ただで授けられる霊媒性

七、
使徒達にも霊媒性はあったのですが、現代における霊媒というものも、やはり神からただでその能力を授けられているのであり、それは人間を指導し、善の道を教え、神への信仰をもたらしてくれる霊達の通訳となる為のものなのです。自分達のものではない言葉、つまりその霊媒の個人的な努力や研究、或は思考などから得たのではない言葉を売る為の能力ではありません。神はその光が全ての人に行き渡ることを望んでおり、貧しい家に生まれた人が、「払うお金がなかったから、神への信仰を手に入れることが出来なかった」「私は貧乏だから、神の慈悲を受けることが出来なかった」などと言うことがないことを望んでいます。なぜなら、霊媒性というのは特権ではなく、あらゆるところに存在するものだからです。それに対する支払いを要求するということは、天が定めた用途を不当に変えるということなのです。

八、善霊が通信をする為の条件がどのようなものであるのか、又、人間のいかなる利己的な関心も拒絶し、ちょっとしたことでも彼等は集会の場から去ってしまうのだということを知っている人であれば誰でも、集会で呼び出される度に善霊達がいつでもそれを聞き入れてくれるのだとは考えません。単純な良識があれば、そのような間違った考えを追い払うことが出来ます。ましてや、私達にとって大切な人や尊敬する人を、お金を取って呼び寄せるなどということは、神への冒涜ではありませんか。お金を取って呼び寄せたとして、間違いなく心霊現象を引き起こすことは出来るでしょう。しかし、そこに誠意が存在するかどうか、一体誰に証明することが出来るでしょうか。軽率な霊、噓つきな霊、悪賢い霊といった劣悪な霊は皆、不真面目であり、お金を取る霊媒に呼び寄せられるといつもそこに現れ、質問されると真偽を問わずその質問に答えます。ですから、真面目な通信を求める人は、まずそれに相応しい場を慎重に求めなければなりません。そして、その霊媒が霊界のどのような質の者と共感を持っているのかを明らかにしなければなりません。善霊達の好意の恩恵を授かる第一条件とは、霊媒の慎ましさ、忠実さ、献身であり、物質的にも道徳的にも、利害関係が一切あってはなりません。

九、道徳的な問題の他にも、それと同じように重要な、霊媒の能力に関する問題があります。真面目な霊媒性とは、生活手段として使うのではなく、生活手段にしようなどと考えさえもしないことです。なぜなら、そのような場合、その力が道徳的な信頼性を欠くようになり、ただの運勢占い師のようになってしまうばかりでなく、生活手段とするにしても物理的な障害が生じるからです。霊媒性というのは本質的に非常に不安定な力であり、直ぐに消えたり、変わったりするもので、誰にも完全に頼ることが出来ないものです。ですから、その力を生活に用いようとする者にしても、それは非常に不確実な手段であり、最も必要となる時に消滅しかねないものなのです。それと違うのが、研究と労働によって得た能力であり、努力によって得たものであるからこそ本当の財産となり、そこから利益を得ることについても当然許されています。それに比べて霊媒性は、芸術でもなければ能力でもありません。だから、生活手段としてはならないのです。霊媒性は、霊達の協力があってこそ存在するのです。霊達が存在しないところに霊媒性はあり得ず、その能力があったとしても、使うことが出来ません。ですから、心霊現象を決まった時に確実に起こすことが出来る霊媒は、世界中に一人も存在しないのです。霊媒性によって利益を得ようとすることは、確実に自分のものではないものを望むことです。そうではないと言う者は、お金を払う人を騙しているのです。それだけではありません。心霊現象は霊媒が自由に決めるのではなく、霊達、すなわち死者の魂が決めるものです。だから、お金を取る霊媒は、そうした霊達の協力に、値段を付けて売っていることになるのです。霊媒性を売るということは、本能的に拒絶すべきことです。モーゼがこうした取引を禁止したのは、人々の無知や迷信、盲目的な信仰の為に、霊媒性がペテン師達に濫用され、堕落をもたらしたからでした。現代のスピリティズムは、この問題の重要性を理解した上で、霊媒性で利益を得ることを否定し、霊媒性を使命として捉えるのです。

十、霊媒性は神聖なるもので、慎ましく、信仰の下に使われなければならないものです。中でも特に、絶対にこうした条件が整わなければ使うことが出来ないのが、治癒の力です。医師は一般に、苦しい犠牲によって得た研究の結果を与えてくれます。磁気を伝える者は、自分自身のフルイドや、自らの健康を犠牲にすることによって、磁気を伝えてくれます。このような人達は、その犠牲に対してお金を要求することが出来るでしょう。しかし、治癒する霊媒は善霊達の有益なフルイドを伝えるのであり、それを売る権利は持ちません。イエスとその使徒達は貧しい生活をしていましたが、人々の病を治す時にお金を要求することはありませんでした。
 ですから、生活する為の手段を持たない者は、霊媒性以外の生活手段を探してください。そして、必要であれば、物質的な必要性が満たされた上で、残った時間を霊媒性の活用に捧げてください。善霊達は、あなたの献身と犠牲を考慮してくれるでしょう。しかし、霊媒性によって生活を向上させようとする者から善霊達はかえって遠ざかって行くのです。
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ クラウドファウンディングの案内