ある日シルバーバーチのファンから寄せられた手紙に幾つかの質問が列記してあった。その質問とシルバーバーチの回答を紹介する。

質問(一)-霊媒というのは心霊能力のバッテリーを所有している人で、それが現象を起させるのでしょうか。

 「バッテリーと呼ぶのはどうかと思います。霊媒とは霊の世界を感識する能力を具えた人で、地上にあって霊的身体の能力を使用し、その結果として霊界のバイブレーションに合わせることが出来る人のことです。
 文字からも分かるように霊媒は一つの媒体であり道具であり中継者です。その機能が果たせるのは心霊的能力が発達しているからです。直ぐ表面近くに存在する為に作用するのが容易なのです。
 そこで当然、では心霊能力とは何か、霊の力とは何かという問題が出て来ます。しかしこれはとても説明が困難です。霊的実在を表現する用語を見つけるのが容易でないからです。
 大雑把に言えば霊力とは生命力であると言えます。本質的にはありとあらゆる意識的活動を生み出すところのものと同じです。宇宙を支えている創造的エネルギーと同じものです。程度こそ違え、質においては同類に属します」

質問(二)-心霊能力はどうすれば身に付けることが出来るのでしょうか。

 「心霊能力は何か持ち物を手に入れるような具合に自分の所有物とするのではありません。心霊能力が働くその通路となるということです。心霊能力は例外なく(潜在的に)全ての人間に宿されております。それは肉体を去った後の生活で自我を表現する為の手段です。それを未発達の状態で所有しているのです。普段一般の人は使用していませんが、霊媒が使用してみせているわけです。
 と言っても、各自の能力が皆一様に同じ発達段階にあるわけではありません。潜在意識の表面まで来ている人は霊媒になろうと思えばなれます。霊視能力というのは霊体の目で見ることであり、霊聴能力というのは霊体の耳で聞くことです」

質問(三)-治病能力は心霊的エネルギーとは別のものでしょうか。

 「使用されるものは全て心霊的エネルギーですから、治病能力だけ別のものということはありませんが、数ある特質の一つであることは確かです。生命の根源はいかなる物的探求によっても捉えることは出来ません。地上の科学者の誰一人として、その根源、意識の起原を突き止めた人はいません。最高の頭脳をもってしても尚突き止められない神秘なのです。
 実を言えば霊こそ生命であり、又生命こそ霊なのです。地上界、霊界、宇宙のあらゆる世界におけるエネルギー、原動力、駆動力はその〝霊〟なのです。生命のあるところには必ず霊があり、霊のあるところには必ず生命があります。
 皆さんが地上生活を営めるのは霊的存在だからです。もし肉体から霊的本質が撤退してしまったら、物質界は全く感識出来なくなります。人間は毎晩死んでいるようなものだと言われますが、再びその身体に戻って来れるのは〝生命の糸(注)〟によって繋がっているからです。睡眠中に万一切れるようなことがあったら、生命力は二度とその身体に活力を与えることが出来なくなります。(注-日本では古くから〝霊(たま)の緒〟〝魂(たま)の緒〟〝玉の緒〟という字を当てて生命そのものの代名詞としても用いている。霊視すると銀色に輝いて見えるところから西洋では〝銀色の紐(シルバーコード)〟と呼ぶこともある-訳者)
 肉体は霊の力によって動かされている機械です。あなたは肉体ではありません。地上にいる間だけその肉体に宿って自我を表現している〝霊〟なのです。肉体の用事が終れば霊は去って行きます。
 霊は無限の可能性を秘めていますから、その表現形態も又無限です。これでおしまいという限界が無いのです。霊そのものに限界が無いからです。肉体器官を通して表現しているものの中で人間が馴染んでいるものとしては、考える、推理する、判断する、決断する、反省する、考察する、調査する、熟考するといった知的能力と、見たり聞いたり感じたり動いたり触れたりする感覚的能力が挙げられます。これらは肉体を通して自我を表現している霊の属性の一部です。
 肉体という制約から解き放たれると、霊は更に広範囲の表現形態を通じて自我を表現することが可能になります。霊媒、すなわち霊界からの影響力を感識してそれを地上で再現することの出来る人を見れば、それがどの程度のものであるかが、ある程度まで判るでしょう。
 どれ程多くのものを再現出来るか、その質、その高さがどの程度のものになるかは、その霊媒の感受性一つに掛かっており、その感受性は他の要素すなわち心霊能力のその時の状態、霊的進化の程度、健康状態、天候、それに列席者の協力いかんに掛かっています。
 霊媒を通して霊的威力を様々な形で地上にもたらすことが出来ます。その時、物理法則とは別個の法則に従います。一見すると物理法則と矛盾しているかに思えますが、本質的には矛盾していません。
 治病能力というのはその霊的エネルギーの一つなのです。生命力の一部であるそのエネルギーを地上に作用させるのです。これにも幾つかの種類があります。そういうわけで、ご質問に対する答えは、簡単に言えば、治病力も霊の一部、一つの側面ということになります」

