就寝の時

三十八、
<序文>眠りは肉体の休息ですが、霊には休む必要がありません。無感覚になっている間、魂は物質の世界から解放され、霊としての特性を享受します。眠りは、有機的な力と道徳的な力の回復の為に人類に与えられているのです。起きている間の活動で失ったものを肉体が取り戻している間、霊は別の霊と共に元気を回復しに行くのです。眠りの間、霊は見たり、聞いたりして、忠告を与えられますが、それらは起きている間に直感的に思い出されるのです。眠りは、真なる母国を追放された人類の一時的な帰国であり、眠る者とは、一時釈放された囚人のようなものなのです。
 しかし不道徳な囚人がそうであるように、霊が必ずしも眠りによる解放の時を、その進歩の為に有効に使うわけではありません。その霊が善霊と共にいようとする代わりに、悪い資質を持っているのであれば、その霊と同類の霊を探し、その悪癖を自由に行おうとするのです。
 この真実を理解する者は、就寝が近付くとその考えを高めます。善霊の忠告や、善き思い出を抱く人達の助言を受ける為、与えられた短い時間に彼等と会うことが出来るようにお願いします。そうすれば目覚めた時には悪に対してはより強くなり、敵対する者達に対してはより勇敢になっていることを感じることが出来るでしょう。

三十九、<祈り>私の魂は短い間、他の霊に会いに行きます。善なる者達がその忠告と共に、私を助けに来てくれますように。私の守護霊よ、目覚めた時には、それらの忠告が健全で長続きする印象となって残っていますように。
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ クラウドファウンディングの案内