霊達からの指導

偽預言者

八、
もし誰かが「キリストがここにいる」と言っても、行ってはいけません。反対にその時は注意してください。なぜなら偽預言者が大勢いるからです。いちじくの木の葉が白くなり始めるのが見えないのですか。多くの芽が花の咲く季節を待ち構えているのが見えないのですか。又、キリストは「木を果実によって知る」と言いませんでしたか。故に果実が苦ければ、その木が悪い木であることが分かるでしょう。しかし、もしその果実が甘く、健康的であれば、「悪い泉から純粋なものが出る筈がない」と言うでしょう。
 兄弟達よ、そのように判断することで、なされた行いを試さなければいけないのです。神からの力を授かったと言う者が高尚な性格を持った使命の印を示すのであれば、つまり、愛、慈善、寛大さ、心を和ませる善意といった、永遠のキリストの美徳を最も高いレベルにおいて有しているのであれば、或は、言葉に伴った行動をとっているのであれば、「彼等は真に神より送られて来た」と言うことが出来ます。
 しかし、蜜のように甘く流れる言葉や、公の広場で祈る長い着物を纏ったファリサイ人達や書記官達を信じてはいけません。真実を独占しようとする者達を信じてはいけません。
 そうです。キリストはそうした者達の間にはいません。その聖なる教義を広め、人々を再生させる為にキリストが送る者は、何よりもまず、模範に従って柔和で謙虚な心を持っています。自らの示す模範と豊富な忠告によって人類を救おうと、不信仰のもとへ走り、歪曲した道のあちらこちらを駆け回る者は、本質的に謙虚で慎み深いのです。ほんの少しの自尊心でも示す者からは、触るもの全てを害す伝染性のある病から逃げるように逃げてください。誰もがその額や、特にその行動に、その偉大さ、或はその不完全性のしるしを持ち合わせていることを覚えておいてください。
 私の愛する子供達よ、だから行ってください。背を向けることなく、隠し事なしに、選択した恵みの道を歩んでください。いつも、恐れることなく行ってください。永遠の目的への歩みを止めようとするあらゆるものから、注意深く遠ざかってください。旅人達よ、永遠の法を啓示し、謎に対するあなた達の魂の抱くあらゆる願望を満たしてくれる、この優しい教義に心を開くのであれば、試練の痛みと闇の中にいる時間はあと少しだけとなります。あなた達の夢の中に一時的に姿を見せ、心には訴えなくとも霊を魅了して去って行く敏速な妖精達は、実際に存在するのです。愛する者達よ、最早死は消滅し、あなた達の知る光を放つ天使、新しい出会いと再結合の天使にその場所を譲ったのです。創造主がその被造物に託した使命を正しく遂行したあなた達は、その正義に対して何を恐れる必要もありません。なぜなら、彼は慈悲を嘆願する迷える子供達をいつも赦してくれる父であるからです。だから、止まることなく進み続けてください。進歩をあなた達の標語として掲げてください。あらゆるものにおける継続的な進歩を遂げ、最後には、あなた達の先を行った者全てが待っていてくれる、幸福な旅の終結を迎えることが出来ますように。(ルイ ボルドー、1861年)
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ クラウドファウンディングの案内