(一)-戦争になると友情、仲間意識といったものが鼓舞されるという意味では〝宗教心〟をより多く生み出すことになると言えないでしょうか。

 「それは全く話が別です。それは〝窮地〟に立たされたことに由来するに過ぎません。つまり互いの〝大変さ〟を意識し合い、それが同情心を生み、少しばかり寛容心が培われるという程度のことです。団結心にはプラスするでしょう。困った事態を互いに理解し合う上でもプラスになるでしょう。それまでの感情的わだかまりを吹き飛ばすこともあるでしょう。しかし真の宗教心はそれよりもっともっと奥の深いものです。魂の奥底から湧き出る〝人の為を思う心〟です。そして今こそ地上はそれを最も必要としているのです。
 何でもない真理なのです。ところが実はその〝何でもなさ〟が却って私達をこれまで手こずらせる原因となって来たのです。もっと勿体ぶった言い方、どこか神秘的な魅力をもった新しい文句で表現しておれば、もう少しは耳を傾けてくれる人が多かったのかも知れません。その方が何やら知性をくすぐるものがあるように思わせ、今までとはどこか違うように感じさせるからです。
 しかし私達は知識人ぶった人間を喜ばせる為の仕事をしているのではありません。飢えた魂に真理の糧を与え、今日の地上生活と明日の霊的生活に備える方法をお教えしているのです。あなた方は永遠の旅路を行く巡礼者なのです。今ほんの僅かの間だけ地上に滞在し、間もなく、願わくば死後の生活に役立つ知識を身に付けて、岐(わか)れ道で迷うことなく、旅立つことになっております。あなた方は旅人なのです。常に歩み続けるのです。地上はあなた方の住処ではありません。本当の住処(ホーム)はまだまだ先です。
 人類はあまりに永い間真理というものを見せかけの中に、物的形態の中に、祭礼の中に、儀式の中に、ドグマの中に、宗教的慣習の中に、仰々しい名称の中に、派閥的忠誠心の中に、礼拝の為の豪華な建造物の崇拝の中に求めてまいりました。しかし神は〝内側〟にいるのです。〝外側〟にはいません。賛美歌の斉唱、仰々しい儀式-こうしたものはただの〝殻〟です。宗教の真髄ではありません。
 私は俗世から遁(のが)れて宗教的行者になれとは申しません。地上生活で滅多に表現されることのない内部の霊的自我を開発する為の生き方を説いているのです。それがより一層、人の為人類の為という欲求と決意を強化することになります。なさねばならないことは山程あります。ですが、大半の人間は地上生活において〝常識〟と思える知識ばかりを求めます。あまりに永いこと馴染んで来ている為に、それが既に第二の天性となり切っているからです」

(二)-休戦記念日に当たってのメッセージをお願いします。(訳者注-1918年に始まった第一次大戦の休戦日で、これが事実上の終戦日となった。毎年十一月十一日がこれに当たり二分間の黙祷を捧げる。こうした行事を霊界ではどう見ているか、日本の終戦記念行事と合わせて考えながら読むと興味深い。尚この日の交霊会は第二次大戦が勃発する1939年の一年前である)

 「過去二十年間に亘って地上世界は偉大な犠牲者達を裏切り続けて来ました。先頭に立って手引きすべき聖職者達は何もしていません。混迷の時にあって何の希望も、何の慰めも、何の導きも与えることが出来ませんでした。宗教界からは何等の光ももたらしてくれませんでした。訳の分からない論争と無意味な議論にあたら努力を費やすばかりでした。何かというと、神の目から見て何の価値もない古びた決まり文句、古びた教義を引用し、古びた祭礼や儀式を繰り返すだけでした。
 この日は、二分間、全ての仕事の手を休めて感謝の黙祷を捧げますが、その捧げる目標は、色褪せた、風化し切った過去の記憶でしかありません。英雄的戦没者と呼びながら実は二十年間に亘って侮辱し続けております。二分間という一時でも思い出そうとなさっておられることは事実ですが、その時あなた方が心に浮かべるのは彼等の現在の霊界での本当の姿ではなくて、地上でのかつての姿です。本来ならばそうした誤まった観念や迷信を取り除き霊の力を地上にもたらそうとする我々の努力に協力すべき立場にありながら、逆にそれに反抗する側に回っている宗教界は恥を知るべきです。戦死して二十年経った今尚、自分の健在ぶりを知ってもらえずに無念に思っている人が大勢います。それは地上の縁ある人が悉く教条主義のオリの中に閉じ込められているからに他なりません。
 聖俗を問わず、既得権力に対する我々の戦いに休戦日はありません。神に反逆する者への永遠の宣戦を布告する者だからです。開くべき目をあえて瞑り、聞くべき耳をあえて塞ぎ、知識を手にすべきでありながら敢えて無知のままであり続ける者達との戦いです。今や不落を誇っていた城砦が崩れつつあります。所詮は砂上に基盤を置いていたからです。強烈な霊の光が遂にその壁を貫通しました。もう、霊的真理が論駁されることはありません。勝利は間違いなく我々のものです。我々の背後に勢揃いした勢力はこの宇宙を創造しその全てを包含している力なのです。それが敗北することは有り得ません。挫折することは有り得ません」

