初訪問者はこちら
自殺してはならない理由


 《今霊の力が一番見られなくなっている場所は、皮肉にも、本来そこにこそ存在しなければならない筈の宗教界です。最高の位階に到達した者ですら、宗教の本来の起源であり基盤であるべき霊力に背を向け、我々には不可解極まる理由から、生きた霊的真理よりもただの形骸の方を後生大事にしています》
 シルバーバーチ

 「この地上世界の危急存亡の時代に、真理の守衛であるべき者達が霊の威信をもって語ることが出来ないというのは悲しむべきことです。それは、霊力というものが(イエスの時代だけでなく)今の時代にも顕現出来るという事実に全く気付かないからです。彼等は霊的真理と完全に疎遠になっているばかりでなく、愚かしい信仰がこびりついている為に、それが頑固な壁となって霊的な真理、霊的な叡智、霊的な力を受け付けなくなっているのです。
 そうした偏狭で不毛の儀式とドグマと信条で固まった世界に霊力の入る余地があるわけがありません。現代の教会には霊の力は一欠片もありません。あるのは、又しても白塗りの墓(口に説くことと腹の中とが違う偽善的宗教者)、干乾びた骨(真理の豊かさを身に付けていない、精神の痩せこけた宗教家)、豪華な建造物です。見た目には華麗でも霊の照明がない為に死の如く冷ややかで不毛で荒涼としております。更にいけないのは、そうした本来の宗教とは無縁の、干乾びた神学的教義の収納所となってしまった教会内に霊が働きかけようとしても、それを全く受付ようとしなくなっていることです。
 いささか辛辣過ぎたかも知れませんが、しかし何が悲しいといって、本来は先頭に立って指導すべき立場にある者が、こうした大切な霊的真理のこととなると、しんがりに回っているということ程情けない話はありません。みんな善人ばかりです。罪なき人生を送ろうと心掛けている真面目な人達です。が、宗教の全てが基盤とすべき霊的なものに完全に無感覚になっているのです。霊性のないところに宗教はありません。〝文字は殺し霊は生かす〟(コリント)のです。霊のないところに生命は存在しないのです。
 もしも教会がそれ本来の目的を果たしていれば、言い換えれば、もしも神学的教義・儀式・慣習という脇道へ逸れることがなかったならば、こうして私のような者がわざわざ戻って来て、神の計画の中での地球の本来の位置を維持する上で不可欠の霊的連絡関係を回復する為の努力をする必要もなかったことでしょう。
 神に仕える者と自認する聖職者達も、今では神について、神の働きについて、或いはこの巨大な宇宙を支配している大自然の摂理について何も知りません。しかも、霊界からの働きかけに抵抗し反抗しようとするのですから、愚かとしか言いようがないのです。
 こうした聖職者達は何世紀も昔の霊の働きかけの物語は信じながら、同じ霊が今日でも顕現出来るということを信じようとしないのは、一体なぜなのでしょう。彼等が説いていることは実はイエスとは何の関係もないことばかりです。
 その点あなた方は他の世界各地の方と同様、イエス自ら言った通りにイエス以上の仕事をすることが出来る、恵まれた方達なのですが、そういうあなた方は、彼等からすれば邪教の徒なのです。キリストの名にちなんで出来たキリスト教界が相も変わらずキリストそのものを裏切り続けている事態を見て、キリストご自身がどれ程悲しい思いをされているか、一度その人達に見て頂きたい気持です。
 霊力は一つの計画の下に働きます。幾世紀にも亘ってその時代の宗教を通して顕現しようとして来ました。それを受け入れる霊能者や霊媒は必ずどこかにおりました。その人達が行ったことを無知な人は〝奇跡〟だと思いましたが、それこそが霊的法則の生々しい顕現のしるしだったのです。それは今日有能な霊媒による交霊会で見る現象や治療家による奇跡的な治療と同じで、人間を通して霊力が働いたその結果なのです。不変・不滅の大霊から出る同じ霊力なのです。簡単なことなのです。
 そうした霊力の激発の度に、既得権力の座にある教会関係者すなわち教義作成者、神学者、学識者が集まって詭弁を弄しました。そして神からのインスピレーションを自分達が拵えた決まり文句と置き換えました。しかし、いかに頭のいい人が拵えたものでも、所詮は人間の頭脳から出たものに過ぎませんから、それはいつかは力を失う運命にありました。霊が生命を与えるのです。神学は本質そのものが不毛なのです。
