シルバーバーチの下に数え切れない程の質問が寄せられている。その一つ一つが読み上げられるのをシルバーバーチは熱心に聞き入るが、あまりに個人的(プライベート)な内容のものには答えたがらない。その理由をシルバーバーチは、プライベートな悩みに答えるにはその悩みを抱えている本人が直ぐ目の前にいる必要がある。しかしそれは私に委ねられた使命ではないから、と説明する。その本来の使命は全ての人に共通した真理を説くことにあるという。その一つが次の質問である。

-あなただけがご存知の、何か新しい真理がありますか。

 「新しい真理というものは一つもありません。真理は真理です。単なる知識はそれを受け取る人次第で内容が異なります。子供時代にはその知能に似合ったものを教わります。まずアルファベットから始まり、知能の発達と共に単語を覚え、文章が読めるようになります。今度は活字で書かれた本が読めるようになります。どの程度のものが読めるかはその段階での理解力一つに掛かっています。知識は無限に存在します。際限がありません。が、その内のどこまでを自分のものに出来るかは、精神的並びに霊的受容力の問題です。
 しかし、幾ら知識を蓄えても、それによって真理を変えることは出来ません。幾ら知恵を絞っても、真理の中身を変えることは出来ません。過去において真理であったものは今日でも真理であり、明日の時代にも真理です。真理は不変であり不滅です。新しい叡智を身に付けることは出来ます。新しい知識を増やすことも出来ます。が、新しい真理を生み出すことは出来ません。地上人類は既に地上生活にとって必須の真理-親切と助け合いと愛についての基本的真理の全てを授かっております。世界をより良くする為には如何にすべきかは既に分かっております。成長と発展と向上と進化にとって必要なものは過去幾世紀にも亘って啓示されて来ております。それに素直に従いさえすれば、今この地上において、内部に宿された神性をより多く発揮することが出来るのです。偉大な指導者、地上に光輝をもたらした〝霊の道具〟は、根本においては皆同じ真理を説いております。人間の霊性-各自に宿る不滅の資質に目を向けさせるべく地上を訪れたのです。言語こそ違え、皆人間の全てが無限の魂、神の火花、宇宙の大霊の一部を宿していることを説きました。そして、素直に従い実行しさえすればそれをより多く発揮させてくれるところの指導原理も説いております。霊的理念に従って生きればこの世から悪夢のような悲劇、あまりに永きに亘って無益な苦しみを与えて来た恐怖と悲惨と苦悩を一掃出来ることを説いて来ております。
 自分を愛する如く隣人を愛せよ。苦しむ者に手を差し延べよ。人生に疲れた人、潤いを求める者に真理を語って聞かせよ。病の人を癒し、悲しみの人を慰め、不幸な人を訪ねてあげよ。こうした訓えは遠い昔から説かれてきた真実です。こうしたことを実行しさえすれば地上は一変し、二度と恐ろしい悲劇をもたらす戦争も訪れなくなるでしょう。
 そこで、私達霊団の取るべき態度はどうあるべきか。人間は自分の成長と(死後への)霊的準備に必要なものは全て掌中に収めております。聖なる書も数多くあります。〝師〟と呼ばれる人も数多く輩出しております。内的世界を垣間見てその人なりに解釈した霊覚者が大勢います。しかし不幸にして、そうした形で啓示された素朴な真理が埋もれております。人間はその上に教義だの、ドグマだの、信条だの、儀式だのという〝構築物〟を築き上げてしまいました。単塾素朴な真理の基礎の上に神学という名の巨大な砦を築いてしまい、肝心の基礎がすっかり忘れ去られております。そこで私共はその埋もれた真理を本来の純粋な姿-何の飾り気もない素朴な姿のままをお見せする為の道具、つまり霊のメッセージをお届けする為の霊媒を捜し求めて来たのです。
 私共は人間の精神的産物によって色付けされた信仰体系には関心はありません。大切なのは地上生活のように錯覚によって惑わされることのない霊の世界からの真理です。なぜか。それは、あまりに多くの落伍者、精神的浮浪者のような人間が霊界へ送り込まれる一方、一見立派そうな人間が霊的事実について誤った概念と偏見と無知の為に、死後に直面する生活に何一つ備えが出来ていないというケースが又あまりに多過ぎる現実を見て、私共は、いずれは永続的な実在の世界となる死後の生活に備える為の単純な真理を地上にいる間に知ってもらえば、私達の手間も大いに省けるだろうと考えたのです。そこであらゆる宗教的体系と組織、進歩を妨げる信仰、不必要な障害、人間の精神を曇らせ心を惑わせる迷信に対して敢然と宣戦布告し、神の子が神の意図された通りに生きられるように、不変の霊的真理を授けようと努力しているわけです。
