英国のみならず広く海外でも活躍している古くからのスピリチュアリスト(注)が招待され、シルバーバーチは「霊的知識に早くから馴染まれ、その道を一途に歩まれ、今や多くの啓示を授かる段階まで到達された人」として丁重にお迎えした。(名前は紹介されていない。推測する手掛かりも見当たらない。霊言集にはこのように名前を明かしても良さそうなのに、と思えるケースがよくあるが、多分、公表は控えて欲しいとの本人の要望があるのであろう。これもシルバーバーチの影響かも知れない-訳者)

シルバーバーチ「思えば長い道のりでした。人生の節目が画期的な出来事によって織り成されております。しかし、それも全て、一つの大きな計画の下に愛によって導かれていることをあなたはご存知です。暗い影のように思えた出来事も、今から思えば計画の推進に不可欠の要素であったことが分かります。あなたがご自分の責務を果たすことが出来たのは、あなた自身の霊の感じる衝動に暗黙の内に従っておられたからです。
 これより先、その肉体を大地へお返しになられるまでにあなたに課せられた仕事は、とても意義深いものです。これまで一つ一つ段階を追って多くの啓示に接して来られましたが、これから先更に多くの啓示をお受けになられます。これまではその幾つかをおぼろげに垣間見て来られたのであり、光明の全て、啓示の全てが授けられたわけではありません。それを手にされるには、ゆっくりとした発達と霊的進化が必要です。私の言わんとするところがお分かりでしょうか」

 「よく分かります」

シルバーバーチ「これは一体どういう目的があってのことなのか-あなたはよくそう自問して来られましたね?」

 「目的があることは感じ取れるのです。目的があること自体を疑ったことはありません。ただ、自分の歩んでいる道のほんの先だけでいいから、それを照らし出してくれる光が欲しいのです」

シルバーバーチ「あなたは〝大人の霊〟です。地上へ来られたのはこの度が最初ではありません。それは分かっておられますか」

 「そのことについてはある種の自覚をもっております。ただ、今ここで触れるつもりはありませんが、それとは別の考えがあって、いつもそれとの葛藤が生じます」

シルバーバーチ「私にはその葛藤がよく理解出来ます。別に難しい問題ではありません。その肉体を通して働いている意識と、あなたの本来の自我である、より大きな側面の意識との間の葛藤です。有象無象のこの世的概念から離れて霊の力に満たされると、魂が本来の意識を取り戻して、日常の生活において五感の水際に打ち寄せてしきりに存在を認めて欲しがっていた、より大きな自我との接触が得られます。
 先程仰った目的のことですが、実は霊の世界から地上へ引き返し、地上人類の為に献身している霊の大軍を鼓舞し動かしている壮大な目的があるのです。無知の海に知識を投入すること、それが目的です。暗闇に迷う魂の為に灯火を掲げ、道を見失える人々、悩める人々、安らぎを求める人々に安息の港、聖なる避難所の存在を教えてあげることです。私達を一つに団結させている大いなる目的です。宗教、民族、国家、その他ありとあらゆる相違を超越した大目的なのです。その目的の中にあってあなたもあなたなりの役目を担っておられます。そしてこれまで多くの魂の力になって来られました」

 「ご説明頂いて得心がいきました。お礼申し上げます」

シルバーバーチ「私達がいつも直面させられる問題が二つあります。一つは惰眠を貪っている魂に目を覚まさせ、地上で為すべき仕事は地上で済ませるように指導すること。もう一つは、目覚めてくれたのはよいとして、まずは自分自身の修養を始めなければならないのに、それを忘れて心霊的な活動に夢中になる人間を抑えることです。神は決してお急ぎになりません。宇宙は決して消滅してしまうことはありません。法則も決して変わることはありません。じっくりと構え、これまでに啓示されたことは、これからも啓示されて行くことがあることの証明として受け止め、自分を導いてくれている愛の力は自分が精一杯の努力を怠りさえしなければ、決して自分を見捨てることはないとの信念に燃えなくてはいけません」

 実はこの老スピリチュアリストは今回の交霊会に備えて三つの質問を用意していた。その問答を紹介しておく。

 「私の信じるところによれば人間は宇宙の創造主である全能の神の最高傑作であり、形態並びに器官の組織において大宇宙(マクロコズム)のミクロ的表現であり、各個が完全な組織を具え、特殊な変異は生まれません。しかし一体その各個の明確な個性、顔つきの違い、表情の違い、性向の違い、その他、知性、身振り、声、態度、才能の差異も含めた一人一人の一見して区別出来る個性を決定付ける要因は何なのでしょうか」

