軽いくびき

一、苦しむ者、重荷を負っていると思う者は、皆私のところへ来なさい。私があなた達の苦しみを和らげてあげます。私のくびきを負い、私が心優しく、へりくだっているのだということを学びなさい。そうすれば、あなた達の魂は休まることが出来るでしょう。なぜなら、私のくびきは負い易く、私の荷は軽いからです。
(マタイ 第十一章 二十八-三十)

二、キリストが人類に教えてくれた通り、貧困、落胆、肉体的苦痛、愛する者の死など、全ての苦しみの慰めは、未来を確信し、神の正義を信じることによって受けることが出来ます。反対に、この人生の向こう側には何も期待せず、或はそれに疑問を持っている者の苦しみは、そうした者の上に重くのしかかってくることになり、その苦しさを和らげる望みは一切なくなってしまいます。このことが「疲れた者は私のところへ来なさい。私が疲れを和らげてあげます」とイエスに言わせたのでした。
 しかし、イエスは、イエスの救援と苦しむ者が幸せを約束される為の条件を決めています。その条件とは、イエスが教えてくれた神の法そのものです。イエスのくびきとはこの法を守ることです。しかしそのくびきは軽く、その法は優しいのです。なぜなら、その法は愛と慈善の実践を義務とする法だからです。
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ クラウドファウンディングの案内