 測り知れない努力の繰り返しの末に、霊界の上層部において、最早地上への流入は既成の宗教界を通じては無理との判断のもとに、宗教界とは無縁の者を通じて行うとの決断が下されました。そして、ここにお出での皆さんのように何の宗教的肩書も持ち合わせない普通の人々が霊力の受け皿として養成され、各自がイエスと同じように霊の威力を実際に見せ、又同じような現象を演出してみせることになったのです。
 教会、寺院、チャペル(キリスト教の礼拝堂)、シナゴーグ(ユダヤ教の礼拝堂)を通して支配力を行使している者達が何と喚こうと、霊力は既に根付いております。最早、いかなる力をもってしてもこれを消すことは出来ません。挫折させることも出来ません。ますます勢いを増しながら地上世界を元気付けて行くことでしょう。是非ともそうあらねばなりません。何者によっても阻止されることはありません。
 このように、私は霊的真理と霊的実在についての知識の普及に全面的に賛成ですが、施設や建造物には全く関心がありません。私の関心の対象は大霊の子としての人間そのものです。私はその大霊の子等が真の自我を見出し、霊的遺産を理解し、天命を全うするところに、物的宇宙創造の目的があると理解しております。我々の仕事は、可能な限りの手段を尽くして人間を一番望ましい方法で指導し、一刻も早く霊的な受け入れ態勢を整えさせてあげることです。その段階から種子が芽を出し始めるのです。
 一方には宗教界の指導者の感化を仕事としている霊団もいます。個人的に指導しているのです。何とかして本当の自分自身と、自分に存在を与えている力、存在の意味、そして聖職者として為すべきことについて、地上生活が終わらない内に理解させる必要があるのです。
 これまで地上には数々の帝国が生まれましたが、いつしか滅んでいきました。独裁者が出現しましたが、やがて消えていきました。宗教が権力を振るったことがありましたが、必ず没落していきました。大霊は歩みを止めることがありません。この霊力はこれからも顕現し続けます。悲観する余地はどこにもありません。
 既成宗教がこのまま真理の光を見出せないままでいると、精彩を失い暗闇に包まれて行きます。ですから、霊的真理を広めることが大切なのです。ですが、私に啓示された知識の限りで言えば-その限りでしか言いようがないのですが-一番大切なことは(そうした組織ではなく)個人に目を向け、霊力の顕現の窓口となる霊的資質の開発を通じて、一人一人を霊的に甦らせることです。いささかなりとも神の使節としての仕事が出来る我々は、実に光栄この上ないことです。この光栄は最早既成の宗教団体では浴せません。心の奥では自分でも信じられなくなっている古びた決まり文句を平気で口にします。とっくの昔に意義を失っている型通りの文句と使い古した儀式と慣例を繰り返すのみです。
 そうした教会や大聖堂や寺院は、そこに霊力が機能しなくなった為に不毛で荒涼とし死物と化しております。生命を与えるのは霊なのです。彼等はその霊、彼等の言う聖霊を否定するようなことばかり繰り返しているのです。そこでその聖霊の方が彼等に見切りをつけ、我々のように別に風変わりな式服を纏わず、説教壇に立つこともせず、ただ霊力の通路として一身を提供する者を活用して、神の計画の中においては誰一人として無視されたり見落とされたりすることがないことを証明せんとしているのです」

 《真実の祈りは心の奥底から油然として湧き出るものです。神に挨拶する為の機械的な口上手段ではありません。スピリチュアリストをもって任じている人も、もし日常生活においてその霊的真理の意味を生かすような生き方をしていなければ、何の徳にもなりません。私達はラベルは崇めません。大切なのは、自分はこういう者ですと自ら称していることではなくて、普段行っている行為です》
 シルバーバーチ
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