ある日の交霊会に米国人ジャーナリストが招かれた。そして最初に出した質問が「霊界というのはどんな所でしょうか」という、極めて基本的な質問だった。その時レギュラーメンバーの一人が「この方は心霊研究家とお呼びしてもよい程の方ですよ」と言ったことが、次のようなユーモラスな答えを誘い出すことになった。(訳者注-ここでは心霊学に詳しい方という程度の意味で言ったのであるが、その心霊学が〝心霊現象の科学的研究〟を目的としているだけで、霊魂の存在も幾つかの学説の中の一つとして扱われているだけである。その点を念頭に置いてシルバーバーチがその〝学説〟を並べ立てて皮肉っぽく答えているところがユーモラスである)
 「私は地上の人達から〝死んだ〟と思われている者の一人です。存在しないことになっているのです。私は本日ここにお集まりの方々による集団的幻影に過ぎません。私は霊媒の潜在意識の産物です。私は霊媒の第二人格であり、二重人格であり、多重人格であり、分離人格です。これらの心霊用語のどれをお使いになっても結構ですが、私もあなたと同じ一個の人間です。ただ私は今あなたが使っておられる肉体を随分前に棄ててしまいました。あなたと私の根本的な違いはそれだけです。あなたは物的身体を通して自分を表現しているスピリットであり、私は霊的身体を通して表現しているスピリットであるということです。
 私はほぼ三千年前に霊の世界へ来ました。つまり三千年前に〝死んだ〟のです。三千年というとあなたには大変な年数のように思われるかも知れませんが、永遠の時の流れを考えると僅かなものです。その間に私も少しばかり勉強しました。霊の世界へ来て神からの授かりものである資質を発揮して行くと、地上と同じ進化の法則に従って進歩して行きます。つまり霊的な界層を一段又一段と向上して行きます。界層という言い方をしましたが、一つ一つが仕切られているわけではありません。霊的な程度の差があり、それぞれの段階にはその環境条件に相応しい者が存在するということです。霊的に向上進化すると、それまでの界層を後にして次の一段と高い界層へ融け込んで行きます。それは階段が限りなく続く長い一本の梯子のようなものです。
 そう考えていれば、何百年、或いは何千年か後には物質界から遠く離れて行き、二度と接触する気持が起きなくなる段階に至ることは、あなたにも理解出来るでしょう。所詮、地上という所は大して魅力ある世界ではないのです。地上の住民から発せられる思念が充満している大気にはおよそ崇高なものは見られません。腐敗と堕落の雰囲気が大半を占めております。人間生活全体を暗い影が覆い、霊の光が届くのはほんの少数の人に限られております。一度あなたも私と同じように、経済問題の生じない世界、お金が何の価値もない世界、物的財産が何の役にも立たない世界、各自が有るがままの姿を晒される世界、唯一の富が霊的な豊かさである世界、唯一の所有物が個性の強さである世界、生存競争も略奪も既得権力も無く、弱者が窮地に追いやられることもなく、内在する霊的能力がそれまでいかに居睡りをしていても存分に発揮されるようになる世界に一度住まわれたら、地上という世界がいかにむさ苦しく、いかに魅力に乏しい世界であるかがお判りになると思います。