ある日の交霊会で、霊媒の背後霊の中には我々人間でも知っているようなことを知らない霊がいるのはなぜか、という質問が出された。これに対してシルバーバーチはこう答えた。
 「背後霊にも色んな種類があります。目的が色々とあるからですが、その霊が全て同じレベルにあるわけではありません。交霊会において各々に割り当てられる仕事は成長と発達の度合によって異なります。宇宙の機構について詳しい霊がいても、あくまでその時点までのその霊の経験の結果としての知識を述べるのであって、まるで知らないことについては答えられません。知らないことは何一つないような霊は決していません。
 例えば物理実験会で門番のような役をしている霊は高等な思想上の問題はよく知りませんし、高等な思想・哲学を説くことを使命としている霊は物質化現象をどうやって起こすかといったことは、まるで知りません。霊を全部同一水準に置いて考えることは禁物です」
 「どんな霊が背後霊となるのでしょうか」
 「血縁関係のある霊もいれば、地上的な縁故関係は全くなくて、果たさんとする目的において志を同じくする者、言ってみれば霊的親近感によって結ばれる場合もあります。そこには民族や国家の違いはありません。地上を去り、地上的習性が消えていくと、民族性や国民性も消えていきます。魂には民族も国家もありません。あるのは肉体上の差異だけです」
 「背後霊として選ばれる基準は何でしょうか」
 「地上世界の為に為すべき仕事があることを自覚して、自ら買って出る霊もいますし、ある霊的な発達段階まで来ている霊が、人類啓発の使命を帯びた霊団から誘いをかけられる場合もあります。
 私はその誘いを受けた一人です。自分から買って出たのではありません。が、やってみる気はないかと言われた時、私は直ぐに引き受けました。正直言ってその仕事の前途は、克服しなければならない困難によって〝お先真っ暗〟の状態でした。しかし、その困難は大体において克服され、まだ残されている困難も、取り除かれたものに比べれば、極めて小さいものばかりです」
 「誘われた場合は別として、自分から申し出た場合、その適性をテストする試験官のような人がいて合否を決めるのでしょうか」
 「ズバリそうだとは言えませんが、それに似たことは行われます。こちらの世界は実に上手く組織された世界です。人間には想像出来ない程高度に組織化されております。それでいて、その仕事を運用するには、こうした小さな組織が必要なのです。私達の霊団の中にはあなた方も名前をよくご存知の方が何人かいます。ところが、どういうわけか、揃って遠慮がちな性格の人ばかりで、私が出なさいとけしかけても、いつも〝あなたからお先に〟と言って後へ引っ込むのです。
 さて、例えばあなたが自分で霊団を組織したいと思われても、霊の方があなたの仕事に共鳴して集まってくれなくては駄目ですし、又呼び寄せるだけの霊力を発揮出来る段階まであなたが進化していなくてはなりません。こちらの世界ではその人の人間性が全てを決します。絶対的実在は霊なのです。それには仮面も変装も口実も誤魔化しも利きません。何一つ隠せないのです。全てが知れてしまうのです」
 「その人の適性が霊性にはっきり出ているということでしょうか」
 「その通りです。なぜかと言えば、その人のオーラ、色彩、光輝がその人の本性を示しているからです。教える資格もない者が先生面をしても直ぐにバレます。その人には教えられないことが明らかなのですから。ですから、あなたが人類の為の仕事に志を抱く霊を呼び寄せようとしても、あなたご自身が霊的成長によって霊を引き付ける力を具えていなければ、それは叶えられないということです。お判りになりますか」
 「私が知りたいのは、そういった十分に成長していない霊が霊団の一員として働かせてもらえないのは、どういう経緯でそうなるのかということです」
 「働けないから、というに過ぎません。資格のない者にはやりたくても出来ないのが道理でしょう。その霊には霊力もエネルギーも放射線も人間も引き寄せることは出来ません。それを手にするに値するだけの鍛練がまだ足らないということです。霊媒をコントロールするには人間側の協力も必要なのです。実に入り組んだ過程を経なければなりません。上手く行っている時は簡単そうに見えますが、上手く行かなくなった時に、その一見単純そうな過程の裏側の複雑な組織がちょっぴり分かります」