(三)-これ程多数の戦死者が続出するのを見ていると霊的知識も無意味に思えてきます。
 (この頃第二次大戦が最悪の事態に至っていた-編者)

 「死んで行く人達の為に涙を流してはいけません。死に際のショック、その後の一時的な意識の混乱はあるにしても、死後の方が楽なのです。私はけっして戦争の悲劇、恐怖、苦痛を軽く見くびるつもりはありませんが、地上世界から解放された人々の為に涙を流すことはお止めなさい」

-でも戦死して行く者は苦痛を味わうのではないでしょうか。

 「苦しむ者もいれば苦しまない者もいます。一人ひとり違います。死んでいるのに戦い続けている人がいます。自分の身の上に何が起きたかが分からなくて迷う者もいます。が、いずれも長くは続きません。いずれ永遠への道に目覚めます。無論寿命を全うして十分な備えをした上でこちらへ来てくれるに越したことはありません。しかし、たとえそうでなくても、肉体という牢獄に別れを告げた者の為に涙を流すことはお止めになることです。その涙は後に残された人の為に取っておかれるがよろしい。こう言うと冷ややかに聞こえるかも知れませんが、とにかく死は悲劇ではありません」

-後に残された者にとってのみ悲劇ということですね。

 「解放の門を潜り抜けた者にとっては悲劇ではありません。私は自分が知り得たあるがままの事実を曲げるわけにはまいりません。皆さんはなぜこうも物的観点から物事を判断なさるのでしょう。是非とも〝生〟のあるがままの姿を知ってくださるよう願わずにはおれません。今生活しておられる地上世界を無視しなさいと申し上げているのではありません。そこで生活している限りは大切にしなくてはなりません。しかしそれは、これから先に待ち受ける生活に比べれば、ほんの一欠片に過ぎません。あなた方は霊を携えた物的身体ではありません。物的身体を携えた霊的存在なのです。ほんの一時だけ物的世界に顕現しているに過ぎません」

(四)-霊界の指導者は地上の政治的組織にどの程度まで関与しているのでしょうか。

 「ご承知と思いますが、私達は人間がとかく付けたがるラベルには拘りません。政党というものにも関与しません。私達が関心を向けるのは、どうすれば人類にとって為になるかということです。私達の目に映る地上世界は悪習と不正と既成の権力とが氾濫し、それが神の豊かな恩恵が束縛なしに自由に行き渡るのを妨げております。そこで私達はその元凶である利己主義の勢力に立ち向かっているのです。永遠の宣戦を布告しているのです。その為の道具となる人であれば、いかなる党派の人であっても、いかなる宗派の人であっても、いかなる信仰をもった人であっても、時と場所を選ばず働きかけて、改革なり改善なり改良なり-一語にして言えば奉仕の為に活用します」

