別の日の交霊会で[サイキック・ニューズ]紙のレポーターをしているクリス・ライダー氏がフィアンセと一緒に招待されていた。
 まずシルバーバーチの方から歓迎の挨拶をした。
 「この交霊会にお若い方をお迎えするのを私はいつも楽しみにしています。地上人生の早いうちから霊的知識と出会って、大変幸せな方だと思うからです。
 地上界が抱える問題の一つは、無意味な生活をしている人が多すぎることです。自分がどちらへ向かっているのかを知りません。自分がどこにいるのかも知りません。何の為に生まれてきたのかも分からずにいます。
 地上生活の何もかもが、そういう人にとって無意味に思えるのです。人生とは大きな[?]にすぎません。神という言葉も、それが何であるかを知らずに使っております。自我を成長させるチャンス-内在する美と威厳と気高さと壮大さと豊かさを発見させる機会をことごとく失っております。肉体的にはちゃんと目と耳と口をそなえていても、霊的には何も見えず、何も聞こえず、何も語ることができません。
 こうした人達が地上を去って私たちの世界へ来た時、意識的にも能力的にも、新しい次元への備えがまったくできていないために、こちらで一からやり直さないといけないのが厄介なのです。訓練学校である地上界の方がよほど学び易いのです。
 その点、あなたは既に永遠不変の霊的真理を知り、無限の生命機構の一端を理解し、自らもその活動に参画し、人のために役立つことをするとの大切さもご存知です。
 もとよりそれは口で言うほど簡単にできることではありません。いろいろと難しいことが生じます。問題も起きます。しかし、そういうものを嫌って安楽な道を選ぶ人は、私には用はないのです。
 そうした葛藤を強いられるのは、あなたの地金を試すためです。克服すべきものとして次々と困難が用意されるのです。それを一つ克服するごとに、内在する霊的能力と霊性がより大きく発現するのです。
 忘れないでください。私たちは地上のガンともいうべき唯物主義の勢力と、かつてない大規模な闘争を繰り広げているのです。その最前線で将軍として活躍して頂く人材は、その役柄に相応しい霊力を身に付けてもらう為に鍛え上げないといけません。
 ですから、あなたも困難を歓迎しないといけません。地上生活で生じるいかなる困難も、背後霊団の力で克服できないものはありません。今夜この会に集まっている方々は、信じられないほどの働きかけを身をもって体験しておられる方ばかりです。
 その力は、あなたの意志で操ることはできません。こうあってほしいというあなたの望み通りに従わせることはできません。命令はできないのです。
 が、同時に、霊団側が一方的に命令を下すこともしません。この道の仕事はあくまでも協調です。今日ご出席のベテランのメンバーに聞いてごらんなさい。もうダメだと思った窮地、それこそ十一時五十九分になって、救いの手が差し伸べられたという経験をお持ちの方ばかりです。
 いかがですか、皆さん、今私が述べたことに反論なさりたい方がいらっしゃいますか」