その地上世界を何とかしなければならない-私のようにまだ地上圏へ戻ることの出来る程度のスピリットが援助し、これまでに身に付けた霊的法則についての知識を幾らかでも教えてあげる必要があることを、私は他の幾人かの仲間と共に聞かされたのです。人生に迷い、生きることに疲れ果てている人類に進むべき方向を示唆し、魂を鼓舞し、悪戦苦闘している難問への解決策を見出させるにはそれしかないということを聞かされたのです。
 同時に私達は、その為に必要とする力、人類の魂を鼓舞する為の霊力を授けてくださることも聞かされました。しかし又、それが大変な難事業であること、この仕事を快く思わぬ連中、それも宗教的組織の、その又高い地位にある者による反抗に遭遇するであろうことも言い聞かされました。悪魔の密使と見做され、人類を邪悪の道へ誘い、迷い込ませんとする悪霊であると決め付けられるであろうとの警告も受けました。要するに私達の仕事は容易ならざる大事業であること、そして(ついでに付け加えさせて頂けば)その成就の為には、それまでの永い年月の中で体験して来た霊界生活での喜びも美しさも、全てお預けにされることになるということでした。しかし、そう言い聞かされた私達の内の誰一人としてそれを断った者はいませんでした。かくして私は他の仲間と共に地上へ戻って参りました。地上へ再生するのではありません。地上世界の圏内で仕事をする為です。
 地上圏へ来てまず第一にやらねばならなかったのは霊媒を探すことでした。これはどの霊団にとっても一番骨の折れる仕事です。次に、あなた方の言語(英語)を勉強し、生活習慣も知らねばなりませんでした。あなた方の文明も理解する必要がありました。
 次の段階ではこの霊媒の使用法を練習しなければなりませんでした。この霊媒の口を借りて幾つかの訓え-誰にでも分かる簡単なもので、従ってみんなが理解してくれれば地上が一変する筈の真理を説く為です。同時に私は、そうやって地上圏で働きながらも常に私を派遣した高級霊達との連絡を保ち、より立派な叡智、より立派な知識、より立派な情報を私が代弁してあげなければなりませんでした。初めの頃は大いに苦労しました。今でも決して楽ではありませんが・・・・。その内私の働きかけに同調してくれる者が次第に増えてまいりました。全ての人が同調してくれたわけではありません。居睡りしたままの方を好む者も大勢いました。自分で築いた小さな牢獄にいる方を好む者もいました。その方が安全だったわけです。自由に解放された後のことを恐れたのです。が、そうした中にも、そこここで分ってくれる人も見出しました。私からの御利益は何もありません。ただ真理と理性と常識と素朴さ、それに、近付いてくれる人の為をのみ考える、かなり年季の入った先輩霊としての真心をお持ちしただけです。
 それ以来私達の仕事は順調に運び、多くの人々の魂に感動を与えて参りました。無知の暗闇から脱け出た人が大勢います。迷信の霧の中から自らの力で這い出た人が大勢います。自由の旗印の下に喜んで馳せ参じた人が大勢います。死の目的と生の意味を理解することによって二度と涙を流さなくなった人が大勢います」

