心霊治療家として世界的に知られているハリー・エドワーズ氏が夫人と共に招かれた。まずエドワーズ氏が次のような謙虚な質問をした。(ハリー・エドワーズについて
 「私がいつも関心を抱いているのは私達治療家に何が治せるかではなくて、どうしても治せずにいる病気のことです。どうすればより多くの病を治し、どうすればそちらの世界の人との協力関係を深めることが出来るでしょうか」
 「私達は偉大にして遠大な目的に向かって協力し合っております。その目的とは薄幸の人々、虚弱な人々、苦痛に喘ぐ人々、寄る辺なき人々、悲嘆に首をうなだれ胸を塞がれる思いをしている人々に少しでも援助の手を差し延べてあげることです。霊の力は人間を媒体として注ぎ込む機を窺っております。その機を見つけると、病気の場合であれば治癒力を見せ付けることによって、人間の協力さえ得られれば見えざる世界の威力と光明とをもたらすことが出来ることを示します。
 霊の力はすなわち生命力です。生命があるのは霊があるからこそです。霊は生命であり生命は霊です。この荘厳にして途轍もなく広大な宇宙を創造した力も、あなた方を生かしめ、これから後もずっと生かしめていく力と同じものです。又、あなた方が愛し合い、物を思い、心を遣い、判断し、反省し、決断し、勘案し、熟考し、霊感を受け、人間的情感の絶頂からドン底までの全てを体験させる力、それは霊の力なのです。
 あなた方の一人一人が神であり、神はあなた方一人一人であると言えます。程度の差があるだけで、その本質、実質においては同じです。人間は言わばミクロの神です。その神の力が病人を癒すのです。その力を分析してお見せすることは出来ません。何で出来ているかを説明することも出来ません。私に言えることは、それが無限の形態をとって顕現している-なぜなら生命は無限だから、ということだけです。
 霊媒現象の全てに共通した問題は、その霊的エネルギーのコントロールです。どのエネルギーがどれだけ発現出来るかはその時の条件一つに掛かっています。言い換えれば、その霊媒の有する資質と、それをより大きくより効果的にする為の修業をどこまで心掛けるかに掛かっています。私達の側においても常に新しいエネルギー、新しい放射線、新しい可能性を徐々に導入しては実験しております。
 ですが、そうしたものも霊媒の身体的、精神的、霊的適性によって規制を受けます。受容力が大きければ、それだけ多くのものが導入されます。小さければ、それだけ制限されることになります。
 霊力そのものは自然法則によるもの以外には何一つ制約はありません。自然法則の枠組みから離れて働くことだけは出来ないのです。が、その枠組みというのが途方もなく広範囲に亘っており、これまで地上の霊媒を通じて顕現されてきたものより遙かに多くのものが、未だに顕現されずに残されております。
 私が指摘しておきたいのは、多くの真面目で信心深い人々が神の力がバイブルに記録されている古い時代にその全てが顕現され尽くしたと思い込んでいるのは間違いだということです。啓示もそれ以来ずっと進歩し続けております。現代の霊媒を通して顕現されている霊力の方が過去の時代のものに比べて遙かに偉大です。
 さてあなた(エドワーズ氏)は豊かな恩恵に浴しておられるお一人です。あなたの直ぐ身の回りで働いている霊の姿をご覧になる視力があればよいのにと思われてなりません。背後霊の存在に確信を抱き、あなたを導く霊力に不動の信頼を置いておられますが、その背後霊が誰でありどんな人物であるかをご覧になれたら、もっともっと自信をもたれることでしょう。
 (エドワーズ氏の背後霊団の中心的指導霊は十九世紀の英国の外科医で消毒殺菌法の完成者J・リスターとフランスの化学者で狂犬病予防接種法の発見者L・パスツールであると言われる。尚エドワーズは1976年に他界している-訳者)
 私のような古い霊が確信をもって言えるのは、あなたの地上生活は今日の絶頂期を迎えるべく、ずっと導かれて来ているということです。意図された通りのものを今まさに成就されつつあります。今まさにその目的地に辿り着かれました。背後霊団があなたの協力を得て初めて成就出来る仕事に携わっていることを喜ぶべきです。
 以上の私の話に納得がいかれましたか」