 質問者は更に突っ込んで、通信霊が他人の名を騙ることがある事実を挙げて、なぜそれが霊団の方で阻止出来なかったのか、本物かどうかを見分ける方法はないのかと尋ねた。すると-
 「実によりて木を知るべし(マタイ7・20)と言います。もし仮にこの家のドアを開けっ放しにして門番も置かなかったらどうなります?誰彼なしに入り込んで来て好き勝手な文句を言うことでしょう。そこで時刻を決めてドアを開け、門番を置いて一人一人チェックすることにしたらどうなります?全く話は違ってくるでしょう」
 「仰る通りです。ということはレギュラーメンバーで定期的に開くのが安全ということでしょうか」
 「そうです。無論です。是非そうあらねばなりませんし、それに、身元のはっきりした専属の支配霊がいて、その霊の存在を確認しない限り通信は許さないということにすることです。私共の世界も至って人間的な世界です。最低から最高までのありとあらゆる程度の人間がいて、その中にはしきりに地上に戻りたがっている者が大勢います。その全てが指導する資格を持っているわけではなく、教える立場にあるわけでもなく、聖人君子でもありません。至って人間臭い者がいて、人間界への働きかけの動機にも霊的なところがない場合があります」
 「きちんとした組織をもった交霊会では通信霊のチェックが行われるのでしょうか。他人の名を騙って喋ることは不可能でしょうか」
 「きちんとした交霊会では不可能です。この交霊会は始まって随分長くなりますが、その間ただの一度もそういうことは起きておりません」
 「霊界に組織があって、通信霊本人が述べる証拠とは別に、その組織が身元を保証してくれるようなことがあるのだろうかと思っておりましたが・・・・」
 「保証には二つあります。一つは通信霊が出す証拠に自然に具わっているものです。いつかは必ず正体を見せます。もう一つは、これは特に初めて喋る霊或いは、せいぜい二度目の霊に言えることですが、その会を指揮している支配霊による身元の保証です。私の見る限り、何年も続いている有名な交霊会の支配霊は信頼出来ます。もっとも、だからといって-私の話はいつもこのことの帰着するのですが-そうした交霊会に出席している人が一瞬たりとも理性的判断を疎かにしてよいと言っているのではありません。これは神からの贈物です。支配霊が誰であろうと、通信霊が誰であろうと、もし言っていることが自分の理性に反発を感じさせたら、それはきっぱりと拒絶するのが絶対的義務です。
 私達の仕事の基本は〝協調性〟にあります。あくまでも人間側の自由意志と腹蔵のない同意の下に手を繋ぎ合って進まないと成功は得られません。しばしば言って来たことですが、私の言うことがどうも変だと思われたら、どうぞ受け入れないでください。拒絶してください。私は絶対に誤りを犯さないとか叡智の全てを所有しているなどとは思っておりませんから、同意が得られない時は一緒に考え合って、お互いに勉強していきましょう。
 そういう方法で行けばきっと成功します。威圧したり強制したりして仕事を進めるやり方は私達は取りません。神から授かった理性の光で導き、一歩一歩を自らの意志で踏み出すように仕向けます。
 私達が絶対に誤りを犯さないとは申しません。もっとも、故意の偽りを述べることとは全く別問題です。実によりて木を知るべし-これは実に良い判断方法です。もし利己主義や欲得を煽るような、或いは世間への義務を疎かにさせたり、汚い考えや隣人への思いやりに欠ける言説を吐くようなことがあったら-もしも慈悲の心を忘れさせ自己本位の生き方を勧めるようなことがあったら、それが立派な罪悪性の証拠と言えます。
 が、私達の訓え、私達の説く思想は、こちらの世界から発せられる全てのものの底流にある唯一の動機、すなわち〝人の為に自分を役立てる〟ということを第一に強調するものです。皆さんも互いに助け合い、自分が得たものを他人に分け与え、かくして神の恩寵が世界中に広がるように努力して頂きたいのです。実によりて人を知るべし-これが最後に勝利を収める方法です。なぜなら、それが神の御心であり、その神は愛と叡智によって動かされて、大自然の法則を通じて働いているからです」