-魂は母体に宿った時から存在が始まるのでしょうか。それともそれ以前にも存在(前世)があるのでしょうか。

 「これは又、ややこしい問題に触れる質問をしてくださいました。私は自分はこう思うということしか述べるわけにはまいりません。私は常に理性と思慮分別に訴えております。いつも申し上げていることですが、もしも私の述べることがあなたの理性を反発させ、知性を侮辱し、そんなことは認められないと仰るのであれば、どうぞ捨て去って頂きたい。拒絶して頂いて結構です。拒絶されたからといって私は少しも気を悪くすることはありません。腹も立ちません。愛の気持は変わりません。ここにおいでのスワッハーも相変わらず考えを変えようとしない者の一人です。他の者は皆私の口車に乗って前生の存在を信じるようになった(と思っている)のですが・・・・私の知る限りを言えば、前世はあります。つまり生まれ変わりはあるということで、その多くは、はっきりとした目的をもった自発的なものです」
 これを聞いたスワッハーが「私は再生の事実を否定したことはありませんよ。私はただ魂の成長にとって再生が必須であるという意見に反対しているだけです」と不服そうに言うと、
 「それは嬉しいことを聞きました。あなたも私の味方というわけですな、全面的ではなくても」と皮肉っぽく言う。
 するとスワッハーは「あなたは私も今生に再生して来ていると仰ったことがあるじゃないですか。私はただ再生に法則は無いと言っているだけです」と言う。するとシルバーバーチが穏やかにそれを否定して言う。
 「何かが発生する時、それは必ず法則に従っております。自発的な再生であっても法則があるからこそ可能なのです。ここに言う法則とは地上への再生を支配する法則のことです。この全大宇宙に存在するものは、いかに小さなものでも、いかに大きなものでも、全て法則によって支配されているというのが私の持論です」
 ここで米国人ジャーナリストが関連質問をした-「人間にとって〝時間〟が理解しにくいということが再生問題を理解しにくくしているというのは事実でしょうか」
 「例によって私なりの観点からご説明しましょう。実はあなたはあなたご自身をご存知ないのです。あなたには物質界へ一度も顔を出したことのない側面があるのですが、それをあなたはお気付きになりません。物的身体を通して知覚した極々小さな一部分しか意識しておられませんが、本当のあなたはその身体を通して顕現しているものより遙かに大きいのです。ご存知の通りあなたはその身体そのものではない。あなたは身体を具えた霊であって、霊を具えた身体ではない。その証拠に、あなたの意識はその身体を離れて存在することが出来ます。例えば睡眠中がそうです。しかし、その間の記憶は物的脳髄の限界の為に感識されません。
 結局あなたに感識出来る自我は物質界に顕現している部分だけということになります。他の、より大きい部分は、それなりの開発の過程を経て意識出来るようにならない限り、ごく稀に、特殊な体験の際に瞬間的に顔を覗かせるだけです。しかし一般的に言えば大部分の人間は死のベールを潜り抜けて初めて真の自分を知ることになります。以上があなたのご質問に対する私なりの回答です。今あなたが物的脳髄を通して表現しておられる意識は、それなりの開発法を講ずるか、それともその身体を棄て去るかのいずれかがない限り、より真実に近いあなたを認識することは出来ません」

-この地上にはあなたの世界に存在しない邪悪なものが溢れていると仰いますが、なぜ地上にはそうした邪と悪とが存在するのでしょうか。

 「権力の座にある者の我侭が原因となって生じる悪-私は無明という言葉の方が好きですが-そして邪、それと、人類の進化の未熟さ故に生じる悪と邪とは、はっきり区別する必要があります。地上の邪と悪には貧民街(スラム)が出来るような社会体制の方が得をする者達、儲けることしか考えない者達、私腹を肥やす為には同胞がどうなろうと構わない者達、こうした現体制下の受益者層の存在が原因となって発生しているものが実に多いことを知らなければなりません。悪の原因にはそうした卑劣な人種がのめり込んでしまった薄汚い社会環境があるのです。
 しかし一方において忘れてならないことは、人間は無限の可能性を秘めていること、人生は常に暗黒から光明へ、下層から上層へ、弱小から強大へ向けての闘争であり、進化の道程を人間の霊は絶え間なく向上していくものであるということです。もし闘争もなく、困難もなければ、霊にとって征服すべきものが何もないことになります。人間には神の無限の属性が宿されてはいますが、それが発揮されるのは努力による開発を通してしかありません。その開発の過程は黄金の採取と同じです。粉砕し、精錬し、磨き上げなければなりません。地上もいつかは邪悪な要素が大幅に取り除かれる時が来るでしょう。しかし、改善の可能性が無くなる段階は決して来ません。なぜなら人間は内的神性を自覚すればする程昨日の水準では満足出来なくなり、明日の水準を一段高い所にセットするようになるものだからです」

-隣人を愛すべしとの黄金律(注)と適者生存の法則とは時として矛盾することがあるように思えるのですが・・・・(注-The Golden Rule キリストの山上の垂訓の一つで、自分が人からしてもらいたいと思う通りを人にもしてあげなさいということ。マタイ7・12-訳者)
 「私は進化の法則を、無慈悲な者程生き残るという意味での適者生存と解釈することには賛成出来ません。適者生存の本当の意味は生き残る為の適応性をもつ者が存続していくということです。言い換えれば存続する為の適性を発揮した者が存続するということです。そして注目して頂きたいことは、生き残っている動物を観察してみると、それが生き残れたのは残虐性のせいでもなく、適者だったからでもなく、進化の法則に順応したからであることが明らかなことです。もし適者のみが生き残ったとすると、なぜ有史以前の動物は死滅したかという疑問が生じます。その当時は最も強い生物だった筈ですが、生き残りませんでした。進化の法則とは生長の法則の一つです。ひたすらに発展して行くという法則です。他の生命との協調、互助の法則です。つまるところ黄金律に帰着します」