シルバーバーチ「これは大変な問題ですね。まず物質と霊、物質と精神とを混同なさらないでください。人間は宇宙の自然法則に従って生きている三位一体の存在です。肉体は物的法則に従い、精神は精神的法則に従い、霊は霊的法則に従っており、この三者が互いに協調し合っております。かくして法則の内側に法則があることになり、時には、見た目に矛盾しているかに思えても、その謎を解く鍵さえ手にすれば本質的には何の矛盾もないことが分かります。法則の裏際に法則があると同時に、一個の人間の様々な側面が交錯し融合し合って、常に精神的・霊的・物的の三種のエネルギーの相互作用が営まれております。そこには三者の明確な区別はなくなっております。肉体は遺伝的な生理的法則に従っておりますし、精神は霊の表現ですが、肉体の脳と五官によって規制されております。つまり霊の物質界での表現は、それを表現する物質によって制約を受けるということです。かくしてそこに無数の変化と組み合わせが生じます。霊は肉体に影響を及ぼし、肉体も又霊に影響を及ぼすからです。これでお分かり頂けるでしょうか」

 「大分分かって来ました。これからの勉強に大いに役立つことと思います。では次の質問に移らせて頂きます。人間はその始源、全生命の根元から生まれて来るのですが、その根元からどういう段階を経てこの最低次元の物質界へ下降し、物的身体から分離した後(死後)今度はどういう段階を経て向上し、最後に〝無限なる存在〟と再融合するのか、その辺のところをお教え頂けませんか」

シルバーバーチ「これも又大きな問題ですね。でも、これは説明が困難です。霊的生命の究極の問題を物的問題の理解の為の原語で説明することはとても出来ません。霊的生命の無辺性を完全に説き明かせる言語は存在しません。ただ単的に、人間は霊である、但し大霊は人間ではない、という表現しか出来ません。
 大霊とは全存在の究極の始源です。万物の大原因であり、大建築家であり、王の中の王です。霊とは生命であり、生命とは霊です。霊として人間は始めも終わりもなく存在しています。それが個体としての存在を得るのは、地上に限って言えば、母胎に宿っていた時です。物的身体は霊に個体としての存在を与える為の道具であり、地上生活の目的はその個性を発現させることにあります。
 霊の世界への誕生である死は、その個性をもつ霊が巡礼の旅の第二段階を迎える為の門出です。つまり霊の内部に宿る全資質を発達、促進、開発させ、完成させ、全存在の始源により一層近付くということです。人間は霊である以上、潜在的には神と同じく完全です。しかし私は人間は神の生命の中に吸収されてしまうという意味での再融合の時期が到来するとは考えません。神が無限である如く(生命の旅も)発達と完全へ向けての無限の過程であると主張する者です」

 「よく分かります。お礼申し上げます。次に三つ目の質問ですが-今仰られたことがある程度まで説明してくださっておりますが-人間は個霊として機械的に無限に再生を繰り返す宿命にあると説く輪廻転生論者がいますが、これは事実でしょうか。もしそうでないとすれば、最低界である地上へ降りて来るまでに体験した地上以外での複数の前生で蓄積した個性や特質が、今度は死後、向上進化して行く過程を促進もし渋滞もさせるということになるのでしょうか。私の言わんとしていることがお分かり頂けますでしょうか」

シルバーバーチ「こうした存在の深奥に触れた問題を僅かな言葉でお答えするのは容易なことではありませんが、まず、正直に申して、その輪廻転生論者がどういうことを主張しているか私は知りません。が私個人として言わせて頂けば-絶対性を主張する資格はないからこういう言い方をするのですが-再生というものが事実であることは私も認めます。それに反論する人達と議論するつもりはありません。理屈ではなく、私は現実に再生して来た人物を大勢知っているのです。どうしてもそうしなければならない目的があって生まれ変わるのです。預けた質を取り戻しに行くのです。
 但し、再生するのは同じ個体の別の側面です。同じ人物とは申しておりません。一個の人間は氷山のようなものだと思ってください。海面上に顔を出しているのは全体のほんの一部です。大部分は海中にあります。地上で意識的生活を送っているのはその海面上の部分だけです。死後再び生まれて来た時は別の部分が海面上に顔を出します。潜在的自我の別の側面です。二人の人物となりますが、実際は一つの個体の二つの側面ということです。霊界で向上進化を続けると、潜在的自我が常時発揮されるようになっていきます。再生問題を物質の目で理解しようとしたり判断しようとなさってはいけません。霊的知識の理解から生まれる叡智の目で洞察してください。そうすれば得心がいきます」
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