自分を高くする者は下げられます

三、その時、使徒達がイエスの所に来て言った、「それでは、天の御国では、誰が一番偉いのでしょうか」。そこで、イエスは小さい子供を呼び寄せ、彼等の真ん中に立たせて言われた、「誠に言います。悔い改めて子供達のようにならない限り、天の御国には入れないでしょう。だから、この子供のように、自分を謙遜し自分を低くする者が、天の御国で一番偉いのです。又、誰でも、このような一人の子供を私の名の故に受け入れる者は、私を受け入れるのです」。
(マタイ 第十八章 一-五)

四、その時、ゼベダイの子達の母が、子供達と一緒にイエスのもとに来て、ひれ伏して、お願いがありますと言った。イエスが彼女に、「どんな願いですか」と言われると、彼女は言った、「私のこの二人の息子が、あなたの御国で、一人はあなたの右に、一人は左に座れるようにお言葉を下さい」。イエスは答えて言われた、「あなた達は自分が何を求めているのか、分かっていないのです。私の飲もうとしている杯を飲むことが出来ますか」。彼等は「出来ます」と言った。イエスは言われた、「あなた達は私の杯を飲みはします。しかし、私の右と左に座ることは、この私の許すことではなく、私の父によって備えられている人々にだけ許されることなのです」。このことを聞いた他の十人は、この二人の兄弟のことで腹を立てた。そこで、イエスは彼等を呼び寄せて言われた、「あなた達も知っている通り、異邦人の支配者達はその民を支配し、偉い人達はその民の上に権力をふるいます。あなた達の間では、そうであってはなりません。あなた達の間で偉くなりたいと思う者は、皆の仕える者になりなさい。あなた達の間で人の先に立ちたいと思う者は、しもべになりなさい。人の子が来たのも、仕えられる為ではなく、仕える為であり、又、多くの人の為の救済の代価として、自分の命を与える為であるのと同じです」。(マタイ 第二十章 二十-二十八)

五、ある安息日に、食事をしようとして、ファリサイ人のある指導者の家に入られた時、みんながじっとイエスを見つめていた。招かれた人々が上座を選んでいる様子をご覧になっておられたイエスは、彼等にたとえを話された。「婚礼の披露宴に招かれた時には、上座に座ってはいけません。あなたより身分の高い人が招かれているかもしれないし、あなたやその人を招いた人が来て、『この方に席を譲ってください』とあなたに言うなら、その時あなたは恥じ入って、末座に着くことになるでしょう。招かれるようなことがあって行ったなら、末座に着きなさい。そうすれば、あなたを招いた人が来て、『どうぞもっと上座にお進みください』と言うでしょう。その時は、満座の中で面目を施すことになります。なぜなら、誰でも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるからです」。(ルカ 第十四章 一、七-十一)

六、これらの金言は、神に選ばれた者に約束された幸せを得る為の根本的な条件として、イエスが絶えず教えている慎ましさの原則から生まれたもので、イエスが次の言葉にそれを纏めて示しました。「魂の貧しい者は幸いです、天の御国はその人のものだからです」。イエスは純心であることの象徴として子供を選び、「子供のように、自分を謙遜し自分を低くする者が、天の御国で一番偉いのです」と言ったのです。それは、上の者や強い者に媚びを売るということではありません。
 同じような基本的な考え方が、別の金言に結び付きます。「偉くなりたいと思う者は、皆に仕える者になりなさい」「自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるからです」。
 スピリティズムは実例によって理論を確認し、私達に、地上で小さくあった者達の霊界における偉大さを教えてくれます。そして多くの場合、地上において最も偉大で強い権力を持っていた者達が、霊界においてはとても小さいのです。これは、霊界において彼等を偉大にさせる、決して失われることのない美徳を、人間は死んでも持ち続けるからです。一方で、富、地位、栄光、生まれた家族の高貴さなど、地上で人間を偉大にしていたものは、別の世界へ持って行くことが出来ないのです。それら以外に何も持っていなかった者は、別の世界へ入ると、着るものまでも失った遭難者のように全てを失います。自尊心だけを失い切れずにいることが、地上において軽蔑していた者達が自分より上に、栄光に輝いて置かれているという新しい位置付けを、更に屈辱的なものにします。
 スピリティズムは同じ原理の応用を、連続する人生という視点から別の方法で示しています。ある人生において最も高い地位にあった者は、野心や自尊心を克服出来なかったのであれば、次の人生において最も低い地位に降ろされます。ですから、強制的に次の人生において地位を下げられたくないのであれば、地上において一番高い地位を求めたり、自分を他人より高い地位に置いてはなりません。反対に、最も慎ましく、質素な地位を求めなさい。あなたがより高い地位に置かれるに値するのであれば、神は天においてより高い場所を与えてくれるでしょう。

       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