牧師「私は神はイエス・キリストに一つの心の避難所を設けられたのだと思うのです。イエスはこう言われ・・・・」

 「お待ちなさい。私はあなたの率直な意見をお聞きしているのです。率直にお答え頂きたい。本に書いある言葉を引用しないで頂きたい。イエスが何と言ったか私には分かっております。私は、あなた自身はどう思うかと聞いているのです」

牧師「確かにそれでは公正とは言えないと思います。しかしそこにこそ神の偉大なる愛の入る余地があると思うのです」

 「この通りを行かれると人間の法律を運営している建物があります。もしその法律によって生涯を善行に励んで来た人間と罪ばかりを犯して来た人間とを平等に扱ったら、あなたはその法律を公正と思われますか」

牧師「私は、生涯を真直ぐな道を歩み、誰をも愛し、正直に生き、死ぬまでキリストを信じた人が・・・私は-」
ここでシルバーバーチが遮って言う。
 「自分が種を蒔き、蒔いたものは自分で刈り取る。この法則から逃れることは出来ません。神の法則を誤魔化すことは出来ないのです」

牧師「では悪の限りを尽くした人間が今死に掛かっているとしたら、その償いをすべきであることを私はどうその人間に説いてやればいいのでしょうか」

 「シルバーバーチがこう言っていたとその人に伝えてください。もしもその人が真の人間、つまり幾ばくかでも神の心を宿していると自分で思うのなら、それまでの過ちを正したいという気持になれる筈です。自分の犯した過ちの報いから逃れたいという気持がどこかにあるとしたら、その人は最早人間ではない、ただの臆病者だと、そう伝えてください」

牧師「しかし、罪を告白するということは誰にでもは出来ない勇気ある行為だとは言えないでしょうか」

 「それは正しい方向への第一歩でしかありません。告白したことで罪が拭われるものではありません。その人は善いことをする自由も悪いことをする自由もあったのを、敢えて悪い方を選んだ。自分で選んだのです。ならばその結果に対して責任を取らなくてはいけません。元に戻す努力をしなくてはいけません。紋切り型の言葉を述べて心が安まったとしても、それは自分を誤魔化しているに過ぎません。蒔いた種は自分で刈り取らねばならないのです。それが神の摂理です」

牧師「しかしイエスは言われました。〝労する者、重荷を背負える者、全て我に来たれ。汝等に安らぎを与えん〟(マタイ11・28)

 「〝文は殺し霊は生かす〟(コリント後3・6)というのをご存知でしょう。あなた方(聖職者)が聖書の言葉を引用して、これは文字通りに実行しなければならないのだと言ってみても無駄です。今日あなた方が実行していないことが聖書の中に幾らでもあるからです。私の言ってることがお分かりでしょう」

牧師「イエスは〝善き羊飼いは羊の為に命を捨つるものなり〟(ヨハネ10・11)と言いました。私は常に〝赦し〟の教を説いています。キリストの赦しを受け入れ、キリストの心が自分を支配していることを暗黙の内に認める者は、それだけでその人生が大きな愛の施しとなるという意味です」

 「神は人間に理性という神性の一部を植え付けられました。あなた方も是非その理性を使用して頂きたい。大きな過ちを犯し、それを神妙に告白する-それは心の安らぎにはなるかもしれませんが、罪を犯したという事実そのものはいささかも変わりません。神の理法に照らしてその歪みを正すまでは、罪は相変わらず罪として残っております。いいですか、それが神の摂理なのです。イエスが言ったと仰る言葉を聖書から引用しても、その摂理は絶対に変えることは出来ないのです。
 前にも言ったことですが、聖書に書かれている言葉を全部イエスが実際に言ったとは限らないのです。その内の多くは後の人が書き加えたものなのです。イエスがこう仰ったとあなた方が言う時、それは〝そう言ったと思う〟という程度のものでしかありません。そんないい加減なことをするよりも、あの二千年前のイエスを導いてあれ程の偉大な人物にしたのと同じ霊、同じインスピレーション、同じエネルギーが、二千年後の今の世にも働いていることを知って欲しいのです。
 あなた自身も神の一部なのです。その神の温かき愛、深遠なる叡智、無限なる知識、崇高なる真理がいつもあなたを待ち受けている。なにも、神を求めて二千年前まで遡ることはないのです。今ここに在しますのです。二千年前と全く同じ神が今ここに在しますのです。その神の真理とエネルギーの通路となるべき人物(霊媒・霊能者)は今もけっして多くはありません。しかし何故にあなた方キリスト者は二千年前のたった一人の霊能者にばかり縋ろうとなさるのです。なぜそんな昔のインスピレーションだけを大切になさるのです。なぜイエス一人の言ったことに戻ろうとなさるのです」

