-〝祈り〟に関する一問一答-(前巻及び本書の中に断片的に出ていたものをここに纏めて紹介する-訳者)

-霊界側は祈りをどうみておられるのでしょうか。

 「祈りとは何かを理解するにはその目的をはっきりさせなければなりません。ただ単に願い事を口にしたり決まり文句を繰り返すだけでは何の効果もありません。テープを再生するみたいに陳腐な言葉を大気中に放送しても耳を傾ける人はいませんし、訴える力をもった波動を起すことも出来ません。私達は型にはまった文句には興味はありません。その文句に誠意が籠もっておらず、それを口にする人自ら、内容には無頓着であるのが普通です。永い間それをロボットのように繰り返して来ているからです。真の祈りにはそれなりの効用があることは事実です。しかしいかなる精神的行為も、身をもって果たさねばならない地上的労苦の代用とはなり得ません。
 祈りは自分の義務を避けたいと思う臆病者の避難場所ではありません。人間として為すべき仕事の代用とはなりません。責務を逃れる手段ではありません。いかなる祈りにもその力はありませんし、絶対的な因果的連鎖関係を寸毫も変えることは出来ません。人の為にという動機、自己の責任と義務を自覚した時に油然として湧き出るもの以外の祈りを全て無視されるがよろしい。その後に残るのが心霊的(サイキック)ないし霊的行為(スピリチュアル)であるが故に自動的に反応の返って来る祈りです。その反応は必ずしも当人の期待した通りのものではありません。その祈りの行為によって生じたバイブレーションが生み出す自然な結果です。
 あなた方を悩ます全ての問題と困難に対して正直に、正々堂々と真正面から取り組んだ時-解決の為にありたけの能力を駆使して、しかも力が及ばないと悟った時、その時こそあなたは何等かの力、自分より大きな力をもつ霊に対して問題解決の為の光を求めて祈る完全な権利があると言えましょう。そしてきっとその導き、その光を手にされる筈です。なぜなら、あなたの周りにいる者、霊的な目をもって洞察する霊は、あなたの魂の状態を有りのままに見抜く力があるからです。例えばあなたが本当に正直であるか否かは一目瞭然です。
 さて、その種の祈りとは別に、宇宙の霊的生命とのより完全な調和を求める為の祈りもあります。つまり肉体に宿るが故の宿命的な障壁を克服して本来の自我を見出したいと望む魂の祈りです。これは必ず叶えられます。なぜならその魂の行為そのものがそれに相応しい当然の結果を招来するからです。このように、一口に祈りといっても、その内容を見分けた上で語る必要があります。
 ところで、所謂〝主の祈り〟(天にまします我等が父よ、で始まる祈祷文。マタイ6・9~13、ルカ11・2~4-訳者)のことですが、あのような型にはまった祈りは人類にとって何の益ももたらさないことを断言します。単なる形式的行為は、その起原においては宿っていたかも知れない潜在的な力まで奪ってしまいます。儀式の一環としては便利かも知れません。しかし人間にとっては何の益もありません。そもそも神とは法則なのです。自分で解決出来る程度の要求で神の御手を煩わすことはありません。それに、ナザレのイエスがそれを口にした(とされる)時代から二千年近くも過ぎました。その間に人類も成長し進化し、人生について多くのことを悟っております。イエスは決してあの文句の通りを述べたわけではありませんが、いずれにしても当時のユダヤ人に分かり易い言葉で述べたことは事実です。
 今のあなた方には父なる神が天にましますものでないこと位はお判りになるでしょう。完全な摂理である以上、神は全宇宙、全生命に宿っているものだからです。この宇宙のどこを探しても完璧な法則が働いていない場所は一つとしてありません。神は地獄のドン底だけにいるものではないように、天国の一番高い所にだけ鎮座ましますものでもありません。大霊として宇宙全体に普遍的に存在し、宇宙の生命活動の一つひとつとなって顕現しております。〝御国の来まさんことを〟などと祈る必要はありません。地上天国の時代はいつかは来ます。必ず来るのです。しかしそれがいつ来るかは霊の世界と協力して働いている人達、一日も早く招来したいと願っている人達の努力いかんに掛かっております。そういう時代が来ることは間違いないのです。しかしそれを速めるか遅らせるかは、あなた方人間の努力いかんに掛かっているということです」(この後関連質問が出る-訳者)

