初訪問者はこちら
自殺してはならない理由


 過去幾世紀もの間人間は自由意志の問題に追いかけられ続けてきた。果して人間は自分の運命を変えることが出来るのだろうか。絶対的自由というものはあるのだろうか。それとも限定的自由なのだろうか。これは人間にとって極めて理解し難い問題であるが、関心を寄せる方が多いので本章をこの問題に当てて、シルバーバーチの意見に耳を傾けて頂くことにした。

 「男性と女性とが互いに足らざるところを補い合って全体を完成させる-理性で解答の出ないところは直感で補う-これは〝補完の摂理〟の一つの側面です。人間には自我の開発の為のチャンスが常に与えられております。それをどう活用するかは本人の自由意志に任されております。
 人生に偶然はありません。偶発事故というものはありません。偶然の一致もありません。全てが不変の自然法則によって支配されております。存在のどの側面を分析しても、そこには必ず自然法則が働いております。人間もその法則の働きの外には出られません。全体を構成する不可欠の一部だからです。
 その法則はあなた方が何等かの選択をした際に確実に働いてきました。選択をするのはあなた方自身です。その際あなた方を愛する霊による導きを受けておられます。足下を照らす光としての愛です。それに素直に従えば意義ある人生を歩むことになる、そういう愛です。
 愛は生命と同じく不滅です。物的なものはその本性そのものが束の間の存在ですから、いつかは滅ぶ運命にありますが、霊的なものは永遠に不滅です。愛の本性は霊的なものです。だからこそ永続性があるのです。死を超えて存在し続けます。バイブルにあるように愛とは神の摂理を成就することです」

-全ての道は同じ目的地に通じているのでしょうか、それとも目的地というものは無いのでしょうか。

 「〝目的地〟という用語が厄介です。私なりに言わせて頂けば、全ての道は造化の霊的大始源に通じております。宇宙の大霊、あなた方の言う神は無限なる存在です。となると、完全なる愛と叡智の権化であるその大霊に通じる道も又無限に存在することになります。大霊とは生命であり、生命とは大霊です。生命ある存在は誕生によって頂く遺産として神性を宿しております。そして地球という惑星上の全生命は究極において唯一の霊的ゴールに通じる道を辿りつつ永遠の巡礼の旅を続けております。どの道を辿るかは問題ではありません。巡礼者の一人ひとりが真摯に自我の向上を求め、責任を遂行し、与えられた才能を開発して、その人が存在したことによって他の人が霊的な豊かさを得ることが出来るようにという、誠実な動機をもって生きればそれでよいのです」

-(核実験のような)人間の行っていることが原因で地球が滅びるのではないかと心配している若者が多いのですが・・・・

 「この惑星が滅びてしまうことはありません」

-人類が滅びることもないのでしょうか。

 「ありません。人類も生存し続けます。人間がこの惑星に対して為しうることは、自然法則によって自ずから限界があります。惑星全体をそこの生命もろともに消滅させてしまうことは出来ません。しかし、そこにも自由意志の要素が絡んでおります。つまり内部に宿る神性に目覚めるか、それともそれを無視するかです。無視すれば霊的向上は望めません。霊的な身支度が出来ないまま私達の世界へやってまいります。そうしてもう一度初めからやり直さなければなりません。いかなる人間も、たとえ集団組織をもってしても、神の意志の実現を挫けさせることは出来ません。その進行を遅らせることは出来ます。手を焼かせることは出来ます。妨害することは出来ます。しかし宇宙を支配しているのは無限なる叡智と愛です。いつかは必ず行き渡ります。それが神の意志だからです」

-私達人類は既に多くのものを破壊し、それはもう元には戻せません。その多くは私達の住むこの大地にあったものでした。その大地も限りある存在です。

 「しかしその大地には莫大な潜在的資質が隠されています。まだまだ多くのものが明かされていきます。多くのものが発見されてまいります。人類は進化の終局を迎えたわけではありません。まだまだ初期の段階です。
 霊的真理を悟った方は決して絶望しません。それまでに明かされた知識が楽観的にさせるからです。その知識を基礎として、霊力というものに絶対的な信頼を抱くことが出来るのです。永い人類の歴史には数々の災禍がありました。が、人類はそれを立派に乗り越えて来ました。我ながら感心する程の強靱さをもって進歩してまいりました。これからも進歩し続けます。なぜなら、進化することが自然の摂理だからです。霊的進化も同じ摂理の顕れです」