質問(四)-心霊能力は進化のある一定の段階まで到達すると自然に発揮されるのでしょうか。言い換えれば、人間は皆進化のある段階まで来ると超能力者になっていくのでしょうか。

 「答えは〝イエス〟です。なぜならば人類の進化は潜在している資質を高めることに他ならないからです。ヒトは身体的進化は既に頂点にまで達しております。次は精神的進化と霊的進化です。長い年月をかけて徐々に全人類が自己の心霊能力にますます目覚めていくことでしょう。
 しかし、ここで〝但し書き〟が必要です。心霊能力を発揮するようになることが必ずしも霊的進化の程度の指標とはならないということです。霊的身体のもつ能力を全部発揮しても、魂そのものは少しも進化していないということも有り得ます。本当の意味で霊的に進化し始めるのは、人の為に役立つ仕事を目的として、霊界のスピリットの協力を得ながら心霊能力を開発した時です」

 別の日の交霊会にある有能な女性霊媒がご主人と共に出席した。この人は病気の為に霊媒としての仕事を暫く休んでおり、一日も早く再会したいと望んでいる。この方へのシルバーバーチのアドバイスには霊能者はもとより、これから霊能を開発したいと望んでいる人にとっても為になることが多いので紹介しておこう。まずシルバーバーチがこう挨拶した。
 「何年経っても霊的真理への忠誠心が少しも曇ることのない古い同志をお迎えすることは嬉しい限りです」
 「病気をしてからというもの、私は何だか背後霊との連絡が〝遮断〟されたみたいなのです。私の唯一の望みは人のお役に立つことなのですが・・・・」
 「その内道が開けます。あなたにとって霊界の存在は他の多くの人々より遙かに実感があります。霊界の驚異、喜び、美しさ、光輝を数多く見て来られているので、最早その実在は人には説明出来ない程のものとなっております」
 「確かに実感をもって認識しているのですが、何か一言、背後霊からの導きの言葉が欲しくて仕方がないのです」
 「どの霊媒の場合も同じですが、霊能の行使が身体に害を及ぼすとみた場合は遮断せざるを得ないのです。それはあなたも理解出来るでしょう。本来の健康状態でない時は霊力が一時的に引っ込められることがあることを予期しなければなりません。でも、あなたは既に苦難の時期を脱しておられます。
 これまで永い間あなたは霊界と交わって来られましたが、その間一度たりとも霊の影響範囲から迷い出られたことはありません。実はこれには非常に難しい問題が含まれております-例の自由意志の問題です。霊によるインスピレーションと指導とが、常にあなたの自由を犯しているのです。と言っても、全ては相対的な問題に過ぎませんが・・・・
 あなたが今日あるのはその霊界との交わりの結果です。あなたはまさに協調の人生を送っておられます。あなたには自分一人の生活というものが無い。それは霊の方も同じです。その協調の仕事が始まった時から、厳密な意味での自由意志というものは存在していません。なぜならば二つの世界の影響力が混じり合い、融合し、調和し合って、言わば互いに侵し合っているのです。そういう次第ですから、あなた一人が心配なさることはないのです。たとえ直接のメッセージは届かなくても、これまでに身に付けられた知識を逸脱するようなことは決して生じないとの信念で、着実に歩まれることです」
 「よく判ります。冷静さを保ち、メッセージがないことを気にせず、ひたすら前向きに進めと仰るのでしょうけど、私はいつも何か確証を求めるのです。いけないことかも知れませんが、用心の上にも用心をするに越したことはないと思うのです」
 「でも、今のあなたには心配なさることは何一つありませんよ。結婚なさってからというもの、お二人はずっと霊の世界から導かれています。これまで辿って来た道を振り返ってご覧になれば、常に導きを受けておられることがお判りになるでしょう。
 霊界からの導きによって全ての悩みが消えてしまうとか、足元の石ころが全部取り除かれると言っているのではありません。霊界の援助を得て事に臨めば、あなた方お二人にとって大き過ぎて解決出来ないような問題は決して生じないと言っているのです。
 振り返ってご覧になれば、霊の指先が道を指示してくれていることがお判りになる筈です。それが歴然としているものもあれば、あまりはっきりと認識出来ないものもありますが、常に進むべき道を指し示しております。難問で四方を取り囲まれていた時でも、結局は無傷のまま平然と切り抜けて来られ、一度も挫折したことはありません。
 これまでの長い年月を霊界で過ごして来た私は、地上の同胞を導く仕事に携わるスピリットが採用する様々な手段を知るところとなりました。それで判ったことは、それには一つの型(パターン)があり、私共に協力してくださるスピリットの全てがそれに当てはめられているということです。そのパターンは仕事を開始するに先立って、きちんと取り決められます。
 手を差し伸べてよい範囲があり、出しゃばってはならない限界があり、喋ってはならない時があり、今こそ喋るべき時があり、それに加えて必ず、その時々の環境条件による制約があります。しかしそのパターンは厳然としており、指導に当たるスピリットはすべからくそのパターンに従わなくてはなりません。前もってそういう取り決めがしてあるからです。私も、私より遙かに霊格の高い霊団によって計画された枠の外に出ることは許されません。そもそも地上で成就すべきものと判断を下した、もしくは計画したのは、その高級霊団だからです」
 「それはどういう霊ですか」とご主人が尋ねた。
 「光り輝く存在、高等審議会、神庁、天使団-どう呼ばれても結構です。要するに私共のする全仕事に対して責任をもつ、進化せる高級霊の集団です。私にはもう直ぐその方達とお会いする喜びが待ち受けております。その時まず私の方からそれまでの成果をご報告申し上げ、同時に、私がどの程度まで成功しどの点において失敗しているかについて言い渡され、それによってこれから先の私の為すべきことを判断することになるのです。
 その霊団の上には更に高級な霊団が控え、その上にも又更に高級な霊団が控えており、連綿として事実上無限に繋がっているのです。
 さて、(先程の説明に戻って)こうした指導体制は私達に協力してくださる人々全てに当てはまります。断言しますが、この仕事に携わるに至るまでの厳しい試練を潜り抜けた人が生活に困ったり、見捨てられたり裏切られたり、スピリットに対して抱いていた信頼心が挫けたり確信を失ったりすることは決してありません。
 それは絶対に有り得ないことです。そうした地上の協力者を通じて働いているスピリットを背後から指揮している力は、人間を悩ませる程度の試練や困難を乗り越えさせる位のことは何でもないことだからです。但し、そうした際に最も大切なのは〝確信〟です。背後の力に対する不動の確信-日常生活にとって必要なものは必ず授けてくださるという静かな確信です」
 ここでその女性霊媒から出た最初の質問に戻ってシルバーバーチが「あなたは、霊界からのインスピレーションではなくて自分の考えを述べているに過ぎないのかも知れないと心配なさっておられるわけですか」と聞くと
 「それに、もっとお役に立てないものかと思って・・・・」
 「あなたの使命はまだまだ終わってませんよ。授かっている能力がこれからも人の為に、援助と指導と勇気を与える為に使用され続けることでしょう。まだまだお仕事は残っております。終わってはいません。
 許されるものなら、あなたの支配霊について、その方が霊界でいかに大きな存在であるか、これまでの体験でいかに崇高な資質を身に付けておられるかをお伝えしたいと思うのですが、残念ながら許されておりません。但し、これだけは言えます。地上へ戻って来る霊の中であなたの支配霊程の高級な霊はそう多くはいないということです。その霊格、その功績に対して私達は崇敬の念を禁じ得ません。
 実に偉大なる霊です。それ程の霊の愛と信頼を得たことをあなたは誇りに思わなくてはいけません。もう暫く待たれれば再び霊媒能力を使用することが出来るでしょう。その時、前よりも一段と強力なものとなっていることを知られる筈です」