 実はその日の交霊会の初めに、交霊会で使用される霊的なエネルギーについての質疑応答があった。その中でシルバーバーチは、前回の交霊会はあまり上手く行ったとは言えませんと述べ、その理由をこう説明した。
 「私がエネルギーを使い果たし、保存してあるものの一部まで使ってしまったからです。でも今夜はその心配はありません。私は全身に力が漲り、頂いた分量を全部貯えております」
 「貯蔵庫が満タンということですね」
 「はい、満タンです。溢れ出ている程です。私共にそのエネルギーに浸らせてください。そしてその一部を頂戴させてください」
 「どこから摂取するのですか」
 「あなた方からです」
 「私達だけではないでしょう」
 「いえ、皆さん全員からです。皆さんが仕入先です。私と貯蔵庫とを繋ぐエネルギーを提供してくれるのが皆さん方ということです」
 「無論霊媒からも得ているわけですね」
 「勿論。霊媒の持つ力によって私があなた方と話し、色々と無理難題を申し上げているわけです」
 「摂取するのは私達がここに集まってからですか、それともそれぞれ別の所にいる時ですか」
 「ここに居られる間に摂取致します。ここが一番やり易いのです。お一人から少しずつ摂取するのですが、少しずつ沢山集めれば分量も多くなります。それを混ぜ合わせ、それに別の要素を加えることによって必要とするものが出来上がります。簡単です。もう皆さんはお分かりでしょう」
 「エクトプラズムと同じものですか」
 「同じです。但し、質をずっと精妙化して使用します」
 「でも本質的には同じものでしょう」
 「皆さんから摂取するのは同じ物質です。エネルギーという謎めいた用語がよく使用されますが、これは要するに宇宙の生命力の一部であり、あなた方の言うエクトプラズムもその一つの変形に過ぎません」
 「でもエクトプラズムは後で全部本人に戻されると思っていましたが・・・・」
 「そうなのですが、必ずそのごく一部分だけが戻されずに残ります」
 「貯蔵庫が空になった時は戻さずに取っておくわけですか」
 「そうです。それに霊界で調合したもの-その調合にも同質の物質、全く同じものではありませんが、ほぼ同質のものを列席者から抽出しますが-を混ぜ合わせて、一回の交霊会に必要な分量を拵えて、いざという時の為にその一部を取っておきます。生命力の一部です。大体こんな説明しか出来ませんが・・・・」
 「余分を取っておかないと仕事が出来ないのでしょうか」
 「出来ないことはありませんが、霊媒に大きな負担を掛けることになります。もしかしたら話す力まで奪われてしまうかも知れません。そうなると何も出来ないことになります」
 「別に私は余分に取っておくのがけしからんと言っているのではありません。なぜかを知りたかっただけです」
 「私の方には、お答えする場合にあまり多くを語り過ぎないようにとの配慮があるのです」
 「なぜでしょう。なぜ全てを教えてくれないのですか」
 「一つには、お教えしたくても出来ないということ、もう一つは、語ることを許されていないこともあるということです。それを知ることを許されるには、ある一定の霊的成長が指標となります。そこまで進化しないと、その知識を持つことを許されないのです」
 「たとえ理解出来ても、身体に宿っているとその知識を間違ったことに使用する可能性があるということでしょうか」
 「そういうことです。もっとも、私共の世界からのちゃんとした協力が得られれば別です。が実際には一旦高度な知識を手にすれば、それを間違って使用することはないでしょう。と言うのは、その知識を得たということは、その正しい使用法を心得る段階まで向上していることを意味するからです。
 全ては摂理によって規制されているのです。入れ替わり立ち替わり喋りたがる低級霊の場合は別として、名の知れた支配霊が道徳的に首をかしげたくなるようなことを言った例は決してない筈です。非難したり中傷したり陰口を言ったり、つまり低俗な人間のするようなことを支配霊がしたためしはない筈です。人類を導く者としての資格があるか否かを見極める仕事をしている霊を得心させるだけの器量がなくてはならないからです。自分がコントロール出来ない者がどうして他人を正しい道へ導くことが出来ましょう。でも、最後はあなた方自身が判断なさることです。