-モーゼの〝十戒〟をどう思われますか。

 「もう時代遅れです。今の時代には別の戒めが必要です。
 人間の永い歴史のいつの時代に述べられたものであっても、それをもって神の啓示の最後と思ってはいけません。啓示というものは連続的かつ進歩的なものであり、その時代の人間の理解力の程度に応じたものが授けられております。理解力が及ばない程高級過ぎてもいけませんが、理解力の及ぶ範囲が一歩先んじたものでなければなりません。霊界から授けられる叡智はいつも一歩時代を先んじております。そして人間がその段階まで到来すれば、次の段階の叡智を受け入れる準備が出来たことになります。人類がまだ幼児の段階にあった時代に特殊な民族の為に授けられたものを、何故に当時とは何もかも事情の異なる今の時代に当てはめなければならないのでしょう。もっとも私には、〝十戒〟ならぬ〝一戒〟しか持ち合わせません。〝お互いがお互いの為に尽くし合うべし〟-これだけです」

 続いて好天や雨乞いの儀式が話題になった。

-悪天候を急に晴天にするには神はどんなことをなさるのでしょうか。

 「急遽人間が大勢集まって祈ったからといって、神がどうされるということはありません。神は神であるが故に、大聖堂や教会においてそういう祈りが行われている事実を知らされる以前から、人間が必要とするものについては全てを知り尽くしております。
 祈りというものは大勢集まって紋切り型の祈祷文や特別に工夫を凝らした文句を口にすることではありません。祈りは自然法則の働きを変えることは出来ません。原因と結果の法則に干渉することは出来ません。ある原因に対して寸分の狂いもない結果が生まれるという因果律を変える力は誰にもありません。
 祈りは魂の活動としての価値があります。すなわち自己の限界を悟り、同時に(逆説的になりますが)内部の無限の可能性を自覚し、それを引き出してより大きな行為へ向けて自分を駆り立てる行為です。魂の必死の活動としての祈りは、魂が地上的束縛から脱してより大きな表現を求める手段であると言えます。そうすることによって高級界からの働きかけに対する受容力を高め、結局は自分の祈りに対して自分がその受け皿となる-つまり、より多くのインスピレーションを受けるに相応しい状態に高めるということになります。
 私は祈りを以上のように理解しております。大自然の営みを変えようとして大勢で祈ってみても何の効果もありません」

-キリスト教では悪天候を世の中の邪悪性のしるしと見做していますが・・・・

 「私は世の中が邪悪であるとは思いません。罪悪への罰として神が雨を降らせるとは思いません。自然法則は人間の生活とはそんな具合には繋がっておりません。第一、三ヶ月前と一週間前とて世の中の邪悪性に差があるわけではないでしょう。
 それは相も変わらず、えこひいきと復讐心と怒りを抱く人間神の概念の域を出ておりません。神とは生命の大霊です。この大宇宙の存在を支えている力は、人間が集団で祈ったところでどうなるものでもありません。人間に出来ることはその大宇宙の摂理がどうなるっているかを発見し、それに自分を調和させ、出来るだけ多くの人間が出来るだけ多くの恩恵を受けられるような社会体制を作ることです。そうなった時こそ生命の大霊が目覚めた人間を通じて顕現されていることになります。私はそういう風に考えております」(先に出た〝地上天国〟とはこのこと-訳者)

-人類にもいつかはそういう時代が来ると思われますか。

 「程度問題ですが、来ることは来ます。しかしそれも、そう努力すればの話です。人類は、宇宙の摂理を福利の為に活用出来るようになる為には、まず自己の霊性に目覚めなくてはなりません。宇宙には常に因果応報の摂理が働いております。どんなに進化しても、これ以上克服すべきものが無くなったという段階は決してまいりません。
 知識を獲得することによっていかなる恩恵を受けても、それには必ずもう一つ別の要素が付いて回ります-知識に伴う責任の問題です。その責任はその人の人格によって程度が定まり、同時に人格の方も知識によって程度が定まります。かくして知識が広まると共に人格も成長し、人生が豊かさと気高さを増し、生きる喜びと楽しさを味わう人が多くなります。
 今皆さんの脳裏に原子の発見のことがあるようですが、人間がこれで全てを知り尽くしたと思っても、その先はまだまだ未知の要素があります。これから先も、人間が生命そのものをコントロール出来るような立場には絶対になれません。ますます宇宙の秘密を知り、ますます大きなエネルギーを扱うようになることでしょう。しかしその大きさに伴って責任も自覚していかないと、そのエネルギーの使用を誤り、自然を破壊し、進化が止まってしまうということも考えられないことはありません。が、実際にはそういう事態にはまずならないでしょう。進化は螺旋系を画きながら広がって行きます。時には上昇し時には下降することもありますが、グルグルと円を画きながら、どんどん、どんどん広がりつつ進化しております」