 「よく分かります。ただ、そうなると二つの疑問が生じます。一つは、背後霊団はもう少し私達治療家を効果的に改良出来ないものかということです。例えば両足共不自由な子供がいるとします。一方の足は良くなったのに、もう一方の足は良くならないことがあります。どこに問題があるのでしょうか。私は治療家の側に問題があるに違いないと思うのです。なぜなら、一方の足が治せれば当然もう一方も治せなければならないからです」
 「治療家が望む通りの結果、或いは背後霊団がその時に目標とした通りが成果が得られるとは限りません。霊媒(治療家)を通して得られる限られた治癒エネルギーでもって最大限の治療効果を挙げなければなりません。一つの治療に全部のエネルギーを集中すれば一気に効果が挙げられるかも知れません。が、次の治療の為のエネルギーを溜めるのに長い時間を要することになります。
 一つ一つが実験だと私は言っているのです。治療霊団も前もってこれはこうなるという保証は出来ません。効果が出ることは分かっても、どこまで治るかは分かりません。前もって知ることの出来ない要素が幾つもあるからです。それは治療活動を制約することになるかも知れません。ですが、それまで少しも治らなかったものに治る兆しが見えるだけでも喜ぶべきことです。
 それは立派な貢献と言えます。それだけでもあなたは堂々と背後霊団に向かって〝さあ、この私を使ってください。皆さんを信じています。あなた方の言う通りに致します〟と公言する資格があります。勿論あなたの下に連れて来られた患者が魔法のように即座に治ればこんなに嬉しいことはありません。が、それは有り得ないことです。
 問題が色々とあるのです。この仕事も言わば開拓者(パイオニア)的な分野に属します。あなたに協力している霊団は一つ一つの症状の変化を知った上で、更にテクニックを改良し効果を挙げる為に他の要素を導入しようと忙しく立ち働いております。治療に当たる度に症状が改善されているのを観察されている筈です」
 「仰る通りです」
 「協力関係が密接である程、多くの霊力が伝達されるのが道理なのですが、それを制約する要素としてもう一つの問題が絡んで来ます。議論の多い問題に踏み込むことになるのは百も承知ですが、それが事実であるからには黙って見過ごすわけには行きませんので敢えて申し上げますが、どうしても避けられない要素の一つに患者のカルマ(宿業)の問題があります。当人の霊的成長の度合によって決められる精神と身体の関係です。お分かりでしょうか」
 「どうぞその先をお話ください」
 「そう仰ると思っていました。これは実に重大な問題であり、あなたにとっても意外に思われることも含まれております。心霊治療の仕事の大切な要素は身体を治すことではなくて魂の琴線に触れさせることです。魂を目覚めさせ、身体への支配力を大きくさせ、生きる目的を自覚させ、霊的存在としての本来の自我を表現させることに成功すれば、これは治療家として最大の貢献をしたことになります。
 そのことの方が身体を治すことより大切です。それが治療家としてのあなたの努力として、永遠に残る要素です。人間は精神と肉体と魂とが一体となったものです。これに、その三者が互いに絡み合って生じる要素もあります。その影響を無視してはいけません。
 病気というのはその大半は主として精神と肉体と魂との間の連絡が正しく行われていないことに起因しています。正しく行われていれば、つまり完全な一体関係にあれば完全な健康と安定性と落ち着きと機敏性を具えています。もっとも、そういう人物は地上では滅多にお目にかかれません。
 さて、あなたの下を訪れる患者はその人なりの霊的成長段階にあります。人生という梯子の一つの段の上に立っているわけです。それがどの段であるかが、その人に注がれる治癒力の分量を決します。それが私の言うカルマ的負債です。
 (その負債があまりに大きくて)あなたにも手の施しようのない人がいます。肉体を犠牲にする、つまり死ぬこと以外に返済の方法がない人もいます。もう一度チャンスが与えられる人もいます。そんな人があなたとの縁で完治するということになる場合もあります。精神的要素の為に治らない人もいます。そんな場合は一時的に快方に向かっても、又別の症状となってぶり返すでしょう」
 「ということは、カルマ的負債の方がその人に注がれる治癒力より大きいのだと思います」
