霊達からの指導

物質的な慈善と道徳的な慈善

九、
「お互いに愛し合い、他人には私達がして欲しいと思うようなことをしてあげましょう」。どんな宗教も、どんな道徳も、これら二つの考えに要約されています。これらがこの世で守られたなら、皆が幸せになるでしょう。そこには反感や不快は存在しないでしょう。更に、貧困もなくなるでしょう。なぜなら、裕福な者の贅沢な食卓から、多くの貧しい者が食事をすることが出来るようになるからで、そうなれば私が最後の人生を過ごしたうす暗い街角にいたような、全てに事欠いた、惨めな子供達を引き連れた可哀想な女性達をもう見ることもなくなるでしょう。
 豊かな者達よ、このことを少し考えてみてください。出来る限り不幸な者達を助けてあげてください。神がいつの日か、あなたの行った善に対する報いを与えてくれるように、又、あなた達が住んでいた地上から出て来る時、あなた達に感謝する霊達が並んであなた達をより幸せな世界へ迎えてくれるように、他人に対し与えてください。
 私の最後の人生において、役に立つことが出来た相手と、死後の世界において再会した時の喜びをあなた達も知ることが出来たなら。
 ですから、あなた達の隣人を愛してください。自分達を愛するように愛してください。なぜなら、不幸な者を寄せ付けまいとする時、あなた達は過去の友人、父親、兄弟を自分から遠ざけようとしているのかもしれないのだということを既に知っているからです。だから、霊の世界に戻って不幸な者達が誰であったのかを知った時、どんな失望を感じることになるか考えてみてください。
 物質的には何の負担もなく、誰にでも行うことが出来るのに、実践するとなると最も難しい道徳的な慈善というものがどういうものであるのか、よく理解して欲しいと思います。
 道徳的な慈善とは、生きる者達がお互いに辛抱し合うことであり、それはこの遅れた世界、あなた達が現在、肉体を持って生まれている世界においては、非常に稀にしか行われていないことです。私の言うことを信じてください。自分よりも愚かな者には話をさせておき、自分は黙っていることが、人間にとって大きな利益をもたらすのです。人を冷かしてばかりいる人の口から漏れる冷やかしの言葉に耳を傾けないことや、あなたを侮辱の笑みを浮かべて見下す人達を無視することは、一種の慈善なのです。彼等は多くの場合、自分達があなた達よりも優れていると誤って思い込んでおり、唯一の真の世界である霊の世界においては、あなた達よりも劣っていることが珍しくありません。この場合、必要なのは謙虚さではなく、慈善です。なぜなら、他人の行う悪に関心を持たないことは、道徳的な慈善であるからです。
 だからと言って、この慈善は他の慈善の妨げとなってはいけません。故にあなた達の同胞を軽んじるようなことがないように、特に注意してください。私があなた達に既にお伝えしたことを全て覚えておいてください。今日あなたが拒む一人の貧しい者は、今日より劣った条件に置かれていた過去のあなた達にとっての大切であった誰かなのかもしれません。地上で幸いにして幾度か助けることが出来た貧しかった人と、私はこちらで会うことが出来ましたが、今度はその人に、私が助けを懇願することになりました。貧しい者や、病気の者を拒む前に、私達は皆兄弟なのだとイエスが言ったことを覚えておいてください。さようなら。苦しんでいる人達のことを考え、祈ってください。(ロザリア修道女 パリ、1860年)

十、友よ、私はあなた達の多くが次のように言うのを聞いたことがあります。「私自身に必要なほんの少しのものさえも所有していないのに、どうして慈善を行うことが出来るでしょうか」。
 友よ、慈善を行う方法は幾千もあります。思考によっても、言葉によっても、行動によっても慈善を行うことは出来ます。思考によって行うには、光を見ることなく他界していった、見捨てられた貧しい人々の為に祈ることが出来ます。心を込めて放たれた祈りは彼等に慰安を与えます。言葉によって行うには、日々出会うあなた達の仲間に良い助言をしたり、落胆し、失うことによって神を冒涜するようになってしまった者には、「私もあなたと同じでした。自分が惨めだと思っていました。しかし、スピリティズムを信じました。そして今は御覧の通り私は幸せです」と言うことが出来ます。「無駄だ。私の人生はもう終わろうとしており、生きて来た通りに私は死んでいくのだ」と言う年老いた者には、「神は誰に対しても平等にその正義を用います。最後の労働者のことを思い出してください」と言うことが出来ます。この世のことばかりに気を取られてしまっている仲間達によって悪癖がついてしまい、悪の誘惑に負けてしまう子供達には、「親愛なる子供達よ、神はあなた達のことを見ているのです」と言うことが出来、あなた達はその温かい言葉を繰り返すことに飽きてはなりません。そうした言葉は、子供達のその幼い知性を芽生えさせ、彼等を怠け者ではなく、立派な人間にすることになります。これも慈善の一つです。
 あなた達の内、「ああ、地上にはあまりにも多くの人間がおり、神は全ての者を見ることは出来まい」と言う人がいます。友よ、この言葉をよく聞いてください。「山の頂上にいる時、そこから何十億もの砂粒に目が届きませんか」。いいですか。神も同じようにあなた達を見ることが出来るのです。あなた達はそれらの砂粒が風にまかれ、撒き散らされるのを許しますが、神も同じようにあなた達がその自由意志を働かせることを許すのです。但し、神はその無限の慈悲により、あなた達の心の底に良心と言う名の注意深い番人を置いてくれました。彼の声を聞いてみてください。その声はあなた達に良い忠告だけをしてくれます。時々あなた達は、悪の心と戦わせることによって彼を無感覚にしてしまいます。すると彼は黙ってしまいます。しかし、追い払われたその哀れな番人は、あなた達の中に後悔が陰を覗かせると、再びあなた達に自分を聞いてもらおうとします。その声を聞き、問うてみてください。多くの場合、彼から受け取る忠告によって、あなた達は慰めを得ることが出来ます。
 友よ、新しい連隊が現れる度に将軍は旗を掲げるものです。私はあなた達に標語として次のキリストの言葉を掲げます。「お互いに愛し合いなさい」。こ規律を守り、その旗の下に集まれば、幸運と慰安を得ることが出来るでしょう。(ある守護霊 リヨン、1860年)
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ クラウドファウンディングの案内