 続いて〝偶然〟の要素について質問されて-
 「世の中が偶然によって動かされることはありません。どちらを向いても-天体望遠鏡で広大な星雲の世界を覗いても、顕微鏡で極小の生物を検査しても、そこには必ず不変不滅の自然法則が存在します。あなたも偶然に生まれて来たのではありません。原因と結果の法則が途切れることなく繰り返されている整然とした宇宙には、偶然の入る余地はありません。全生命を創造した力はその支配の為に規則ないし法則を用意したのです。その背景としての叡智においても機構においても完璧です。その法則は霊的なものです。全ての生命は霊だからです。生命が維持されるのはその本質が物質でなく霊だからです。霊は生命であり生命は霊です。生命が意識をもった形態をとる時、そこには個としての霊が存在します。そこが下等動物と異なるところです。人間は個別化された霊、つまり大霊の一部なのです。
 人生には個人としての生活、家族としての生活、国民としての生活、世界の一員としての生活があり、摂理に順応したり逆らったりしながら生きております。逆らえば暗黒と病気と困難と混乱と破産と悲劇と流血が生じます。順応した生活を送れば叡智と知識と理解力と真実と正義と公正と平和がもたらされます。それが黄金律の真意です。
 人間はロボットではありません。一定の枠組みの中での自由意志が与えられているのです。しかし決断は自分で下さなければなりません。個人の場合でも国家の場合でも同じです。摂理に叶った生き方をしている人、黄金律を生活の規範として生きている人は、大自然から、そして宇宙から、良い報いを受けます」
 続いて〝汝の敵〟に対する態度のあり方をこう説く。
 「私にとってはどの人間も皆〝肉体を具えた霊魂(スピリット)〟です。私の目にはドイツ人もイギリス人もアメリカ人もありません。皆スピリットであり、大霊の一部であり、神の子供です。時にはやむを得ず対症療法として罰を与えねばならないこともあるかも知れませんが、既に述べた通り、新しい世界は憎しみや復讐心からは生まれません。全ての人類の為を思う願望からしか生まれません。復讐を叫ぶ者-目には目を、歯には歯をの考えをもつ者は、将来の戦争の種を蒔いていることになります。全ての人間に生きる場が与えられております。理性と常識によって問題を解決していけば、全ての者に必要なものが行き渡る筈です。こういう説明より他に分かり易い説明が見当たりません。あなたの国(米国)はなぜあの短い期間にあれだけの進歩を成し遂げたか。それは一語に尽きます-寛容心です。英国が永い歴史の中で発展して来たのも寛容心があったからこそです。米国は人種の問題、国籍の問題、宗教の問題を解決して来ました。黒人問題もほぼ解決しました。その歴史を通じて全ての人種にそれぞれの存在価値があること、人種が増えるということは、いずれは優れた国民を生むことになることを学んで来ました。
 今あなた方の国が体験していることは、やがて世界全体が体験することになります。米国は世界問題解決のミニチュア版のようなものです。例えばあなたの存在を分析してみても遺伝的要素の一つ一つは確認出来ないでしょう。それと同じで、米国は雑多な人種から構成されておりますが、その一つ一つが皆存在意識をもっており、雑多であるが故に粗末になるということはありません。逆に豊かさを増すのです。成長の途上においては新しい要素の付加と蓄積がひっきりなしに行われ、その結果として最良のものが出来上がります。それは、自然というものか新しい力、新しい要素の絶え間ない付加によって繁栄しているものだからです。限りない変化が最高の性質を生むのです。大自然の営みは一時の休む間もない行進です」