 私達に設けられた基準は実に高度なものです。何しろ混迷する人類を導くという使命に携わっているのです。指導者として十分な器量を具えていなければなりません。そこでこの仕事に携わる者は厳重な監視下に置かれます。又成果を報告し、細かい吟味を受け、仕事を更に進展させる為の再調整が為されます。私がいつもあなた方に、全てを安心して霊の世界の者にお任せしなさい、と申し上げるのはその為です。あなた方に敬愛を持ち、あなた方の為に働き、更にあなた方を通じて他の人々へ援助の手を差し伸べたいと願っているスピリット、それだけを唯一の願いとしているスピリットであることは十分に証明済みの筈です」

 さて、支配霊は優れた霊媒をもつ交霊会を何年催していても、常に新しい体験をさせられるものである。その一端を見せたのが、霊媒に憑っている間は物が見えてないのか、耳は聞こえてないのかという質問が出された時だった。そんな質問が出たのは、ある日の交霊会の進行中にスワッハーが遅れて入って来て、列席者の一人がスワッハーの為に席を移動したことにシルバーバーチが気が付かなかったからである。その質問に対してシルバーバーチはこう答えた。
 「幾分そういう傾向があります。それは私が霊媒の器官をどの程度までコントロールし、一方、霊界との連絡網が何本使用出来るかに掛かっています。全部が使える時、つまり一、二本で四苦八苦するような状態でなければ、コントロールが完全ですから、その間は私は霊媒になり切っており、霊媒の体験することは皆私も体験します。
 ですが連絡網が制限され、僅かに残ったもので何とか交霊を維持しなければならない時は、必然的に霊媒との接触の仕方が弱くなり、必要最少限の中枢網しか使っていませんから、その分だけ普段よりはコントロール出来ていないことになります」
 「となりますと、交霊会の始まる前に霊媒がどこの席に誰が座っているということを知っていても、入神した霊媒を完全にコントロール出来ない時は、あなたには誰がどこにいるということは判らないということになりませんか」
 「細かく説明しましょう。何であれ物事の事情というものは、上手く説明出来ると面白いものです。私があなた方に話をしていると〝回線良好〟との信号が出ます。そこでその回線に繋ぐと情報が入ります。その情報を私が皆さんに伝えるわけです。その操作にはかなりの集中力を要しますが、それは、重大なこと程余分に注意力が要ることを意味しています。
 さて、あの時スワッハーが入って来たので私は〝ああ、スワッハーですね〟と言いましたが、どこに座るかは注意していませんでした。それで、誰かが私の直ぐ近くに来る音がした時てっきりスワッハーだと思い、その方向を向いて〝ようこそ〟と言ったわけです」
 ここでその席に移った本人が〝そうでしたね〟と相槌を打つと、シルバーバーチは更にこう続けた。
 「するとあなた(相槌を打った人)が挨拶をされたその声で、あなたがスワッハーに席を譲られたことを知ったわけです。聞く能力は完全でしたが、見る能力はあの時は十分ではありませんでした。それで私は音のする方向を向いて〝ようこそ〟とは言いましたが、折角の良好な回線を乱したくないので、それ以上は言葉を交わさなかったわけです。これで謎は解けたと思いますが・・・」
 「もし誰かがこっそりと部屋を出て行ったら分かりますか」
 「それはいつ出るかによります。今でしたら分かります。集中力を要する回線に合わせている時、中枢網だけでやっと霊媒との関係を維持している時は、他のことには構っておれません。私はその時その時の大事なこと、基本的なことに目を向けておりますので・・・・」
 「誰かが途中で入って来たら交霊の状態が乱れますか」
 「常連(レギュラー)であればそういうことはありません。普段からその人のオーラを通じて霊力を供給してきており、その融合が交霊に必要なエネルギーとなっているからです。初めての人がいきなり入って来ると話は別です。全く新しい要素ですから。
 出席者が常連であれば、入神状態に関する限り、明りがついていようが消えていようが、皆さんが脚を組まれようが開かれようが、関係ありません。霊的エネルギーがコントロールされ安定しているからです。が、初めての人ばかりの集まりだとすると、入神談話の為の条件を改めて整える必要が生じるでしょう」
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