-それには本人の自由意志はどの程度まで関わっているのでしょうか。

 「自由意志の占める要素は極めて重大です。ただ忘れてならないのは、自由意志という用語には一つの矛盾が含まれていることです。いかなる意志でも、自らの力ではいかんともし難い環境条件、どうしても従わざるを得ないものによって支配されています。物的要素があり、各国の法律があり、宇宙の自然法則があり、それに各自の霊的進化の程度の問題があります。そうした条件を考慮しつつ私達は、人類の進歩に役立つことなら何にでも影響力を行使します。あなた方の自由意志に干渉することは許されませんが、人生においてより良い、そして理に適った判断をするように指導することは出来ます。
 お話したことがありますように、私達が最も辛い思いをさせられるのは、時として、苦境にある人を目の前にしながら、その苦境を乗り切ることがその人の魂の成長にとって、個性の開発にとって、霊的強化にとって薬になるとの判断から、何の手出しもせずに傍観せざるを得ないことがあることです。各自に自由意志があります。が、それをいかに行使するかは各自の精神的視野、霊的進化の程度、成長の度合が関わってきます。私達はそれを許される範囲内でお手伝いするということです」

(五)-各国の指導的立場にある人々の背後でも指導霊が働いているのでしょうか。

 「無論です。常に働いております。又その関係にも親和力の法則が働いていることも事実です。なぜかと言えば、両者の間に霊的な親近関係があれば自然発生的に援助しようとする欲求が湧いて来るものだからです。
 例えば地上である種の改革事業を推進して来た政治家がその半ばで他界したとします。するとその人は自分の改革事業を引き継いでくれそうな人物に働きかけるものです。その意味では死後にもある程度まで、つまり霊の方がその段階を卒業するまでは、国家的意識というものが存続すると言えます。同じ意味で、自分は大人物であると思い込んでいる人間、大酒呑み、麻薬中毒患者などがこちらへ来ると、地上で似たような傾向をもつ人間を通じて満足感を味わおうとするものです」

-指導者が霊の働きかけに反応しない場合はどうなりますか。

 「別にどうということはありません。但し、忘れてならないのは、無意識の反応-本人はそれと気付かなくても霊界からの思念を吸収していることがあるということです。インスピレーションは必ずしも意識的なものとは限りません。寧ろ、大抵の場合は本人もなぜだか分からない内に詩とか曲とか絵画とかドラマとかエッセーとかを思いついているものです。霊の世界からのものとは信じてくれないかも知れません。が、要するにそのアイディアが実現しさえすれば、それでよいのです」

(六)-各国にその必要性に応じた霊的計画が用意されているのでしょうか。

 「全ての国にそれなりの計画が用意されています。全ての生命に計画があるからです。地上で国家的な仕事に邁進して来た人は、あなた方が死と呼ぶ過程を経てもそれを止めてしまう訳ではありません。そんなことで愛国心は消えるものではありません。なぜなら愛国心は純粋な愛の表現ですから、その人の力は引き続きかつての母国の為に使用されます。更に向上すれば国家的意識ないしは国境的概念が消えて、全ては神の子という共通の霊的認識が芽生えて来ます。しかし、私共はあらゆる形での愛を有効に活用します。少なくとも一個の国家でも愛しそれに身を捧げんとする人間の方が、愛の意識が芽生えず、役に立つことを何一つしない人間よりはマシです」

(七)-人類の福祉の為に霊界の科学者が地上の科学者にインスピレーションを送ることはあるのでしょうか。

 「あえて断言しますが、地上世界にとっての恵み、発明・発見の類の殆ど全部が霊界に発しております。人間の精神は霊界のより大きな精神が新たな恵みをもたらす為に使用する受け皿のようなものです。しかしその分量にも限度があることを忘れないでください。残念ながら人間の霊的成長と理解力の不足の為に、折角のインスピレーションが悪用されているケースが多いのです。科学的技術が建設の為でなく破壊の為に使用され、人類にとっての恩恵でなくなっているのです」

(八)-そちらからのインスピレーションの中には悪魔的発明もあるのでしょう?

 「あります。霊界は善人ばかりの世界ではありません。極めて地上とよく似た自然な世界です。地上世界から性質の悪い人間を送り込むことを止めてくれない限り、私達はどうしようもありません。私達が地上の諸悪を無くそうとするのはその為です。こちらへ来た時にちゃんと備えが出来ているように、待ち受ける仕事に直ぐ対処出来るように、地上生活で個性をしっかりと築いておく必要性を説くのはその為です」

       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ クラウドファウンディングの案内