 この日の交霊会はクリスマスシーズンに入る直前のもので、毎年この後暫く交霊会は休会となる。シルバーバーチは最後にメンバー全員にこう挨拶した。

 「大きな困難の時に当たって私に示された敬愛の念に対して深く感謝致します。あなた方の不断の忠誠心が常に私に誇りをもたせ、それに応えるべく私に為しうる限りのことをさせて頂いたつもりです。
 これまでの協調の仕事ぶりは実に見事でありました。お互いがお互いに対して抱いている信頼感を損なうようなことは誰一人として行わなかったことが、その何よりの証です。私は、私に向けてくださる敬愛の念をいつも嬉しく思っております。それが仕事をやり易くしてくれました。自分の携わっている仕事によって心の支えを得られた人達が情愛を向けてくださっているのだと思えば自然とそうなるのです。
 どうか私達が誇りに思っている霊的知識は、それを知らずにいる人々にも分け与えてあげなければならないものであることを忘れないように致しましょう。私達が手を伸ばすべき分野がまだまだあること、人生に疲れ果て、生きる希望も頼りとすべきものもなく、慰めと光を求めている人が無数にいることを忘れないように致しましょう。
 そういう人々の内の幾人かは私達が心の支えとなってあげ、日々の生活の中に確信を-人生を生き甲斐あるものにする確信をもたらしてあげることが出来ます。
 人生を嘆き、慰めとなるものを未だに見出し得ず、心は悲しみに溢れ、目に涙を溜めている無数の人々のことを忘れないように致しましょう。
 病を得ている人がいること、その多くは霊の力によって治してあげることが出来ることを忘れず、神の子が一人でも多く父なる神の愛と叡智に目覚めるように、こうした霊的知識の普及に努力致しましょう。
 では、又お会いする日まで。私はいつも愛の心を携えて訪れ、愛の心を携えて帰ってまいります」
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