-霊界では雨乞いのような祈りは問題にしないということでしょうか。

 「しません。たとえ誠心誠意のものでも、何の効果もありません。法則は変えられないのです。自然現象を色んな予兆と結び付ける人がいますが、あれは全て迷信です。私達が訴えるのは知識であり理性です」

-医師と看護婦に力を貸す為の祈りが多くのスピリチュアリスト教会で行われておりますが、いっそのことその医師や看護婦が心霊治療家になれるよう祈る方が賢明ではないかと思うのですが・・・

 「その方がずっと賢明でしょうが、そう祈ったから必ずそうなるというものではありません。地上世界には祈りについて大きな誤解があります。いかに謙虚な気持からであっても、人間から見てこうあるべきだと思うことを神に訴えるのが祈りではありません。
 神は全知全能ですから、医師その他が霊力についての知識をもつことが好ましいこと位は知っております。それを祈りによって神に訴えたところで、それだけで医師や看護婦が心霊治療家に早変わりするものではありません。
 祈りとは魂の行です。より大きな自我を発見し、物的束縛から脱して、本来一体となっているべき高級エネルギーとの一体を求める為の手段です。
 ですから、真の祈りとは魂が生気を取り戻し、力を増幅する為の手段、言い変えれば、より多くのインスピレーションと霊的エネルギーを摂取する為の手段であると言えます。それによって神の意志との調和が深められるべきものです。自己を内観することによってそこに神の認識を誤らせている不完全さと欠陥を見出し、それを是正して少しでも完全に近付き、神性を宿す存在により相応しい生き方をしようと決意を新たにする為の行為です」

-それが出来ない時はどうしたらよいのでしょう。

 「どうしても出来ないと観念された方は祈らない方がよろしい。祈りとは精神と霊の〝行〟です。それを通じて宇宙の大霊との一体を求める行為です。もしそれが祈りによって成就出来ない時、いくら祈っても上手く行かない時は、それはその方が祈りによってそれを求めるのが適さない方であることを意味しています。祈りは行為に先行するものです。つまり、より大きい生命との直結を求め、それが当人の存在を溢れんばかりに満たし、宇宙の大意識と一体となり、その結果として霊的強化と防備を得て奉仕への態勢固めをすることです。これが私か理解しているところの祈りです」

 訳者注-シルバーバーチは〝祈らない方がよい〟と述べて、その具体的な理由は述べていないが、筆者の師である間部詮敦氏はシルバーバーチと全く同じことを述べて、その理由を〝そうした不安定な状態で精神統一を続けていると邪霊に憑かれ易いから〟と言われた。そして具体的に精神統一の時間を十五分ないし三十分程度とし、それ以上は続けない方がよいと言われた。
 これに筆者の私見を加えさせて頂けば、人間はそれぞれの仕事に熱中している状態が最も精神が統一されており、それが祈りと同じ効果をもたらすものと信じている。宇宙の大霊との合体を求めての祈りなどを言われても、普通一般の日常生活においてそれを求めること自体が無理であり、無用でもあろう。大体そうしたものは求めようとして求められるものでなく、生涯に一度あるかないかの特殊な体験-絶体絶命の窮地において、守護霊その他の配慮の下に〝演出〟されるものであると筆者は考えている。
 それを敢えて求めようとするのは、霊的法則をよくよく理解している人は別として、極めて危険ですらある。と言うのは、神人合一と言われる境地にもピンからキリまであり、シルバーバーチも〝高僧が割然大悟したといっても高級界から見れば煤(すす)けたガラス越しに見た程度に過ぎない〟と言っている程である。ところが本人はそうは思わない。煤けたガラス越しでも実在を見たのならまだしも、単なる自己暗示、潜在意識の反映に過ぎないものをもって〝悟り〟と錯覚し、大変な霊覚者になったような気分になっていく。そこが怖いのである。
 地上の人間はあくまで地上の人間らしく、五感を正しく使って生活するのが本来の生き方であって、霊的なことは必要な時に必要なものを体験させてくれるものと信じて平凡に徹することである、というのが筆者の基本的生活態度である。シルバーバーチが祈りについて高等なことを述べたのは質問されたからであり、だから〝出来ないと観念した人は祈らない方がよい〟と言うことにもなった。
 シルバーバーチ霊は三千年も前に地上を去り、既に煩悩の世界を超脱した、日本流に言えば八百万の神々の一柱とも言うべき高級霊であることを忘れてはならない。
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ クラウドファウンディングの案内