 「仰る通りです。私は是非その点を強調したいのです。それが当人に賦課された税金であり、自分で綴っている物語であり、その筋書きは他の何ものによっても書き変えることは出来ないということです。初めに私は全ては法則の枠の中に存在すると申し上げました。何事もそれを前提として働きます。人間のいう奇跡は生じません。自然法則の停止も変更も廃止もありません。全てが原因と結果から成り立っております。そこに自由への制約があります。もしも因果関係がキャンセル出来るとしたら、神の公正が崩れます。治療家に出来ることは魂を解放し、精神に自由を与えてあげることです。その結果が自然に身体に現れます」
 「それがカルマ的負債を返済する手助けをしてあげることになるのでしょうか」
 「その通りです。私が心霊治療家はその患者の魂の琴線に触れ、自我に目覚めさせ、生きる目的を自覚させることが一番重要な役目であると申し上げる理由はそこにあります」
 「私達治療家が例外なく体験することですが、心の奥底からの喜び、高揚、崇高な情感、崇高な理念が湧き出るのを感じることがあります。あなたが仰るのはその時のことだと思います」
 「天と地とが融合した極限の瞬間-あっという間の一瞬でありながら全ての障壁が取り除かれた時、人間は自分本来の霊性を自覚します。全ての束縛を押し破り、霊の本来の感覚であるところの法悦(エクスタシー)の状態に達するのです」

 ここでエドワーズ氏が再びカルマ的負債の問題を持ち出すと、シルバーバーチはスピリチュアリズムの本来の大きな使命にまで敷衍(ふえん)してこう述べた。
 「あなたも私も、そしてこれに携わる人の全てがそれぞれに役割分担を担っているスピリチュアリズムの全目的は、人類の魂を呼び醒まして一人でも多くの人間に本当の自分に気付かせること、自分とは一体何か、誰なのかを知ることによって、普段の日常生活の中において霊の本性と属性を発揮することが出来るように導いてあげることです。
 それによって地上生活の全てが姿を一変し、利己主義という名の雑草の生い繁る荒野から理想の花咲くパラダイスへと変わることでしょう。我々は今それを目標として努力しているのであり、まずまずの成功を収めつつあります。光明を見出す人、真の自我に目覚める人、物的な居眠りの生活から目覚める人-こうした人は人間本来の道を見出し、確信と知識とを携えて巡礼の旅に出る魂であると言えましょう」
 この言葉に感動したエドワーズ氏が「これだけお教え頂けば十分です。治るということ自体は重要ではないということですね」と述べると、
 「私達スピリットが人間の苦しみに無関心であるという意味ではありません。病を抱えた人々の悲劇や苦痛や侘しさに無頓着でいるわけではありません。が、そうした問題の究極の原因に手をつければ、精神と身体と霊との間の不調和に終止符を打つことが出来、そうなれば地上生活か必要としている光輝がふんだんに注がれるのです。神の子が享受すべく意図されている本来のもの-気高さ、崇高さ、威厳、豊かさ、光輝、美しさを見出すことでしょう。
 こうした生活の末に死を迎えれば、来世に備える為の地上生活の大役を果たした肉体を何の苦痛もなく脱ぎ棄てて、楽に霊界への門を潜り抜けることが出来ます」

 その後エドワーズ氏の奥さんの方を向いてこう述べた。
 「これまでに成就されたことを奥さんも大いに喜んでください。今この場に集まっている霊界の(エドワーズ氏の)治療霊団の方が、奥さんの果たされた犠牲的な役割に対して抱いている感謝の気持を是非私の口から伝えて欲しいと頼んでおられますよ」
 これを聞いて奥さんが「自分はこんなことで良いのだろうかと時に迷ったこともありました」と述べると、シルバーバーチは更にこう述べた。
 「私は、私より遙かに奥さんを知り尽くしているスピリットから頼まれて申し上げているだけです。霊団の人達はあなたの心、あなたの精神、あなたの魂を知り尽くし、更にあなたが捧げられた忠誠心と愛の強さもよく知っておりす。
 その人達が言っているのです-ご主人の使命達成を可能にした蔭からのあなたの助力に対する感謝の気持を是非伝えて欲しいと。一方が脚光を浴びる立場にあれば他方はその蔭にいなければなりません。蔭の存在なくしては脚光を浴びる人もいないでしょう。私達の目から見れば、人の為に為された貢献は、黙って人知れず為されたものであろうと大勢の観衆を前にして華々しく為されたものであろうと、その評価にいささかの違いもありません」
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