-寿命は前もって決まっているのでしょうか、それとも体力その他の要素の問題なのでしょうか。

「ありとあらゆる要素が絡んでおります。物的身体は魂が体験を得るために欠かすことのできない大切な道具です。魂と身体は二人三脚です。が、そのことは別として、地上の寿命は、大抵の場合、前もって分かっております。
 物的身体と霊的自我とを完全に切り離して考えてはいけません。両者はがっちりと組み合わさり、前者は後者を制約し、後者は前者に生気を与えております。一個の人間の存在をバラバラに分解して考えてはいけません。幾つもの要素が組み合わさって一個の存在を形成しており、しかも、その一つ一つの要素が互いに反応し合っております。それぞれの要素が組み合わさり、融合し合って、あなたという一個の存在を形成しているのです」

-たとえば船の事故で千人の溺死者が出たとします。その千人は、丁度その時期に地上との縁が切れることになっていたのでしょうか。魂の成長の為に与えられた地上での寿命が、丁度同じ時期に終るように運命づけられていたのでしょうか。

「霊的なことを地上の言語で表現することはとても難しいです。あなたの仰る[運命づけられた]という表現を用いますと、では誰によって、何を規準に?という疑問が生じます。多分皆さんの頭の中には、大霊が死ぬべき人間を船に乗せておいて事故を起させたような図を想像しておられるのでしょうけど、そういうものではありません。人生の千変万化の人間模様の背後に大自然の摂理が働いていて、その結果として事故が発生しているのです。
 肉体にはいずれ死が訪れます。死によって霊が肉体から解放されるのです。その意味では、肉体の死は霊の誕生です。その死を地上の人間は悲劇とみますが、我々霊界の者にとっては少しも悲しむべきことではありません。霊界への誕生なのですから、死は自由解放への扉を開いてくれる恩人です。煩わしい地上の悩み事から解放してくれるのです。特殊な例外を除いて、死は罰ではなく、報酬です。ですから、死というものを、何としても食い止めねばならない悲劇と見ないで、魂が本来の自我を見出すために仕組まれた、大自然の生命活動の一環と見るべきです」

投書(七)-今地上には様々な病気で無数の人が苦しんでいますが、その人達はみな過去世の過ちの償いをしているのでしょうか。そうやって苦しむ為に地上へ戻ってきているのでしょうか。

「苦難は生命進化の大道における不可欠の要素です。では苦難の法則がどのように働いているかとなると、簡単には説明できません。霊的な因果律の働きを考慮せずに、ただ表面の物的現象だけで推断するのは禁物です。といって因果律は目に見えませんから、そういうものの存在を信じるほかありません。つまり大霊は愛と叡智の極致ともいうべき存在ですから、究極においては必ず公正が行きわたるようになっていると信じることです。
 地上人生は全存在のホンの一側面にすぎません。地上生活がすべてではないのです。その間の出来事についてもきちんとした埋め合わせと償いの法則が働いています。欠片ほどの短い人生の表面だけを見て大霊のなさることを批判すると間違いを犯します。それは他の大きな側面を無視することであり、それすら全体の一部にすぎないからです。
 何一つ忘れ去られることはありません。何一つ見落とされることもありません。何一つ無視されることもありません。摂理がすべてを支配しているのです。あらゆる存在が、あらゆる側面が、大きい・小さい、単純・複雑の違いの別なく、永遠に不変の摂理によって支配されているのです。
 どうしても理解に苦しむことがあれば、それはまだ自分には理解力の及ばないことがあると観念すべきです。人間は、物的身体を媒体として生活するという宿命的な制約を課せられています。しかし、そうしたものにおかまいなく、[愛]はすべてのものに作用しているのです。大霊とは愛にほかならないのです。愛は必ずいつかは目的を成就します。
 私たちがこうして皆さんのもとに帰って来るのも、あなた方への愛があればこそです。必要とあればどんなことでもいたします。が、余計なこと、無益なことはいたしません。あなた方にその価値が分かるものしかお教えしません。理解力というのは魂の成長から生まれるものです。梯子を一段高く上がって初めて、その次の一段が見えるようになります。その梯子が無限の彼方へと続いているのです。
 その梯子の低い段階にいるあなた方に代わって、私たちがすべての問題を解決してあげるわけにはまいりません。冷たい心でそう申し上げるのではありません。物的身体に包まれたあなた方には理解できない要素があり、私たちが代わって解答を教えてあげることは余計なことであり、無駄なことだからです。
 どうしても理解できないことは、これまでに授かった霊的真理を頼りとして[信念]をもつことです。根拠のない手前勝手な信念ではありません。スピリチュアリズムによって明らかになった霊的実在に得心がいき、その理解のもとに、人生のすべてが大霊の愛と叡智によって支配されていて、自分もその中にあるのだということを確信する、そういう信念です。その信念をもつに至れば、自分および自分のまわりに何事が起きようと、それは大霊の思し召しなのだという理解が生まれるはずです。
 私は断言します、地上生活で生じるいかなる苦難も、自分の内部および外部の力を総動員しても解決できないほど大きなものはありません。その解決のための必死の努力が、霊性を磨き一段と大きく成長させるのです。地上生活の究極の目的はそこにあるのです。難問に遭遇し、それと格闘し、その結果として霊的成長を得るということです。
 もしもその信念に迷いが生じた時は、その迷いをいったん鎮め、冷静な精神状態のもとで、それまでにあなたが辿ってきた道を振り返り、大切な節目節目に必ず不思議な力が働いてそこまで導かれてきたことを、改めて確認することです。あなた方は、この地上にあってこうした素晴らしい霊的知識との出会いがあり、それが生涯を通じて導きの光となったということは、大変幸せなことです。
 霊的に見れば、かつて地上で愛の繋がりのあった人々や、地上的な縁はなくても霊的な親和力によって結ばれている、いわゆる類魂との関係が強化されるということです。
 そうした背後霊団が望んでいることは、その協力関係によって他の多くの、無知の闇の中にいる人々を救ってあげることです。私たちがこうして地上へ帰って来た目的もそこにあります」

メンバーの一人-こうした素晴らしい知識を聞かせて頂く私たちは、本当に幸せだと感謝しております。

「私こそあなた方に感謝しておりますよ。あなた方の協力があればこそ、ささやかとはいえ、暗闇に光明をもたらすことができているのです。その光明を一段と強力なものとして伝道の道を歩んでいただきたいのです」