 他人がどう言おうと気にしてはいけません。非難・中傷など、全て忘れることです。霊的真理こそ永遠に変わらぬ真理なのです。理性が要求する全てのテストに応えうる真理です。けっして知性を欺きません。単純・明快で、誰にでも理解出来ます。聖職者によるあらゆる方策が失敗した後も止まることなく普及発展していく真理です。不変の自然法則に基づいた単純素朴な永遠の真理だからです。これには法王も大主教も司祭も牧師も教会も聖堂も礼拝堂も要りません。私共はこれを捏ね回して神学体系を作ろうなどとも思いません。ただこうして説くだけです。が、理解ある伝道者さえいれば、それが社会のあらゆる階層に浸透し、全ての人間が身体的にそして霊的に自由を享受し、二度と束縛の中で生きて行くことは無くなるでしょう。無知の暗黒が消滅し、代わって真理の光がふんだんに注がれることでしょう」

 このようにシルバーバーチは単純な霊的真理を説いているだけだと主張し、理屈っぽい問題には答えたがらない。その理由は-
 「難解な問題を回避したいからではありません。私は今直ぐ応用の利く実用的な情報をお届けすることに目標を絞っているからです。基本の基本すら知らない大勢の人々、真理の初歩すら知らない人が大勢いることを思うと、もっと後になってからでも良さそうな難解な理屈を捏ね回すのは賢明とは思えません。今日最も必要なのは簡単な基本的真理-墓場の向こうにも生活があること、人間は決して孤独な存在ではなく、見捨てられることもないこと、宇宙の隅々にまで神の愛の温もりをもった慈悲深い力が行き渡っていて、一人一人に導きを与えていること、それだけです。これは人間の全てが知っておくべきことです。又誰にでも手に入れることの出来る掛け替えのない財産なのです。そうした基本的な真理さえ知らない人間が何百万、何千万、いや何億といる以上、我々はまず第一にその人達のことから考えようではありませんか。それが我々にとって最も大切な義務だと思うのです」

 同じ話題について別の交霊会で次のように述べている。
 「私共霊界の者がこうして地上へ戻って来る目的の真意が、他ならぬ宗教問題で指導者であるべき人達から曲解されております。いつの時代にも宗教とは基本的に霊力との関わり合いでした。それはまず地上の人間の霊的向上を指向し規制する摂理を教える使命を帯びた者が地上へ舞い戻って来るという事実から始まります。つまり宗教の本来の目的は人間の霊性に関わっているのです。そこから出発し、ではその霊性を正しく発達させる上で霊界から指導を受けるにはどうすべきかを説くのが宗教の次の仕事です。霊的摂理は広範囲に亘っています。ところが不幸にしてそれが誤って解釈され、その上、それとは別の意図をもった聖職者が割り込んで来た為に混乱が生じたのです。
 人間も根本的には霊であり、それが肉体を使用しているのであって、付属品として霊を宿した肉体的存在ではないわけです。肉体は霊に従属しているものです。地上生活の全目的はその内在する霊に修業の場を与え、様々な体験を通じてそれを育み、死によってもたらされる肉体からの解放の時に備えて身支度させることです。それから本当の意味での生活が始まるのです。従って宗教とは霊が霊として本来の生活が出来るように指導する為の処世訓であり道徳律であると言えます。ところが不幸なことに、古い時代に霊の道具である霊媒と聖職者との間に衝突が生じたのです。聖職者の本来の仕事は聖堂や教会等、宗教的行事の執り行われる建造物の管理でした。原初形態においては両者の関係は上手く行っておりました。が、ある時代から聖職者の方が神示を受ける霊媒にばかり関心が向けられることを不愉快に思い始めました。そしてそれまでに入手した神示を資料として、信条、儀式、祭礼、ドグマ、教説等を分類して綱領を作るという、所謂神学的操作を始めたのです。今日そのどれ一つとして霊の資質や生活や発達と実質的に関わりのあるものはありません。
 かくして真の宗教の概念が今日では曖昧となってしまいました。宗教というと何かお決まりの儀式のことを思い浮かべ、〝聖典〟と呼ばれるものを読み上げることと考え、賛美歌を歌い、特別な衣装を着ることだと考えるようになりました。何やら難しい言説を有り難く信奉し、理性的に考えれば絶対におかしいと思いつつも尚それにしがみ付きます。私達はいかなる神学、いかなる教義、いかなる信仰告白文にも関心はありません。私達が関心を持つのは人間の霊性であり、私達の説くことも全て、絶対的に従わねばならないところの霊的自然法則に向けられています。人間の拵えたものを崇めるわけにはいきません。宇宙の大霊によって作られたもののみを実在として信じます。そこに宗教の捉え方の違いの核心があります。
