ます。その方法とは、スピリティストにとっては特に関係の深いものです。人間と不可視の世界との関係が今後も永遠に成り立って行くおかげで、霊達が全ての国々に教えてくれた福音の法は、最早死語ではなくなるのです。なぜなら、一人一人がそれを理解することによって指導霊達の忠告に従い、継続してそれらを実践することを強いられることになるからです。霊達によってもたらされるこうした指導はまさしく天の声であり、人類の謎を解き明かし、福音の実践へと導いてくれるものなのです。

●備考1
それぞれのテーマに関して本書の中で引用されたもの以外にも、他の町や他のスピリティスト・センターにおいて多くの通信が受けられていたことが勿論考えられます。しかし、無意味な繰り返しによって単調になることを防ぐ必要があった為、又、基調と形式において本書の計画に最も適当なものに選択を絞らねばならなかった為、本書に記すことの出来ないものについては今後の出版の為にとっておくこととしました。
 霊媒達に関しては、彼等の名前を記すことは避けました。なぜなら、名前を記すことは自尊心を満足させることでしかなく、彼等はそのようなことには全く価値を見出さないからです。本当に真剣な霊媒は、霊達と通信するという自分の役割が、単に受動的なものであり、自身の価値を高めるものではないということをよく理解しています。その知性的な仕事に自分は機械的に協力したに過ぎず、驕ってしまうことが愚かであることを知っているのです。

●和訳注1
和訳においては、ここに記されたSacyによる翻訳を参照することが出来ない為、FEB版のポルトガル語訳の内容と、日本聖書協会発行の聖書(旧約聖書 1955年改訳、新約聖書 1954年改訳)を参照し、聖書の引用としました。
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ クラウドファウンディングの案内