 (別の日の交霊会で)
-自由意志は、例えば宿業(カルマ)によってどの程度まで制約を受けるのでしょうか。

 「人生は全てが自然の摂理によって規制されております。気紛れな偶然や奇跡などによって動かされているものは何一つありません。全てが原因と結果、種蒔きと刈り入れです。さもなければ宇宙は混乱状態に陥ります。いずこをご覧になっても無限の叡智から生まれた無限の構想の中で自然法則が働いている証拠を見出すことが出来ます。
 例えば四季の巡りがそれです。惑星と星雲の動きがそれです。潮の満ち引きがそれです。花々の美事な生育ぶりがそれです。それらの全てが自然法則によって支配されているのです。となれば、その法則の枠組みを超えたものは絶対に起きないということですから、幾ら自由といっても、そこには自ずから限界がある-法則という神の力による制約があることになります。しかし、法則の裏側にも法則があります。物理法則だけではありません。精神的法則もあり、霊的法則もあります。
 あなたが生き、呼吸し、存在しているのは、あなたという霊が受胎によって物質と結合して個的存在を得たからです。その個的存在が徐々に発達していきつつあるのです。その発達過程においてあなたには自由意志という要素、つまりその時々の環境条件の中で道を選択する力或いは判断力を駆使出来ることになっております。あなたが最良にして最高の選択をなされば、あなたの民族の為に、世界の為に、森羅万象の為に、宇宙の霊的発達と進化の為に貢献することになります。なぜなら、あなたの霊は宇宙の大霊の一部だからです。
 宇宙の隅々まで支配している神性とあなたも繋がっているということです。あなたはミクロの大霊なのです。大霊が具えている神性の全てをあなたも所有しており、それを開発していく為の永遠の時が用意されているのです。
 明日の朝あなたはいつもより一時間早く起きようと遅く起きようと、或いは起きずに終日ベッドに潜っていようと、それはあなたの自由です。起きてから散歩に出かけようとドライブしようと、それも自由です。腹を立てるのも自由です。冷静さを取り戻すのも自由です。その他、あなたには好き勝手に出来ることが色々とあります。
 しかしあなたは太陽の輝きを消す力はありません。嵐を止める力はありません。あなたの力を超えたものだからです。その意味であなたの自由意志にも限界があります。それからもう一つ別の限界もあります。これまでにあなたが到達した精神的並びに霊的進化の程度です。例えば人を殺める行為は誰にでも出来ます。が、その行為に至らせるか否かは、その人の精神的並びに霊的進化によって決まることです。ですから、あなたに選択の自由があるとはいっても、その自由はその時点でのあなたの霊的本性によって制約を受けていることになります。宇宙にはこうしたパラドックス-一見すると矛盾しているかに思える真実-が色々とあります。自由意志といっても常に何等かの制約を受けるということです。
 さて、ここで私はもう一歩踏み込まねばなりません。あなたがカルマの問題をお出しになったからです。このカルマも非常に大きな要素となっております。なぜなら、地上に誕生して来る人の中には予めそのカルマの解消を目的としている人が少なくないからです。たとえ意識へ上って来なくても、その要素が自由意志にもう一つ別の制約を加えております」

-良心の問題ですが、これは純粋に自分自身のものでしょうか、それとも背後霊の影響もあるのでしょうか。

 「あなた方人間は受信局と送信局とを兼ねたような存在です。純粋に自分自身の考えを生み出すことは極めて稀です。地上のラジオやテレビにチャンネルとかバイブレーション(振動)-フリークエンシー(周波数)が適切でしょう-があるように、人間にもそれぞれのフリークエンシーがあって、その波長に合った思想、観念、示唆、インスピレーション、指導等を受信し、今度はそれに自分の性格で着色して送信しています。それを又他の人が受信するわけです。(地上の人間同士の場合もある-訳者)
 その波長を決定するのは各自の進化の程度です。霊的に高ければ高い程、それだけ感応する思念も程度が高くなります。ということは、発信する思念による影響も高度なものとなるわけです」