牧師「私は私の心の中にキリストがいて業をなしていると説いています。インスピレーションを得ることは可能だと思います」

 「何故にあなた方は全智全能の神を一個の人間と一冊の書物に閉じ込めようとなさるのです。宇宙の大霊が一個の人間或いは一冊の書物で全部表現出来るとでもお考えですか。私はクリスチャンではありません。イエスよりずっと前に地上に生を享けました。すると神は私には神の恩恵に浴することを許してくださらなかったということですか。
 神の全てが一冊の書物の中の僅かなページで表現出来るとお思いですか。その一冊が書き終えられた時を最後に神は、それ以上のインスピレーションを子等に授けることをストップされたとお考えですか。聖書の最後の一ページを読み終わった時、神の真理の全てを読み終えたことになるというのでしょうか」

牧師「そうであって欲しくないと思ってます。時折何かに鼓舞されるのを感じることがあります」

 「あなたもいつの日か天に在します父の下に帰り、今あなたが築きつつある真実のあなたに相応しい住処に住まわれます。神に仕える者としてのあなたに分かって頂きたいことは、神を一つの枠の中に閉じ込めることは出来ないということです。神は全ての存在に宿るのです。悪徳の塊のような人間も、神か仏かと仰がれるような人と同じように神と繋がっているのです。あなた方一人ひとりに神が宿っているのです。あなたがその神の心を我が心とし、心を大きく開いて信者に接すれば、その心を通じて神の力と安らぎとが、あなたの教会を訪れる人々の心に伝わることでしょう」

牧師「今日まで残っている唯一のカレンダーがキリスト暦(西暦)であるという事実をどう思われますか」

 「誰がそんなことを言ったのでしょうか。ユダヤ人は独自のカレンダーを使用していることをお聞きになったことはないでしょうか。多くの国が今尚その国の宗教の発生と共に出来たカレンダーを使用しております。私はけっしてイエスを過小評価するつもりはありません。私は現在のイエスがなさっておられる仕事を知っておりますし、ご自身は神として崇められることを望んでいらっしゃらないこともよく知っております。イエスの生涯の価値は人間が模範とすべきその生き方にあります。イエスという一個の人間を崇拝することを止めない限り、キリスト教はインスピレーションにはあまり恵まれないでしょう」

牧師「キリストの誕生日を西洋暦の始まりと決めたのがいつのことだかよく分かっていないのです。ご存知でしょうか」

 「(そんなことよりも)私の話を聞いてください。数日前のことですが、このサークルのメンバーの一人が(イングランドの)本部の町へ行き、大勢の神の子と共に過ごしました。高い地位の人達ではありません。肉体労働で暮らしている人達で、仕事が与えられると-大抵道路を掘り起こす仕事ですが-一生懸命働き、終わると僅かばかりの賃金を貰っている人達です。その人達が住んでいるのは所謂貧民収容施設です。これはキリスト教文明の恥辱ともいうべき産物です。
 ところが同じ町にあなた方が〝神の館〟と呼ぶ大聖堂があります。高く聳(そび)えていますから太陽が照ると周りの家はその蔭になります。そんなものが無かった時よりも暗くなっています。これでよいと思われますか」