 人の為に役立つ行為、霊性に動かされた行為、無私と利他的行為、自分より恵まれない人へ手を差し延べること、弱き者へ力を貸してあげること、多くの重荷に喘ぐ人の荷を一つでも持ってあげること-これが私達の説く宗教です。
 〝神とイエスと聖霊は三にして一、一にして三である〟などと説くことが宗教ではありませんし、宗教的であるとも言えません。それを口にしたからといって霊性は微塵も成長しません。朝から晩まで賛美歌を口にしたからといって霊性が増えるわけではありません。バイブル(キリスト教)を読んでも、タルムード(ユダヤ教)を読んでも、コーラン(イスラム教)を読んでも、バガバッド・ギーダー(ヒンズー教)を読んでも、その他いかなる聖なる書と呼ばれるものを目が疲れる程読んでも、それだけで霊性が成長するわけではありません。〝宗教的〟と見做されている行事を全て行っても、それによって一層価値ある人生へ魂を鼓舞しなければ、言い換えれば内部の霊性を少しでも多く顕現させることにならなければ、私達が考えている意味での宗教的人間になるわけではありません。
 ラベルはどうでもよいのです。形式はどうでもよいのです。口先だけの文句はどうでもよいのです。大切なのは〝行い〟です。〝行為〟です。つまり各人の毎日の〝生活〟そのものです。私達は因果律という絶対的な摂理を説きます。つまり誰一人としてその神の摂理の裏をかくことは出来ません。誤魔化すことは出来ません。自分が自分の救い主であり、贖い主であり、自分の過ちには自分が罰を受け、善行に対する報酬も自分が受けると説くのです。又、神の摂理は機械的に機能し、自動的に作用すると説きます。すなわち親切、寛容、同情、奉仕の行為が自動的にそれ相応の結果をもたらして霊性を高め、反対に利己主義、罪悪、不寛容の精神は自動的に霊性を下げます。この法則は変えようにも変えられないのです。みっともない執行猶予も安価な赦免もありません。神の公正が全宇宙に行き渡っております。霊的な小人が巨人のフリをしても誤魔化せません。死の床での悔い改めも通用しません。
 広大なる宇宙で生じるもの全てに責任をもつ大霊(神)の不変にして絶対的威力を有する摂理に目を向けましょう。私達は常にその摂理を念頭に置いています。なぜなら私達の説く神は人間的弱点や人間的激情、人間的憤怒に動かされたり、好きな人間と嫌いな人間とを選り分けたりするような、そんな人間的存在ではないからです。私達の観る宇宙は法則によって支配されています。隅々まで行き渡り、これからも常に存在し続ける法則です。地上の人間がこれまであまりに永い間振り回され隷属させられて来た誤った概念と虚偽、偏見と無知を無くしていくには、地上の生命現象と生活現象の全てがその絶対的法則によって支配されていることを教える以外にはありません。その知識が少しでも増えれば、それだけ理解力も豊かになることでしょう。真の美しさを遮っていたベールが取り除かれ、有限の地上的存在の視野を超えたところに存在する、より大きな生活を少しでも垣間見ることになるでしょう。
 かくして私共は常に神の永遠の自然法則、絶対に狂うこともなく、誤ることもない法則、地位の高い低いに関係なく全ての存在に等しく働く法則に忠誠と感謝の念を捧げる者です。誰一人おろそかにされることはありません。誰一人として一人ぽっちの者はいません。法則の働きの及ばない人、範囲からはみ出る人など一人もいません。あなたがこの世に存在しているという事実そのものが神の摂理の証です。人間の法律は機能しないことがあります。改められることもあります。人間の成長と発展に伴って視野が広がり、知識が無知を無くし、環境の変化に伴って新たな法令が要請されたりすると、従来の法律が廃止されたり別の法律と置き換えられたりすることもあります。しかし神の法則には新しい法則が付け加えられることは絶対にありません。改正もありません。解釈上の変化も生じません。今機能している法則はこれまでずっと機能して来た法則であり、これからも変わることなく機能して行きます。一瞬の休みもなく機能し、そして不変です」
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