 改めて自由意志についての質問に答えて-
 「完全に自由な意志が行使出来る者はいません。自由といってもある限られた範囲内での自由です。あなたの力ではどうにもならない環境条件というものがあります。魂は、再生するに当たって予め地上で成就すべき目的を自覚しております。その自覚が地上で芽生えるまでには長い長い時間を要します。魂の内部には刻み込まれているのです。それが芽生えないままで終わった時は、又再生して来なければなりません。首尾よく自覚が芽生えれば、漸くその時点から、物質を纏った生活の目的を成就し始めることになります。(次章48頁〝訳者注〟参照)
 人間の本性を私が変えるわけにはまいりません。その本性は実に可変性に富んでおります。最高のものを志向することも出来れば、哀れにもドン底まで落ち込むことも出来ます。そこに地上へ再生して来る大きな目的があるのです。内部には霊的な可能性の全てが宿されております。肉体は大地から貰いますが、それを動かす力は内部の霊性です。
 人生をどう生きるか-霊のことを第一に考えるか、それとも物質を優先させるか、それは本人の自由意志の選択に任されております。そこに人間的問題の核心があるのですが、援助を求めてやって来た人にあなたは、その選択に余計な口出しをせずに、必要な援助を与えなければいけません。援助が効を奏さなければそれ以上構う必要はありません。(それであなたの責任は終わったということです、と別の所で述べている-訳者)縁あってあなたの下を訪れたということは、その人にとって自我を見出す絶好機が巡って来たということです。成功すれば、あなたは他人の為に自分を役立てる機会が与えられたことに感謝なさることです。もし失敗したら、その人のことを気の毒に思ってあげることです」

 別の招待客がこう尋ねた-「自由意志はどういう具合に働くのでしょうか。私がこの疑問を抱いたのは Two Worlds の記事の中であなたが〝時間は永遠の現在です〟と仰っているのを読んだからです。もしも私がこれまでの人生を粒さに点検することが出来れば、自分が下した決断や因果律の働きの全てが繋がって見える筈です。又もし未来を覗くことが出来れば、これから先のことも全て分かることになります。もしそうだとすると、どこに私の自由意志の働く余地があるのでしょうか」

 「こういう言い方は失礼かも知れませんが、あなたの認識は少し混乱しております。時間は永遠の現在です。過去でもなく未来でもありません。それがあなたの過去となり未来となるのは、その時間との関わり方によります。とても説明しにくいのですが、例えば時間というものを回転し続ける一個の円だと思ってください。今その円の一点に触れればそこが現在となります。既に触れた所を、あなた方は過去と呼び、まだ触れていない所を未来と呼んでいるまでのことです。時間そのものには過去も未来も無いのです。
 〝未来を覗く〟と仰いましたが、それは三次元の物質界との関わりから離れて霊視力ないしは波長の調整によってこれから生じるものを見る、その能力が働いたに過ぎません。つまりあなたの行為によって作動させた原因、言い換えれば自由意志が生み出した原因から生じる結果をご覧になるだけです。それは時間そのものには影響を及ぼしません。時間との関係が変わるだけです」

 訳者注-〝時間は永遠の現在〟というのは〝宇宙は無限〟というテーマと同じく、この肉体に宿っている限り絶対に理解出来ないことであろう。ただそれが事実であることを暗示する体験は確かに存在する。崖から落下する僅か二、三秒の間にそれまでの全体験をじっくり見てその一つ一つを反省したとか、車にはねられて数メートル飛ばされるその一瞬の間にやはり全生涯を思い出したとかいうのがそれである。信じられないことであるが、本人は事実それを体験したのであるから、そういうことも有り得るということを認めざるを得ない。それがシルバーバーチの言う〝三次元の物質界から離れる〟ということで、実在の側から見れば別段驚く程のことではないのであろう。逆の見方をすれば、人間というのは所詮は物質によって三次元の世界に閉じ込められた小さな存在だということであろう。がしかし、だからこそこの地球という物的生活環境にもそれならではの体験もあるということになる。
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ クラウドファウンディングの案内