一、私が、法を破ったり、預言者達を否定しに来たのだと思ってはなりません。それらを破りに来たのではなく、成就しに来たのです-よって誠に言います。天地が滅び行くまでは、律法の一点、一画も廃ることはなく、ことごとく全うされるのです。(マタイ 第五章 十七、十八)

モーゼ

二、
モーゼの戒律は、二つの異なった部分からなっています。シナイ山で宣言された神の法と、モーゼによって定められた民の法、又は規律の法です。一方は変化し得ないもので、もう一方は国民の習慣や性格に適合したものであり、時と共に変化します。神の法は次の十戒の中に定められています。

ⅰ 私は、あなた達を奴隷の住処であるエジプトから救った神であり、あなた達の主です。私の前に他の神は存在しません。天の上にあるものについても、地上にあるものについても、彫刻された像や、地上の水の中にあるものについても、いかなる偶像も創ってはなりません。それらを崇拝したり、それらに対して儀式を行ってはなりません(注1)。

ⅱ あなた達の神である、主の名前をみだりに唱えてはなりません。

ⅲ 土曜の日を聖日とすることを覚えなさい。

ⅳ 主であるあなた達の神が、あなた達に地上で生きる為の長い時間を与えてくれるよう、あなた達の父母を敬いなさい。

ⅴ 殺してはなりません。

ⅵ 姦淫を犯してはなりません。

ⅶ 盗んではなりません。

ⅷ あなた達の隣人に偽証を行ってはなりません。

ⅸ あなた達の隣人の妻を求めてはなりません。

ⅹ あなた達の隣人の家や奴隷、しもべ、牛、ろば、又何であれ、彼等に属するものを羨ましがってはなりません。
(十戒 出エジプト 第二十章 二-五、七、八、十二-十七)

●注1
アラン・カルデックは第一の戒めの最も重要な所だけを引用し、それに続く次の文は記載しませんでした。
「あなたの神、主である私は、妬む神であるから、私を憎む者は、父の罪を子に報いて、三、四代に及ぼし、私を愛し、私の戒めを守る者には、恵みを施して、千代に至るであろう」。(出エジプト 第二十章 五、六)
 カトリック教会やプロテスタントによるこの戒めの翻訳は、魂がたった一度だけ受肉するという教義と一致させる為、削除されました。又、「三、四代に及ぼし」という箇所はブラジル版の聖書によると、Zamenhofの訳で、文章を「三、四代まで」と変更しています。カトリックのIgreja Anglicana教会やプロテスタントのAlmeidaやその他に見られる、こうして手を加えられた文章は、神の正義を恐ろしいものにしてしまっています。つまり、息子、孫、ひ孫、又その次の代の者が、父、祖父、ひいおじいさん、の罪により罰せられることになってしまうのです。これは、一度限りの命の考え方に法を当てはめた失敗の例です。

あらゆる時代の全ての国にこの法は存在し、それ故に、その性格は神意を持つものであるのです。それら以外のものは全てモーゼが定めた法で、騒々しく規律のないその民の間で、エジプトにおいて奴隷となっていた時に染まってしまった偏見や悪癖を根絶する必要があり、民は恐れからその内容に従ったのです。その法の権威を示す為には、原始的な立法者が皆そうしたように、それらの起源が神にあるという意味合いを持たせることが必要でした。人間の権威は神の権威に頼る必要があったのです。しかし、無知な人々に強い印象を与えることが出来たのは、恐ろしい姿をした神の概念のみで、未発達な人々は、その中に道徳感や真っ直ぐな正義感を見出すことが出来たのです。「殺してはなりません。隣人を害してはなりません」という部分を自分の戒律に含めたモーゼ自身が、殺すことを義務として、自分自身に矛盾するわけにはいかなかったのは明らかです。つまり、いわゆるモーゼの律法は、基本的に暫時的な性格を持つものだったのです。

       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