牧師「私はそのダーラムにいたことがあります」

 「知っております。だからこの話を出したのです」

牧師「あのような施設で暮らさねばならない人達のことを気の毒に思います」

 「あのようなことでイエスがお喜びになると思われますか。一方にはあのような施設、あのような労働を強いられる人々、僅かな賃金しか貰えない人々が存在し、他方にはお金のことには無頓着でいられる人が存在していて、それでもイエスはカレンダーのことなどに関わっていられると思われますか。
 あのような生活を余儀なくさせられている人が大勢いるというのに、大聖堂の為の資金のことやカレンダーのことや聖書のことなどにイエスが関わられると思いますか。イエスの名を使用し続け、キリスト教国と名乗るこの国にそんな恥ずべき事態の発生を許しているキリスト教というものを、一体あなた方は何と心得ていらっしゃるのですか。
 あなたは教典のことで(改訳聖書と欽定訳聖書とどっちがいいかと)質問されましたが、宗教にはそんなことよりもっと大切な、そしてもっと大きな仕事がある筈です。神はその恩寵を全ての子に分け与えたいと望んでおられることが分かりませんか。飢え求めている人がいる生活物質を、世界のどこかでは捨て放題の暮らしをしている人達がいます。他ならぬキリスト者が同じことをしていて、果してキリスト教を語る資格があるでしょうか。
 私はあなたが想像なさる以上にイエスと親密な関係にあります。私は主の目に涙を見たことがあります。キリスト者をもって任ずる者が、聖職にある者の多くが、その教会の蔭で進行している恥ずべき事態に目を瞑っているのをご覧になるからです。その日の糧すら事欠く神の子が大勢いるというのに、神の館のつもりで建立した教会を宝石やステンドグラスで飾り、その大きさを誇っているのを見て一体誰が涼しい顔をしていられましょう。
 その人達の多くは一日の糧も満足に買えない程の僅かな賃金を得る為に一日中働き続け、時には夜ふかしまでして、しかも気の毒にその疲れた身体を横たえるまともな場所もない有様なのです。あなたを非難しているのではありません。私はあなたに大きな愛着を覚えております。お役に立つことならどんなことでもしてあげたいと思っております。が、私は霊界の人間です。そしてあなたのように、社会へ足を踏み入れて間違いを改めて行く為の一石を投じてくれるような人物とこうして語るチャンスが非常に少ないのです。
 あなたに理解して頂きたいことは、聖書のテキストのことを云々するよりも、もっと大切なことがあるということです。主よ、主よ、と叫ぶ者が皆敬虔なのではありません。神の意志を実践する者こそ敬虔なのです。それをイエスは二千年前に述べているのです。なのに今日尚あなた方は、それが一番大切であることをなぜ信者に説けないのでしょうか。
 戦争、不正行為、飢餓、貧困、失業、こうした現実に知らぬ振りをしている限りキリスト教は失敗であり、イエスを模範としていないことになります。
 あなたは(メソジスト教の)総会から抜け出て来られました。過去一年間、メソジスト教界の三派が合同して行事を進めてまいりましたが、折角合同しても、そうした神の摂理への汚辱を拭う為に一致協力しない限り、それは無意味です。私は率直に申し上げておきます。誤解を受けては困るからです」

牧師「数年前に私達は派閥を越えて慈善事業を行い、その時の収益金を失業者の為の救済資金として使用しました。大したことは出来ませんが、信者の数の割にはよくやっていると思われませんか」

 「あなたが心掛けの立派な方であることは私も認めております。そうでなかったら二度もあなたと話をしに戻って来るようなことはしません。あなたが役に立つ人材であることを見て取っております。あなたの教会へ足を運ぶ人の数は確かに知れています。しかしイエスは社会の隅々にまで足を運べと言っていないでしょうか。人が来るのを待っているようではいけません。あなたの方から足を運ばなければならないのです。
 教会を光明の中心となし、飢えた魂だけでなく飢えた肉体にも糧を与えてあげないといけません。叡智の言葉だけでなくパンと日常の必需品を与えてあげられるようでないといけません。魂と肉体の両方を養ってあげないといけません。霊を救うと同時に、その霊が働く為の体も救ってあげないといけません。教会がこぞってそのことに努力しなければ、養うものを得られない身体は死んでしまいます」
 そう述べてから最後にその牧師の為に祈りを捧げた。
 「あなたがどこにいても、何をされても、常に神の御力と愛が支えとなるように祈ります。常に人の為を思われるあなたの心が神の霊感を受け入れられることを祈ります。願わくは神があなたにより一層の奉仕への力を吹き込まれ、あなたの仕事の場を光と安らぎと幸せの中心となし、そこへ訪れる人々がそこにこそ神が働いておられることを理解してくれるようになることを祈ります。
 神が常にあなたを祝福し、支え、神の道に勤しませ給わんことを。願わくは神の意図と力と計画について、より一層明確なる悟りを得られんことを。
 では神の祝福を。ご機嫌よう」