 その日のもう一人の招待客にポーランドの役人がいた。そしてまず最初に次のような質問をした。

-霊界の美を味わうことが出来るのは地上界で美を味わうことが出来た者だけというのは本当でしょうか。

 「そんことはありません。それでは不公平でしょう。地上では真の美的鑑賞力を養成する教育施設がないのですから、数知れぬ人々が美を味わえないことになります。霊の世界は償いの世界であると同時に埋め合わせの世界でもあります。地上世界では得られなかったものが補われてバランスを取り戻すのです」
 これを聞いて別のメンバーが「今の質問の背景には人間が死ぬ時はこの世で培った資質を携えて行くという事実があるように思うのですが」と述べると、シルバーバーチは-
 「地上の人間は無限の精神のほんの一部を表現しているに過ぎないことを銘記しないといけません。精神には僅かに五つの窓があるだけです。それも至ってお粗末です。肉体から解放されると一段と表現の範囲が大きくなります。精神が本領を発揮し始めます。自我の表現機関の性能が良くなるからです。霊界にはあらゆる美が存在しますが、それを味わう能力は霊性の発達の程度いかんに掛かっています。例えば二人の人間に同じ光景を見せても、一人はその中に豊かさと驚異を発見し、もう一人は何も発見しないということも有り得ます。それにもう一つ別の種類の美-魂の美、精神の美、霊の美があり、そこから永遠不滅のものの有する喜びを味わうことが出来ます。充実した精神-思考力に富み、内省的で、人生の奥義を理解出来る精神には一種の気高さと美しさがあります。それは、その種のものとは縁遠い人、従って説明しようにも説明出来ない者には見られないものです」

-美の観賞力を養う最良の方法は何でしょうか。

 「大体において個人の霊的発達の問題です。適切な教育施設が全ての人に利用出来ることを前提として言えば、美を求める心は魂の発達と共に自然に芽生えてくるものです。価値観が高まれば高まる程、精神が成長すればする程、醜い卑劣な環境に不満を覚えるようになります。波長が合わなくなるからです。自分の置かれた環境を美しくしたいと思い始めたら、それが進化と成長の最初の兆しと思ってよろしい。地上界をより美しくしようとする人間の努力は、魂が成長していく無意識の表れです。それは同時に無限の宇宙の創造活動へ寄与していることでもあります。神は人間にあらゆる材料を提供しています。その多くは未完の状態のままです。そして地上の隅々にまで美をもたらすには、魂、精神、理性、知性、成長度の全てを注ぎ込まねばなりません。
 最後は必ず個人単位の問題であり、その成長度に帰着します。開発すればする程、進化すればする程、それだけ内部の神性を発揮させることになり、それだけ一層美を求めることになります。私がいつも霊的知識のもつ道徳的ないし論理的価値を強調するのはその為です。スラム街があってはならないのは、神性を宿す者がそんな不潔な環境に住まうべきではないからです。飢餓がいけないのは、神性を宿す肉体が飢えに苦しむようであってはならないからです。全ての悪がいけないのは、それが内部の神性の発現を妨げるからです。真の美は物質的、精神的、そして霊的の全ての面において真の調和が行き渡ることを意味します」

-美的観念を人々の心に植え付けるにはどうしたらよいでしょうか。

 「個々の魂が成長しようとすることが必須条件です。外部からありとあらゆる条件を整えてやっても、本人の魂が成長を望まなければ、あなたには為す術がありません。ですから、あなたに出来ることは霊的知識を広めること、これだけです。正しい知識を広めることによって無知を無くし、頑迷な信仰を無くし、偏見を無くしていくことです。とにかく知識の種を蒔くのです。時にはそれが石ころだらけの土地に落ちることもあるでしょう。が、根付き易い土地も方々にあるものです。蒔いた種はきっと芽を出します。我々の仕事は真理の光を可能な限り広く行き渡らせることです。その光は徐々に世界中を広く照らし、人間が自分達の環境を大霊の分子すなわち神の子が住まうに相応しいものにしようと望めば、迷信という名の暗闇に属するもの全て、醜さと卑劣さを生み出すもの全てが改善されていくことでしょう」
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ クラウドファウンディングの案内